« 鬼門祭りは大盛況のまま終宴! | トップページ | 例え夢でも面白く・・・。 »

芝の王者フェデラー、ボルグ以来の5連覇達成☆

【ウィンブルドン 2007 男子シングルス 決勝】

Still0021_7 昨年と同じ顔合わせとなったこの試合、フェデラーがナダルを7-6、4-6、7-6、2-6、6-2で退け、ボルグ以来の5連覇を達成しました☆☆☆☆☆

第1セットは、先にフェデラーが第2ゲームをブレイクしましたが、第5ゲームでナダルのスーパーパスが炸裂し、すかさずブレイクバックに成功しました。

そのままタイブレークに突入すると、フェデラーが9-7でものにしました。

第2セットは、、相譲らないキープ合戦が続きましたが、第10ゲームで、ナダルがスッテンコロリン尻餅をついたままでのミラクルパッシングショットを決めると、そのセットをブレイクして、6-4でナダルが取り返しました。

第3セットは、またしてもキープ合戦が続き、タイブレークに突入しました。

タイブレークは、早い段階でミニブレイクを重ねたフェデラーが取りました。

第4セットは、ナダルが気落ちするどころか更に集中して、いきなり第1ゲームをブレイクすると、第3ゲームもブレイクし、一気に4-0とリードします。

第5ゲームをフェデラーがようやくキープしたところで、ナダルがメディカルタイムを取って右膝にテーピングを施しますが、その後のプレーへの影響は見られず、そのまま6-2でナダルが取り返しました。

このセットの第3ゲーム、ナダルのチャレンジが成功して2つ目のブレイクとなったところで、フェデラーが珍しく審判に詰め寄って何か言い続けてるシーンが印象的でした。

いつも冷静なフェデラーにしては珍しいことです。

何を言ってたのか気になります。

ファイナルセットは、すっかり蘇えったフェデラーのラヴゲームキープで幕を開けました。

暫くキープを続けていた両者でしたが、第6ゲームをフェデラーがブレイクに成功すると、そのまま6-2で押し切りました。

それにしても、ナダルが芝でここまでやるとは!

全仏決勝の記事で、4大大会のファイナルで一番面白いのは全仏だと書きましたが、ナダルに失礼でした。

明らかに今日の方が面白かった!

それにしてもナダルは、一体どこまで進化し続けるんでしょうか?

その進化は、この1年を通じて成長したと言うよりも、この大会で死闘を繰り返す中で急激に進化を遂げたと言った印象を受けました。

そして、その進化したナダルとのラリーを楽しむかのように見えたフェデラー!

この男の芝におけるポテンシャルに底はあるのか!

相手が強ければ強いほど、パフォーマンスを上げて来ます。

しかし、ナダルがここまで芝に対応して来たということは、もしかしたら、グランドスラムの可能性は、フェデラーよりナダルの方が近いかもしれません。

その辺もこれからの楽しみです!

ところで、愛ちゃんは全仏に続いてダブルス決勝に進みましたが、1-2で負けたようです。

日本人が、あのウィンブルドンでファイナルを戦ったと言うのに、テロップだけの表示で残念です。

と思ったら、GAORA.でやってたんですね。

再放送でやるかなぁ。

|

« 鬼門祭りは大盛況のまま終宴! | トップページ | 例え夢でも面白く・・・。 »

「テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/7078768

この記事へのトラックバック一覧です: 芝の王者フェデラー、ボルグ以来の5連覇達成☆:

« 鬼門祭りは大盛況のまま終宴! | トップページ | 例え夢でも面白く・・・。 »