« な、な、なんと、男子も表彰台独占! | トップページ | 伊集院静著『駅までの道をおしえて』 »

モンスター・ステップス

最近、上半身の方が楽になってきて、少しずつですが、起き上がっていられる時間が長くなっているんですが、逆に下半身の力が入りにくくなってきてます。

下半身の痛みは、右膝と左足の付け根付近が特に激しいですね。

私が住んでる賃貸マンションの入り口のところに階段が3段だけあり、これを上がらないと部屋までたどり着けない構造になってます。

2年くらい前から、階段は避けて生活してるんですが、ここだけは避けようが無く、どちらかと言えばましな左足で一段ずつ上がってました。

しかし、1ヶ月前にここを上がろうと左足を踏み込んだときに、左足の付け根(お尻のすぐ)あたりに激痛が走りました。

それ以来、両手をついて這うようにして上がってます。

障害を抱えた当初であれば、できないことが増える度に、惨めで情けない気持ちで激しく落ち込んでましたが、今ではこんなことも、

「別に這って上がればいいだけじゃん!」

と早い段階で割り切れるようになってます。

心がそれだけタフになって来てるんでしょうか?

いや、まめさん.の言葉をお借りすれば、身体の変化に心が単に「適応」してるだけだと思います。

「適応」・・・・・辞書によると、

●生物が環境に応じて形態や生理的な性質、習性などを長い年月の間に適するように変化させる現象。

だそうです。

「形態や生理的な性質、習性など」のところを「心や、気の持ちよう」に置き換えたらピッタリです。

さすが、まめさん、上手いことを言いいます。

ただ、雨の日は、濡れてる階段に手をつかなければならず、さすがに一瞬、へこみます。

そんな日には、その階段の前に立つと、たった3段がとてつもなく高い山のように感じてしまいます。

もう少し様子を見て、こんな状態が続くようだと、杖を試してみようかと考えてます。

手帳があれば、社会福祉事務所で貸してくれるように聞いた気がしますし・・・。

でも、両足傷んでるのに杖が効くかどうか。

|

« な、な、なんと、男子も表彰台独占! | トップページ | 伊集院静著『駅までの道をおしえて』 »

心と体・福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/4419396

この記事へのトラックバック一覧です: モンスター・ステップス:

« な、な、なんと、男子も表彰台独占! | トップページ | 伊集院静著『駅までの道をおしえて』 »