« ボギーどころかホールインワン! | トップページ | お杉の初勝利は雨中の彼方へ »

奥田英朗著『町長選挙』

奥田英朗著『町長選挙』を読み終わりました。

4人の悩める患者たちが、デブでおバカな精神科医、伊良部先生に関わることで、無事に病気(悩み)が解決されて行くという4つの短編集です。

第一話「オーナー」では、ナベツネさんをモチーフにした主人公が、死への恐怖に悩みます。

第二話「アンポンマン」では、ホリエモンをモチーフにした主人公が、ひらがなを思い出せない病に罹ってしまいます。

第三話「カリスマ稼業」では、黒木瞳さんをモチーフにした主人公が、若作り強迫観念症に襲われてしまいます。

第四話「町長選挙」では、特にモチーフとなる有名人は思い浮かびませんが、良平君という公務員が、小笠原諸島の町長選挙で、2人の立候補者の狭間に立って悩まされます。

以前読んだ『イン・ザ・プール』同様、面白かったです。

あと、伊良部先生が登場する本著者の作品としては、直木賞作品となった『空中ブランコ』があるので、そのうち読んでみたいと思います。

(関連記事): 〓さざまるの雑記〓: 奥田英朗著『イン・ザ・プール』.

町長選挙 Book 町長選挙

著者:奥田 英朗
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ボギーどころかホールインワン! | トップページ | お杉の初勝利は雨中の彼方へ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/5610219

この記事へのトラックバック一覧です: 奥田英朗著『町長選挙』:

« ボギーどころかホールインワン! | トップページ | お杉の初勝利は雨中の彼方へ »