« そんなアニキにひとめぼれ! | トップページ | あらマー! »

『王将』

少しビデオテープを整理しました。

すると、かなり前に古い日本映画3本を録画した、1本のビデオテープが出て来ました。

1.小津安二郎監督の『生まれてはみたけれど』(昭和7年作)

2.同じく小津監督の『麦秋』(昭和26年作)

3.阪東妻三郎主演の『王将』(昭和23年作)

の3本です。

もう1回見てからこのテープを捨てようと思いましたが、さすがにどれも名作!

見終わったら簡単には捨てる気になれず、DVDにダビングしてから捨てることにしました。

特に、阪田三吉をモデルにした『王将』は凄い映画です。

阪妻さんの映画は、これしか観たことないんですが、凄まじい迫力で演じられてます。

他の阪妻作品も観たくなりました。

戦後わずか3年でこんな作品を作るとは、日本映画もなかなかやるじゃん!

ちなみに、阪妻さんは、田村三兄弟(高廣、正和、亮)のお父さんですが、昨年亡くなられた長男の高廣さんが一番似ておられるように思いました。

阪東妻三郎傑作選 DVD-BOX DVD 阪東妻三郎傑作選 DVD-BOX

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2004/09/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« そんなアニキにひとめぼれ! | トップページ | あらマー! »

「将棋」カテゴリの記事

映画・ドラマ・芸能・アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/6659415

この記事へのトラックバック一覧です: 『王将』:

« そんなアニキにひとめぼれ! | トップページ | あらマー! »