« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

名セコンド下さん、桜庭と散る!

下さんがセコンドを務めた桜庭選手、残念ながら負けてしまいました。

Still0005_13 でも、2006年最後の最後まで下さんの姿を見る事ができ、楽しかったです。

ありがとう、桜庭和志!

それでは、来年もよろしくお願いします。

良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年を振り返って

2006年も今日で終わりです。

っと言うわけで、個人的なベスト1とワーズト1を挙げておきます。

(ベスト1)

・05年に引き続き、ほんの少しずつ病気が改善し続けていること。

象徴的な事としては、9月からパソコンを机の上に置いて打鍵できるようになりました。

また、今年前半はコンビニ一辺倒だった食生活が、8月からホカ弁を買ったり、ラーメン屋やそば屋程度なら外食できるようになりました。

(ワースト1)

・6月に、長期療養期間が切れ、無職になってしまったこと。

20年近く勤めてきた会社を、わけの解らん病気で辞めざるを得なかったのは無念でした。

(その他)

・新しく始めた事・・・・ブログの開設

阪神タイガースの新たな応援の形に出会うことができ、タイガースファンであることが、より楽しくなりました。

また、様々な地域のブロガーさんとコミュニケーションをとることにより、日本各地を旅してる気分に浸れることもあります。

さて、明日からの一年は、どんな一年になりますことやら。

来年の正月は、里帰りできるくらい回復してるといいですね。

(追記)

今夜は、K-1メインで観ながら、紅白チラ見と行きますかな。

下さん、桜庭のセコンド、がんばれ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒンギス婚約、おめでとう!

彼女が14歳の頃から応援してきたマルチナ・ヒンギスの婚約が発表されました。

お相手は、チェコのプロテニスプレーヤー、28歳のラデック・シュティエパネックさんです。

Sgeeas96291206104523photo00quicklookdefa_1 おめでとうございます。

大人の男としては、「これからは旦那ともども応援してやるか!」

とでも言えれば恰好いいんでしょうが、そこまでの心境になるまでには、もう少し時間をください。。。

リンク: CNN.co.jp : マルチナ・ヒンギスが婚約、プロテニス選手と ? - スポーツ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真央ちゃん、涙の日本一!

全日本フィギュア選手権の女子シングルは、浅田真央が211.76の高得点を叩き出し、ブッチギリの優勝を決めました。

Still0003_8 今日の真央ちゃん、演技をしながら何度かガッツポーズを決め、終わった直後には思わず涙が溢れてました。

相当のプレッシャーの中、自分でも納得の行く演技ができたことへの感動からでしょうか。

2位に終わったミキティは、昨日のショート終わった後に肩がはずれたらしく、その肩を自分ではめたら変な具合にはまっちゃたそうです。

Still0004_8 ジャンプの転倒後、傷めた右肩を抑える場面がありましたが、最後に用意されている、腕をブランブランさせる振り付けを、がんばって演じきったのは立派です。

4位に終わった村主姉さんが世界選手権で見れないのは残念ですが、3位に入ったシンデレラ友加里に期待しましょう!

今大会で、現在の全日本女子の順位付けがハッキリしました。

ざっと、浅田真央が一人飛び出てて、安藤が続き、中野、村主、恩田のベテラン勢がいて、澤田、武田、浅田舞の高三トリオが続いてるといったところでしょうか。

さて、1年後にはどうなってるか、今から楽しみですね。

| | コメント (2) | トラックバック (18)

蛍光灯

部屋の蛍光灯の紐が根元から切れ、この1ヶ月、不便な思いをしてました。

新しいのを買って来ても、交換するためにはイスに乗らなければならず、足元がおぼつかない私には無理なので、そのままにしてました。

200612291929_1 今日、スライスが、仕事納めを終えて訪ねて来てくれたので、スライスの車でコジマ電器まで連れてってもらって買って来ました。

交換もスライスがやってくれました。

なんとスライス君、交換作業にイスを必要としないんです!

私より10cm以上も背が高く、手も長いので、楽々とやってました。

背が高いって便利やなぁ。

ニュー蛍光灯は、リモコン付きな上に、おやすみ切タイマーも付いてるので、もう点けっ放しで寝ないで済みそうですw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

安藤幸夫監修『図解雑学 人体の不思議』

安藤幸夫監修『図解雑学 人体の不思議』を読み終わりました。

読んでみて、自分の身体のことなのに、あまりにも知らないことが多いのに驚きました。

我々の身体って、超ミクロのパーツが、驚くべきほどたくさん集まってできてるんですね。

そして、それぞれに役割(意味)があり、関連し合って機能しています。

これが自然による偶然の産物だとしたら、あまりにも出来すぎてます。

私は、キリスト教信者ではないので、「神が創りたもうた」というような考え方は今のところ素直に受け入れ難いですが、神かどうかは別にしても、もしかしたら、めちゃくちゃ頭のいい誰かが、暇に任せて面白半分に作ったのではないかという気にさえさせられました。

だとしたら、その誰かさんのIQは、相当高いはずです。

だって、これだけ科学技術が発達した現代においても、未だに人類は、人間と全く同じロボットを作れないのですから・・・。

特に、脳の機能、生殖能力、自然治癒力、再生能力などに関して、同じ仕組みを再現することは難しいのではないでしょうか。

また、これだけ精密に出来ている訳ですから、壊れやすく、だからこそ大切に扱わなければならなかった訳ですね。

反省中です。

この本はQA形式になっていて、それぞれの問いに対する答えが、オールカラーの図解入りで解説されているので、超基本的な仕組みを知る上ではとても解りやすかったです。

解りやすい例で言うと、「空気と食べ物の通り道が切り替わる仕組み」などは、空気が通るときの図と、食べ物が通るときの図が比較しやすいように並べて書かれてたりしてます。

ふむふむ、食べるときは、喉頭蓋ってやつが軌道に蓋をしてくれてるのね。

ってな具合です。

この仕組み1つ取ってみても、意識しないでも勝手に身体がやってくれてるんですよね。

ありがたいというか、不思議です。

そして、そういう機能が勝手に働かなくなれば、それは何らかの病気ということですね。

とはいえ、全部理解できた訳でありません。

特に、免疫の仕組みに関しては、キラーT細胞やらヘルパーT細胞やら出てきて、難しかったです。

人間が人間を創れるなどとという世の中、想像するとゾッとしますが、人体の仕組みの全容が解明されない限り、難病が無くならないのも事実です。

ただ、世の中から全ての病いや障害が無くせるとしたら、それはまたとてつもなく素晴らしい世界だとも思います。

そうなると、誰も健康に気をつけなくなって、身体のありがたみも感じなくなるのかもしれませんが・・・。

いずれにしろ、そこまで到達した後の世界をどんな世の中にするかは我々人間次第です。

まずは、医療技術の更なる進歩に期待しましょう!

