« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

お帰りんりん♪

8x-4でロッテに勝ちました。

今シーズン恒例の繋がる打線は、今日は5回のツーアウトからの5点でした。

投手陣も、安藤~EWKJFの豪華リレー!

安藤はあかんかったけどね。。。

そして、そして、待ちに待ったりん君が、復帰後いきなりライト線を破るタイムリーツーベースを放ちました。

バットスイングの速さは健在です!

これで、「代打兼5番」の切り札としては、桧山、葛城に加えて左がまた1枚加わりました。

問題は右や。。。

そろそろ浅井くんがやってくれそうな気がするんやけどね~。

| | コメント (0) | トラックバック (20)

何とかしロッテ!

4-5でロッテに負けてしまいました。

あと1点ぐらい何とか出来んかったんかなぁ。

今日は、7回から見ました。

YFKの抜けたロッテ中継ぎ陣が相手なので、今の猛虎打線なら3イニングもあれば、何とかしてくれると思ったんですけど・・・。

中盤までのことは解りませんが、私が見た3イニングの中で意地を見せてくれたのは、久保田と檜山だけでした。。。

パ・リーグ首位に連勝しといて、最下位に連敗はダメですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (22)

百獣の王に下剋上じゃ~!

西武に5x-1で逆転勝ちでした。

今シーズン、初マウンドの上園くん、ジージーへ投じたフォークがほとんど曲がらなかったのは惜しかったですが、相変わらず堂々のマウンドさばきでした。

いい投手の第一条件、打者に向かって行く姿勢はさすがです。

そして、注目の集中打は、今日はラッキーセブンに出ました。

それは、またしても鳥谷のセンター前ヒットから始まりました。

続く野口がきっちり送り、

セッキー倒れた後、このところ当たりが止まっていた

代打葛城が同点タイムリ~!

そして赤星が、連日の逆転打!

さらに平野が四球を選んでつなぐと、

新井、金本の連続タイムリーで一気に西武を突き放しました。

上園のあとを受けたJFKも今日は完璧!

さあ、交流戦優勝に向けて、いい感じになって来ましたよ~。

そこで、遅ればせながら、交流戦の順位予想です。

1位 阪神タイガース

2位~7位 パ・リーグ6球団

8位~12位 セ・リーグ5球団

ざっと、こんな感じですね。

他のセ・5球団が、不甲斐無いので、せめて阪神だけでも頑張らねばbearing

まさに、虎軍奮闘や!

| | コメント (4) | トラックバック (22)

少しずつ復活

先週の土曜の夜に、ここ2年ぐらい恒例となっている激痛週間がまたやって来ました。

だいたい1~2ケ月に1度ぐらいの周期で激しい痛みに襲われるんですが、ブログの過去記事で確認したところ、今回は約3ヶ月ぶりでした。

その代わり、いつもより酷かったです。

毎回、痛みの部位も種類も微妙に違うんですが、ここ半年ぐらいは、ほぼ肩から背中に捻挫したような、もしくは筋を伸ばしたような痛みを感じることで共通してました。

しかし今回は、まず、先週の土曜の夜に、左肩から二の腕にかけて、何とも言えない激痛がはしり、左腕が固まったように上がらなくなりました。

強いて言うなら、カチカチ山のたぬきのように焼かれたような、または因幡の白ウサギのように生皮を剥がされるような激痛><

明け方近くまで、のたうちまわりながらも右手が届く範囲を優しく撫でてるうちに眠ってました。

日曜日、お昼頃目が覚めると、腕の痛みは多少和らぎ、代わりに今度は、背骨の左横を背骨にそって10センチぐらい刀でスパッと切られたような激痛を感じました。

日曜は一日中息をひそめて蒲団を被って耐えてました。

月曜の明け方ごろに眠れ、夕方目が覚めました。

すると今度は、土日に感じていた痛みが更に少し和らぎ、代わりに、右のあばらの裏辺りに、筋肉が縮んで固まったままひっついてしまったような痛みを感じました。

この日もじっと寝込んでしのぎました。

火曜日は、2ケ月に1度の大学病院への通院日だったので、朝から起き上がってみました。

一連の痛みがそれぞれ和らいだとは言え、まだ辛く、とても片道1時間半かけて行ってられない感じだったので、病院の予約をキャンセルしました。

タクシー飛ばしてでも行く方法はあったのでしょうが、たどり着いたところで、どうせ検査の予約をして帰ることになるだけだろうし、無理して行って、せっかく少し楽になってきた痛みがぶり返すのが嫌だったので・・・。

