« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

能見&JFKで桜咲く!

広島に3-2で競り勝ち、今年初勝利を飾りました。

Still0038_1 先発の能見は、粘りのピッチングで、5回を2失点となんとかゲームを作りました。

次は6回まで頼むで~!

その後を受けたのはJFK!

久保田2回、ジェフ1回、球児1回と計4回を無失点で締めました。

打つほうでは、何と言っても今日はアニキ!

初回に、内角ギリギリの直球を軽くのけぞるようにしてよけると、これで目を覚ましたか、ライトフェンス直撃のツーベースを放ちました。

続く2打席目は3回裏、高めのボール球を豪快に振りぬき、ライトスタンドに目の覚めるようなツーランホームランを放り込みました。

アニキが元気なうちは大丈夫でしょう!

決勝点は、まさしくラッキーセブン!

ツーアウトから、関本が四球を選ぶと、代打林がツーベース、1番に返って、鳥谷、赤星が粘りの連続フォアボールを選びました。

まずは、1つ勝てて良かったです。

しかし、開幕投手を始めとして、初ヒット、初打点、初ホームランが全て大ベテラントリオとは・・・。

今年もベテラン頼りなんでしょうか?

若虎たちも頑張ってや~!

あっ、そう言えば初勝利は久保田でした。

初勝利打点は、レッド!

それから今岡と鳥谷にも初ヒットが出ました。

みんな徐々に良くなって行きまっせ!

| | コメント (4) | トラックバック (22)

今年も祭りの始まりや!

祭りの幕開けは、残念ながらカープに1-4で負けてしまいました。

Still0001_15 水川あさみさんの始球式で始まった開幕戦、今年初のマウンドに上がったのは、頼れる髭武者、下さん。

さすがの下さんも、初回は緊張の面持ちでしたが、6回を2失点とシッカリとゲームを作ってくれました。

しかし、打線は、黒田を打ちあぐね、5回までを下さんの内野安打1本に抑えられます。

まあ、本当に強い打線は、1、2打席は球筋を見極め、3打席目から爆発するんやで!

っと思って見ていると、6回からようやく見せ場を作り始めます。

そして、迎えた7回裏、今年初打点を上げたのは、矢野さんのレフと前ヒットでした。

これで1点差と盛り上がったのですが、この追い上げムードに水を挿したのは、吉野とサジキでした。

う~ん、残念!

でも、打線は後半盛り上がりを見せ、8回から守護神永川を引きずり出しました。

これはきっと明日へつながります!

本当に強い打線は、開幕2試合目から爆発するんやで!

今年は、クライマックスシリーズ、日本シリーズ、アジアシリーズと、長い長い戦いが続きます。

明日から、少しずつ上げて行きましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (13)

満開!

200703301550_1  

 

 あっという間に咲き乱れました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開幕前夜!

き、緊張して来ました。

| | コメント (4) | トラックバック (7)

将棋のインターネット検定

Yahoo!インターネット検定 - 将棋マイスター検定 初級.と、

Yahoo!インターネット検定 - 将棋段級位認定 級位認定試験.をやってみました。

タイトル見た感じ簡単そうだったし、タダだし、暇だし・・・。

「将棋マイスター検定」は、プロ棋士、将棋のルール、マナーに関する問題が5問です。

「級位認定試験」は、いわゆる“次の一手”が5問でした。

結果は、「将棋マイスター検定」が、5問中3問正解で、不合格!

「級位認定試験」が、5問中たったの1問正解で、「5級」でした(><)

ただ、「級位認定試験」の方は、オペミスで1問飛ばしてました。

その1問、答え合わせのときに、やってみたらできました。

それを飛ばしてなかったとしても正解は2問なので、恐らく「4級」です。

「将棋マイスター検定」の方をすぐに再度チャレンジしたところ、今度は、5問中4問正解で、なんとか「合格」でした。

「級位認定試験」の方も、受ける度にレベルアップできそうな気がしましたが、それではつまらないので、もう少し力を付けてから再チャレンジしようと思います。

今岡&井川への道は遠い。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三分咲き

200703281657_1

   

 週末には

 いい感じになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Times SPA RESTA

昨日は、「TimesSPA RESTA.」というところに行って来ました。

駐車場のパーク24が運営しているお風呂屋さんです。

1年前から車の運転ができるようにはなってますが、首が思うように動かせなくて危ないため、必要最低限である大学病院と治療院の通院に限って運転してました。

最近、少し首が意のままに動かせるようになってきたので、思い切って池袋まで行って来ました。

たまたま、友人が、株主優待でもらったからと言ってここの入場券を私にくれたので、行ってみようという気になりました。

往きは、首都高を使いました。

首都高は、渋滞にはまることが多く、途中で疲れたときに休めないので、通院時も使っていませんでした。

ここで、初めて 障害者手帳.使って、高速料金半額サービスを受けました。

思ったより空いていて、30分ぐらいで着きました。

200703271431_1 「Times SPA RESTA」は、12階建てのビルの10階~12階にあり、3階~9階が駐車場になってました。

5階に車を停めて、エレベーターに乗るまでに、10段ぐらいの階段がありました。

でも、幅がとても狭かったお陰で、左右の壁を両手で「グッ」と押し付けて突っ張りながら、足への負担を軽くすることによって、降りることが出来ました。

エレベータで11階のフロントまで行き、ロッカーの鍵を借りてお風呂に入りました。
どうやら、健康ランドのようなところのようです。

露天風呂もありましたが、周囲を壁で囲まれ、景観が良くありませんでした。

ただ、それ以外は、綺麗だし、浴槽に入るところにも手摺りが付けられてたし、ゆったりとお湯に浸かって、満足してお風呂から上がりました。

後は、レストランで食事をして、リラックスラウンジとやらで少し休憩して帰ろうと思いました。

それらは、10階にありました。

どうやって、行くのかと思い、フロントの兄ちゃんに聞くと、

「そこの階段から降りて下さい。」

と言われたので、階段のところまで行ってみると、30段くらいの階段が一直線に伸びているではないですか!

なんとか降りてみようと、手摺に掴まりながら、一段だけ降りてみましたが、下まではとても無理だと解り、諦めました。

もう一度フロントのところまで戻って、兄ちゃんに、

「10階に降りるには、この階段しか無いんですか?」
と聞くと、

「そうですよ。 エレベーターは10階には停まらない造りになっておりますから・・・。」

と、当然のように言われてしまいました。

私の歩き方を見たら、明らかにハンディキャップを背負ってると解るはずなのに、あまりにも事務的な態度と言い方に一瞬「カチン!」と来ましたが、怒鳴っても仕方ないので、「グッ!」と堪えました。

いや、同情の言葉が欲しいと言ってるんじゃあ無いんです。

特別に、少しの間だけエレベーターを10階に停めてくれるとか、従業員用エレベータを使わせてくれるとか、もうちょっと気の効いた現場の配慮が欲しかっただけです。

結果無理だとしても、何か方法は無いか、どうしても無理か、少しでも考えてくれるとかね。

その後しばらくソファーに座って休んでると、家族連れやカップルが、嬉しそうに階段を降りて行く姿を目にしました。

なんだか独りだけ仲間はずれにされたような、寂しい気持ちになりました。

子供の頃に遊園地に行き、姉や従兄弟が楽しそうに乗ってる乗り物に、独りだけ身長制限に引っかかって乗れなかったときのような何とも言えない孤独感です。

お風呂までは良かったので、せっかく褒めてあげようと思ってたのに、パーク24さん、残念!

まあ、これから徐々に社会復帰をして行けるとしたら、こんな事ぐらいはしょっちゅう体験する事になるでしょうし、いちいち気にしてたら頭の血管が何本あっても足りませんね。

まずは、そんな感情を抱かせるような行動を起こせるくらいに回復した事を喜びましょう!

