大相撲

豊響、取り直すも負け越し

大相撲春場所は、九日目が行われ、豊響が大関琴光喜に挑戦するも、取り直しの末に敗れてしまいました。

これで、二日目から八連敗で早くも負け越しが決まってしまいました。

三日目まではいい相撲だったんですが、星が付いてこないのに焦ったのか、徐々に自慢の突き押しに迷いが見られるようになりました。

押し相撲力士の場合、負けだしたら止まらない半面、きっかけを掴めば連勝もあるので、明日の大関戦は捨て身でぶち当たって、きっかけにしてもらいたいと思います。

一方、豊真将は、七勝二敗と元気です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊真将も勝ち越し!

十四日目で豊真将も勝ち越しを決めました!

乗りに乗っている白馬を攻めの相撲で押し出しました。

後半戦に入ってからは、前に出るいい相撲が多くなって来ました。

一方、豊響は、モンゴル勢期待のホープ玉鷲に押し勝ち、11勝3敗と三賞が見えてきました。

2人とも、4場所ぶりの勝ち越しです。

今年は、6場所中4場所は勝ち越してもらいたいです。

なお、千秋楽を待たずに、朝青竜が25回目の優勝を決めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊響、先輩やぶって勝ち越し!

大相撲初場所十一日目は、豊真将vs豊響の取り組みが行われました。

結果は、豊響が中学の先輩にあたる豊真将をやぶり、8勝3敗と勝ち越しを決めました。

今場所は前頭十六枚目と、幕尻まで番付を下げてますが、これで来場所も幕内にとどまれそうです。

一方の豊真将は、今場所は簡単に引いてしまう相撲と、一方的に押し勝つ相撲が両極端で、ここまで5勝6敗と黒星先行です。

何とか豊真将にも勝ち越してもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊真将、あっさり負け越し

大相撲九州場所は、十二日目を終えて、豊真将が4勝8敗と早くも負け越してしまいました。

昨日からわき腹にテーピングをしてるので、脇を傷めているようです。

今場所の取り組みを見ても、身体に力が入らない感じです。

とにかく1つでも多く勝ち星を積み上げてほしいです。

また、豊響も5勝7敗と後が無くなりました。

こちらは、負け越すと来場所の十両転落もあり得るので、残り三番、何とか勝ってもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

崖っぷち豊真将、何とか勝ち越し!

今場所負け越したら十両転落もあり得た豊真将が栃の心を下して勝ち越しを決めました。

これで来場所も幕内で取れそうです。

安心して明日、明後日も勝ってください。

一方、豊響は雅山にも負けて2勝11敗になってしまいました。

後二日、思い切りぶちかましてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊響、奨菊下して初日!

大相撲名古屋場所九日目は、豊響が琴奨菊を押し倒しで下し、ようやく初日が出ました!

押し相撲力士の場合、1つ勝てば流れがガラッと変わることも良くあるので、明日からまた期待して行きたいと思います。

一方、豊真将の攻めの遅さは相変わらずで、今場所元気のない普天王にあえなく寄り切られてしまいました。

また、今日の正面解説は、元関脇琴錦の荒磯さんでした。

早い動きで終始攻め続ける相撲は、歴代の関取の中で、私が一番好きな力士でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊響、高見盛で負け越し

大相撲名古屋場所は中日を迎え、豊響は高見盛に敗れて全敗で負け越しとなってしまいました。

昨日までは横綱、大関戦が続いていたので仕方ない部分もありましたが、今日はほぼ同格の高見盛が相手だったので期待しましたがやられてしまいました。

ここまでは先場所の豊真将と同じ状態です。

とにかく、まずは1つ勝ってくれぃ!

一方、幕尻に近いところまで番付を下げている豊真将は、6勝2敗となりました。

早いとこ、勝ち越しを決めて、また上位に挑戦してもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊真将、涙の一勝!

豊真将は、今日負けると、幕内力士としては18年振りに全敗となるところでしたが、嘉風を下し、最後の最後で白星を手にしました。

勝った瞬間、場内からは大声援が沸き起こり、豊真将が涙をぬぐう場面が見られました。

ファンの期待に応えられない情けない気持ちを奮い立たせながらの15日間だっただけに、暖かい声援が感無量だったのでしょう。

今場所の苦しい戦いで得たことを、今後に活かしてもらいたいと思います。

一方、豊真将の中学の後輩でもある豊響は、惜しくも三賞には手が届きませんでしたが、11勝4敗と元気でした。

網膜はく離の手術の影響から、先場所は十両に転落してしまいましたが、そこから見事に復活して来ました。

押し相撲の力士の場合は、大勝もあれば大負けもあるので、来場所が肝心です!

なお、日馬富士が決定戦の末に白鵬を下し、初優勝を飾りました。

おめでとう☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊真将、中日で負け越し

豊真将が、初日から全敗で、8日目で負け越しとなってしまいました。

上位とばかりあたるので覚悟はしてましたが、5大関のうち1人ぐらいは倒して欲しかったです。

それでも白鵬戦と千代大海戦ではいい相撲を取ってたので、後半戦1つでも多く白星を上げて、来場所再び三役取りの可能性を残してもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊真将、二場所続けて敢闘賞!

大相撲春場所は千秋楽が行われ、豊真将は鶴竜に完敗でしたが、11勝4敗で二場所続けての敢闘賞を受賞しました。

来場所は、上位とあたるので楽しみです。

しかし、鶴竜にあっさり負けるようでは、まだまだ上位相手では厳しそうです。

立会は随分良くなってるので、あとは早い攻めが繰り出せるようになれば面白いのですが・・・。

鶴竜は、豊真将とは師匠同士が兄弟と言うこともあり、お互いしのぎを削りながら成長して行くことを期待してましたが、豊真将が手首のケガで苦しんでる間に随分差を開けられてしまいました。

まあ、開いた差は、稽古してまた詰めればいいだけです!

頑張れ豊真将!

一方、優勝は全勝で白鵬でした。

朝青龍は、後半左肘の痛みに苦しんでた感じでした。

また、豊真将の中学の後輩にあたる豊響が、2度目の十両優勝を果たしました。

再び幕の内で見れるので、こちらも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