« 何とも歯痒い負け! | トップページ | 即リベンジ大会じゃ~! »

はだしのゲン

テレビドラマの「はだしのゲン」を見ました。

被爆時の広島で生き抜いた1人の少年を主人公とした、実話に基づいたフィクションです。

さすがにテレビドラマなので、映画ほどにはリアルに表現できないだろうと思っていましたが、出演者の方々の迫真の演技に引き込まれました。

原作漫画は、小学校の図書館に置いてあったので、夢中で読んだ思い出があり、大人になってからも2~3度読み返しました。

小学校のときに初めて読んだときは、恐怖と同情が入り混じった複雑な気持ちでした。

また、ほぼ時を同じくして訪ずれた広島の原爆資料館で、人が一瞬の閃光と共に消滅して後には影だけが残っていたと言う事実を知り、それまでに感じたことの無い得体の知れない恐怖を覚えました。

焼け死ぬのなら黒こげになるし、爆発で吹き飛ぶなら身体が粉々になるというようにイメージ出来るけど、

人間が消滅するっちゃあ、どう言う事?

ナメクジに塩をかけたんと同じように溶ける感じじゃろうか?

と思ってゾッとしたものです。

いずれにしても、戦争というものを意識したのは「はだしのゲン」が最初だったと思います。

戦争ドラマは、たまにこうして特別企画として放送されますが、戦争の記憶を風化させないためにも、年に1度ぐらいはどこかの局が連続ドラマでやってもいいのではないかと思います。

惚れたハレたばかりの連ドラもいい加減飽きたし・・・。

特に「はだしのゲン」などは、演出とキャスティングによっては、連ドラにしてもけっこう視聴率を取れると思います。

同じように昭和のひとこまを描いた「華麗なる一族」が高視聴率だったぐらいですから・・・。

また、NHKの大河ドラマも、いつもいつも戦国武将や維新の志士ばかりやってないで、そろそろ明治以降の歴史上の人物を取り上げても面白いと思います。

東条英機はまだ難しいとしても、例えば、渋沢栄一や乃木希典などはどうでしょう。

|

« 何とも歯痒い負け! | トップページ | 即リベンジ大会じゃ~! »

映画・ドラマ・芸能・アニメ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~
結局「はだしのゲン」見れなかった、ささこです
(´・ω・`)ショボーン

思います×2
はだしのゲンは連ドラにしてもいいですよね。
むしろした方が教育的によいかと(ニコ)

さざまるさんと同じ様に小学校の時に見ましたね。あと原爆の授業とかでよくアニメの方を見ました。ホントリアルに表現していて怖かったのを覚えています。

黒い雨の存在を知り、しばらく雨が怖かったな~とか思い出しましたよ。

投稿: ささこ | 2007年8月12日 (日) 22時37分

ささこさん、こんばんは。
「はだしのゲン」、けっこう読んだことのある人が多いようなので驚いてます。
私のときは、マガジンかジャンプの連載が終わって、ちょうど単行本が発売された頃で、まだあまり読んでる人がいなかったので・・・。

授業でアニメを見れるなんて、なかなか洒落た小学校ですね。

黒い雨は、確かに想像するだけで怖いですよね。
漫画で読んだだけで怖いのに、体験された方の恐怖は尋常では無かったでしょうね。

思い出して、また悪夢を見ないようにね。

投稿: さざまる | 2007年8月12日 (日) 23時01分

おはようございます…

私も『はだしのゲン』みました。
なんとなくは知っていたのですが、全て真剣に見たの始めてでした。
広島の原爆ドームに行った事はありますが、全ての恐ろしさを知り、実感させられました。

話は変わりますが、ストリートや手紙で傾性斜頚の方によく出会いますよ。

投稿: あや | 2007年8月13日 (月) 05時33分

あやさん、おはようございます。
あまりにも凄まじい内容なので、真剣に見ちゃいますよねぇ。
つい60年前の現実なんですよね。
あんな恐ろしい兵器が、未だに世界中にたくさんあることも恐ろしいです。

ところで、あやさんって、ストリートと言う言葉から察するに、上尾のあやさんでしょうか?
違ってたらごめんなさい。

投稿: さざまる | 2007年8月13日 (月) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/7497282

この記事へのトラックバック一覧です: はだしのゲン:

» ドラマ「はだしのゲン」 [ディープインパクト@まこっさん]
2日間じっくり見ました。 しっかり泣きました。 特にお父さんが川から万歳して見送るところと 生まれてすぐに死んだ妹を焼くところ。 今回はドラマなので 残酷なシーンは殆んどありませんでした。 実際はこんなものじゃないってのは 正常な想像力を持つ皆さんならわかるでしょう。 支配者側の目で見るのではなく 一般庶民の目から見れば 戦争なんて必要ありません。 原爆をはじめ大量殺戮兵器も同じです。 昨日には爆笑問題の番組でも 原爆投下の是非が話し合われました。 ... [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 10時59分

« 何とも歯痒い負け! | トップページ | 即リベンジ大会じゃ~! »