200703271420 仕方なく外に出て、柱花ラーメンを食べました。

病気で動けなくなる前の3年間は、仕事で池袋界隈を中心に歩き回ってたので、なかなか感慨深いものがありました。

帰りも東池袋から首都高に乗りました。

しかし、3年ぶりの首都高で勘が狂ったのか、路線を間違えて、東北の方に向かってしまいました(><)

このまま仙台まで行って、牛タンで一杯やりたい気分気分でしたが、まだまだそういう訳にも行かず、鹿浜橋で降りて、少し休憩してから、のんびりと下の道を帰りました。

そんな私の事を、カーステレオから流れるハラ坊の歌声が癒してくれました。

世の中は、ああ 世の中は
なぜ こんなに急いてと流れてく

今宵は 月が旅路を照らそうぞ~♪

MOTHER Music MOTHER

アーティスト:原由子
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:1998/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (2)

セ・リーグ順位予想(2007年)

先週のパ・リーグに続き、今週はいよいよセ・リーグが開幕します。

と言うことで、セ・リーグも、勝手気ままに順位予想をしてみました。

1位 阪 神

・これ以外考えられない。 いや、考えたくありません(><)

2位 広 島

・若手とベテランがいい具合にバランスの取れたチーム。 

・ベテランはまだまだ元気だし、若手は順調に伸びている。 

・ブラウン野球がそろそろ身を結びそう。 

・男・黒田の残留に心打たれた選手とファンが、一体となって襲い掛かって来る。((( ;゜Д゜)))

3位 中 日

・昨年からの戦力アップ部分が見えてこない。

・特に、外野守備力が未知数となってしまった。

・対阪神戦の勝ち星は減るはず(多分・・・。 いや、きっと!)。

・川上投手&マサ投手に匹敵する程の若手先発投手が出てくれば2位もあり得る。

4位 横 浜

・優勝請負人工藤投手と、職人仁志選手の加入により、真のプロ魂がチームに注入される。

・タクロー選手&仁志選手のベテランニ遊間で、守備に堅実さが生まれる。

・大矢監督と工藤投手によって数年来の課題である捕手が育てられれば、来季は恐ろしいことになりそう。 今季はとりあえず、この辺りかなぁ。

・ただ、タクロー選手が、何かとややこしい2番打者をこなせるようなら、2位もあるかも。

5位 読 売

・ここ十数年来の課題である中継ぎ投手陣の補強が昨オフもまた充分にできなかった。(野手をほっといてでも、吉武投手クラスがあと2人補強されていれば相当脅威でした。)

・野手の方は、今年もまた「自分が決めてやる!」打線で挑むことになってしまった。

・ただ、万が一この打線がコツコツ繋げる事をシーズン通してできればAクラスもあり得る。(毎年言われ続けていることなのですが・・・。)

・伊原コーチの存在が不気味。

6位 東京ヤクルト

・フジテレビ739に加入しておらず、毎年ヤクルト戦はほとんど見れてません。 そのため、ヤクルトの選手をあまり知らないので、この順位となってしまいました(><)   

古田監督、ゴメンなさいm( _ )m

・そんな中で、私でも知ってる石井弘寿投手と五十嵐投手が戦列を離れた。 この2人のポジションの重要性を考えると、あまりにも痛すぎる。 気がする。

・昨年の交流戦や、今年のオープン戦の順位からみて、なぜかパ・リーグにやたらと強い印象があるが、そのお得意の交流戦が今年は12試合も減る。 

(追記)

なお、寸評については暫くの間は、多少表現を変えたり、思いついたことを追加したりすることがあるかもしれませんが、順位については変えないつもりです。 

| | コメント (4) | トラックバック (5)

桜咲く

200703261227

 

 おととい辺りから

 近所の桜が

 ポツポツと咲き始めましたw

| | コメント (2) | トラックバック (1)

豊真将、またまた技能賞獲得!

【大相撲三月場所 千秋楽】

本日結びの一番で、朝青龍が千代大海相手に「立会いの変化」で勝ちました。

Still0036_2 すると、続く優勝決定戦では、その横綱が、白鳳に「立会いの変化」で敗れました。

結果、白鳳が2回目の賜杯を手にしました。

一瞬、なぜか腹立たしい気持ちになりましたが、直後に情けない気持ちに包まれました。

例えば、これまで素晴らしいと思って守ってきた日本的経営手法を、外資系ハゲタカファンドによって「甘い!」の一言でメチャクチャにされたような情けなさです。

スポーツが、決められたルールの中で勝敗を争うものである以上、ルールさえ守れば何をやってもいいのは当然です。

そんなことは解り切ったきったことですが、では何故こんな気持ちになるんでしょうか?

これまで、横綱や大関の「立会いの変化」には厳しいコメントをされていたはずの北の富士さんも、舞の海さんも、「今日の白鳳はどうしても勝ちたかったんでしょう」と強調されるばかりでした。

北の湖理事長も、同じようなコメントを出されたようですが、釈然としません。

一番一番、全力を出し切ることが力士に求められている以上、全ての取り組みにおいて「どうしても勝ちたい!」という気持ちで土俵に上がるのは当然なので、どうしても勝ちたければ「立会い変化」もOKという理屈が通るのなら、全取り組みにおいてOKということでしょう。

「立会い変化」は、次第に当たり前になるのでしょうか?

これからは、「立会いの変化」を得意の決まり手とする力士が出てくるかもしれません。

それも個性だと認められる日がも近いのかもしれません。

そのように相撲界が変わることは、それがルールの範囲内である以上そっちの方が正常で、かつ実はもっと相撲が面白くなることなのかもしれません。

いずれにしても、あの程度の「立会いの変化」では、トッチーも豊真将も落ちなかったでしょう!

そう考えると、今日の出来事がどうでもいい事の様に思えてきました。

周りが変化しようがしまいが、この2人には関係ないですから・・・。

ただ、今日のことで、トッチーと豊真将を応援した気持ちがより強くなったのも事実です。

私自身そんな矛盾を抱えながら、今後の相撲界を見守って行きたいと思います。

Still0037_3 ところで豊真将は、今日も勝って11勝4敗とし、見事技能賞を獲得しました。

平幕上位が豊ノ島以外、ことごとく敗れたため、来場所三役の可能性も出てきました。

今場所覚えた押し相撲を稽古で自分のものとし、今年は三役定着の年にしてもらいたいと思います。

トッチーは、検査の結果によっては引退の可能性も言われてます。

今はただ、検査結果が大したことの無いよう祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

オープン戦で良かったやん

オープン戦最後の試合は、ヤクルトに1-10の大差で負けてしまいました。

高校野球に注目してる間に能見が炎上してましたorz.......

せっかく、ここまでいい感じで来ただけに、今日の能見は無かったことにしてもらいたいです。。。

(甲子園では宇部商がサヨナラホームランで劇的勝利でした!)

さて、気持ちを切換えて、いよいよ後5日で開幕を迎えます!

少し、今年の戦力について考えてみたいと思います。

まず、JFKは、球児の昨年からの疲労は気になるものの、ジェフは開幕から元気だし、久保田劇場は今に始まったことではないので、3人合わせると昨年よりは良さそうです。

中継ぎ陣は、サジキ、相木、吉野、ダーウィン、ハシケン、太陽と、経験もありながら更なる成長も期待できる布陣です。

左の中継ぎが寂しい気もしますが、これは、福原、安藤が戻ってくれば、能見、江草、小嶋のうちの誰かを中継ぎに回せますし、ファームで頑張ってる中村ヤス、三東、筒井、岩田の成長も期待できます。

一方、野手の方はと言えば、まず、今岡の復活が明らかな上に、レッド、桧山も昨年のような成績のまま終わるわけはありません。

それに加えて、鳥谷、濱中、関本、林の著しい成長があります。

昨年後半の、怒涛の追い上げが彼らのいい経験となり、今年に活きるでしょう。

代打勢も、町田、片岡が抜けて、経験不足は否めませんが、それを補うだけの勢いがある若手がベンチに控えそうです。

こうしてみると、昨年からの戦力アップは間違い無さそうですが、唯一心配なのが先発陣です。

何たって、昨年怒涛の追い上げを支えた先発陣の中で元気なのは、下さんたった1人ですから・・・。

昨年の追い上げは、先発陣に想像以上の疲労を与えていたようです。

一方で、オープン戦8連勝で4~6イニングスを投げ、ゲームをきっちり作ってくれた新しい先発陣が揃って来ています。

ただ、彼らには、シーズン通して先発ローテを守った経験がありません。(もしかしたら、今日投げたお杉がローテ入りするかもしれませんが・・・。)

果たしてシーズンに入っても同じ働きができるかというのは不安なところです。

でも大丈夫です!

この唯一の不安要素は応援でカバーしましょう!

