« ちばりよ~! | トップページ | 降るね~ »

せめて正しい情報を!

アメリカでは、ボツリヌス毒素の注射の副作用で、9年間で16人の方が亡くなられたそうです。
(米消費者団体「パブリック・シチズン」が発表)

肺炎を起こされたケースは、180件だそうです。

私もボトックス注射を受けたとき(2年前)には、アメリカで誤飲による肺炎で死亡した例がある旨、説明を受けましたが、人数を知ったのは初めてでした。

で、日本での死亡例は、国内開発時の臨床試験で、突然死が174例中1例報告されてるだけだと・・・。

まあ、どんな治療でも副作用は付き物で、患者は、現状の苦しみを軽減できる可能性と、副作用によるリスクを天秤にかけて、目の前に示された治療を受けるかどうか決断するわけなので、

今回のこの16人の死亡人数を多いと見るか少ないと考えるかは、その患者さんの症状や置かれている生活環境によっても違うでしょう。

そこで問題なのは、患者が判断するための正確な情報が、本当に提供されているかどうかです。

日本では、ボトックス療法を受けて、嚥下障害からの肺炎で死亡したケースを聞いたことがありませんが、

医師が因果関係を否定したらそれまでだし、最近の厚生労働省の在り方を見てると、残念ながら疑わざるを得ません。

治療法が確立されてない難病奇病が増えている現代社会において、本当に患者が欲しいのは、決して安心材料などではなく、自分で判断するための正しい情報なのです。

リンク: ボツリヌス毒注射の副作用で16人が死亡 : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

|

« ちばりよ~! | トップページ | 降るね~ »

心と体・福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/10218085

この記事へのトラックバック一覧です: せめて正しい情報を!:

« ちばりよ~! | トップページ | 降るね~ »