« 机が届いた! | トップページ | ゴッドファーザー »

町田康著『きれぎれ』

町田康著『きれぎれ』を読み終わりました。

どうしようもないダメダメ男の物語でした。

ただ想像(空想?)力だけはやたらと逞しい男・・・。

その想像力をポジティブな方向に働かせることが出来れば、同じ目に会っても全然違った人生を歩めるだろうに・・・。

と言いながら、私も悲観的な方向に想像が展開されてしまうことがたまにあります。

年齢を重ねるごとに、どんどん楽観的な考え方が出来るようにはなってますけどね。

この単行本には、もう1つ『人生の聖』というお話が掲載されてますが、こちらは何の話か良く解りませんでした。

町田ワールドを楽しめるよになるには、この1冊だけじゃあ足らないようです。

きれぎれ (文春文庫) Book きれぎれ (文春文庫)

著者:町田 康
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 机が届いた! | トップページ | ゴッドファーザー »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/8611690

この記事へのトラックバック一覧です: 町田康著『きれぎれ』:

» 【 町田康 】について最新のブログの口コミをまとめると [プレサーチ]
町田康に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 05時25分

« 机が届いた! | トップページ | ゴッドファーザー »