« 三分咲きで三分刈り! | トップページ | 八分咲き »

開幕予想オーダ(2008年)

いよいよセ・リーグの開幕も、明後日と迫って来ました。

ということで、開幕の予想オーダと希望オーダを考えてみました。

予想オーダ】
1番 センター   赤星
2番 セカンド    平野
3番 ファースト   新井
4番 レフト     金本
5番 サード     今岡
6番 ライト     フォード
7番 ショート    鳥谷
8番 キャッチャー 矢野
9番 ピッチャー  安藤

希望オーダ】
1番 センター   赤星
2番 セカンド    関本
3番 ファースト   新井
4番 レフト     金本
5番 サード     今岡
6番 ライト     鳥谷
7番 ショート    フォード
8番 キャッチャー 矢野
9番 ピッチャー  安藤

オープン戦を見た感じでは、平野はトップバッター向きのような気がしてます。

せっかく天性の2番打者、セッキーがいるのに、もったいない・・・。

でも、平野もオープン戦を見ただけなので、彼のポテンシャルはまだ解りません。

シーズン入ったら、セッキーを上回る2番打者ぶりを見せてくれることを期待しましょう!

新井は、3番に向いてないという意見があります。

状況判断やベンチのサインをこなせる程器用ではないという理由らしいです。

しかし、そもそも初めから3番向きの選手なんて、そうはいないと思います。

長打力と器用さの両方を兼ね備えてる選手なんて・・・。

少なくとも、現時点では、フォードや鳥谷よりかは新井の方が、3番としての役割をこなしてくれそうな気がします。

 

先発陣についても考えてみました。

予想先発六人衆(投番順)】
安藤、福原、下柳、ボーグルソン、岩田、アッチソン

希望先発六人衆(投番順)】
安藤、下柳、杉山、ボーグルソン、岩田、福原

ほんまは、ずーっと前から江草に先発やらせたいんやけどね。

さぁて、どうなりますことやら・・・。

ワクワク、ドキドキして来ました。

|

« 三分咲きで三分刈り! | トップページ | 八分咲き »

「阪神タイガース」カテゴリの記事

コメント

さざまるさん

私も
江草さんに
先発して欲しい

こきみいいリズムでバンバン投げて欲しいなぁ・・・

あのニコちゃんフェイスで^^

投稿: fusaki | 2008年3月26日 (水) 23時59分

fusakiさん

やっぱ、先発江草、いいですよね~。
こきみいいリズムでニコニコしながら、バンバン投げて、江草が先発する日は、毎試合20時前には完封勝ちを決めてる!

ってな具合で、大投手に成長するんじゃないでしょうか。

そして、我々は、試合が早く終わった分、勝利の美酒に長時間酔える♪

という寸法です^^

投稿: さざまる | 2008年3月27日 (木) 00時34分

おひさしぶりで=す。。。

さざまるさんの、野球ネタもそろそろ芽吹いてまいりましたね。

オーダー参考にさせていただきます。。。

投稿: なぽたん | 2008年3月27日 (木) 15時18分

なぽたん、お久しぶり~。
今年も、いよいよ明日ですね。
私の予想は、なかなか当たらないので参考になるかわかりませんが、いろいろ考えるのが楽しいです。
まあ、どんなオーダーになっても、ファンとしては一生懸命応援するだけですねhappy01

投稿: さざまる | 2008年3月27日 (木) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/11836141

この記事へのトラックバック一覧です: 開幕予想オーダ(2008年):

» 開幕1軍登録発表! [パイプの部屋]
今日、セリーグの開幕出場登録公示がありました。【投手】安藤、福原、下柳筒井、江草、渡辺、阿部、久保田、ウィリアムス、藤川【捕手】野口、矢野、小宮山【内野手】新井、今岡、鳥谷関本、藤本、坂【外野手】金本、赤星、フォード平野、浅井、桧山、葛城、桜井平野は外...... [続きを読む]

受信: 2008年3月26日 (水) 23時54分

» セカイの夜明け前 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
いよいよいよいよ明日から『タイタニック』が2夜連続放送!めっちゃ、どうでもええいよいよ明日から、セ・リーグが開幕しますね昨日、阪神の開幕1軍メンバーも発表になった。(投手)安藤、下柳、福原、久保田、藤川ウィリアムス、江草、筒井、渡辺、阿部(捕手)矢野、野口...... [続きを読む]

受信: 2008年3月27日 (木) 21時52分

« 三分咲きで三分刈り! | トップページ | 八分咲き »