人体の不思議 Book 人体の不思議

著者:安藤 幸夫
販売元:ナツメ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流れる雲を追いかけて

200612271313_1 今日は、気持ち悪いくらい暖かかったんですが、風も強かったですね。

空は青く、雲が流れてました。

雲の行く方にでも向かって、旅に出たいなぁ。

(治療院向かいの神社にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨に唄えば♪

夕べから降り始めた雨が止みません。

そこで、雨について歌われた歌を考えてみました。

思いついた順に、

●カーペンターズの「雨の日と月曜日は」

  Rainy Days and Mondays always get me down♪

●ミュージカル映画の挿入歌「雨に唄えば」

  I'm singin' in the rain  Just singin' in the rain♪ 

●童謡の「あめふり」

  ぴっち ぴっち ちゃっぷ ちゃっぷ らん らん らん♪

●小林麻美の「雨音はショパンの調べ」

  Rainy Days 断ち切れず 窓を叩かないで♪

●八代亜紀の「雨の慕情」

  雨雨ふれふれ もっとふれ 私のいいひと つれて来い♪

●さだまさしの「雨やどり」

  こんな日に素敵な彼が現れないかと 

  思ったところへあなたが雨やどり♪

でした。

見事にノンジャンルやね~。

ジャンルに関係なく、雨は詩にし易いということなのでしょう。

いや、単に、私の音楽趣向に節操が無いだけかもしれませんが・・・。

雨と共に、思いっきり憂鬱な気分に浸りたいときには、

「雨の日と月曜日は」か「雨音はショパンの調べ」がいいでしょう。

鬱陶しい雨も、楽しいものに変えてしまいたいときには、

「雨に唄えば」や「あめふり」や「雨やどり」がいいでしょう。

また、雨など歌い飛ばしてしまいたいときには、

「雨の慕情」を熱唱するのもいいでしょう。

この雨、一日降り続きそうですし、上の中で、うちにあるCDは「雨の日と月曜日は」だけなので、今日のところは、思い切り憂鬱な気分にでも浸るとしますか。

Rainy Days and Mondays always get me down↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0〔lav〕

200612252241 SING LIKE TALKINGの「0〔lav〕」を聴いてます。

少し前まで、 さかなさんのところで流れていた「La La La」って曲を気に入ったんですが、ダウンロードできるサイトが見つからなかったので、「La La La」が入ってるこのCDを買いました。

アマゾンのマーケットプレイスで激安で出てたので・・・。

今日、届きました!

CDで買って良かったです。

他の曲もいいッスね♪

Music 0(ラブ)

アーティスト:SING LIKE TALKING
販売元:ファンハウス
発売日:1991/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (1)

カレンダー2007

200612251646_3 来年のカレンダーを掛けました。

中身は、1月の監督だけ見て、その後は見るのを止めときました。

毎月、誰が飛び出すか、めくるのが楽しみです。

教えんといてや~。

左に写ってる今年のやつは、いよいよ後1週間の命やね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Merry Christmas!

Still0028 広島の世羅高校、ブッチギリじゃ!

32年ぶりの優勝!

おめでとうございます!

Still0029 ディープインパクトも、ブッチギリや!

最後まで飛んでました。

本当にお疲れ様でした。

さてと、あとはM-1でも見て寝るとしますか。

今年のイブは、そんな感じやね。

そう言やぁ、広島で世羅ゆうたら、字は違うとるが、世良公則を思い出すのぉ。

さんたにぃ あげ~ぇえぇた~ 愛のぉ 日々をぅお~♪

(追記)

M-1グランプリは、決勝で審査員全員の指示を得たチュートリアルが、ブッチギリで優勝しました。

今年のイブは、ブッチギリ3連チャンでした!

| | コメント (2) | トラックバック (5)

イザワ・クリスマス・オープン・テニス

イザワ・クリスマス・オープン・テニス2006、女子シングルス決勝が行われました。

今年の決勝は、ベテランの佐伯美穂と、ここ最近ノリに乗ってる米村知子の対戦となりました。

Still0027 結果は、6-2、6-2のストレート勝ちで、米村が初優勝を飾りました。

コートも、画面のスコア表示もクリスマスカラーに彩られた中での対戦でした。

米村選手は、これといって断トツに光るショットを持ち合わせてるわけではないんですが、全てのショットにおいて、安定したものを見せてました。

佐伯選手は、左太ももの裏を傷めていた影響からか、フットワークが重く、持ち前の回りこんでからのフォアショットが影を潜め、苦し紛れのドロップショットを多用せざるを得ない苦しい展開でした。

米村選手、既に24歳と遅咲きではありますが、これからどんどん自信をつけていけば、まだまだ30歳過ぎくらいまでは伸びて行けるでしょうから、来年以降、ますます楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新堂冬樹著『無間地獄』

新堂冬樹著『無間地獄』を読み終わりました。

闇金の裏でうごめくやくざの若頭、桐生を主人公とした物語です。

無間地獄とは、辞書によると、「阿鼻地獄のこと。 八大地獄の第八。 五逆と謗法(ほうぼう)の大悪を犯した者が落ちる所。 諸地獄を一としてその一千倍の責め苦を受けるという。」

だそうです。

一切の情も存在しない、金と暴力だけの世界!

仲間をいかに出し抜くかが上にのし上がるための唯一の方法!

一度はまり込むと二度と抜け出せない無間地獄!

そして最後は恐怖におののきながらの死あるのみ!

この小説に出てくる人物たち全員が、金と暴力以外のものを信じないことに徹底されてることが、読者にとっては却って救いです。

こちらも、登場人物に情などかけないで読めるので・・・。

くわばら、くわばら。 

生活費に困っても、街金どころか、サラ金にも手を出さないように気をつけなきゃ。

それにしても、暴力描写と、男同士の性描写にはエグいものがありました。

この小説が例え映画化されても、あまり観たいとは思いません。

あと、ストーリーと全く関係ないところですが、主人公の桐生がビリー・ホリディを好んで聴いてるという話が出てたので、久し振りに彼女のベストCDを引っ張りだして聴いてみました。

彼女の歌声にはブランデーが良く合います♪

無間地獄 上  幻冬舎文庫 し 13-1 Book 無間地獄 上 幻冬舎文庫 し 13-1

著者:新堂 冬樹
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

無間地獄 下  幻冬舎文庫 し 13-2 Book 無間地獄 下 幻冬舎文庫 し 13-2

著者:新堂 冬樹
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬至

200612221408_1 一年で一番、昼の短い日だってねぇ。

するってぇとなにかい!?

明日からは、どんどん、どんどん

おてんと様に当たってられる時間が

長くなるってぇことかい!?

嬉しいじゃねえかw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2ヶ月ぶりの通院

今日は、月に1度の通院日でした。

先月はさぼってしまったので、今日はがんばって行ってきました。

ボトックスは、しばらく様子見にしてるので、先生と世間話して、傷病手当金の申請書に所見を書いてもらうだけなんですけどね・・・。

さて、今月も現在の身体の状態および生活状況を整理しておきます。

月1ぐらいは、身体にも目を向けてやんないとね。

1時間くらいなら、けっこう楽に起き上がっていられるようになりました。

がんばれば2時間くらいはokです!

