« やっぱ下さんやね☆ | トップページ | 若虎の2発で若獅子粉砕! »

欧米か!

半年前に買ったDVD20巻セットをようやく観終わりました。

主に1940~50年代頃のアメリカもしくはイギリス映画です。

日本が戦争一色に染まっていた頃、および、終戦直後の餓えと戦っていたときに、彼らは呑気にこう言った映画を楽しんでいたかと思うと、その余裕に恐れ入ると同時に、今一つ釈然としない気持ちになります。

だからと言って、これらの映画としての価値が下がるものではありません。

名作映画を存分に堪能しました。

一応、おもしろかった順番に並べてみました。

ジャンルの違う映画だと興味惹かれるポイントも違うので、そういうもの同士を一緒くたにして順位づけすることに意味があるとも思えませんが、ただ単に見た映画を列挙するだけでは芸が無いので、一応ね。

それぞれに寸評書くのは大変だし・・・。

①オリバー・ツイスト

監督:デヴィッド・リーン  出演:アレック・ギネス、ロバート・ニュートン、ジョン・ハワード・デイビス

②レベッカ

監督:アルフレッド・ヒッチコック  出演:ローレンス・オリヴィエ、ジョーン・フォンテイン

③心の旅路

監督:マーヴィン・ルロイ  出演:ロナルド・コールマン、グリア・ガーソン

④黄金の腕

監督:オットー・プレミンジャー  出演:フランク・シナトラ、エリノア・パーカー

⑤怒りの葡萄

監督:ジョン・フォード  出演:ヘンリー・フォンダ、ジェーン・ダーウェル

⑥カサブランカ

監督:マイケル・カーティス  出演:ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン

⑦名犬ラッシー ~家路~

監督:フレッド・M・ウィルコックス  出演:ロディ・マクドウォール、エリザベス・テイラー  

⑧駅馬車

監督:ジョン・フォード  出演:ジョン・ウェイン、トーマス・ミッチェル

⑨赤い河

監督:ハワード・ホークス  出演:ジョン・ウェイン、モンゴメリー・クリフト

⑩嵐が丘

監督:ウィリアム・ワイラー  出演:ローレンス・オリヴィエ、マール・オベロン

⑪陽のあたる場所

監督:ジョージ・スティーヴンス  出演:モンゴメリー・クリフト、エリザベステイラー

⑫ジェーン・エア

監督:ロバート・スティーヴンソン  出演:ジョーンフォンティン、オーソンウェルズ

⑬邂逅(めぐりあい)

監督:レオ・マッケリー  出演:シャルル・ボワイエ、アイリーン・ダン

⑭第三の男

監督:キャロルリード  出演:オーソン・ウェルズ、ジョセフ・コットン

⑮凱旋門

監督:ルイス・マイルストン  出演:イングリッド・バーグマン、シャルル・ボワイエ

⑯哀愁

監督:マーヴィン・ルロイ  出演:ヴィヴィアン・リー、ロバートテイラー

⑰白い恐怖

監督:アルフレッド・ヒッチコック  出演:イングリッド・バーグマン、グレゴリー・ペック

⑱武器よさらば

監督:フランク・ボーゼージ  出演:ゲイリー・クーパー、ヘレン・ヘイズ

⑲ハムレット

監督: ローレンス・オリヴィエ  出演:ローレンス・オリヴィエ、ジーン・シモンズ

⑳モロッコ

監督: ジョセフ・フォン・スタンバーグ  出演:ゲイリー・クーパー、マレーネ・ディートリッヒ

オリバー・ツイスト DVD オリバー・ツイスト

販売元:ファーストトレーディング
発売日:2006/12/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« やっぱ下さんやね☆ | トップページ | 若虎の2発で若獅子粉砕! »

映画・ドラマ・芸能・アニメ」カテゴリの記事

コメント

当時のイングリッド・バーグマンさんってホントきれいですよね。
まさに絶世の美女って感じです。
彼女の映画の中では「ガス灯」がお気に入りです。
ストーリーを忘れるくらい(おいっ!)美しさに見とれてしまいます。

投稿: まこっさん | 2007年5月31日 (木) 23時28分

おっとミスキックです。

『ガス燈』が正しいです。

投稿: まこっさん | 2007年5月31日 (木) 23時30分

まこっさん、こんばんは。
ですよねぇ。
まさに絶世の美女!
こんな美女が知り合いに居てくれたら、それだけで人生楽しくなりそうです。

「ガス燈」は見てないんですが、機会があったら是非見てみようと思います。

投稿: さざまる | 2007年6月 1日 (金) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/6354290

この記事へのトラックバック一覧です: 欧米か!:

» 日本じゅうたん [日本じゅうたん]
日本じゅうたん [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 14時42分

» クリーンルーム用掃除機 [クリーンルーム用掃除機]
クリーンルーム用掃除機 [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 14時53分

» 古典映画「第三の男」 オーソンウェルズ [映画「第三の男」 オーソンウェルズ ]
映画情報 「第3の男」私のベスト3作品オーソウェルズ・ジョセフコットン・アリダバリを忘れることが出来ません夜のオーストリーの街角でサーチライトに一瞬照らし出されたハリー(第3の男のオーソウェルズ)の不敵な笑みを、これを書きながらでも目の前に見えます。この映画の一番のシーンは、ラストアンナ(アリダ・バリ)がハリーの埋葬を終わって、まっすぐ歩いてきて好意を寄せるホリーを無視して通り過ぎるシーンでしょう「第二次大戦直後、廃墟になったウィーンにアメリカ人の作家ホリー(ジョセフ・コット...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 9日 (土) 23時07分

» 古典映画 黒澤明 赤ひげ [古典映画 黒澤明 赤ひげ ]
日本映画 黒澤明監督 赤ひげ 1965年山本周五郎の小説『赤ひげ診療譚』を、黒澤明監督が「日本映画の危機が叫ばれているが、それを救うものは映画を創る人々の情熱と誠実以外にはない。私は、この『赤ひげ』という作品の中にスタッフ全員の力をギリギリまで...... [続きを読む]

受信: 2007年6月14日 (木) 23時23分

» 古典映画 黒澤明の弟子岡本喜八監督作品 [古典映画 黒澤明の弟子岡本喜八監督作品 ]
古典映画「日本のいちばん長い日」 8月15日天皇玉音放送「日本にもう戦う力なぞは・・・」(石黒農相)「天皇および日本国政府は連合国司令官にサブジェクト・トゥするとなっておりこれは隷属であり絶対受諾など出来ません!」(畑中少佐)「戦争が継続...... [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 21時34分

« やっぱ下さんやね☆ | トップページ | 若虎の2発で若獅子粉砕! »