« 遠き山に日は落ちて | トップページ | 両国国技館 »

豊真将よ土俵の鬼になれ!

【大相撲11月場所 四日目】

今場所、初の相撲ネタを書くにあたって・・・。

時太山のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

二度とこのような哀しい犠牲者を出さないように、協会の理事長に栃東親方を抜擢するなどして、徹底的に対策を講じてもらいたいと思います。

さて、今場所ここまで見て、私の目に止まったのは、安馬と出島です。

安馬は、大関を狙える自力がつき、気迫のこもった攻めの取り組みが続いてます。

昨日、今日と気合が空回りして敗れてしまいましたが、明日以降も楽しみです。

出島は、急に太った感じがします。

年齢から来る動きの遅さを、体重を増やすことでカバーしようとでも言うのでしょうか!?

動きが鈍くなった分、前に出る力強さが増した気がします。

ただ、相撲巧者の琴光喜には、丸く太った体を逆用されて、コロンと転がされてしまいました。

出る出る出島の相撲が、どう変わっていくのか注目です。

一方、豊真将くん!

連日気迫の感じられない取り組みが続きます。

上位陣との対戦が続くので、黒星続きなのは仕方ないとしても、気合の入った一番を見せてもらいたいです。

上位には、技と経験では敵わないので、せめて気迫だけは上回ってないと勝てるはずもありません。

もっと、立会いから鬼気迫る鬼の形相で仕切って欲しいです。

種目は違いますが、4年前には甘ちゃんだったプリンセスメグも鬼になってコートに帰って来ました。

豊真将も今年中、いや今場所中に土俵の鬼になれるか!

注目しながら応援して行きたいと思います。

|

« 遠き山に日は落ちて | トップページ | 両国国技館 »

「大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/8916526

この記事へのトラックバック一覧です: 豊真将よ土俵の鬼になれ!:

« 遠き山に日は落ちて | トップページ | 両国国技館 »