病院に行くよりも、じっと寝てる方が回復しそうだというのも変な話ですが、今までの経験上そうなので仕方ないですね。

けっきょく、火曜日も一日ごろごろして過ごし、夕方には通常の痛みレベル程度にまで回復しました。

 

・なぜ、急に激痛が襲ってくるのか?

・痛み止めの注射や薬を全く服用しないで、ただただ寝たり風呂に入ったりして休んでるだけで、3~4日したら通常の痛みレベルに回復するのはなぜか?

・例えばその後、さらに、寝ころんでばかりの生活を続けたとしても、痛みがそのままどんどん緩和されて、一気に痛み0レベルまでに回復したり、ジストニアの症状が無くなるところまで行かないのはなぜか?

などの理由を考えても正解は解らないんですが、一応、解らないなりに、根拠のない推理をしてます。

正解は、コナンか金田一少年にでも聞いてみたいところですが・・・。

この激痛週間の間は、仕事もバイトも全く出来ませんでしたが、どちらの職場も、きちんと説明すれば、理解してもらえてるので助かります。

回復したからと言って、急に以前と同じ仕事量をやり始めたら、身体への負担が重そうなので、少しずつ仕事に戻りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

時間の使い方

2月にIT講座を終えてから、3月は少し楽だったんですが、

4月からは、会社の仕事と治療院のバイトで、ずっと忙しいです。

と言っても、1時間起きあがったら1時間寝ころぶといった生活なので、

元気な人が、忙しくて寝る暇もないと言うような忙しさとは事情が違います。

起き上がってる時間は、食事や風呂以外は、ひたすら仕事をしてると言った感じですが、横になってる間は、身体は休められてます。

頑張れば2時間、相当頑張れば3時間くらい連続して起き上がって居られそうですが、例えば午前中にそんなに起き上がってたりすると、昼の2時、3時ごろにはヘトヘトになって、その後は頭も身体も全く働かなくなってしまいます。

就寝の時間まで、おしなべていいペースで1日を過ごすためには、午前中に多少調子が良くても、あえて1時間ごとに起きたり寝たりを繰り返すリズムがちょうどいいようです。

寝転んでいる間は、次に起きてる1時間で何をやるか考えたり、ホームページのレイアウトやデザインを考えたり、文章の言葉遣いを考えたりしながら、その時間を楽しんでます。

また、起きてる時間に関しては、1時間経ったら寝ころばないといけないと思うと案外集中してその1時間を大切に使うことが出来てます。

こういった時間に対する考え方は、もしも元気になった場合でも、役に立つのではないかと思います。

それから、治療院の先生のアドバイスもあって、睡眠時間は8時間きっちりとるようにしてます。

元気な人なら6時間睡眠でも自然治癒力が働いてくれるようですが、今の私の状態は、8時間は寝ないと、なかなか回復しないそうなので・・・。

もちろん、8時間睡眠といっても、なかなか寝付けないので、8時間ぐっすり眠れることは稀で、実際に眠ってる時間は、5~6時間ぐらいのことが多いです。

それでもいいので、とにかく8時間は寝床から起き上がらずに、出来るだけ頻繁に寝返りを打ちながらゴロゴロしてればいいそうなので、それを8時間睡眠と呼ぶことにしてます。

不随意と痛みのせいで、どっちみち、そんなに長く起き上がっていられないので、今は、こんなペースがちょうどいいですし、実際、横になって休むことの大切さを実感してます。

確かに、犬でも猫でも、疲れたら横になってやすみますもんね。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

若いつばめをメッタ打ち!

8-5でヤクルトに勝ちました。

桜井にも待望の初ヒットが出たし、打線は言うことなしや!

安藤、完投まであと一息、惜しかったぁ。

6回あたりから既にけっこう疲れてたからね~。

江草、毎度毎度、御苦労さん!

| | コメント (2) | トラックバック (11)

新緑の北陸路で連夜の逆転劇!

5-2でカープに連勝ですw

しかし、桧山の勝負強さは、まさしく神がかり的ですね!

他の代打陣にも、もう少し頑張ってほしいところです。

何はともあれ、赤星の勝ち越し打のお陰で、

今年一番のピッチングを見せてくれたボギーを見殺しにしないで済みました。

| | コメント (0) | トラックバック (17)

アニキの400号も焼け石に雨

北陸遠征初戦の富山は、3-9でカープにボロ負けでした。。。

アニキ、400号ホームランおめでとう!

雨の中応援してくれた富山のファンへの、せめてものお土産となりました。

先発のアッチ村長、どこを傷めたのか解りませんが、越中富山の薬売りから、良く効く薬を調達して早く良くなってください。

| | コメント (2) | トラックバック (10)

JFK揃い踏み!

3-1で横浜に勝ちました。

7回からは、開幕以来のJFK揃い踏みで、

ピシャ、ピシャ、ピシャリ!

バルディリスにも初ヒットが出たし、こっから2度目のダッシュと行きましょう!

欲を言えば、ベイの中継ぎ陣から1点でも取りたかったです。

それと、送りたいところで送れなかった平野くんと岩田くん。。。

平野は、ヒッティングに切り替えて出塁したので事なきを得ましたが、2番打者を張るなら決めるときは初球で決めてや~。

クライマックスや日本シリーズなどの短期決戦では、こういうのが致命傷になるので、バント練習だけは、今のうちから、みんなで毎日欠かさずやってくれ~。

アニキ以外はね。

| | コメント (4) | トラックバック (24)

一番燃えたとき

サンデープロジェクトに、中曽根さんと土井さんと不破さんが出演されてました。

話の内容に、共感できる部分とそうでない部分、いろいろありましたが、一番共感出来たのは、

「今まで生きてきて、一番燃えたのはいつ?」

との田原さんの問いに、3人揃って

「今です!」

と答えられたことです。

政治思想的には全く違うお三方ですが、こういうところは同じなんですね。

もちろん、私も常に今そのときです。

他人から見たらそうは見えないかもしれませんが、自分の中ではいつもそう思ってます。

生きている限り、これからもそれは変わらないでしょう。

身体はおとろえても、気持ちは生涯現役や!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

油断した。。。

6-5でジャイアンツに逆転負けを喫してしまいました。

ジャイアンツも必死の抵抗をみせてたけど、最後は阪神が勝つと思い込んでました。

すでに3連戦の勝ち越しを決めてることもあって、昨日、おとといに比べて応援に力を入れ切れていませんでした。

特に、久保田のとこだけでも必死で応援してやるべきでした。

ちょっと目を離してしまいました。。。

まあ、阪神ナインは優しいから、3タテなんて無情なことなかなか出来ないようです。

それに、開幕から飛ばして来たので、ここに来て少しずつ調子を崩す選手が出て来るのも多少はやむを得ないかもしれません。

しかし、みんなが開幕に照準を合わせて調整してきた中、一人だけGW明けに照準を合わせて来た、したたかな男がいます。

彼の名はジェフ・ウィリアムス!

