« 世界連邦運動協会 | トップページ | 虎の新戦力4人に期待! »

石田衣良著『40-翼ふたたび-』

石田衣良著『40-翼ふたたび-』を読み終わりました。

人生の半分が終わり、折り返し地点を迎えた40歳の男たちの物語です。

40歳にして大手広告代理店をやめ、フリーのプロデューサーになった吉松喜一を主人公として、7つの短編物語が展開されて行きます。

各短編には、様々な立場の40歳が登場します。

7つの短編の中では、1円企業を立ち上げて社長になった40歳のおたくが描かれた「われら、地球防衛軍」が面白かったです。

全体的に、私と同世代の人物達が描かれているため、共感できる部分が多く、なかなか楽しめました。

現実に、私の同世代の友人・知人たちも、人生の折り返し地点40歳を目前にした30代後半あたりから、様々な人生の転換点を迎え始めました。

離婚した者、 癌で亡くなった者、 白血病と闘い始めた者、 鬱病と闘い始めた者、 転職した者、 交通事故で亡くなった者、 自殺した者、 独身貴族を気取りながらどこかつまらなそうな者、 そして2年間の寝たきりから立ち直ろうともがいてる私・・・etc.

列挙してみると、どうにもいい方向に転換してる者は少ないように思いますが、亡くなってしまった者を別にすると、皆決して腐らず前向きに、それぞれが直面している現実と向き合っていることが救いです。

自分では成長していないように思えても、40年という人生を生き抜くうちに、案外降りかかった難局を乗り切るだけの経験と知恵がついて来ているのかもしれません。

男の厄年が数えの42歳に設定(?)されているのは、この難局をどう乗り切って人生後半に向かうかが試される時期だからなんでしょうか。

果たして、皆どんな50歳を迎えることになるでしょう。

40 翼ふたたび Book 40 翼ふたたび

著者:石田 衣良
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 世界連邦運動協会 | トップページ | 虎の新戦力4人に期待! »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/3487926

この記事へのトラックバック一覧です: 石田衣良著『40-翼ふたたび-』:

» コロたん転職マガジン!? [燃える!求人 転職ブログ!]
転職戦士の方はこちら ←クリック!求人転職情報を届けてくれる「コロたん」が登場 [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 16時59分

» 菅野一勢氏の情報 [菅野一勢氏の情報]
菅野氏は 高校卒業後、ガソリンスタンドでバイトをしながら、フリーター生活や就職、代理店、探偵業、引越し屋、配達業などなど 辛い経験を超え、情報起業で再出発を果たし、たった5ヶ月で1600万円を稼ぎ出すまでに大変身したといわれる大物アフィリエイターです。 [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 08時41分

« 世界連邦運動協会 | トップページ | 虎の新戦力4人に期待! »