« えっ!? 痛みのレベルがわかる装置!? | トップページ | 今日も勝ったぜ! 最下位脱出! »

Pain Vision

1つ前の記事で「Pain Vision」に関する記事を書きましたが、もう少し詳しく書いてあるサイトを見つけました。

リンク: 痛みパワーを数字で測定! 二プロが痛み測定値「Pain Vision(ペインビジョン)」を発売:Garbagenews.com.

この記事によると、どうやら痛みのレベルは、患者さん本人に判断してもらうようです。

それなら私の危惧したことは、危惧のままで済みそうです。

装置のことを何も知らないくせに、好き勝手な事を書いてすみませんでした。

ただ、このサイトの記事の最後にも書いてあるように、相対的な指標として使われるのであれば、前の記事に書いたような危惧が再び頭を持ち上げます。

ところで、痛みの種類についてはどうなんでしょうか?

この装置から出せるのは1種類だけなんでしょうか?

例えば私の場合、今現在は普段強く感じる痛みだけでも、6種類あります。

この6種類が、場所を変えたり、同じ場所で種類が変わったりしながら、またはゴチャ混ぜになりながら終始襲って来ます。

それぞれの痛みが今ではかなり楽になってますが、特に酷かったときには、主に切り刻むような痛みと焼け付くような痛みが背中全体に同時に生じていた感じでした。

その頃、もし、ナイフで背中を刺されても、また、煙草の火を押し付けられてもきっと気が付かなかったでしょう。

決して大げさでなく・・・。

そんな状態でこの装置にかかったら、どんな感じだったのでしょうか?

同レベルの別の種類の痛みを体感できたのでしょうか?

そんな痛み味わいたくないですけどね・・・。

それに、その装置から発する痛みの種類が、自分の痛みの種類と違った場合、どっちの痛みの方が大きいか判るんでしょうか?

今こうして居ながらも、左の首の切り刻まれるような痛みと、左腕の痺れるような痛みと、右肩の焼け付くような痛みと、さっきぶつけた左脚の疼くような痛みを同時に感じてます。

既にどれが一番痛いか順位を付けられない状態ですが、さらに「Pain Vision」からの痛みが加わったとして、私の身体の中のどの種類の痛みと比較すればいいんでしょうか?

例えば、左手をナイフで切るのと、煙草の火を焼き付けるのとを同時にやられたとして、どっちの痛みが大きいか判ると思いますか?

今度通院したときに主治医に聞いてみよっと。

いや、この装置にかかりたいとは思いませんが、興味本位でね。

それよりも、何よりも、痛みを発生させている根本原因を突き止めて、原因そのものを治療する装置を誰か発明してくれないかなぁ。

|

« えっ!? 痛みのレベルがわかる装置!? | トップページ | 今日も勝ったぜ! 最下位脱出! »

心と体・福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/6376724

この記事へのトラックバック一覧です: Pain Vision:

» 「CRPS」は進行性の病気なのか? [RSD友の会]
ブログ仲間の方々のブログやHPの中で、「CRPS(RSD)は、進行性の難病で・・ [続きを読む]

受信: 2007年5月17日 (木) 22時06分

« えっ!? 痛みのレベルがわかる装置!? | トップページ | 今日も勝ったぜ! 最下位脱出! »