« なんじゃそりゃ! | トップページ | よっしゃ、ナゴドで勝ち逃げや! »

症状について

症状についてまとめてみました。

一言に痙性斜頚と言っても、人それぞれ、症状が違うようです。

私の場合は、なぜ長く座っていられないかというと、以下の2つの理由からです。

1つ目は、左半身全般(身体の上部ほど激しい)の不随意運動により、しんどいためです。

不随意運動とは、筋肉が勝手に縮むことを言います。

要するに、起き上がった途端、左半身が勝手に筋トレを始めて、寝転ぶまで止めてくれません。

そのため、左首後ろ、左胸、左背筋も縮むので、首が、左斜め上を向いてしまいます。

恐らく、巨人の星の、大リーグボール養成ギプスを左半身だけつけてるようなしんどさです。

2つ目は、上半身(左右とも)の痛みです。

動くたびに、ナイフで切り刻まれるような痛みと、引っ付いた筋繊維を無理やり引き剥がすような痛みと、激しい筋肉痛のような痛みがごちゃ混ぜに走ります。

それと、右上半身については、首、肩、背中と、強い肩こりのような痛みもずっと続いており、左半身については、筋を伸ばした捻挫のような痛みが、場所を変えて1ヶ月に1度くらい発生して3日ぐらい続きます。

ただ、最近は、ナイフで切り刻まれるような痛みはほとんど感じなくなってきました。

また、身体全ての筋繊維が、背骨を中心に、雑巾を絞るようにキューッと縮むような感覚もあります。

この病気になってから丸3年になりますが、最初の1年間でこれらの症状がどんんどん悪化し、その後の2年間でほんの少しずつ楽になり、現在はがんばれば連続して1時間は起きていられるようになってます。

この病気になった理由も、こうした症状の変化の理由もハッキリとはわかりませんが、少しずつ良くなっている状態が続くことを祈ってます。

身体の不思議を体験中です。

(追記)

他に、両足の股関節痛と、右膝痛を患ってます。

これにより、階段の昇り降りが全く出来ず、自転車にも乗れない状態です。

股関節痛は、痙性斜頚になってから新たに生じた痛みだし、右膝痛は前から慢性化してた痛みが痙性斜頚になってから激しくなったので、痙性斜頚が治ればいずれも良くなるんじゃないかと勝手に期待してます。

|

« なんじゃそりゃ! | トップページ | よっしゃ、ナゴドで勝ち逃げや! »

心と体・福祉」カテゴリの記事

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/3471133

この記事へのトラックバック一覧です: 症状について:

» サーキットダイエットで楽々ダイエット! [サーキット ダイエット]
今話題のサーキットダイエットの方法 [続きを読む]

受信: 2006年9月21日 (木) 19時55分

» 太っていては、何もかも台無しです [天道よしおです]
洋服を買うとき恥ずかしくないですか?もう一生水着は着ないのですか?人生が楽しいですか?久しぶりにあの人に会うとき、自分に自身がありますか? 太っていては、何もかも台無しです。 その体型で、いいのですか? デブ女は、おなじ女性から見ても、だらしなく、自分に甘く、わがままな人間性が見えてイヤです。 ... [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 23時34分

« なんじゃそりゃ! | トップページ | よっしゃ、ナゴドで勝ち逃げや! »