1度だけ3時間起き上がっていたこともありました。

ただ、座り続けるのは、1時間経ったら1度立ち上がったり寝転んだりしないときついです。

ここ1ヶ月は、上半身の筋収縮よりも先に、右肩甲骨内側の焼け付くような痛みに耐え切れず、寝転ぶことが多かったです。

ただ、きつくなる前に、1度立ったり、歩いたり、寝転んだりするように心がければ、けっこう楽に1日を過ごせるようになってきてはいます。

歩くことに関しては、歩いてて突然、右膝内側または左足の付け根のいずれかに激痛がはしることがあるので、歩ける距離は先月に比べてあまり伸びてませんが、筋収縮によるしんどさに関しては、少し楽になってきてます。

半年前のように、ベンチに寝転ばなければならないほどのことはほとんどなく、暫く座っていれば再び歩けることが多くなってます。

あぐら、しゃがむこと、階段の昇り降り、自転車に乗ることは、まだ全くできません。

さて、来年はどうなりますことやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も寒いカモ

200612201103 今日は、昨日にも増して寒いです。

いつもはのんびり浮かんでる池のカモたちも、小まめに動き回ってます。

ただ、天気予報によると、午後から少し暖かくなるようです。

右奥に小さく写ってるのは、最近仲間に加わった白サギです。

って、携帯カメラじゃ解りにくいッス!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ベンチコート

今日は、一駅だけでも電車にチャレンジしてみようと思い、2週間ぶりに最寄の駅まで歩きました。

何度か立ち止まりながらも25分程度で駅まで辿り着きました。

駅前の本屋で少し立読みをして出てくると、右膝上内側にピリーッと鋭い痛みがはしり、ガードレールをつかんだまま凍り付いてしまいました。

5分くらいして、ゆっくりと歩き始めたところ痛みが出なかったんですが、またいつ出るか怖かったので、電車は諦めてそのままゆっくりと歩きながら帰ることにしました。

ベンチで休みながら帰れる公園コースを進みました。

200612201106 空気は冷たかったけど、先日買ったベンチコートのお陰で、ベンチでの休憩中もそれほど寒さを感じることなくしのげましたw

最初手間どったファスナーをとめるのにも慣れてきました。

めちゃめちゃゆ~っくり歩いたためか、その後痛みはほとんど感じないで済みましたが、疲れました><

帰りは1時間近くかかってしまいました。

電車に乗るのは、来年の楽しみにとっといてやるか!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

気になってた曲ようやく♪

昨年1年間、病床でラジオを聴きながら、幾つか気に入った曲がありました。

その中からDef Techの「My Way」と、風味堂の「ナキムシの歌」を、ネットでダウンロード購入しました。

先日、コメントで、ささこさん.に奨めて頂いた「涙そうそう」もゲットしましたw

う~ん、3曲ともええ曲や~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

下さん、満面の笑みで金貨2枚ゲット!

今日は、東京フレンドパークに、下さんが桜庭和志を従えて来園してました。

Still0015_3

WALL CRUSHの1回目は、下さん屈辱の40点!

Still0016_7

でも、2回目は70点ですぐに雪辱!

Still0017_2

桜庭の頑張りもあり、1つ目の金貨ゲットです!

Still0018_6

続く、自転車を漕ぐやつは、2人の息が全く合わず、ダメでした。

Still0020_4

横に動いてボールを転がすやつも、残念!

下さんガッカリ。。。

Still0021_2

クイズに答えるやつは、下さんが4問正解し、2枚目ゲット!

Still0022

ハイパーホッケーは、百戦錬磨のホンジャマカにはかないませんでした。

Still0025_3

2枚の金貨でダーツにチャレンジ!

桜庭は冷蔵庫ゲットするも、

下さんは、大きく外してしまいました。

以上、めっちゃ楽しそうな下さんのレポートでした。

今オフに肘の手術をした下さん、術後の経過は良さそうですねw

| | コメント (6) | トラックバック (3)

中島みゆき著『問う女』

中島みゆき著『問う女』を読み終わりました。

シンガーソングライターとして、素敵な詩を数多く生み出して来られた中島みゆきさんの小説です。

主人公の綾瀬まりあは、父の仕事の影響で幼い頃から転校を繰り返し、その度に方言をからかわれ、親友を作ることを自ら避けて来ました。

高校のときに新潟で出会ったクラスメイトと仲良くなりかけますが、彼女もまりあの「言葉」によって傷つけてしまいます。

人を傷つけ、傷つけられる「言葉」。

自分の言葉を持つことを捨てたまりあは、ラジオ局のアナウンサーになります。

アナウンサーは、演出家の書いたとおりの「言葉」を喋っていればいいので、その「言葉」に責任を持つ必要がなく、楽なんだそうです。

そんなまりあが、あるタイ人の娼婦と出会ってからストーリーが一気に展開して行きます。

この小説を読み終わって、私が感じ取った意味以上に深い意味があるような気がするんですが、残念ながらそれが何だかわかりませんでした。

考え過ぎかなぁ。

中島みゆきさんの曲の中にも、実は彼女が伝えたいことが理解できていない詩が幾つもあります。

そもそも女心は解りにくいので、それも仕方ないやな。

487728200909_ss500_sclzzzzzzz_v105661734

| | コメント (0) | トラックバック (2)

イガー、NHKに生出演!

フィギュアスケートの残念な記事を書いた後、風呂に入ろうとしたら、テレビ画面に井川が映し出されました。

Still0014_4 それは、NHKのサンデースポーツに生出演している井川の姿でした。

東京にいると、マウンド上以外で生イガーを観ることは滅多にないので、アドリブの利いたシャベリができるか心配しながら見守りました。

するといきなり、共に生出演中のプロゴルファー、大山志保さんをアメリカに誘う余裕をかましてました。

その後のインタビューの受け答えも笑顔でこなしてました。

今度の水曜日に、一度渡米するそうですね。

この調子で大活躍、期待してるぜ!

(追記)

そうそう、明日は、18時55分から、TBSの東京フレンドパークに下さんが登場しますよ!

グランドスラム目指してガンバレ髭武者!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

どうした!? 日本フィギュア勢!

昨日のショートプログラムで、いい演技を見せて期待された日本フィギュア勢でしたが、今日のフリーは一転、ボロボロでした。

フリーは、男子が1位ブライアン・ジュベール、2位織田、3位高橋、女子は1位キム・ヨナ、2位サラ・マイアー、3位村主でした。

この結果、総合順位は、男子が1位ジュベール、2位高橋、3位織田、女子は1位キム、2位浅田、3位マイアーとなりました。

村主は4位、安藤は5位に終わりました。

Still0013_3 転倒真央ちゃん、跳べないミキティ、ヘロヘロ大ちゃんといった内容でした。

演技直後のインタビューで、高橋と安藤の2人は、風邪のような体調不良を明言してたし、.「この記事」によると、浅田と村主も体調不良のようなことが書かれてますが、どうなんでしょう?

そういう事を言い始めたら、キムも腰痛がかなり酷かったようですし、他の選手も言わないだけで、風邪ぐらいひいてた選手がいたかもしれませんし、誰の体調が一番悪かったなんてことは誰にもわかりません。

今日の結果が現時点での実力と受け止めるしかないでしょう。

日本選手だけ、集団食中毒やウィルスへの集団感染していたとしたら話は別ですが・・・。

浅田選手は、昨年に比べたら気持ちの上で勢いが無くなってたと言ってました。

もう一度高いところに目標を据えて、モチベーションを上げて行ってもらいたいところです。

今回の日本勢の結果は残念ですが、今日の課題を克服し、3年後のバンクーバーの頃には更なる成長を遂げてくれることでしょう!

