« プロ棋士 | トップページ | お詫び »

NHK大河ドラマ

昨日から、今年の大河ドラマ「篤姫」が始まりました。

私の記憶に残ってる一番古い大河ドラマは「勝海舟」です。

ここから大河にはまり、「元禄太平記」、「風と雲と虹と」、「花神」、「黄金の日々」、「草燃える」、「獅子の時代」、「おんな太閤記」、「峠の群像」と、毎週日曜日を楽しみにして見てたので、未だにそれぞれ、部分的にですが覚えてます。

その次の「徳川家康」から徐々に熱が冷め始め、段々と見なくなってました。

仕事を休むようになってからは、暇に任せて再び見始めたので、「新撰組」、「義経」、「功名が辻」、「風林火山」と楽しんでます。

「篤姫」も、恐らく、ほとんど見るでしょう。

 

歴史ドラマや歴史小説に触れると、つくづく今の時代に産まれて良かったなぁと思います。

今の世の中を、酷い世の中だと言って嘆いている人をたまに見かけますが、案外そうでもありません。

確かに一部そう言った側面もあるでしょうが、それじゃあ日本の歴史の中で、今よりいい時代っていつでしょうか?

戦国時代や戦時中のように、生きていくために人を殺さなければいけない時代なんて絶対にイヤです。

また、元禄太平時代や大正ロマン時代にしても、身分や家柄が違うというだけで、惚れ合った人と結婚出来なかったり、やりたい仕事に就けません。

そんな時代も真っ平御免です。

例えば、江戸時代に生まれて、今の私のようなハンディキャップを抱えることになってしまったとしたら、すぐに飢え死にか自害に追い込まれてたかもしれません。

いや、そんな昔でなくても、ほんの50年前でも、そうなってたかもしれません。

ネットもコンビニも無かったし・・・。

そう考えると、多少の紆余曲折はありながらも、人の世は、着実にいい世の中に向かっているように思います。

これからも、きっと・・・。

 

要するに、いつの時代に生まれても、どんな境遇に置かれたとしても、そんな中で、生き甲斐を見つけ、幸せを感じることが出来るかどうかは、その人次第っちゅうことじゃね。

昔、ドストエフスキーという人が、こんなことを言うてたそうです。

「人は自分が幸福であることを知らないから不幸なのである。」

|

« プロ棋士 | トップページ | お詫び »

映画・ドラマ・芸能・アニメ」カテゴリの記事

コメント

私も現代に生まれてよかったなぁと思います。日本の歴史を見てみると,戦争ばっかりしてきたような気がします。刀ですぱっと・・・なんて考えただけで恐ろしい。貧富の差が激しかったり,お家柄とかすごく大変な世の中だったんじゃないかなって。

あと思うのが,日本で良かったなとも思います。世界にはいまだ戦争とかあったり,生活水準が低かったりと厳しい中で生きている人もいますよね。日本は治安がいい方だと思います。銃で撃たれたりとかしたくないもん。

投稿: まめ | 2008年1月 8日 (火) 14時36分

まめさん、こんばんは。
そうですね。
ほんと、日本で良かったですね。
油断は禁物ですが・・・。

あと、社会福祉面なども、まだまだ全然満足出来ませんが、それでも昔よりはマシですね。
先人の方々が頑張って来られたお陰です。
また、我々のもっと良くしたいという思いが、自分のためであると同時に、結果的に、後人にもっと良い環境を提供するのだと思います。

投稿: さざまる | 2008年1月 8日 (火) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/9737667

この記事へのトラックバック一覧です: NHK大河ドラマ:

» 写真で見る まるでドラマのような プロポーズ [INTERESTIC NEWS]
海外では まるでドラマのようなプロポーズが 行われています。 何気ない日常生活の中で 突然、世界一輝く瞬間があると思わせてくれるエピソードです。 [続きを読む]

受信: 2008年2月 3日 (日) 17時40分

« プロ棋士 | トップページ | お詫び »