金曜日には一軍に復帰して来そうなこの男が、お疲れ気味のリリーフ陣に勇気と喝を入れてくれることでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (9)

地震

昨日、寝ようと思ったら地震がありました。

ちょっと恐くて眠れなくなったので、テレビを見ながら少し気を紛らせました。

暫くしてうとうとし始めたときに、再び揺れを感じました。

今度のは前のよりも随分長く感じました。

けっきょく、最初のも2回目も、この辺は震度3だったんですが、いつもの震度3よりも強く感じました。

元気だった頃から、もちろん地震は好きではありませんでしたが、それでもまだ、来るなら来い! と心の中で去勢を張るぐらいのことは出来ました。

身体を悪くしてからは、余計に地震が恐くなったように思います。

今でさえ生活が困難なのに、災害に逢ったら、例えその災害で怪我を負わなかったとしても、生きていけなくなるのではないかと思うからです。

実家に帰れば、何とか当面の住むところは確保できても、今の治療は続けられなくなるし・・・。

また、精神的な面では、足手まとい的な気持ちを今よりも強く感じてしまいそうで、それも辛いとこですね~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

借りはバットで返すんじゃ~!

5-4でジャイアンツに連勝です。

アニキの頭を直撃した木佐貫うどんの危険球には凍りつきましたcoldsweats02

あの鉄人が、暫く立ち上がることさえ出来ませんでした。

一旦ベンチ裏に下がってからも、かなり長い間出て来られませんでした。

さすがに心配しましたが、またもや私の心配をいい意味で裏切ってくれました。

何事も無かったかのように、一塁に歩きました。

次に心配したのが、下さんのリベンジ投球。

でも、さすがにそんな明からさまなことはやりませんでした。

むしろ、これで負けられない試合になったとばかりに、悪いながらも粘り強い投球術が冴えわたりました。

その次に心配したのが、アニキがちゃんと守れるのかということ・・・。

しかし、私の心配をよそに、日テレのカメラは、一度もアニキが守ってる様子を映し出してくれませんでした。

さらに心配したのが、打席でアニキの腰が無意識に引けてしまうのではないかということ・・・。

ところが、腰が引けるどころか、なんと危険球を受けた次の打席で、暫く出てなかったホームランを放ったのです!

そして、何事も無かったかのようにすました表情でダイヤモンドを一周するアニキ。

アニキのこんな姿を、何回見てきたことでしょう。

また鉄人伝説が増えました。

いや、アニキにとってはごくごく当たり前のこと。

この程度のことで伝説などというのは失礼なのかもしれません。

格好良過ぎます。

こんな男に私もなりたい! 絶対無理やけど。。。

アニキを心配するのがどれだけ無駄なことか再確認させられたところで、最後に心配になったのが久保田ん。

2点差じゃあ、全然安心出来んぞ。

と思ったら、上がって来てからずっと良かった能見がやられちゃいました。

でも、なんとか、阪神ファンのいけない手とナベちゃんに助けられながら同点で食い止めました。

しかし、ラミレスの逆転スリーランを叩き落とした阪神ファン。

いけないことと解っていながら、咄嗟にやってしまったんやろうね。

もしもナイスキャッチしたり、よけたりしようもんなら、レフトスタンドにおられんようになってたかもしれんし・・・。

ほんまはそんなこともないんやろうけど、そんなことが一瞬よぎってしまったのかも・・・。

そんなこんなありながら、最後は葛城が左投手から勝ち越しを決めて、江草&球児で締めてくれました。

久保田んは、今日はお休みさせられてしまいました。。。

いろいろあった試合でしたが、個人的にいろいろあったのは、葛城育郎。

ライトでズッコケながらもフライを捕ったり、

ゴンをライトゴロに仕留めたり、

勝ち越しタイムリーを叩き出したり、

ライトフライを捕った直後に落としたり、

ってな具合に野球を楽しんでました。

| | コメント (2) | トラックバック (14)

昨日に続いて打者一巡!

8-4でジャイアンツに勝ちました。

久々のスタメン起用に応えた誠の一発で幕を開けたこの試合、藤本の今シーズン初ウキキーッ!で締めました。

誠の2打点も嬉しいですが、ここのところ調子を落としていたアニキの二塁打3本も嬉しいです。

一方、投手陣は少々お疲れ気味の様子。。。

アッチ村長、なべちゃん、久保田ん、3人揃って球が高めに浮き気味でした。

開幕からいい感じで来てたので、ちょうど疲れが出る頃なのかな。

五月病を吹き飛ばすには、食って飲んで歌って寝るのが一番やね。

| | コメント (0) | トラックバック (16)

新聞記事

田舎のお袋から、ジストニアに関する新聞記事が送られてきました。

早速、ネットで検索してみたら全く同じ内容のものがありました。

リンク: 医療ナビ:ジストニア 首、手などが勝手に動き、仕事に支障も。治療法は。 - 毎日jp(毎日新聞).

このなかで、5つの治療法が紹介されてますが、これらは治すための”治療法”では無くて、症状を抑えるための”対症療法”の間違いだと思います。

それはともかく、このうち私がやったのは(1)内服薬と(3)ボツリヌス毒素注射。

他に、バイオフィードバック療法と自立訓練法なんてのもやったなぁ。

いずれも、効かなかったどころか、やりながらどんどん悪化して行った(ボツリヌス注射は症状に変化なし)ので、今は全部止めて、民間療法で様子見中です。

ところで、新聞記事に添えられていた母からの手紙によると、何を思ったのか、4月から大学に通い始めたようです。

といっても、学生に混じって週に2つ講義を受けるだけらしいんですが、どうやら楽しくて仕方がない様子です。

くれぐれも、学生さんたちの勉強の邪魔をしないよう願うばかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

7者連続得点で快笑!

10-4でドラに楽勝でした。

初回に、いきなり7者連続得点で7点を挙げて、昨日の嫌な雰囲気を払拭してくれました。

ナゴドでの3連戦は、珍しく打撃陣で勝ち越すことが出来ました。

開幕からずっと投手陣に助けられてたので、たまにはね~。

欲を言えば、久保田と球児にすぐにリベンジの機会を与えて、個人的にも嫌な気持ちを払拭させてあげたかったけど、まあそれは次の楽なカードでやってもらいましょう!

さらに欲を言えば、葛城には左投手のときにも結果を出して欲しかった。

5番に定着するために・・・。

バルディリスは、春季キャンプでの最終テストのときに懸命にプレーしている姿に惹かれ、合格にしてやってくれ~と祈るような気持ちでそのときの中継を見てました。

見事、監督はんのお眼鏡にかなって合格を勝ち取ったわけですが、しっかり基礎を鍛えて7月か8月ごろに出てきてくれたら面白い存在になるぞ、と思ってました。

まだ、ちょっと、一軍には早い気がしてますが、このチャンスに、何でもいいから何か1つでもアピールしてもらいたいです。

 

さて、今日は、昨日結果を残せなかったセブンイレブンの栗入りどらやき(略して栗入りセブドラ)で挑みました。

期待に応えて、すぐにリベンジを果たしてくれました。

これで鬼門払拭アイテムは3つに増えました!

3連戦でローテーションも組める数です。

早くも次回のナゴドが楽しみになって来ました♪

| | コメント (4) | トラックバック (22)

子供の日

本来、子供は、どちらかと言えば好きな方なんですが、ここのところ、つい避けてしまうんですよね~。

というのも、痙性斜頚が急激に悪化した頃(3年前)、近所の公園を歩いていたときのことです。

4~5歳ぐらいのお子さんを連れた親子のそばを通り過ぎようとしたとき、私の方側にいたお子さんを、お母さんが急に抱きかかえるようにして、自分の後ろに隠すように私から遠ざけました。

私は、勝手に首が左上を向いてしまうので、歩くときなどは、真っすぐ前を見ようとすると、目だけが右を向いてます。

それが、他人からすると、ギョロッと睨みつけるような感じで見られてるように思えてしまい、気味が悪いのだと思います。

まあ、変な事件が多発してる世の中なので、危険な人から子供を守ろうとするお母さんの気持も解らなくはないんですが・・・。

でも、変なことするヤツは、明らかに普通じゃない動きをしてるヤツよりも、むしろ普通に見えるヤツだったりすると思うんやけどねぇ。

そんなことがあってから、公園で子供連れに遭遇しても、何となく避けてしまうんよね~。

近所に幼稚園があるんですが、その周辺も何となく避けて、わざわざ遠回りしたりしてます。

別に、悪いことしてる訳じゃないので、気にしないで堂々としてればいいんでしょうけど・・・。

情けなか~

| | コメント (0) | トラックバック (2)

あぁ、久保田ん。。。

延長10回、2-3xで、ドラにサヨナラ負けでした。

岩田の粘り強いピッチングも・・・。

野口の懸命なリードも・・・。

アニキの久し振りのタイムリーも・・・。

鳥谷のスーパーキャッチ&ホームランも・・・。

久保田があっと言う間にぶち壊してくれましたcrying

そして、球児までもが・・・。

しか~し、しかし、久保田と球児の凄いところは、やられた次の試合では必ずビシッと決めてくれるところです!

その辺が、そこら辺のヤワなリリーファーとは違います!

明日勝って、いやな感じをすぐに払拭しましょう!

 

200805041322 今日は、昨日調子が良かったサンクスドラを敢えて休ませ、セブンイレブンの栗入りドラで挑みました。

こちらも、嫌な感じをすぐに払拭するために、明日、またリベンジのチャンスを与ようと思います。

シーズン序盤なので、鬼門払拭アイテムは多いほどいいでしょうから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (19)

GWに平野が踊る!

9-1でドラに快笑ですhappy02

昨年、奈落の底に落ちて行ったGW9連戦の初戦。

しかも鬼門と言われ続けてきたナゴヤでの試合。

しかし、そんなことは新戦力の平野と新井には全く関係ありませんでした。

なんと平野は、4安打、3打点、3得点、1スリーラン、1盗塁の大活躍!

新井は、3安打、4打点、1ツーランの活躍でした。

これで、新井のホームランは3本目。

ようやく赤松に並びました。

これから、もっともっと打ってもらわなぁ。

それから、安藤のピッチングも凄かったです。

最後のイニング8回は、ヘロヘロになりながらツーアウト満塁のピンチを招きましたが、渾身のフォークで、ウッズを3球三振に斬って捨てました。

アニキにも待望のヒットが出たし、誠も打点をあげたし、トリも盗塁したし、実質先発全員安打でいい感じです。

この勢いで、今年のGWは9連勝や!

 

200805031554 ところで、今日は、ロードラに代わるアイテムとして、サンクスの「餅食感どら焼」で挑みました。

初登板で、こんな最高の結果を残すとは、ロードラの代役を期待出来そうですw

| | コメント (4) | トラックバック (14)

アベちゃんナベちゃん、ピシャ、ピシャリ!

ヤクルトに0-2で負けました。

今シーズン初の同一カード負け越しです><

ボギーは、初登板で6回を3安打2失点と良く頑張りました。

打線の方が・・・。

いくら7四球を選んだとはいえ、1安打じゃあねぇ~。

アニキも、甲子園3連戦でノーヒットとは、らしくなかったねぇ~。

それから、なんぼセッキーが優しいからって、セッキーに送らせて、ボギーのバットに期待するとは・・・。

そこまで期待するんなら、いっそ、左投手のときの5番に抜擢しますか!

セッキー、こういうときは怒ってええんぞ!

まあ、なかなか打てんかったから、流れを変えたかったのかもしれんけど・・・。

逆に、流れが相手に行ってしまいました。。。

監督はん、ちょっと調子に乗り過ぎちゃったねbleah

さて、明後日からはGWの9連戦に突入です。

去年は、この辺りからおかしくなったので要注意です。

まずは宿敵ドラを叩いて、勢いをつけましょう!

頑張れ、猛虎打線!

| | コメント (2) | トラックバック (17)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »