« 課題の嵐 | トップページ | お気に入り »

ご近所さん

いつも挨拶を交わすだけの関係だった近所のおじさんが、今日は挨拶を交わしたあとで、言いにくそうに私の病気のことを聞いて来られました。

そこで、ジストニアのことを簡単に説明しました。

おじさんは、真剣に、心配そうに、たまに質問を交えながら、私の話を聞いてくれました。

おじさんは、私の歩く姿から、脳溢血や脳梗塞などの後遺症かと思われていたそうです。

私としては、脳梗塞などを患った方とは動きの不自然さの感じが違うと思ってるんですが、ジストニアなどの脳神経系の病気のことを知らない人が歩行障害の人を見た場合に、ジストニアよりはポピュラーな脳梗塞を思い描くのは自然なことなのでしょうね。

おじさんに、ジストニアのことをどこまで解ってもらえたかわかりませんが、それよりも、近所の人と挨拶以上の会話が出来たことが嬉しいです。



|

« 課題の嵐 | トップページ | お気に入り »

心と体・福祉」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
なんだか、心あたたまるお話ですね。
会話って、楽しいですよね(^^)

ご存じだったかもしれませんが、ブログのほうが、ここ数日、荒らしにあって困っていました。
ようやく一段落したようです。
また、遊びにいらしてくださいね

投稿: TOM | 2008年1月18日 (金) 10時19分

TOMさん、こんにちは。
ひとまず荒らしが去って良かったですね。
対応お疲れ様でした。
奥様も、乳がんの疑いが晴れて一安心ですね。
嵐が去って、晴れ間が見えたと言ったところでしょうか。
でも、奥様にとっては、胸の痛みが消えないことには何の解決にもなってないのかもしれませんが・・・。
引き続きお大事になさってくださいね。

投稿: さざまる | 2008年1月18日 (金) 15時47分

なんかにっこりしながら読みました。
無神経に病気のことを聞いてくるんじゃなくて、本当に心配したり気にかけてくれて声をかけられたんだなぁということが伝わりました。

いいご近所さんとの会話ですね。私もうれしくなりましたよ。

投稿: まめ | 2008年1月18日 (金) 16時07分

まめさん、こんにちは。
作品展、お疲れさま~。

ご近所さんとは、関わりを持ちすぎると面倒くさいこともあるけど、かといって挨拶するだけってのも寂しい気がしてました。
前から多少の世間話ぐらいしてみたかったけど、体がきつくて立ち話をする余裕がないこともあって、こちらから話かけづらかったです。
今回、おじさんの方から話してくれて良かったです。

投稿: さざまる | 2008年1月18日 (金) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/9938556

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所さん:

« 課題の嵐 | トップページ | お気に入り »