経験の少ない先発6人衆がいいスタートを切れるよう、開幕6試合は特に、先発陣中心に必死の声援を送りたいと思います。(テレビの前からですが・・・。)

頑張れ、阪神タイガース!

| | コメント (0) | トラックバック (11)

ミキティ奇跡の世界№1!

やりました!

女子フィギュアの世界選手権で、安藤美姫選手が金メダルに輝きました☆

Still0033_2 あのミキティが世界一ですよ!

わずか1年前のトリノで散々な結果に終わったとき、一体何人の人が今日の彼女の快挙を想像できたでしょうか!

今シーズンは、肩の故障に泣かされました。

またSPで良くても、フリーでなかなか思うような演技ができませんでした。

でも、今日は違いました。

最終滑走者のプレッシャーもなんのその、完璧な演技を見せてくれました。

キッス&クライで、1位が確定した瞬間、「キャー!」と言う雄叫びとともに歓喜の表情に包まれましたが、その直後に顔をクシャクシャにして泣き出しました。

本当に良く頑張りました!

そして、そんなミキティとわずか0.64ポイント差で銀メダルを獲得したのは、なんと、SPで5位と大きく出遅れた浅田真央選手でした。

真央ちゃん、今日は、リンクに入るときに強気な表情が戻ってました。

Still0035_1 こちらも素晴らしい演技でした。

真央ちゃんは、演技終了直後に涙が止まらなくなりました。

昨日の失敗がよっぽど悔しかったんでしょうね。

シンデレラ友加里さんも頑張って、昨日の7位から順位を5位に上げました。

もう、これより上は、日本の舞姫で表彰台を独占するしかありません!

| | コメント (2) | トラックバック (34)

開幕前の一休みzzz

今日は、0-2でヤクルトに完封負けです。

まあ、この辺で一息入れて、開幕から爆発しましょう!

青木の先頭打者初球ホームランを見せ付けられて、監督はんは、鳥谷一番の魅力を確信したかもしれませんね。

私としては、レッドの調子がいい限り、今はまだレッド一番のメリットの方が大きいと思うんですけどね。

まあ、いずれもそれぞれに良い面があるので、ファンとしては、どちらになっても必死に応援するだけです!

さて、今日からパ・リーグが開幕しました。

3球場ともに、面白そうな試合だったようです。

坪井と沖原はスタメンを勝ち取り、北川は早速いい仕事をしてましたw

今年は、パ・リーグ4球団の主催ゲームが、: Yahoo!動画! .で無料で見れるようですね。

今日ちょっと見てみたら、テレビ中継よりも約1分遅れの動画でした。

いよいよセ・リーグも、来週ホントに開幕してしまうんですね。

| | コメント (6) | トラックバック (10)

ファミレスを諦めて・・・

昨日は、ホットさんが来てくれたので、外でお昼を食べようということになりました。

ホットさんは、大阪から月に一度の出張のたびに私の元を訪れてくれてます。

今までは私の身体の状態を気遣って弁当を買ってきてくれ、うちで2人で食べてました。

今回は、私の身体が少しゆっくり外食できるくらいになってきたので、ファミレスに行こうということになり、近所の華屋与兵衛に行きました。

ファミレスは2年半ぶりなので、楽しみに思いながら出掛けました。

ところが、車を停めようとして、無理だということに気がつきました。

入り口までたどり着くのに、階段を登らなければ入れません><

近所のファミレスは他に、ジョナサンが2件に、藍屋、デニーズ、ガストがありますが、思い出してみるとどれも同じ構造です。

店舗が高床式住居のようになっていて、一階に駐車場があるので、階段を登らなければお店に入れないんです。

元気なときには全くきづきませんでしたが・・・。

これからますます高齢化社会になるので、家族連れをターゲットにしてる以上、ちょっとしたエレベーターぐらい備えたところの方が客の入りが伸びると思うのですが・・・。

仕方ないので、駐車場から段差無く入れるトンカツ屋に行き、親子丼を食べました。

予想に反してこの親子丼が、凄く美味しかったのでいいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミキティ・スマイル全開(^O^)/

Still0030_1 世界フィギュア選手権は、女子シングルのショート・プログラムが行われ、安藤美姫選手がトップのキム・ヨナ選手に約4点差で2位につけました。

ほとんどの選手が完璧な演技でパーソナルベスト続出と、非常にレベルの高い争いとなった中、浅田真央選手は、コンビネーションジャンプで失敗してしまい、キム・ヨナとは10点以上の差をつけられ、5位に終わりました。

Still0031_1 真央ちゃん、リンクに出てきたときから表情が固かったように思いました。

でも、ミスを引き摺らないで最後までしっかりと演じきったのは立派です。

真央ちゃんが失敗した直後から最後まで、解説の荒川さんも実況の方も、ショックが大きかったのか、一言も喋れなくなってしまいました。

何でもいいので、何か励ましの一言でも発してもらいたかったです。

Still0032_1 シンデレラ友加里さんは、7位でしたが、完璧な演技でパーソナルベストを更新しました。

相変わらず彼女の高速ドーナツスピンは綺麗でした。

明日のフリーもますます楽しみですね。

フリーの滑走順は、ミキティがトリを飾りますよ!

| | コメント (4) | トラックバック (12)

デデュー、奇跡の大復活優勝!

Still0027_1 世界水泳、今日はシンクロのソロが行われ、フランスのデデューがロシアのイシェンンコとの新旧対決を制し、見事に3連覇を達成しました。

原田は、ほぼ完璧な演技を見せるも、惜しくもスペインのメングアルに届かず、4位に終わりました。

しかし、シンクロのソロって???

一体、何と何がシンクロしてるんでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (2)

大ちゃん、とうとう世界で第2位!

東京で行われている世界フィギュアは、今日は男子シングルのフリーが行われ、高橋大輔選手が並みいる強豪に打ち勝ち、見事銀メダルを獲得しました。

Still0029_2 地元開催のプレッシャーから開放されたためか、演技が終わった後、顔をクシャクシャにして泣いている姿が印象的でした。

次はもう世界一しかありません!

一方の織田君も、SP14位から7位にジャンプアップしました。

ただ、織田君、またジャンプ跳び過ぎて減点されたようですorz......

もったいない!

こんな失敗を繰り返すとは、どうした訳でしょう???

実力は大ちゃんとそんなに変わらないはずです。

まだ若いし、次に期待しましょう!

| | コメント (6) | トラックバック (10)

トッチーお休みzzz

Still0026_1 【大相撲三月場所 十二日目】

トッチーは、今日から高血圧のため休場になってしまいました。

膝ばかりが気になってましたが、そんな病気も抱えてたんですね。

いつもは更新されてるブログがまだ更新されてないのが気になります。

大丈夫なんでしょうか?

まあ、角番も脱出したことですし、来場所に向けてゆっくり休んで下さい。

一方、豊真将は、新鋭の栃煌山に突き落としで負けたようです。

この取り組みは見逃したので相撲内容はわかりませんが、波に乗ってる力士が相手だっただけに、意地で負かして欲しかったです。

残り1つでも勝ち星を重ねて、三役への足掛かりとなる場所にして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

乱打戦でも勝つ!

横浜に6-4で勝ちました。

両チームともに14安打の乱打戦だったようです。

これでオープン戦、8連勝です。

今なら、どんな試合展開でも勝てますねw

さすがに能天気な私でも少々恐ろしくなって来ました。

でも、勝ってしまうんだからしょうがないじゃないですか(笑)

こうなったら、残り2試合も勝って、シーズンも勝ち続けましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (13)

パ・リーグ順位予想(2007年)

いよいよ今週末から、パ・リーグが開幕します。

と言うことで、今年も順位予想をしてみました。

パ・リーグはほとんどチーム状態が解らないので、なんとなく受けてる印象だけですが・・・。

もちろんプレーオフは除き、ペナントレースの順位です。

1位 ロッテ

(先発から抑えまで豊富な投手力で雪辱を期す!)

2位 西 武

(松坂の抜けた穴は大きいが、基本的に若いチームなので、個性溢れる選手一人一人の成長に期待!)

3位 ソフトバンク

(ポスト城島の成長度合いと、クリーンナップの体調が心配)

4位 日本ハム

(昨年同様ファンとナインが一体化できればAクラス入りも! 単なるSHINJOブームから真の日ハムファンになれるか!? ファンの真価が問われる年。 投手力は健在!)