ところで、今日の結果も朝のニュースで知りました。

やっぱスポーツは、例え真夜中だろうと生中継してくんなきゃイヤです!

| | コメント (2) | トラックバック (5)

資生堂、悲願の初優勝!

全日本実業団女子駅伝は、資生堂が、大会4連覇を狙う三井住友海上を下し、悲願の初優勝を遂げました。

Still0011_8 歴史に残る大接線は、アンカー勝負にもつれ込み、競技場手前で三井住友海上の大崎を引き離した資生堂の弘山が、先にゴールを切りました。

超大ベテラン38歳の弘山と、19歳ルーキー大崎の年の差ダブルエイジ対決は、凄まじいデッドヒートでした。

弘山選手は、あと10年くらい1戦でがんばりそうな勢いです!

弘山の走りとともに初優勝に大きく貢献したのは、5区を走った加納由理の粘りの走りでした。

ここのところ独壇場だった三井住友海上が敗れたことで、再び戦国時代に突入するのか、三井住友海上が今後更に飛躍するための1つの負けに過ぎないのか、来年の大会がますます楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

日本フィギュア勢、ロシアより愛をこめて!

フィギュアスケートGPファイナルのSPがロシアのサンクトペテルブルクで行われました。

日本勢は、男子が高橋2位、織田4位、女子は浅田1位、安藤2位、村主5位で終え、明日のフリーが楽しみな結果となりました。

Still0010_16 例によって、朝のニュースで結果を知ってしまいました。

日本人が5人も出てると、テレビ放送中の2時間、目が放せません。

特に女子はキム・ヨナもいるので、アジアンが6人中4人です。

10年前までは、まだ白人の競技という印象があったんですが、いつの間にか様変わりです。

10年後には、この世界にも、いよいよ黒人の時代が来るかもしれません。

黒と白(銀盤)のコントラストが綺麗でしょうね。

それはともかく、明日のフリーは楽しみですね。

男子は、高橋の逆転優勝と、織田のメダル獲得が期待されます。

女子は、今最も旬な、浅田vs安藤vsキム・ヨナの対決が見ものです。

6位から順番に演技をするってのもいいですね。

今日、バスが遅れて、精神的に動揺してしまったらしい村主姉さんも頑張れ~!

明日は、テレビニュースやヤフーニュースを見ないようにしよっかなぁ。

| | コメント (0)

水炊き

今日は、ホットさんとダルファンが来て、水炊き鍋をしてくれました。

ホットさんは白血病、ダルファンはバセドウ病と闘病中です。

ダルファンは仕事で遅くなったので、ホットさんに買出し、調理、後片付けまで全てやってもらいました。

サンキュー。

うま過ぎて食い過ぎや!

来年は3人とも、今より少しでも良くなってるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みかん♪

今日は、どうにも朝から身体が辛く、ダラダラと寝てました。

2日連続で掃除がんばり過ぎたか!

はたまた低気圧のせいか!

夕方の4時になって、宅急便のにいちゃんに起こされ、ようやく起き上がりました。

200612141916_3 届けられた箱の中には、実家から送られてきたミカンが詰まってました。

早速、3つ食べました。

去年のよりうまいぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ISSA

今日は、キッチン&トイレ周りの掃除をしました。

まだ身体的に、本格的な大掃除は無理なので、軽~く、ちゃちゃちゃっとね。

BGMは、DA PUMPの「Expression」というCDにしました。

やっぱ、掃除にはノリのいい曲が合うぜ!

何年も前に、青山の小さなライブハウスに食事しに行ったとき、ISSAがプライベートで来てて、私たちの隣の隣のテーブルで、知らない人たちと飲み食いしてたのを思い出しました。

その日は、名前も知らないジャマイカンバンドの生演奏が行われていた日でした。

最近、DA PUMP見ないなぁ。

解散したんだっけか?

ふぃ~りん, ぐーーーっ♪

EXPRESSION Music EXPRESSION

アーティスト:DA PUMP
販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:1998/07/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

横山秀夫著『ルパンの消息』

横山秀夫著『ルパンの消息』を読み終わりました。

横山作品は、警察、弁護士、検事、裁判官、新聞記者などを題材にしたものが多いんですが、この作品は、事件の舞台が高校なので、身近に感じられて読み易かったです。

この作品の中に、

「人間のする事、考える事、そう違うものではない。 所々に頭をもたげた情報を読むのではなく、人間そのものを読むんだ!」

と、刑事が部下たちに言う場面がありますが、最近の犯罪は、今ままでの常識だけで考えると、非常に動機が読みにくいものが増えている気がします。

人間の心の奥底を想像する能力に長けている著者に、昨今の犯罪者の心理を解説して欲しいと思いました。

また、横山作品は、悲惨な殺人事件などを扱った場合でも、必ず最後に、

「それでもこの世は悪いことばかりって訳でもないぜ!」

と思わせるような、エピソードで終わるところが、けっこう好きだったりします。

最近は、一見、どこにも救いを見出せないような事件ばかり報道されてますが、

それでもこの世は悪いことばかりって訳でもないぜ!

ルパンの消息 Book ルパンの消息

著者:横山 秀夫
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プギャー!

ず~っと気になってた冷蔵庫の中を整理しました。

BGMに、MISIAの「MARVELOUS」をかけながら。

今は、料理するわけじゃないんで、大したものは入ってませんが、賞味期限切れの調味料やドレッシング類が大変な事になってました。

プギャー!

1つずつ捨てて行きました。

これも古い! これも捨て! 

これも、これも、これも・・・・・。

終わってみれば、な~んも無くなっちゃいました。。。

ユア エブィシ~ング♪

MARVELOUS〈HYBRID/SUPER AUDIO CD〉 Music MARVELOUS〈HYBRID/SUPER AUDIO CD〉

アーティスト:MISIA
販売元:BMG JAPAN
発売日:2003/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディズニー占い

ぽんたさん.のとこで教えて頂いた ディズニー占い.、やってみました。

結果は、グーフィーさんでした。

●グーフィーさんは、とても優しく、柔らかなムードの持ち主。 柔軟性に富んでいて、どんな人でも受け入れられる、懐の広さを持っています。 話上手な上に情報収集にも長けているので、あなたとの会話を楽しみにしている人も多いはず。 グループのリーダーではなくても、あなたの周りには常に人が集まっていることでしょう。 ただ、持ち前の柔軟性が、時として器用貧乏になってしまうことも。特に仕事面では、どんなものでも一定のレベルまでこなせてしまうからこそ、かえって定職につきにくい傾向があります。 そんなときは、最も興味のある分野のスペシャリストを目指してみて。 恋愛面でも柔軟性が移り気に変わらなければ、素敵な人と楽しい恋を育んでいけます。

●さざまるさんにもうすぐ出来るのは…弟です!

