« 新堂冬樹著『無間地獄』 | トップページ | Merry Christmas! »

イザワ・クリスマス・オープン・テニス

イザワ・クリスマス・オープン・テニス2006、女子シングルス決勝が行われました。

今年の決勝は、ベテランの佐伯美穂と、ここ最近ノリに乗ってる米村知子の対戦となりました。

Still0027 結果は、6-2、6-2のストレート勝ちで、米村が初優勝を飾りました。

コートも、画面のスコア表示もクリスマスカラーに彩られた中での対戦でした。

米村選手は、これといって断トツに光るショットを持ち合わせてるわけではないんですが、全てのショットにおいて、安定したものを見せてました。

佐伯選手は、左太ももの裏を傷めていた影響からか、フットワークが重く、持ち前の回りこんでからのフォアショットが影を潜め、苦し紛れのドロップショットを多用せざるを得ない苦しい展開でした。

米村選手、既に24歳と遅咲きではありますが、これからどんどん自信をつけていけば、まだまだ30歳過ぎくらいまでは伸びて行けるでしょうから、来年以降、ますます楽しみです。

|

« 新堂冬樹著『無間地獄』 | トップページ | Merry Christmas! »

「テニス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/4649333

この記事へのトラックバック一覧です: イザワ・クリスマス・オープン・テニス:

» 安藤美姫 残念!! [ミィの「今日の気になる話題」]
全日本フィギアスケート選手権女子、安藤美姫の苦痛の表情・・・見ている方が痛かった... [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 13時52分

« 新堂冬樹著『無間地獄』 | トップページ | Merry Christmas! »