« 東野圭吾著『探偵倶楽部』 | トップページ | 北の我が家で自慢のパーフェクトリレー! »

ひろしまドッグぱーく事件

ひろしまドッグぱーくの経営破たんにより、480匹の犬が餓死寸前の状態になっていたという事件について。

こんな事してたら、今にペットの大逆襲が始まるのではと危惧する。

そもそも、ペットほど哀しい生き物を他に知らない。

人間様のエゴの象徴であるのは間違いない。

ただ、我々の先祖がペットという生き物を産み出してしまった以上は、この哀れな生き物たちと共存して行くしかしょうがない。

である以上は、縁あって自分が養うことになったペットには、でき得る限りの愛情を注いでやるのが当然である。

動物園など、動物テーマパークの類いもまた同じである。

私は、今は責任を持って世話をする自信が無いので、ペットは飼っていない。

ひろしまドッグぱーくでは、ボランティアの皆様の懸命な努力と、引き取りを希望する心ある方々の出現により、ほとんどの犬たちは命を取り留めつつあるようだ。

引き取られた犬たちが、2度と餓死などという惨めな状況に追い込まれることの無いよう祈るばかりである。

また、ムツゴロウ動物王国も、極度の経営難に陥っているそうだ。

管理している方が、

「私の食事を我慢してでも動物たちのエサ代に回したい」

と言っていた。

そんなことは当たり前なのだが、共に餓死してしまったら可愛そうなのは管理者ではなくむしろ罪の無い動物たちの方なので、管理者の方にも栄養失調で倒れられてもらっては困る。

動物王国などという勝手な施設を産み出した者と、それを楽しんできた者(テレビ局なども含む)たちが協力して、罪の無い動物が悲惨な結果を迎えないよう、最大限の努力をしてもらいたいと思います。

犬のようにはもらい手が見つからないであろう動物が多いことだし。

リンク: TBSニュース

リンク: スポニチ Sponichi Annex ニュース 社会.

|

« 東野圭吾著『探偵倶楽部』 | トップページ | 北の我が家で自慢のパーフェクトリレー! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うちのアパートに気になる一室があります。
ちょっとまえから「わんわんにゃーにゃ。」
しかも結構悲痛な叫び声・・・。
「くぅ~~ん、くぅ~~~ん。」

でもそこの住人さんは気配がないというか、いないっぽくて。ちょっとまえにはその部屋取立てみたいな人もいて。

中の住人+わんちゃんたちが本当にしんぱいです。。。

投稿: まめ | 2006年10月24日 (火) 14時50分

まめさん、こんにちは。
試験、お疲れ様でした。
結果わかるまでドキドキですね。

それにしても「くぅ~~ん、くぅ~~~ん。」とは何とも気になりますね。
もう一度様子を見て、どうにもやばそうだったら、匿名ででも管理人か不動産屋に言った方がいいのかもしれませんが、余計なトラブルに巻き込まれるといけないので、何と言っていいかわかりません。
何事も無ければいいのですが・・・。

投稿: さざまる | 2006年10月24日 (火) 15時59分

おはよう、ざまるさん。
広島のドッグパークは以前から
他のブログ仲間が教えてくれたり
ボランティアに参加してくれたりしました。
私は気持ちを募金させていただきました。

私の夢の「ムツゴロウ王国」もそんな危機に
立たされていたんですね。
小さいときからTV番組が楽しみで仕方ありませんでした。北海道から東京に来ると聞いて私は不安でした。
広大な北海道から東京に・・・

私も何かできる事があれば
何かでいる機会にあえば何かの形で参加、協力したいです!

投稿: 女豹 | 2006年10月26日 (木) 06時25分

女豹さん、おはよう。
「ムツゴロウ王国」も、大変らしいんですよ。
罪の無い動物たちにとって一番いい結果になることを祈るばかりです。

投稿: さざまる | 2006年10月26日 (木) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/3927710

この記事へのトラックバック一覧です: ひろしまドッグぱーく事件:

» もう、どこに行っても恥ずかしくない!犬のしつけ・飼い方・気持ちがおどろくほどわかる方法を伝授! [犬テーマパーク]
実は以前、私は愛犬のしつけで、本当に本当に悩んでいました。うなる・吠えるは当たり前で、散歩中に他の犬が通ると喧嘩になる始末。・・・しかし、あるしつけの方法を試してみたところピタッと良くなったのです。同じ悩みを持たれている方が、このブログを読んで、お役に立てればうれしいです。もし、お邪魔でしたらお手数ですが削除ください。どうも、失礼いたしました。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 23時18分

« 東野圭吾著『探偵倶楽部』 | トップページ | 北の我が家で自慢のパーフェクトリレー! »