5位 オリックス

(全く解らないが、投手力は楽天よりはありそう)

6位 楽 天

(後ろを投げる投手陣が充実してくれば、最下位脱出もあり得る)

〔追記〕

一部、寸評の表現を変えました。

| | コメント (2) | トラックバック (11)

シンクロ、チームテクニカルは銀!

メルボルンで行われている世界水泳大会ですが、今日はシンクロのチームテクニカル決勝が行われ、日本は銀メダルを獲得しました。

これで、4日連続でメダル獲得です!

4日目にしてようやく日本の演技をちゃんと見ました。

Still0025_5 今日は、毒グモのような色彩のコスチュームでしたが、水の中ではミツバチハッチのようでしたw

ここ数年、ロシアの断トツは変わりませんが、続く日本とスペインに、古豪アメリカの復活と新鋭中国の台頭が加わって、北京に向けてメダル争いが面白くなってるようですね。

しかし、中国の手足の長さには驚きました。

同じアジア人とは思えません。

今日の中国の演技は完璧だったようで、鬼の井村コーチの顔にも笑顔が見られました。

ライバルが増えて日本も大変でしょうが、残り全て銀を獲れるよう、そして少しでもロシアに近づけるよう頑張って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

豊真将ナイストライ!

【大相撲三月場所 十一日目】

今日は、豊真将が絶好調大関の白鵬に挑戦しましたが、らしさを出す暇も無く敗れてしまいました。

Still0024_6 突っ張ってきた白鵬の左手を下から上に跳ね上げて中に入ろうとしたんでしょうが、その跳ね上げようとした右手が無残にも空振りしてしまいました(><)

その隙をついて逆に白鵬に中に入られてしまいました。。。

こう言ったところ、「パンッ」と大きくはじき上げる感じなので空振りするのであって、トッチーのように「グイッ」と押し上げるイメージでカイナを手繰れるようになるといいと思うんですが・・・。

豊真将の親方も寺尾時代に大きく跳ね上げてたので、それにならってるのかもしれませんが、寺尾の場合は突っ張り力士だから流れの中でそうなるのであって、どちらかと言うと豊真将の場合はトッチーをまねた方がいいと思います。

ただ、思い切り当たって行けたことと、空振りには終わったものの、先に攻めようとしたところは成長の証しだと思います。

一方、トッチーは、横綱にあっけなく負けてしまいました。

左膝に力が入らない感じです。

昨年末にせっかく手術に踏み切ったのに、手術が上手く行って無いんでしょうか?

この膝のままだと、格下相手には勝てても、横綱、大関陣には苦しいところです。

これから暖かい季節になるので、少しずつでも回復に向かうよう祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

誠&JFKで7連勝!

8-3でカープに連勝です。

今日は、テレビ中継が無かったので、昼から散歩に出かけてました。

帰って来て、ドキドキしながら結果チェック!

やりました。

また勝ちました。

これで7連勝!

4回には連打がつながり5点、7回には相手のミスにつけこんで3点を取ってます。

そして、誠が本領発揮、5打点の大活躍です!

昨年は投手陣に助けられた試合が多かったんですが、今年は打撃で勝つ試合も増えそうですね。

長いシーズンを乗り切るには投手陣の充実が不可欠ですが、ペナントレースを盛り上げるには野手の活躍が欠かせません。

そういう意味では、今年は多いに盛り上がれそうですね。

先発のボギーは6回を3点と、ぎりぎりゲームを作りました。

その後は、オープン戦初の揃い踏み(多分)、JFKでゲームを締めてます。

ただ、JとFが共にたった7球で終えたのに、Kは20球を要してます。

まあ、無失点で終わったので良しとしましょう!

誠が決めて、JFKで締めるといった05年の勝ちパターンが戻ってきました。

このパターンに、鳥谷、濱中、セッキー、林の成長が加わるので、今年は大変なことになりそうですねw

| | コメント (3) | トラックバック (14)

金澤、北海道でも頑張れよ!

何人かの虎ブロガーさんの記事で知ったんですが、虎の20番、金澤健人投手と日ハムの正田樹投手(左投・25歳)のトレードが成立しました。

今まで応援していた選手がいなくなるのは寂しいですね。

左の江草、能見、小嶋が先発に回るとすると、JFK以外で左の中継ぎは、今のところ吉野ぐらいしか見当たりませんからね。

一方で、右の中継ぎは、サジキ、ダーウィン、相木、ハシケン、太陽と5人もいるので仕方の無いところでしょうか。

左の中村ヤス、三東、筒井、岩田あたりが期待通り伸びてくれていれば、

もしくは、右の安藤、福原、お杉が元気で、左の江草、能見、小嶋の誰かを中継ぎに回すことができたなら、

金澤の成長を待つ余裕を、もう少し持てたのかもしれません。

金澤は、何かきっかけさえ掴めれば、先発で2桁勝てる素材だっただけに残念ですが、決まった以上、正田くんに期待しましょう!

このトレードが金澤にとって、いいトレードとなることを願いながら・・・。

金澤、北海道は寒いけど、風邪ひかないように頑張れよ!

坪井ともども応援してるぜ!

リンク: 阪神タイガース公式サイト.

| | コメント (2) | トラックバック (9)

豊真将、大関斬りで勝ち越し!

【大相撲三月場所 十日目】

Still0023_2 豊真将が、大関琴欧洲を完璧な相撲で破り、勝ち越しを決めました☆

今日ぐらい早い攻めが出来るといいですね。

明日は今場所絶好調の大関白鵬に初挑戦です。

とにかく自分の相撲を取りきってもらいたいと思います。

一方、トッチーも春日王を下して勝ち越しを決めました☆

上手い!

としか言いようの無い見事な上手出し投げでした。

進退を賭けて挑んだ今場所、相変わらず万全で無い膝を抱えながら、良く勝ち越してくれました。

トッチーは、明日は横綱に挑みます。

最初から集中し、一気に決めるつもりで、勝ってもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

絶好鳥男の逆転スリーランで6連勝!

5-4で、カープに勝ちました。

1-3とカープに2点リードされて迎えた7回裏、セッキーの今日2本目となるタイムリーで1点差に迫ると、打席に立ったのはこの男、もっか絶好調の鳥谷敬でした。

ツーナッシングから思い切り良く振り抜いた打球は、ライトスタンドへ一直線のスリーランホームラン!

一振りで試合をひっくり返しました。

先発の江草は、気合の入ったピッチングで、2回ツーアウトまでポンポンとテンポ良くアウトを重ねましたが、モンキーのエラーから球が真ん中に集まり、先制ツーランを浴びてしまいました。

でもその後ランナーを出すもなんとか抑え、2失点だけでマウンドを降りました。

ローテーション入りはok!かな。

続く橋ケンは、オープン戦初(多分)の失点を許しました。

開幕前にここらで1失点ぐらい調度いいでしょう。

サジキと相木は文句無し!

そして久保田劇場は・・・。

とにかく、残り4試合をいい感じで終えて、怪我無く開幕を迎えましょう!

Still0021_5 

 反省!

| | コメント (2) | トラックバック (11)

吉田修一著『日曜日たち』

吉田修一著『日曜日たち』を読み終わりました。

都会で暮らす5人の若者たちの、ありふれた日曜日の物語でした。

5人とも、なんかとても疲れてる感じがしました。

5つの短編集ですが、全編にわたって、母親を捜すために上京してきた小学生の兄弟が登場し、短編同士を微妙につないでます。

日曜日たち Book 日曜日たち

著者:吉田 修一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とうとう5連勝♪

5-2で読売に勝ちました。

今日も、連打&一発でジャイアンツを粉砕しました。

連打は3回に赤星-鳥谷-関本-シーツで2点!

一発は、6回に鳥谷のツーラン!

今年の鳥谷の打球は良くのびます。

Still0019_5 今ならどんな打順を組んでも大丈夫ですが、レッドを9番にする必要性は良く解りませんでした。

今日は上手く行ったようですが・・・。

先発の能見はいい感じで来てます。

下さんが嫌がってる以上、もしかしたら開幕Pもあり得ますね。

能見と江草が先発に回るので、吉野と相木にはビシッと決めて欲しかったんですが、少し不安が残りました。

まあ、吉野はクリーンナップ相手でしたからね。

1点取られた後、イ以下を抑えきったので良しとしましょう。

相木は、持ち前の左右に散らすピッチングが出来てませんでした。

これは、相木と言うより狩野の配球が問題だと思いました。

それでもなんとか無失点で乗り切りました。

サジキと球児は完璧でした。

次第に開幕ベンチ入りのメンバーが見えて来ました。

あとはケガ無く、開幕を迎えてもらいたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (11)

横浜銀行様、今年もよろしくお願いします☆

今日は、横浜に7-3で勝ちました。

これで4連勝です!

またしてもテレビ中継が無かったので、スコア速報見ての感想です。

今日は3回に打線が繋がり、一挙6点を奪ったようです。

3回だけかよ~。

と思ってたら、8回に濱ちゃんがホームラ~ン!

で一点追加!

完璧です!

細かいのを繋ぐこともできれば、一発でも点を取れます。

そして、矢野さんと清水に初ヒット(多分)が出ました!

波に乗り切れてないのは後は桧山だけかな。

まあ、みんなが調子落としたときのために取っておきましょう!

あと気になったのは、鳥谷は2四球選ぶもノーヒットでした。

映像見れなくて解らないんですが、先日の死球の後遺症は大丈夫でしょうか?

それから、ルーキー小嶋は、制球が定まらなかったようですね。

それとも、秘密兵器なので、わざとかな。

そんなわきゃないか。

チーム状態がいいうちに開幕して欲しいんですが、そうも行かないですね。

残り6試合が長く感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

角番トッチー、連勝街道まっしぐら!

【大相撲3月場所 6日目】

今日もトッチーは、時天空を相手に自分の相撲を取りきり、6連勝と角番脱出まであと2勝に迫りました。

一方、豊真将も、自分の相撲で新婚力士の垣添を下し、4勝2敗と白星先行です。

2人ともまずは勝ち越し目指して頑張れ~!

Still0018_7

今日の解説は、トッチーのおとっつあんでした。

そっくりやね~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

打ちも打ったり16安打!

7-3でロッテに勝ちました。

初回には四球で出た赤星が走って、関本の進塁打で3塁に進み、シーツのタイムリーで1点!

と、絵に描いたような理想的な形で先取点を奪いました。

そうかと思えば、5回には、秀太-赤星-関本-シーツ-金本と5連打で4点を取りました。

大事をとって休んだ鳥谷も大丈夫そうやし、読売も追い越したし、

もう、明日開幕でもOKや!

リンク: スポーツナビ | 野球 | プロ野球 オープン戦順位.

Still0016_8 ゾロ目がゾロゾロ、5ゾロゾロ!

00秀太、22球児、33葛城、44藤原、99狩野

55番と66番もそのうちね。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

3月の通院日

今日は、月に1度の大学病院への通院日でした。

担当の先生からいきなり、

「さざまるさんと会えるのも今日が最後かぁ。」

と言われました。

3年間担当して頂いた先生は、どうやら東北の方へ行ってしまうそうです。

今は民間療法を試してて、ボトックスも様子見にし、大学病院の方では特に何の治療もしてませんが、また悪化し始めたときのことを考えると、私の状態を良くわかって頂いている先生がいなくなってしまうのは不安です。

200703151559 仕方ないんですけどね。

まあ、新しい先生になって新展開があるかもしれないし、そうなることに期待しましょう!

ところで、病院に着いて駐車場を歩いていると、小粋な外車から、やたら背の高い泣きそうな顔をしたあんちゃんが降りてきました。

すれ違いながら、どっかで見た顔だと思って、すぐにわかりました。

ツバメの守護神、木田投手でした。

どこか傷めてるんでしょうか?

まあ、プロスポーツ選手ともなるとみんな満身創痍ですからね。

単なる定期健診かもしれませんし・・・。

200703151557_2 私の診察が終わっても、その“BMW Z4”は、まだ駐車したまんまでした。

今回は、帰る途中、厩橋で休憩しました。

天気が悪くて寒かったからか、今日は水上バスの外には誰も出てませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

一気に9位へジャンプアップ!

3-2で楽天に勝ちました。

今日も、せっかく勝ったのに、出かけてて生放送を見れませんでした。

帰って来てすぐにパソコンを立ち上げて結果を見てガッツポーズ!

でも、鳥谷がデッドボール喰らって途中交代してます。

せっかくキャンプからただ一人好調をキープし続けてたのに・・・。

今年も連続出場続けてもらいたいし、大した事なければいいんですが・・・。

で、変わって出た秀太が9回表に決勝のホームランを打ってます!

こんなの滅多に見れるもんじゃないし、録画放送見なきゃ。

投手陣は、先発のボギーが4回1失点とまずまずの結果。

ただ、初回の失策というのが気になります。

これも録画でチェックや。

ジェフは1回を2安打無失点。

能見は2回を2安打2四球1失点。

能見はいい感じで来ていただけに、ちょっと心配です。

相木と橋ケンは、今日も安定したピッチングだったようです。

これで、オープン戦後半は2連勝と上々のスタートを切り、順位も昨日までの最下位から一気に9位にジャンプアップしてドラの上に立ちました!

あとは、読売の上に立って、開幕を気持ち良く迎えたいですね。

さあ、今からsky・Aの録画放送観よっと。

リンク: スポーツナビ | 野球 | プロ野球 オープン戦順位.

(追記)

200703151926 鳥谷、悶絶中!

相当痛がるも、立ち上がって一塁に行きました。

その裏から秀太と交代。

大丈夫かなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

長く起きていられない理由について

昨日の「赤ちょうちん」という記事に、minさんから私の体の状態についてコメントでご質問を頂きました。

コメントに返信文を書いていたら長くなってしまったので、記事にさせて頂きました。

現在、生活に支障をきたしてる障害としては、「長く起き上がっていられない」ということと、「歩行障害」の2つがあります。

今回は、「長く起き上がっていられない」理由について書いてみたいと思います。

これは、痙性斜頚の根本的な症状の1つである「不随意運動」と、原因不明の「上半身全般にわたる痛み」によるものです。

「不随意運動」とは、自分の意志と関係なく筋肉が収縮することで、私の場合は、今は、横になればほとんど収まるんですが、起き上がった途端に勝手に筋肉トレーニングが始まります。

どんな辛さかと言うと、酷かったときには鉄棒にぶら下がり続けているような辛さでした。

鉄棒にぶら下がったことがない方でしたら、例えば、買い物をたくさんして重たい買い物袋を両手に提げているような辛さと言えばお解りになるでしょうか?

それが起き上がっている間中続きます。

重い荷物を持つことに疲れたら一度その荷物を地面に下ろせば楽になりますが、私の場合、それが横になることにあたります。

40分しか絶対に座っていられないかというと、もうひと頑張りすればもっと座っていられます。

そして、その40分も決して楽に座ってるわけではありません。

今回の例で言うと、例えば左手に鉄アレイを握り続けながら焼き鳥を食べてるご自分を想像して頂けるとイメージしやすいかもしれません。

また、座り続けていて限界だと思っても、少し歩くと筋肉がほぐれるのか、更にもう少し座っていられたりします。

立ったり、座ったり、歩いたりを小まめに繰り返してると3~5時間ぐらい連続して起き上がっていられるようになってます。

「不随意運動」は、左の首が一番酷く、左半身全般にわたっています。

次に、「上半身全般にわたる痛み」についてですが、「不随意運動」よりもこの「痛み」の方がひどくて起き上がっていられないという場合もあります。

痛みの種類は、「切り刻まれるような痛み」と「焼け付くような痛み」と「痺れるような痛み」の3種類が混ざり合ってます。

痛みに関しても、横になるとほとんど無くなります。

以上2つの症状から長く起きていられないのです。

ただ、「不随意運動」も「痛み」も、少~しずつですが、この2年間で楽になってます。

私のつたない表現力でイメージしづらいとは思いますが、文章で表現しようとするとそんな感じです。

(関連記事): 〓さざまるの雑記〓: 症状について.

(関連記事):: 〓さざまるの雑記〓: 病院に行けませんでした。。。.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

苦手意識完全払拭!

中日に8-2で快笑しました!

こんな最高の試合なのにテレビ中継が無く、ネット情報で確認しただけです。

最初に nikkansports.comのスコア速報.を開いたのは、既に6回の裏でした。

いきなり目に飛び込んで来たのは、真っ赤に埋め尽くされたスコア表示でした。

瞬間、ああ、江草打たれまくっとぉやん。

と思ってしまいました(ゴメン江草)が、すぐにそれが阪神サイドだとわかりガッツポーズ!

濱ちゃんと林くんのところに、それぞれ左本中本の文字が!

ドラ相手にこんなに点を取ったのはいつ以来でしょう?

シーズン入ってからも対ドラ戦は、今日のオーダーでいいんじゃないか、という考えも頭をよぎりました。

落ち着いてみると、先発の吉見は攻略するも、その後の外国人以下には抑えられてますね。

特にグラセスキってのからは下位打線とは言え、4連続三振を喫してます。

要注意や!

投げる方では、江草-サジキ-吉野まではまずまずのようです。

サジキは2回で3四球ってのが気になりますが・・・。

そして、久保田は英智なんぞに一発を喰らってます。。。

でも、考えようによっては、一発の心配が少ない英智相手に慎重に行き過ぎて歩かせるよりは、出会い頭の一発を喰らう方がいいとも言えますね。

特に先頭打者だった訳だし、歩かせるのは避けたいですからね。

さて、今日からオープン戦も後半戦に入った訳ですが、前半ダメでも後半の勝率が上がり、いい感じで開幕を迎えられればいいんです!

開幕まで残り8試合、今日のような調子で上げて行きましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (11)

赤ちょうちん

今日は、銭湯に行きました。

帰りに銭湯の近くの焼鳥屋からいい匂いがしていたので、思わず入りました。

200703131725 2年半ぶりに自宅以外でお酒を飲みました。

平日に、明るいうちからほろ酔い気分でスンマセン。

家での晩酌もいいですが、ジョッキで飲む生ビールもいいですね。

半年前には焼き鳥が焼けるのを座って待ってるなんてとても無理だったことから考えると、確実に身体が楽になってるようです。

ビールに焼き鳥を堪能したのは40分程度の時間でしたが、今のところこれが限界です。

1ヶ月前との比較では良くわからないぐらい微妙な変化ですが、3ヶ月単位で比べると、確かに変わってます。

このスローペースでもいいので、このまま少しずつでも良くなって行って欲しいです。

銭湯帰りの焼鳥屋、病み付きにならないように気をつけなきゃ。

まっ、たまにはいっか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

加納由理さんは補欠。。。

来年8月に大阪で行われる世界選手権のマラソン代表が以下のとおり決まりました。

<男子>
奥谷亘(SUBARU)
諏訪利成(日清食品)
大崎悟史(NTT西日本)
尾方剛(中国電力)
久保田満(旭化成)
--------------------
(補欠)佐藤智之(旭化成)

<女子>
原裕美子(京セラ)
小崎まり(ノーリツ)
土佐礼子(三井住友海上)
橋本康子(セガサミー)
嶋原清子(資生堂)
--------------------
(補欠)加納由理(資生堂)

男子で私が応援していた藤田選手は選ばれませんでした。

別大で優勝したので期待してたんですが、そもそも別大は選考レースでは無いんでしたっけ?

女子で応援していた加納選手は、補欠になりました。

まさか選ばれた5人の怪我を祈る訳にも行きませんし、補欠じゃあ応援のしようがありませんね。

それでも本人は代表の一員として、大会に出るつもりで調整をしなければなりません。

いっそ補欠なんてならずに、来冬の東京か大阪に向けて調整した方が、北京五輪出場を狙うにはいいのではないかと思ったりもします。

でも、ここは気持ちを切換えて、代表選手に混じって5ヶ月間真剣に練習することが、経験の浅い彼女にとってプラスになるであろうことの方に期待しましょう!

さて、代表選手10人ですが、特にご贔屓の選手はいないので、全員に期待したいと思います。

夏の大会なので、スローペースからの駆け引き勝負になると思います。

暑さに強い上、1度離されても最後まで諦めない、粘り強い選手が期待できそうですが、それがどの選手か良くわかりません。

諏訪選手と土佐選手が、何となく粘り強いイメージがありますが・・・。

まあ、レースが終わった後にわかるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

横綱連敗!

【大相撲3月場所 2日目】

横綱朝青龍が、昨日の時天空に続き、今日は雅山に敗れ、初日から連敗を喫してしまいました。

Still0017_4 恐らく、初日からの連敗は、横綱になってから初めてのことじゃないでしょうか?

今場所は、八百長疑惑報道などもあって意地でも優勝したいはずなんですが、気合が空回りしてる気がします。

今まで私は、朝青龍のあまりの強さに、他の力士の奮起を促す記事を書いてきましたが、今場所に限っては逆に横綱に、疑惑を吹き飛ばす強さを見せて欲しかったです。

そんな複雑な気持ちではありますが、これで角番大関のトッチーにも優勝のチャンスが出てきました。

何たって、まだ2日目なのに、横綱大関陣で全勝はトッチーだけですから!

荒れる春場所と言われますが、いくらなんでも荒れすぎや!

トッチーのブログによると、昨年末に手術した膝の調子もようやく戻ってきたようですし、まずは一気に中日で角番脱出を決めましょう。

また、豊真将も稀勢の里に勝って初日が出ました!

こちらは、場所前の稽古で左肘を傷めたらしく、ちょっと心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

NHK「将棋講座」

NHK「将棋講座」.のテキストを初めて買ってみました。

先日、まこっさん.からもコメントで薦めて頂きましたが、なかなか勉強になります。

番組自体は、声楽家の錦織さんのキャラが面白くて楽しめます。

歌うように喋られるんですねw

さて、「柿木将棋」くんとの対戦ですが、「待った5回までOK!ルール」で、2~3回続けて勝ったんですが、喜びもつかの間、また勝てなくなりました。

なんだか、彼も私以上のスピードで成長してるような気さえしてきました。

せめて阪神のオープン戦の勝率ぐらいには勝てるようにならなきゃね。

そのタイガースのオープン戦は、今日は雪のため中止です。

NHK 将棋講座 2007年 03月号 [雑誌] Book NHK 将棋講座 2007年 03月号 [雑誌]

販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (3)

9回追い上げるも勝てず

2-3でジャイアンツに連敗しました。

先発の太陽は、初回の立ち上がり、ボールが高めに浮いたところを連打され、2点を奪われてしまいました。

しかし、その後はランナーを出しながらも大きく崩れる事無く、5回を3失点と、ギリギリゲームを壊さないで球児に繋ぎました。

球児は貫禄のピッチング!

ダーウィンも、3人でピシャリと抑えました!

桟原は、練習試合までは上手投げを試してボコボコ打たれてましたが、今日久し振りに見たら、斜めから投げてる感じがしました。

去年の真横ともまた少し違う投げ方に見えました。

昨年の怒涛の追い上げを中継ぎとして支え、せっかく自信をつけたように見えたので、フォームをイジるのは怖い気がしてたんですが・・・。

さてこれが今年、吉と出るか凶と出るか!

今日のところは6人をパーフェクトに抑えました。

打つほうでは、昨日の今岡に続き、アンディ、アニキ、桧山のベテラン勢にヒットが出て、一安心といったところです。

そして、教育リーグから帰ってきてすぐに濱ちゃんが打ちました!

なんか、段々役者が揃って来ましたね。

最後に、今年のジャイアンツの印象ですが、去年とあまり変わらない感じです。

こつこつと繋がれたら嫌な打線ですが、そのようなチームバッティングをシーズン通してできないのがウサギさんチームなので、今年もそうなるでしょう。

曲者の伊原コーチが加入したのは多少不気味ですが・・・。

また、特に2番手以降のピッチャーが不安なのは変わらないですね。

弱点を補強しないで、野手を補強してどうすんの!

って感じです。

まあ、去年のように春の珍事で突っ走ることはあるかもしれませんが、シーズン通したら問題無いでしょう!

うぅっ、せめてもの負け惜しみや~。

さあ、明日でオープン戦前半の10試合が終わります。

前半戦、もう1つぐらい勝たないかなぁ。

Still0014_6 

  明日は4番や!

  やったるで~!

| | コメント (4) | トラックバック (11)

藤原てい著『絆(きずな)』

藤原てい著『絆(きずな)』を読み終わりました。

「国家の品格」の著者、藤原正彦さんのお母さん、藤原ていさんの自伝です。

ていさんは、終戦直後、3人の子供を連れて満州から命からがら逃げ帰って来たという経験の持ち主で、そのときのことを綴った本「流れる星は生きている」が空前の大ベストセラーになったそうです。

本来、作家の作品を読まずして自叙伝を読むのは、本末転倒な気がして本意ではないんですが、この本が図書館で目に留まり、なんとなく手にしました。

全編に、どんよりと雲がかかったイメージの自叙伝でした。

ていさんの代表作である「流れる星は生きている」も読んでみようと思いました。

関連記事: 〓さざまるの雑記〓: 藤原正彦著『国家の品格』.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲子園!でも勝てず。。。

1-5で巨人に負けてしまいました。

7回裏に、鳥谷の同点タイムリースリーベースで1-1の同点に追いついたときには、甲子園全体がようやく盛り上がりましたが、その直後の8回表に筒井が打ち込まれてしまいました。

筒井は、左のワンポイントならいいかもしれませんが、イニング途中での交代を嫌う岡田監督の下では、右もやっつけられるようにならないと厳しいですね。

小まめな継投好きのノムさんの下なら、今のままでもいいかもしれませんが・・・。

セッキー&モンキー対決は、昨日まで1割台と低迷していたセッキーが今日猛打賞で、また混沌としてきました。

この2人のどちらかに2番を任せるのなら器用なセッキーの方が良く、6番以下を任せるのなら藤本の方がいいと思います。

藤本は、2番だと彼本来の思い切りの良さが活かせませんが、下位を任せればセッキー並みの率と長打を残せるので、そうなると守備の差で藤本かなと思います。

巨人のジャンは今年もやっかいな相手になりそうですが、ジャンvsジャン対決は、虎のジャンに全部勝ってもらいましょう!

今日は、下さん、アニキを初めとして主力が揃いましたが、さすがの下さん、アニキはまだまだこれからと言った結果でした。

昨年、怒涛のラストスパートを見せたときの先発陣の中で元気なのが、ベテランの下さんだけ、というのは何とも寂しい限りですが、その辺は、シーズン入ってからの楽しみに取っておきましょう。

オープン戦とはいえ最下位ってのは哀しいので、明日、明後日連勝して、せめて11位に浮上したいなぁ。。。

リンク: スポーツナビ | 野球 | プロ野球 オープン戦順位.

Still0013_5

  

  よっ、名コンビ!

| | コメント (0) | トラックバック (8)

豪華助っ人(?)リレーでも勝てず

日ハムと2-2で引き分けました。

今日は、熾烈な外国人枠を争う4人の外国人投手の競演となりました。

ジャンは3回無失点、ジェフは1回をパーフェクト、ボギーは3回を2失点、ダーウィンは2回を無失点といった結果でした。

総じて、順調な仕上がりを見ることができました。

ボギーも、最初のイニングこそ力みからかボールが高めに浮いたところをヒチョりに叩かれましたが、その後の2イニングをピシャリと抑えました。

ダーウィンは、8回表を無事に終わったところで、実況の方からジャンと間違って呼ばれてました。

ダーの方が長く居るのにね。

まあ、間違ってしまう気持ちはわかりますが(笑)

それから、スタメンマスクを被ったのは、矢野さん!

きっと、ジャンの球を実践で受けてみたかったのでしょう。

それから、いよいよ桧山が登場!

しかし、今日のところは3タコでした。。。

そして、若手崖っぷち軍団でスタメンに起用されたのは、オープン戦にそれなりの結果を残している赤松、葛城、林でした。

調子のいい選手が名を連ねたこともあってか、連打の嵐とまでは行かないまでも、2本のタイムリーを含む2桁安打とようやく当たってきました。

タイムリーを打ったのは、もっか絶好調で昨日に続いて猛打賞の鳥谷と、一振りに賭ける男、高橋光信でした。

あと、赤松も2安打と、安定した働きを見せてます。

シーズン通して赤松が元気に一軍ベンチに残ってくれると、何かと心強いですね。

スタメンの可能性はもちろん、代打でも、代走でも、守備固めでも頼りになります。

今年こそ、(せめて開幕までは)怪我しないでもらいたいです。

さて、いよいよ明日、明後日は甲子園です!

相手はうさぎさんチームだし、そろそろ勝ち始めるとしますか。

Still0012_8 

僕がジャンです!

| | コメント (2) | トラックバック (7)

完封リレー目前で引き分け

今日のオープン戦は、2-2で楽天と引き分けました。

生き残りを賭けた崖っぷちリレーで、あわや完封かと思われましたが、2-0と阪神リードで迎えた9回表に、ヤスが打ち込まれてしまいました。

先発の江草は、4回をフォアボール5つと制球が定まらず、苦しい内容ながら、なんとか無失点で切り抜けました。

橋ケンは、今日も安定したピッチングで1イニングをピシャリ!

ご当地投手の筒井は、まずまず!

吉野と金澤は、おとといの失敗を早くもリベンジ!

と、それぞれに結果を残しました。

ヤス君だけ、残念でした。

なんか、投げる度に顔から自信が消えて行ってる気がします。

1度でも無失点で切り抜けられれば、自信も回復するんでしょうけど。

打つほうは、相変わらずたったの4安打!

うち3安打が鳥谷です。

得点は、犠牲フライが2つだけでした。

まあ、取れる場面で確実に犠牲フライで点を取ることも必要でしょうが、球場全体が盛り上がるには、やはり連続タイムリーヒットが欲しいところです。

オープン戦6試合目にして、タイムリーは、まだたったの1本だけです(泣)

今年もまたアニキたちベテラン頼みなんでしょうか?

明日から地元での3連戦、スカッとした試合を見せてもらいたいですね。

ところで、今日は昨日買った中古テレビで観ました。

今までのが寿命ギリギリだったこともあり、とても鮮やかに映って見えます。

200703081530

監督さんですら、ハッキリ、クッキリ!

(写真じゃわかりませんが・・・。)

| | コメント (2) | トラックバック (11)

テレビ買いました

やっぱり、開幕に向けてテレビが壊れていては応援に身が入らないので、近所のリサイクルショップで買って来ました。

お昼に買って、もう届きました。

04年のソニー製、21インチ、ブラウン管、3ヶ月保障付きです。

多少値切ったものの、送料と壊れたテレビの廃却費込みで、2万円をちょっとオーバーしました。

液晶は、自分で稼いでない身では、どうにも思い切れませんでした。

まあ、地デジ放送開始までまだ4年あるので、それまでには今より2万円程度安くなってることに期待しましょう!

サイズは今までのが25インチだったので、一回り小さくなりますが、そもそも狭い部屋での一人暮らしなので、21インチで充分です。

小さくなった分、近づいて見ればいいし。

それに、画面がくっきり鮮やかなので、あまり小さくなった気がしません。

今までのテレビを、いかに寿命ぎりぎりの所で使ってたかが良く解ります。

明日からのオープン戦は、途中で壊れる心配も無く(多分)、集中して応援できそうですw

| | コメント (5) | トラックバック (0)

能見篤史、4回をあわやパーフェクト!

今日のオープン戦は、ソフトバンクに3-8で負けました。

朝起きたら、テレビが復活してましたw

夜のオープン戦まで元気でいてくれるように、昼間はテレビを点けずに過ごしました。

そのお陰で、今日のホークス戦、なんとか観ることができました。

今日は、何と言っても能見が良かったですね。

多村に一発を浴びただけで、他はパーフェクトに抑えました。

多村に投げた球も、上手く打たれただけで、決して悪い球ではありませんでした。

その後は、宜野座に連れて行ってもらえなかった投手陣が続きます。

まずは相木。

ヒット1本打たれましたが他3人をピシャリと抑えました。

さすが去年、防御率0点台だっただけのことはあります。

地味ですが、堅実な仕事をします。

貴重な右の中継ぎとして、今年はもっと一軍で見たいですね。

吉野と金澤は、次頑張って下さい。

打つほうは、期待の若虎たちが、ホークス先発の杉内に軽くかわされ、その後も打線が繋がる事無く終わりました。

林と葛城の一発で、なんとか3点を返しましたが、次につ繋げようという意識が感じられませんでした。

各選手が、首脳陣にアピールすることに必死で、与えられた役割を忘れてる気がします。

チームバッティングに徹することが、結果的にアピールすることになると思うんですが・・・。

アニキたちベテラン勢が出てくる前に、一線級のピッチャーを連打で崩す若虎たちを見たいです!

さて、うちのテレビの話に戻ります。

今日はなんとかもってくれましたが、試合中継中も2度画面が半分になり、電源オフ/オンで復旧させました。

それも、オフしてすぐにオンしたらダメで、オフしてから1~2分待ってからオンしないと復旧しません。

こんなことでは、いつ完全にアウトになるか解らないので、買い換える方向で検討中です。

今日はコジマ電器に行ってみましたが、液晶は高くて躊躇してます。

明日は近所のリサイクルショップを覗いてみます。

200703061909

今日は、好投した能見をフル画面で見ることができましたw

200703062201_2

ところで、このお方は、大丈夫なんでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (4)

赤赤コンビで初勝利!

3-1で楽天を下し、オープン戦初めての勝ち星を上げました。

しかし、赤松のツーランの直後に、テレビが壊れました orz..................

今年に入ってから、たまに画面の下半分が真っ黒になることがあったので、一応覚悟はしてたんですが・・・。

そのたびに、電源オフ/オンしたり、叩いたりするとまた映ってたんですが、とうとう、どうやっても戻らなくなりました。

明らかにブラウン管の寿命です。

買ってから12~3年経ってる上に、この2~3年に至っては、ほとんど一日中点けっ放しの状態だったので・・・。

現在、テレビ中心の生活なので、これはつらい><

しかも、開幕目前にして!

もし、社会復帰できたら、そのとき液晶に買い換えようと思ってたので、もう少しもってくれたらいいのに・・・。

一応パソコンにテレビチューナーが内臓されてはいるんですが、パソコンは机の上でやりたいし、テレビは寝転んで見ないとつらいし・・・。

パソコンやる度に机に上げるなんて身体的に無理だし・・・。

基本的には下に置いてテレビとして使い、パソコンはどうしてもやりたい時だけにするか。

逆に、基本的には上において、座って見るのが辛くなったら声だけ聞くか。

どちらも捨てがたいなぁ。

液晶は高いし、今更ブラウン管を買うってのもなぁ。

とりあえず、もう少し考えます。

せっかく阪神がオープン戦で今年初めて勝ったというのに、こんな記事になってしまいました。

200703051323_1

今日、粘りのピッチングを見せた太陽投手ですが、帽子しか見えません><

| | コメント (2) | トラックバック (4)

テレビが

壊れた!

orz....................................................................................................................................................................

| | コメント (2) | トラックバック (0)

将軍

200702261648_1

 近所の公園の池の主ですw

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ラマダニが、暑きびわ湖を制す!

Still0008_13 びわ湖毎日マラソンが行われ、タンザニアのラマダニが、ケニアのキプラガトとのデッドヒートを制し、見事に優勝を果たしました。

最後の1キロにもわたるデッドヒートは凄かったですね。

気温20度を超える悪条件とはいえ、ペースメーカーにはもう少し速く走って欲しかったです。

日本人トップは旭化成の久保田選手!

タイムは、2時間12分台に終わり、残念ながら世界選手権の内定には至りませんでしたが、暑い中、自己記録を更新したのは立派でした。

しかし、世界選手権の選考となる3大会を終えて、内定条件をクリアできた選手が奥谷選手ただ1人というのは寂しいですね。

3~4人出て欲しかったんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

そろそろ勝とうぜ3連敗

オープン戦3試合目は、またもやオリックスに1-4で負けてしまいました。

相変わらず私のテレビでは中継やってないので、公式HPのテーブルスコアを見ての感想です。

何と言っても今日は、ルーキー小嶋が先発し、4回を1安打無失点に抑えたようです。

それから、こちらもルーキーの上園が、前回のリベンジをすぐに果たし、1イニングを3者凡退に切り抜けてます。

橋ケンは、登板過多で壊れなければ、今年は頼りになりそうですね。

中村ヤスは、次回頑張って下さい。

打つほうは、8回に藤原のタイムリーで、24イニングス振りの1点を取りました。

でもその1点だけでした。

2番~5番がノーヒットではどうしようもないですね。

残念ながら同一カード3連敗を喫してしまいましたが、

とにかく、シーズン入ってから勝てればいいです。

| | コメント (2) | トラックバック (11)

司馬遼太郎著『風神の門(上・下)』

司馬遼太郎著『風神の門(上・下)』を読み終わりました。

真田十勇士の中で、甲賀の猿飛佐助とともに双璧と称される、伊賀忍者「霧隠才蔵」について書かれた歴史小説です。

集団での忍術を得意とする甲賀忍者に対して、伊賀のそれはあくまでも個人プレーを基本としてます。

そんな伊賀者の宿命を背負った男一匹・霧隠才蔵からは、大人の男の哀愁のようなものが感じられます。

虎戦士で例えると、佐助が野手のまとめ役のアニキ金本だとすると、才蔵はマウンドで黙々と自分の技を披露する投手、とりわけ下柳投手と言ったところでしょうか。

読みながら思い出しましたが、実はこの小説、20年以上も前に1度読んだことがありました。

子供の頃にNHKの人形劇で「真田十勇士」ってのをやってたんですが、そこに出てくる才蔵の渋い雰囲気に興味を惹かれました。

そのことを学生になってから思い出して読んだんでした。

今回、再び読んでみると、内容を全く忘れていたので、初めて読むのと同じように楽しむことができました。

Book 風神の門 (上)

著者:司馬 遼太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book 風神の門 (下)

著者:司馬 遼太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

イスとベッドは楽ちんだけど、裏を返せば・・・。

健康なときには気がつきませんでしたが、足腰を悪くしてから、イスから立ち上がるのがどんなに楽か痛感してます。

畳みに座って立ち上がるのは本当にきつい><

裏を返せば、イス文化が日本人の足腰を弱らせてきたと考えられます。

イスの無い生活を想像してみました。

最低でも3度の食事はちゃぶ台で、畳に正座またはあぐらをかいて摂るでしょう。

他にも、畳に座った状態から立ち上がることは何度もあるでしょう。

その度に足腰を鍛える運動をしている訳です。

ベッドも同じ事です。

ベッドから起き上がるときには、一度ベッドの淵に腰をかけて、イスから立ち上がるのと同じ動作をしますから。

ベッドが無い時代には、蒲団から立ち上がる度に足腰が鍛えられていたことになります。

更には、「押入れから蒲団を出して敷く、蒲団を押し入れに入れる」という動作で鍛えられます。

このうような無意識に行われていた日々のトレーニングが、イスとベッドの普及により、一気に失われた訳です。

何と言っても、毎日、毎日行われる事なので、思った以上に大きな影響があるでしょう。

最近のスポーツ選手、私の好きな分野で言うと、大相撲やプロ野球の選に手おいても、昔の選手に比べたら、やたらと足腰の怪我に泣く選手が増えてますが、案外こういうことが影響してるかもしれません。

また、昔は30勝以上あげる投手もいたのに、今は20勝がせいぜいです。

もしかしたら現代でも怪我の少ない選手は、子供の頃から蒲団を敷いて寝ていたのではないかと考えたりしました。

まさか、いまだにちゃぶ台で食事してることは無いと思いますが・・・。

このように考えて行くと、足腰が丈夫なままで天寿を全うしようと思ったら、元気な人は、今すぐイスとベッドを捨て去るのがいいのかもしれません。

年をとって足腰が立たなくなる前に。

まだ元気なうちに。

ジムに通ったり、プールを歩いたりしてがんばってトレーニングを続けるよりも、イスとベッドを捨てることの方が効果的かもしれません。

私のように足腰を悪くしてる人が、イスやベッドの恩恵に預かるのは仕方ない事だとは思いますが・・・。

これからの高齢化社会、イスとベッドを捨てて、昔ながらの日本の生活に戻ることが、お年寄りにいつまでも元気なままでいて頂き、ひいては福祉コストを抑えながら生産性を上げる一番の方法なのかもしれません。

家具屋さん、ごめんなさい。

ちょっと暴論過ぎましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »