« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

11月の通院日(2010)

今日は、2ヶ月に一度の大学病院への通院日でした。

2ヶ月前は行けなかったので、4ヶ月ぶりの通院となりました。

2ヶ月前と比べての生活状態ですが、相変わらず1時間起き上ったら1時間休むペースが中心で、たまに1時間半~2時間ぐらい起き上がっていることもあると言った状況ですthink

起き上がってている時間の状態は、また少~しだけ楽になりましたconfident

じっと動かずに座ってる分にはわりと楽になりましたが、本のページをめくったり、文字を書いたり、キーボードを打鍵したりなど、手を動かすと、その度に首が左に思い切り傾いて、左上半身に激痛がはしりますbearing

また、座ってる状態から立とうとしたり、歩いても同じように首が傾きますbearing

左の首、肩、背中、脇、のあちらこちらの肉を剥がされるような痛みですbearing

特に背骨の左横と左首後ろと、右肩甲骨周辺の痛みを強く感じますbearing

背骨の横は、左だけでなくて右側にも激痛がはしることがたまにありますbearing

左のこめかみ~頬~首の前側の痛みがまた少し和らいで来ましたconfident

左腕の痺れるような痛みはさらに和らいで来ましたconfident

首の傾きは、受話器を挟むような方向に強く傾きますdespair

傾く強さはあまり変わりありませんが、一度傾いてもすぐ元に戻るようになって来ましたconfident

でもまたすぐに傾くので、歩いていると頭が大きく揺れているように感じるときがあります。

背中の左側や左首、頭の筋肉が、骨に癒着したり剥がれたりするような感覚は相変わらずですthink

右腕の痛みはまた少し和らいで来ましたconfident

挙上した時の痛みはほとんど感じなくなりましたが、左手に比べて右手の拳上が硬くてあまり上がりませんthink

手を顔の辺りまで持ってきた形でうつ伏せをしたときの痛みは少し和らいで来ましたconfident

首を前に倒した時の右肩から背中にかけての痛みは少しだけ和らいで来ましたconfident

みぞおちの7センチぐらい上の出っ張った骨の左右の痛みはさらに和らいで来ましたconfident

イスに座って右膝を伸ばすと、お皿の内側に痛みがはしりますが、全く痛みなく伸ばせる頻度がさらに上がりましたconfident

仰向けに寝た状態での右膝の曲げ伸ばしでの痛みは、その動きを止めているので分かりませんが、きっと痛むでしょうthink

階段を昇ろうとすると、右足のお尻~太ももの裏にかけて力が入らなく、その際股関節に痛みを生じて昇れませんbearing

階段を降りようとすると、右膝のお皿の内側に痛みがはしって降りられませんbearing

かかとを付けた状態でしゃがむ形をとると、右の足首や土ふまずが突っ張るため、どうしても左足に体重がかかりますが、少しずつ右足にも体重が乗るようになってますconfident

何にもつかまらずにしゃがむことは出来ませんbearing

正座をして上半身を前に倒した時に、右大腿前部が突っ張り、後ろに倒した時は左大腿前部が縮んでる感じは相変わらずですthink

歩くとき、右足を踏み込んだときの右股関節の痛みは、生じる頻度が少なくなって来ましたconfident

右の腰骨辺りの痛みは、頻度が減ってきましたconfident

ものを噛んだときの右上奥歯の激痛は、全く生じなくなりましたが、力が入らなくて硬いものを噛みづらい状態ですthink

右上歯茎の口内炎が再び2つ出来て大きくなりましたbearing

右上歯茎辺りの頬からこめかみ辺りの痛みがまた強くなってますbearing

左側のお尻、お腹、腰の縮んだまま固まってる感じは少しずつ緩んでますが、まだまだしつこいですthink

特にお尻は、長く車を運転してるときや、深酒をした翌日に痺れて辛いですdespair

左側の鼻が、奥の方で詰まってる感じはまだ少し残っていますthink

今回は2ケ月前比べて、全体的な身体の捻じれは少し緩み、不随意運動から来る痛みも少しだけ楽になった気がします。

今日は、待合室で待っているときに地震がありました。

震度2だったそうですが、揺れはけっこう長く続いていた気がします。

揺れている最中に、椅子の下にスペースがあるのを確認して、もう少しひどくなったらこの下に隠れようなどと考える時間があるほどでした。

身体が悪いと地震などの有事のときに不便な状態が増すので、元気だったときよりも恐怖を覚えてしまいます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1kg減

去年の今頃、体重を1kg減らして72kg±1kgにすると言う目標を設定しましたが、ここ2ヶ月ぐらいは72kg±1kgで過ごすことが出来ているので目標達成です!!

来年の目標はさらに1kg減らして71kg±1kgにします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンタルDVD(2010年9~10月)

9月~10月の間にレンタルして見たDVDを、印象に残った順に並べてみました。

1.チェンジリング

2. ラーメンガール

3.感染列島

4.おとうと

5.20世紀少年 最終章 ぼくらの旗

6.マイケル・ジャクソン THIS IS IT 

7. ゴールデンスランバー

8.イエスマン “YES"は人生のパスワード

9.バビロンA.D.

また、次のCDを借りました。

・Box Emotions/Superfly

・OTRL/ 奥田民生

・MINT CONDITION/クレイジーケンバンド 

・ケアラオカマイレ/ Keali'i Reishel

・クカヒ・イン・ジャパン・~10th アニヴァーサリー・ベスト・コレクション~/ Keali'i Reishel

・決定盤!!「スタンダード HULA」ベスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンライン将棋

最近、オンラインゲームで将棋をやり始めました。

将棋で人と対戦したのは小学生の頃以来です。

その頃も、駒の動かし方を知っているレベルで、定石や玉の囲い方すら知らず、友達や弟にも勝てなかったので、すぐに飽きて止めました。

3年ぐらい前から頭のリハビリにNHKの将棋講座とトーナメントを見始めて、パソコンソフトの柿木将棋を少しだけやってみましたが、身体的にまだ座っているのが辛かったので、すぐにやめました。

なので、全くの初心者です。

最近、じっと座っているだけなら楽になって来たので、思い切ってチャレンジしてみました。

果たして私でも勝てる相手が居るのかな

と思いましたが、案の定最初は4連敗スタートでした。

5戦目にして何とか1つ勝ち、その後は勝ったり負けたりで、これまでのところ8勝10敗です。

もちろん、戦績などを見て弱そうな相手を選んでのことですが・・・。

初めは気が向いた戦型を選んでましたが、まずは1つ得意戦法を身につけた方がいいと思い、暫くはゴキゲン中飛車を中心に組み立てたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッテが日本一!

今年の日本シリーズは、4勝2敗1分けでロッテが日本一に輝きました!

個人的には4勝3敗でロッテと予想していたので、惜しかったです。

引き分けはなかなか予想出来ません・・・。

大会通じて、ロッテの中継ぎが思った以上に頑張ってました。

ポストシーズンは、ほとんど無失点で切り抜けた気がします。

レギュラーシーズンの終盤から良くなったそうです。

元々打線はいいので、加えてリリーフが安定すれば鬼に金棒ですね。

来年こそは阪神が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

秋の連ドラ(2010)

秋の連ドラは、次の9つを見てます。

「相棒 season9」

「流れ星」

「フリーター、家を買う」

「医龍3」

「ギルティ」

「パーフェクト・リポート」

「モリのアサガオ」

「秘密」

「獣医ドリトル」

見過ぎや~!

中でも「モリのアサガオ」は見ごたえがあります。

「黄金の豚」と「ナサケの女」も2話まで見ましたが、つまらないので見なくなりました。

海外ドラマは「カイルXY」だけ見てますが、これがけっこう面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

久しぶりの温泉

昨日は半年ぶりに近所の温泉に行ってきました。

温泉が恋しい季節になったので・・・。

広いお風呂に手足を伸ばして浸かっていると、日頃縮み上がっている筋肉がフニャ~と緩んで気持ちいいです。

この冬も月に一度ぐらいは浸かりに来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジアン・ムービー

最近BS2でやっていたアジア映画の中から以下6作品を見ました。

「Orz ボーイズ!」 台湾

「パンドラの箱」 トルコ

「タハーン~ロバと少年~」 インド

「トゥルー・ヌーン」 タジキスタン 

「シャングリラ」 中国

「キャプテン アブ・ラーイド」 ヨルダン

どれも見ごたえのある作品ばかりでしたが、

中でも「タハーン~ロバと少年~」が一番良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

右足甲の打撲

右足甲の打撲の痛みがようやく治りました!

一ケ月もかかりました。

子供の頃は、この程度の打撲など三日もすれば治っていたのに・・・。

年を取るとケガが治るのに時間がかかりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »