« 西友の食品売場 | トップページ | トッチー&豊真将、ともに白星先行☆ »

アレックス・シアラー著『世界でたったひとりの子』

アレックス・シアラー著『世界でたったひとりの子』を金原瑞人さんの訳で読み終わりました。

図書館でタイトルを見て、SMAPの「世界に一つだけの花」のようなことをテーマに書かれた小説かと思って借りました。

 小さい花や 大きな花 一つとして同じものはないから
 No.1にならなくても いい もともと特別な Only one

って感じの・・・。

ところが、とんでもごじゃりませんでした。

世の中からどんどん子供が減って行き、少なくとも自分の周りには本当に子供が自分一人だけという境遇に置かれた、タリンという名の男の子の、恐ろしく、哀しく、せつない物語でした。

医療技術の進歩により老化防止薬なるものが発明され、人類が200歳以上生きれるようになった代わりに、めったに子供ができなくなってしまった未来のお話です。

老化防止薬は、だいたい40歳になっときに政府から支給されて飲みます。

よって、中身(心)や経験は100歳でも200歳でも、見かけ上は40歳が最高齢者です。

そして、「生きるのは飽きたが、死ぬのは怖い」という状態に陥ります。

また、子供のときにPPというものを移植すれば、一生子供の身体のままでいられる移植手術も可能です。

見た目は子供のままですが、中身(心)や人生経験は50歳だったり、60歳だったりと、れっきとした大人です。

一応、これは違法な医療行為となってますが、闇医者たちの手にかかって手術を施されてしまえばどうしようもなくて、PP経験者はどんどん増え続けます。

大人たちは自分に子供ができないことを悲しみ、一時間だけでもいいから子供のいる家庭の真似事をしたいと願い、子供のレンタルが流行ります。

子供をレンタルした大人たちは、せっかくお金を払って貴重な1時間を過ごすのだから、自分が理想とする子供らしい子供であって欲しいと借りた子供に望みます。

そんな大人の気持ちを敏感に察知した子供は、大人が理想とする子供らしい子供を演じ続けます。

1日5件もそんな仕事が入ってると、さすがに子供も疲れ果てます。

主人公のタリンは、大人の期待に応えることに懸命で、自分が何ものなのか解らなくなり、そのことをいつも自問自答しています。

また、運良く子宝に恵まれた大人は、自分の子供にPPを受けさせたがります。

今や超貴重品となった子供を持ってると、子供レンタル業や子供ショーなどで稼げるので、その子供を含めた一家全員が一生安泰だからです。

当然、子供を売れば破格値です。

この小説のテーマとしては、少子化問題、終末医療の問題、児童虐待、子供の人権問題などが感じ取れますが、読みながら、全編を通して伝わってくる哀しさ、せつなさ、むなしさは、そんなことではありません。

大人たちのエゴに翻弄されている主人公タリンの純粋な気持ちに起因しているのだと思います。

子供には自分の理想とする子供でいて欲しいと願う親のエゴ。

自分で稼げるようになるまで親に育ててもらったくせに、いつまでも家庭を持ちたがらないという独身貴族のエゴ。

そして、いつまでも死にたくないというエゴ。

このような大人たちのエゴの犠牲になるのは、いつも弱くて純真な子供たちです。

私自身、子供時代に大人のエゴから感じたせつなさと、次の世代のことなどろくに考えず、大人になってからも好き勝手やってきた申し訳なさのようなものとの両方の気持ちがあり、余計に心が痛んだのかもしれません。

最後はちょっと唐突で強引な終わり方のようにも思えましたが、その部分を除けば、とにかく、何とも哀しいお話でした。

世界でたったひとりの子 Book 世界でたったひとりの子

著者:アレックス シアラー
販売元:竹書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 西友の食品売場 | トップページ | トッチー&豊真将、ともに白星先行☆ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/4444503

この記事へのトラックバック一覧です: アレックス・シアラー著『世界でたったひとりの子』:

« 西友の食品売場 | トップページ | トッチー&豊真将、ともに白星先行☆ »