ところで、グーフィーさんって、誰でしたっけ?

アヒルさん? 

いや、それはドナルドや!

ワンちゃん? 

いや、それはプルートだった気が・・・。

そして、弟はもう要りません。。。

| | コメント (4) | トラックバック (8)

秋の落し物

200612111418

黄色い絨毯。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬の足音

200612111329_2 木々の枯葉も残すところわずかとなり、

空が冬色に染まり、

風が冷たく、

冬の香りを運んで来ました。

東京地方もいよいよ本格的に冬本番を迎えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

電気ポット

先日、実家から電気ポットが送られてきました。

200611250416 お袋が、ゴルフコンペのなんちゃら賞でもらったらしくて。

これは便利ですねぇ。

いちいちコンロで湯が湧くのを待ってなくていいんです!

インスタント味噌汁も、コーヒーも、カップ麺もワンタッチで出来ます。

当たり前でしたね。

| | コメント (2)

大崎、メダル獲得! 銀?銅?⇒銅!

アジア大会の男子マラソンは、大崎悟史がバーレーンのヤシンと2位争いを演じ、同タイムでゴールしました。

Still0007_9 現在、写真判定中ですが、メダルの獲得は間違いないところです。

短距離走だと、先に胸がゴールラインを超えた方が勝ちですが、マラソンの場合、確か身体のどこでもいいから先にゴールラインを超えた方が勝ちだったように記憶してます。

違うかもしれませんが・・・。

実況の方も、そのことを解説の渋谷さんに聞いてましたが、渋谷さん、質問の意味が解らなかったのか、知らなくて誤魔化したのかはわかりませんが、ちゃんと答えられてませんでした。

入船は、残念ながら4位に終わりました。

優勝は、カタールのシャミでした。

大崎、入船の実力者を擁してカタールやバーレーンの選手に負けるとは、残念というべきか、アジア全体のレベルが上がって来てることに喜ぶべきか、わかりません。

優勝したカタールのシャミ選手がケニア出身と聞いて、余計にその辺の評価がわからなくなりました。

暑い中での戦いは、記録より順位を狙う展開となるため、初めからスローペースになります。

日本での大会は、いつも順位と共に記録も重視される戦いとなりがちなんですが、こういった順位のみが評価される大会の勝ち方にも慣れておかないと、世界陸上やオリンピックでは勝ち残れないと思います。

(追記)

写真判定の結果、大崎選手は銅メダルだったようですね。

お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Way We Were♪

「The Way We Were」シリーズも第18話を数え、ネタも尽きたので、最後に、バーブラ・ストライザンドの歌でヒットした「The Way We Were」という曲の詩で終わりにしたいと思います。

また、何か思い出したら追加するかもしれません。

Memories, light the corners of my mind

Misty watercolor memories

Of the way we were

思い出が、私の心を隅々まで照らし出す

かすんだ水彩画のような

あの頃の僕らの思い出

          

Scattered pictures of the smiles we left behimd

Smiles we gave to one onother

For the way we were

散らばった写真には、そこに残して来た笑顔が溢れている

互いに交わした笑顔の数々

僕らが僕らであるために

          

Can it be that it was all so simple then

Or has time rewritten every line

If we had the chance to do it all again

Tell me, would we, could we

あの頃は全てが単純だったのかな?

それとも、時間が全てを書き換えてしまったのかな?

もしも、もう一度あの頃をやり直すチャンスがあるとしたら

どうする? やってみる? そんなことできる?

          

Memories may be beautiful and yet

What's too painful to remember

We simply choose to forget

So it's the laughter we will remember

Whenever we remember the way we were

The way we were

思い出は美しいかもしれないけど、でも、

思い出すことは辛いことでもある

それで、つい忘れることを選んでしまう

だから、あの頃の僕たちを思い出すときには

いつも笑い声を思い出す

          

The way we were

ああ、あの頃の僕たち・・・

※この曲は、映画『追憶』のテーマで、主役を演じるバーブラ・ストライザンドとロバート・レッドフォードの恋物語の主題歌なので、本来、男女2人のことを歌った詩なのでしょうが、勝手に幼少の頃の思い出風に訳してみました。

原詩を作られたバーグマン夫妻、ごめんなさい。。。

追憶 Music 追憶

アーティスト:バーブラ・ストライサンド
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2002/06/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

嶋原が銀! 小幡が銅!

アジア大会女子マラソンは、嶋原清子が銀メダル、小幡佳代子が銅メダルを獲得しました。

Still0005_12 日本の2人は、ゴール直前まで仲良く並走してましたが、最後に嶋原が小幡を振り切りました。

暑さ、乾燥した空気、強い海風、単調なコース、少ない声援といった過酷な条件の中、2人とも良く完走しました。

金メダルは、中国の周春秀が獲得しました。

自己記録や、実績からして順当な結果と言えるでしょう。

周は、35キロ過ぎから失速しましたが、北京マラソンをスッ飛ばしてまで挑戦した、過酷な今大会で優勝した経験は、世界陸上、北京オリンピックを考えたときには日本勢にとって脅威となるでしょう。

今日のレース自体は、序盤から周が飛び出し、嶋原、小幡が並走し、そのまま何のアクセントもなく終わったので、観てる分にはあまり面白くなかったです。

コースも平坦だし、景色も同じだし・・・。

そもそもアジア大会という壮大なスケールの大会なのに、参加者がたったの10人ってのは寂し過ぎます。

| | コメント (0)

虎クイズの答

先日、阪神タイガースクイズを10問挙げさせて頂きましたが、以下答えです。

わかりましたでしょうか?

Q1. 1985年優勝の翌年、1986年のチーム成績は何位だった?

      ②3位

Q2. 田淵が西武に移籍したとき、代わりにタイガースに来たのは誰?

      ③真弓、若菜、竹之内、竹田

Q3. 「梅さん」という愛称で親しまれた選手といえば?

      ③平塚克洋

Q4. 八木裕選手のタイガース入団時の背番号は?

      ②14

Q5. 小林繁投手がタイガース移籍1年目に上げた勝ち星は?

      ③22勝

Q6. 右投げ左打ちでないのは誰?

      ①大豊泰昭  

Q7. タイガースの日本人選手で、初めて年棒1億円の大台を突破した選手といえば?

      ②和田豊 

Q8. タイガースで唯一、2つのポジションでゴールデングラブ賞(ダイヤモンドグラブ賞)を受賞したことがある選手は?

      ③藤田平

Q9. 1982年と1984年に最優秀救援投手のタイトルを獲得した投手といえば?

      ②山本和行 

Q10.タイガースの永久欠番、すべて足すといくつになる?

      ①44

       (藤村富美男10 + 村山実11 + 吉田義男23)

        

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水谷修著『あした笑顔になあれ』

水谷修著『あした笑顔になあれ』を読み終わりました。

夜回り先生が、夜眠れない子供たちや、リストカットを続ける子供たちと向き合って得た子育て論を、主に大人たちに向けて書いた本です。

いろいろと興味を惹かれるお話があったんですが、その中に、

「人間は実体験を通じて人と触れ合っていかないと、こころが成長していかない。」

と言った記述がありました。 

この説が正しいとすると、常日頃私が感じている「今の大人(30~40代)は、私が中高生の頃(約25年前)の大人に比べて幼い気がする。」という感覚も頷けます。

なぜなら、まず、我々世代は親の世代に比べて、圧倒的に兄弟の数が少ない。

また、核家族化が進み、祖父母との関わりが希薄。

さらには、近所づきあいが減って、地域の中の怖いおじさんや、優しいおばさんとの関わりが少ない。

といったことは間違いないでしょうから。

我々世代ですら既にそうなのですから、少子化が進んだ今の子供たちは更に深刻です。

私の経験から考えても、兄弟や従兄弟や友達と遊び、ケンカする中で、喜び、悲しみ、悔しさ、歯がゆさ、嫉妬など、人間として大切な様々な感情と出会い、いやおう無しにそれらをコントロールする術を身に付けていったように思います。

多種多様な人々と関わることで心は鍛えられ、ときに疲れたときには、祖父母や親戚や近所の大人たちの優しさに触れ、大自然や音楽に癒されたりしながら再び人間社会に揉まれる事の繰り返しで、成長して来た気がします。

水谷先生は、さらに次のようにおっしゃてます。

「子供たちの様子を知ることは案外簡単です。まずは子供の目を見つめてください。瞳は輝いてますか。力強い視線で見つめ変えしてくれますか。」

社会問題化している子供たちの心の闇を照らすために、社会人としてこれぐらいのことはできそうに思いました。

しかし、目を見つめるべき子供たちが周りにいません。

せいぜい、田舎に帰ったときに、甥っ子、姪っ子の目でも見てやるとしますか。

でも、果たして、帰省できるくらいに身体が回復するまでの間、彼らが子供のままでいてくれるでしょうか。。。

最後に、もう一つ共感できた言葉を引用させて頂きます。

教育というのは、本来、根のないところや種がないところで、無理やり伸ばそうとすることではありません。 その子が自ら自分の可能性はどこにあるのか、自分の明日への種はどこにあるのか、それに気づくまで待つことです。」

あした笑顔になあれ 夜回り先生の子育て論 Book あした笑顔になあれ 夜回り先生の子育て論

著者:水谷 修
販売元:日本評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ポニーテール編『クイズ阪神が日本を変える!』

ポニーテール編『クイズ阪神が日本を変える!』ってのを入手したので、ざっとやってみました。

490178204509_aa240_sclzzzzzzz__1 2002年のシーズン中に発行されたので、最近の出来事は載ってません。

当たり前ですが、自分がわかる問題が続くと気持ちいいですね。

全体的は、マニアックな問題が多いようで、わからない問題がけっこうありました。

単に私が知らないだけで、虎キチなら答えられて当たり前なのかもしれませんが・・・。

ここに載ってる問題が、タイガース検定.の設問と比べてどうかは良くわからないので何とも言えませんが、検定を受けられる方は事前にやってみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに、私は多分検定は受けないと思います。

一応、ここに載っていた問題386問の中から、私でもできた問題のうち10問を挙げておきます。

答えは、明日か明後日までお待ち下さい。

Q1. 1985年優勝の翌年、1986年のチーム成績は何位だった?

     ①2位  ②3位  ③4位

Q2. 田淵が西武に移籍したとき、代わりにタイガースに来たのは誰?

     ①真弓、佐野、竹之内、吉竹  

     ②川藤、若菜、吉竹、竹田  

     ③真弓、若菜、竹之内、竹田

Q3. 「梅さん」という愛称で親しまれた選手といえば?

     ①吉田浩  ②平田勝男  ③平塚克洋

Q4. 八木裕選手のタイガース入団時の背番号は?

     ①3  ②14  ③33

Q5. 小林繁投手がタイガース移籍1年目に上げた勝ち星は?

     ①20勝  ②21勝  ③22勝

Q6. 右投げ左打ちでないのは誰?

     ①大豊泰昭  ②掛布雅之  ③藤田平

Q7. タイガースの日本人選手で、初めて年棒1億円の大台を突破した選手といえば?

     ①星野伸之  ②和田豊  ③大豊泰昭

Q8. タイガースで唯一、2つのポジションでゴールデングラブ賞(ダイヤモンドグラブ賞)を受賞したことがある選手は?

     ①和田豊  ②平田勝男  ③藤田平

Q9. 1982年と1984年に最優秀救援投手のタイトルを獲得した投手といえば?

     ①江夏豊  ②山本和行  ③中西清起

Q10.タイガースの永久欠番、すべて足すといくつになる?

     ①44  ②54  ③59 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Victoria

今日は、Victoriaでベンチコートを買いました。

200612041256 これがあれば、寒くてもベンチで休みながら歩いていられるので、冬でも長めに散歩できそうでうすw

最近、急にいろいろ買ってますが、動けるようになると、ついついお金を遣ってしまいますね。

気をつけねば!

でも、2年間、ほとんど何も買ってないので、少しぐらいいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイス、勘違い!

「The Way We Were」シリーズ第18話は、小4の時のお話です。

小4のときのF先生は、授業中ふざけてみんなに迷惑をかけるような生徒に対して、それがあまりにも度を越した場合には、その児童の席を最前列より更に前に移動させ、1週間くらいそこに座らせるといった罰を与えてました。

ほとんど、教壇の真横で授業を受ける形になります。

例によって、授業中であろうとジッとしていられない私は、1年間のうちに数回、その特等席で授業を受けさせて頂くことになりました。

どうしてだか隣の席のヤツに、ついついチョッカイを出してしまうんですよね。

その罰のお世話になるのも3度目くらいの頃だったでしょうか。

特等席に座り始めて3日経ったところで、F先生が私を呼んで言いました。

「この罰は、1週間という約束だけど、明日は参観日なので、明日だけ本来の席に戻ってもええよ。

お母さんに恥をかかせるのも情けないじゃろうから。

私も本当は、最初に決めた決まりに例外を許すのはポリシーに反するけど、参観日のことはうっかりしとった。

まぁ特例じゃ!」

私は、自分が悪いから罰を受けているという自覚があった訳だし、特例なんてみっともない措置を受け入れるのは男らしくないと思い、せっかくの先生のご好意を受け入れず、生意気にも言いました。

「決まりは決まりじゃけぇ。 参観日じゃからって甘えとれん!」

翌日、私は恥かしさで顔から火の出る思いをしながら参観授業を耐え抜きました。

「お母さん、恥かかしてスマン!」

と何度も心で唱えながら・・・。

恐る恐る帰宅した私に、なんとお袋は、

「さざまる、私しゃあ、今日は鼻が高かったでよ。

あんな特等席で授業受けさせてもろうて。

良うできるけえじゃろうちゅうて他のお母さん方から褒められたんよ。」

何たる素敵な勘違い!

そして、本当のことを言わないまま、今に至りますw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

駅までの道

今日は、床屋に行きました。

ヘアスタイルは、例によって五分刈りの倍の長さの十分刈りです。

スッキリして気分が良かったので、そのまま最寄の駅まで歩いてみることにしました。

頭が寒くなりましたが、帽子を被ればへっちゃらです。

途中で休むことなく、20分くらいで駅近くの本屋までたどり着けました。

本屋で少し立読みをしてるとお腹がすいてきたので、新しくできていた中華料理屋でニラタマ定食を食べました。

美味しかったんですが、薄味に感じたのは、コンビニ弁当中心の生活が長かったからかもしれません。

ガード下の商店街ではクリスマスソングが流れていて、遅ればせながらクリスマス気分を少しだけ味わうことができました。

ついでに、改札の前まで行ってみようとして気がつきました。

切符売り場や改札のあるところに行く手前に階段があるではないですか!

たった6段の階段が、私の前にとてつもない山となって立ちはだかりました。

ホームに上がるには、エスカレーターもエレベーターもあると知ってたんですが、その手前のこんな所に障害物があるとは・・・。

通勤していたときには、そこを2~3歩で駆け上がっていた私には、予想外でした。

正面から左側面に回ってみました。

200612051219 すると、スロープがありました!

そういえば前からあったような気もします。

元気なときには全く気にもしてなかったんですが、救いの神に見えました。

ゆっくり昇ってみました。

そして降りてみました。

問題なく歩けました!

先日、テレビで、駅構内に車椅子の方用のエレベータを設置してもらうのに、国鉄と激しく闘って来られた方たちの話をやってました。

そう言えば私が小さい頃は、駅の中に、エレベータどころかエスカレータも無く、ましてや路上の点字ブロックや公園などの障害者用トイレですら珍しかった時代でした。

現在では当たり前のように普及しているものでも、障害を持たれる方やその支援者の方々が、国や地方の行政という巨大な壁と長年にわたり闘って来られた賜物と言えるものは少なくないでしょう。

そう思うと、先人の方々の努力に感謝です!

しかし、それでもバリアフリーの概念を完全に形にするには、まだまだ程遠いと思います。

これから社会復帰を目指す過程で、そういうところが目につくと思います。

先人に習って、後世のために少しでも改善して行ければと思いました。

いや、まずは自分自身のために・・・。

大した事は出来そうもありませんが、気がついた点を区民や都民の声として、区や都のホームページに書き込むことくらいは出来そうです。

さて、駅からの帰りですが、いつも通っていた通勤路を帰ることにしました。

(往きは、床屋経由となったため、別の道を通りました。)

既に左膝内側がかなり痛くなっていたので、タクシーにするか迷いましたが、何とか歩きました。

2年振りに通る道は懐かしく、ほとんど変わってませんでした。

変わった点と言えば、コインパーキングが2つ増えたことと、巨大なフィットネスクラブが出来ていたことくらいでしょうか。

おっと、もう1つ、行きつけだったカラオケスナックの店の名前が変わってました。

55歳にして独身のママさん、ずっと結婚したがってたけど、ついに嫁に行って引退したか!

もう少し良くなったら覗いてみようと思います。

帰りは、25分を要しました。(元気なら12分程度の距離です。)

トータル、2時間以上外出していたようです。

家に帰って飲んだ水が、とても美味しく感じられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

微笑み返し♪

NHKで、キャンディーズの特集をやってました。

私は、特別に熱狂的ファンという訳ではありませんでしたが、懐かしかったです。

強いて彼女たちの中で好みを聞かれたらスーちゃんと答えてました。

私の周りでは、ランちゃん、スーちゃん、ミキちゃんの順で人気がありました。

ミキちゃんは女子からの人気が高く、ミキちゃんがいいと言う男子は、それだけで変わり者扱いされるので、本当はミキちゃん派であったやつでも、言いづらかっただけなのかもしれません。

実際、今日懐かしの映像を見て、「ミキちゃん、なかなかええやん」と思いました。

彼女たちの楽曲の中では、「春一番」と「微笑み返し」が好きでしたね。

当時、テレビで「微笑み返し」を歌う彼女たちを見ながら、この歌をもってキャンディーズともお別れかぁ。

と思うと、ふいに涙が込み上げてきました。(特別にキャンディーズのファンという訳では無かったはずなんですが・・・。  いや、本当に。)

そのことを家族に悟られまいと、手に持ったポッキーを姉貴の目の前を大げさに通過させながら、彼女たちの歌に合わせて、「お~菓子、食~って、涙が出~そ~♪」と言って誤魔化したことを思い出しました。

本当は、「可笑しくって、涙が出そう♪」が正解です。。。

何でこんな下らないことを思い出したのやら(^^;)

今、治療院に行くときに、スーちゃんの実家の釣具やの脇をかすめながら通ってますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SEIYU

今日は、2年振りに車でSEIYUに行ってみました。

200612041218

久し振り記念に、クリーム色のトレーナーを一着買いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊集院静著『駅までの道をおしえて』

伊集院静著『駅までの道をおしえて』を読み終わりました。

それぞれの物語に、野球が微妙に関わっている9つの短編集です。

まったりと楽しませて頂きました。

ちなみに私は、一番最後の「チョウさんのカーネーション」を一番気に入りました。

駅までの道をおしえて Book 駅までの道をおしえて

著者:伊集院 静
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンスター・ステップス

最近、上半身の方が楽になってきて、少しずつですが、起き上がっていられる時間が長くなっているんですが、逆に下半身の力が入りにくくなってきてます。

下半身の痛みは、右膝と左足の付け根付近が特に激しいですね。

私が住んでる賃貸マンションの入り口のところに階段が3段だけあり、これを上がらないと部屋までたどり着けない構造になってます。

2年くらい前から、階段は避けて生活してるんですが、ここだけは避けようが無く、どちらかと言えばましな左足で一段ずつ上がってました。

しかし、1ヶ月前にここを上がろうと左足を踏み込んだときに、左足の付け根(お尻のすぐ)あたりに激痛が走りました。

それ以来、両手をついて這うようにして上がってます。

障害を抱えた当初であれば、できないことが増える度に、惨めで情けない気持ちで激しく落ち込んでましたが、今ではこんなことも、

「別に這って上がればいいだけじゃん!」

と早い段階で割り切れるようになってます。

心がそれだけタフになって来てるんでしょうか?

いや、まめさん.の言葉をお借りすれば、身体の変化に心が単に「適応」してるだけだと思います。

「適応」・・・・・辞書によると、

●生物が環境に応じて形態や生理的な性質、習性などを長い年月の間に適するように変化させる現象。

だそうです。

「形態や生理的な性質、習性など」のところを「心や、気の持ちよう」に置き換えたらピッタリです。

さすが、まめさん、上手いことを言いいます。

ただ、雨の日は、濡れてる階段に手をつかなければならず、さすがに一瞬、へこみます。

そんな日には、その階段の前に立つと、たった3段がとてつもなく高い山のように感じてしまいます。

もう少し様子を見て、こんな状態が続くようだと、杖を試してみようかと考えてます。

手帳があれば、社会福祉事務所で貸してくれるように聞いた気がしますし・・・。

でも、両足傷んでるのに杖が効くかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

な、な、なんと、男子も表彰台独占!

NHK杯国際フィギュアスケートは、女子に続いて男子も日本の3選手が表彰台を独占しました。

Still0004_7 優勝は高橋、準優勝は織田、3位は小塚の3選手による快挙でした。

高橋と織田は、GPシリーズのファイナル出場を決めました。

高橋と織田は、実績からして表彰台の可能性は充分ありましたが、独占の快挙を達成するためには、小塚の頑張りが大きかったですね。

また、高橋は、見事に4回転を成功させました。

こうなると、今シーズンがオリンピックイヤーであって欲しいと思わざるを得ません。

いや、きっと、3年後には、男女ともにもっと充実していることと期待しましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (6)

奥谷亘、世界選手権内定一番乗り!

今年の福岡国際マラソンは、世界最速男エチオピアのゲブレシラシエが、大会記録に1秒及ばない2時間6分52秒で優勝を飾りました。

最初の5キロは、解説の谷口浩美さんも驚きの15分44秒というスローペースで入りました。

せっかく凄いメンバーを揃えて、しかもアップダウンが少なくて記録の出やすい福岡なんだから、ちゃんと仕事せいよ!

と、ペースメーカーの3人に檄を飛ばしながら見守りました。

最初から15分ちょうどくらいのペースで入っていたら、間違いなく大会記録を更新していたであろうことを思うと残念です。

最初の5キロを過ぎてからは、5キロを15分ペースに上がりました。

来年の世界選手権への出場権もかかっているこの試合は、日本人1位に誰がなるかということにも注目が集まりました。

28キロ付近で期待された藤田と尾方が失速すると、4人の外国人に混じって残ったのは、諏訪と奥谷でした。

31.6キロの折り返し点を過ぎて暫くすると、今度は諏訪が遅れ始めます。

そして、3人の外国人とともに過酷なサバイバルレースに勝ち残ったのは、なんと、SUBARUの奥谷亘(31歳)でした。

34キロ辺りから3外国人には置いて行かれましたが、最後まで喰らいつく姿勢は立派でした。

Still0003_7 そして、最後は、諏訪にトラックで追い上げられましたが、必死で逃げ切り、2時間8分台で4位でゴールし、見事世界選手権のキップを勝ち取りました。

来年、大阪で行われる世界選手権にも期待しましょう!

今日のレースを見ながら、20年くらい前、福岡までこの大会を見に行ったことを懐かしく思い出しました。

そのときは、当時ダイエーの中山竹通が、確か2時間8分台で優勝しました。

晴れ、曇り、雨、みぞれ、雪という5種類の天気が入れ替わるといった、見てる者にも過酷な気象条件でした。

久し振りに、マラソンの国際大会を沿道で応援する興奮を味わいたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ち葉の絨毯

今朝は、昨日に比べたら雲が多く、あまり朝日を浴びることが出来ませんでした。

200612030746_1 でも、まずまず天気は良さそうです。

昼からはマラソンでも見よう!

誰が出るのか全然知りませんが。。。

(追伸)

ちょっと調べたら、藤田と尾方が出るようですね。

それは楽しみ♪

来年の世界選手権の代表を目指してがんばって下さい。

条件は、2時間9分29秒以内で、かつ日本人トップといことだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の舞姫、表彰台独占!

NHK杯国際フィギュアスケート、女子シングルで、日本の3選手が表彰台を独占しました。

優勝はパーソナルベストをマークした浅田真央選手、準優勝は村主選手、3位は中野ラ友加里選手でした。

Still0002_12 そして、村主選手と浅田選手が、グランプリシリーズのファイナル進出を決めました。

真央ちゃん、見る度に身長が伸びてますねぇ。

ファイナル2連覇へ「自信があります」宣言まで飛び出しました。

私は、日本選手の中でも、村主姉さんを応援してます。

おっさんの常でしょうか、どんなスポーツでもついついベテラン選手にエールを送りたくなります。

でも、姉さんと真央ちゃんが共にノーミスで演技したら、きっと真央ちゃんが勝つんですよね。

ということは、姉さんが真央ちゃんに勝つためには、自分がノーミスで演技した上で、さらに真央ちゃんのミスを待つしかないってことが辛いところです。

いずれにしろ、既にファイナル出場を決めているミキティを加えた3人で、今度はファイナルの表彰台独占も夢ではないだけに、とても楽しみですね。

| | コメント (4) | トラックバック (12)

朝の散歩

読書にも飽きて外を見ると凄くいい天気だったので、少し歩いて来ました。

200612020741_1 寒い!!

あまりに寒くて、疲れてもベンチで休んでられないので、早々に引き揚げました。

今日も一日中 いい天気になりそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

人間なんてラララ・・・

珍しく早く目が覚めたので、朝から読書です。

BGMに拓郎を薄~く流しながら・・・。

Pure Best Music Pure Best

アーティスト:吉田拓郎
販売元:フォーライフミュージックエンタテインメント
発売日:2001/09/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Best Position!

ようやく、CDラジカセの置き場所を確保してやることができました。

200612011726 Crystal KayをBGMに、少し部屋の片付けもしました。

軽快なサウンドに乗りながら、ちょっと張り切り過ぎました。

ふぅ~。

今日はビールが旨いぜ!

CK5 Music CK5

アーティスト:クリスタル・ケイ
販売元:ERJ
発売日:2004/06/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

青春価値説

病を患ってからというもの、カレンダーを見ると気持ちの焦りに繋がるので、できるだけ意識しないように心がけてます。

しかし、さすがに12月ともなると嫌でも、

「また今年も終わりかぁ、早かったなぁ。 またまた何もしないで終わってしまった。 病気になってから早くも4回目の正月が来てしまうのねぇ。」

な~んていう思いが襲ってきます。

そんなことを考えてると、高校2年のときの出来事が思い出されました。

年を重ねるごとに時間の流れが加速して行く、ということを意識し始めた年頃でした。

友人も皆同じように感じてると言いいます。

母親に至っては、風のように1年が過ぎて行くと嘆いてました。

同じように時間は刻まれてるはずなのに、そう感じてしまうのは何故だろう?

と少し考え、すぐにある考えに至りました。

もしかして、こういうことではないだろうか?

1歳児にとっての1年間を1分の1とすると、2歳児では2分の1になり、3歳児では3分の1に体感されるようになる。

よって、17歳のこの1年は、去年の16分の1よりもさらに短く、17分の1に体感されるのではないかと。

すると、34歳の1年間は、今の半分に感じられ、51歳では3分の1に感じられるのかぁ。

そんじゃあ、これからの人生あっという間に終わってしまうやん!

でも、逆に考えたら、今の1年間は、34歳の1年間に比べて倍の物事が吸収できるのではないだろうか?

ということは、若い時ほど、1日1日を大切に過ごして、いろんな体験をしておいた方が良さそうだな。

一般的に、青春時代を大切にしろなんてことが言われてるのはそういう事か!

よし、この説を「青春価値説」と名づけよう!

そして、次の日、偉大なる発見でもしたかのような勢いで、友人に言いました。

すると、友人は、憐れみの目を向けながら忠告してくれました。

「それ、他の人に言わん方がええど。 その何分の1とか言うヤツ。 ラジオかテレビで聞いたことがあるような気がするけぇ、パクリと思われるど。」

嗚呼、私の若き日の大発見は、その一言で闇に葬られてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »