« カッコーの巣の上で | トップページ | 草野球かよ! »

Ray

BSでやってた「Ray」を観ました。

R&Bの巨匠、レイ・チャールズの伝記です。

私は、彼のファンと言うほどではなく、ベストCDを一枚持ってるだけですが、天才的な演奏と、せつなくてかつ迫力のある歌声は大好きです。

人種差別と盲目という二重苦を抱え、どんなに悔しくて歯痒い思いをして来たか、私には想像することしか出来ないので言えたぎりでは無いかもしれませんが、麻薬だけは行けません><

弟を目の前で死なせ、母親も若くして亡くしているので、自暴自棄に陥った面もあったようですが・・・。

それでも、理解ある奥さんのおかげで、苦しい治療の末に麻薬を断ったのは立派です。

Woah Georgia, Georgia
No peace, no peace I'll find
Just an old sweet song
Keeps Georgia on my mind♪

|

« カッコーの巣の上で | トップページ | 草野球かよ! »

映画・ドラマ・芸能・アニメ」カテゴリの記事

コメント

大陸育ちでない日本人は、あまり人種での差別は経験しないですよね。だからそのくやしさとか、どうしようもできない怒りって計り知れません。
今でも世界ではあるんですよねー。
負けずに頑張ってほしいですよね。

投稿: まめ | 2008年2月10日 (日) 13時43分

まめさん、こんにちは。
そうですね。
我々日本人のほとんどは、日本にいる限り、人種差別を受けた悔しさを経験することなく暮せてますね。
逆に、人種差別をして来た人種ですね。
特に、同じアジアの人たちに対して・・・。
今なお、在日外国人の方で、差別で苦しんでる方は数多くいらっしゃるので、気をつけたいところです。

ところで、レイ・チャールズさんは、4年前に73歳で永眠されたんですよね~。
非常に残念です。。。

投稿: さざまる | 2008年2月10日 (日) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/10373484

この記事へのトラックバック一覧です: Ray:

« カッコーの巣の上で | トップページ | 草野球かよ! »