« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

それでも夢は終わらない! そこに可能性がある限り!

1-7で中日に負けてしましました。

初回、ヒットの赤星をアニキが返すといったタイガース本来の形で先制し、今日も行けると思ったんですが・・・。

5回表に1-2と逆転されたときは、まだ余裕で見てたんですが・・・。

次の1点先に取ろうぜ! 

と声援を送りながら。

7回表にミスミス3点も追加されてしまいました。

しかし、それでも負ける訳には行かないんです!

まだ、3イニングもあります。

あの横浜ですら、1イニングで7点も取ってましたし。

しかもあの名古屋で。

横浜に出来て阪神に出来ない訳がありません。

しかも、ここ甲子園で!

7回裏、先頭のアニキがヒットで出ました。

でもそれだけでした。

8回表、さらに2点追加されました。

それでも、負ける訳には行かないんです!

8回裏、代打攻勢も今日は実らずでした。

それでも、負ける訳には行かないんです!

9回表は江草が抑えました。

そして6点差の大量リードで迎えた9回裏、

それでも、それでも、それでも、それでも、orz...

とうとう負けてしましました。

それでも、諦める訳には行かないんです!

目の前に可能性がある限り!

考えようによってはあれですなぁ。

明日負けるよりはマシですなぁ。

明日、最後にドラともう1戦できるってことは、たった1日ですぐにリベンジできるってことですから。

そして、最後の最後に勝ち逃げするチャンスがあるってことですから。

ナゴドでの最終戦も、勝ち逃げしてから9連勝でした。

明日勝って、ドラ戦の終わりよければ全て良しとし、

心新たに、続・残り全勝→逆転Vにはずみをつけましょう!

最後の最後の勝負に向かって、明日から怒涛のラストスパートの始まりや!

ファーム、日本一おめでとう!

よう頑張った!

| | コメント (8) | トラックバック (25)

授業抜出し大作戦!

「The Way We Were」シリーズ第11話は、小1の時の思い出です。

学校では、ブランコを思い切り漕いで前方に飛び出し、どこまで飛べるかを競う遊びが流行ってた時期がありました。

お昼休みだけでなく、2時間目と3時間目の少し長めの休み時間(15分くらいだったでしょうか)にもやってました。

ただ、他のクラスでも同じように流行ってるので、限られたブランコをいち早く取ろうと、2時間目の授業が終わり次第、ダッシュでブランコまで駆けてました。

ある日、2時間目の授業が終わる5分くらい前、先生が黒板に向かって何か書き始めたときでした。

私と同じく一番後ろの席に座っていた悪友のしんちゃんが、しゃがんだ恰好のまま私の席まで来て、ひそひそ声で言いました。

「今からもう行こうでや。」

昨日は隣のクラスに先を越され、苦い思いをしていたので、迷わずしんちゃんの誘いに乗りました。

開きっ放しになってた後ろの出口から、2人で素早く抜出し、ブランコをしに行きました。

先生は、けっこう長く黒板に向かっていたようで、気づかれずに済んだようです。

ブランコを漕ぎながら、しんちゃんが言いました。

「こりゃあええのぉ。 明日もやろうで!」

翌日、2時間目は国語の授業でした。

先生が黒板に向かったとき、しんちゃんが目配せしてきて、出口の方へ向かいました。

でも、昨日と違ったのは、それが授業が始まってまだ20分しか経っていない頃だということです。

「しんちゃん、そりゃあなんぼなんでも早過ぎるやろう。」

と思いましたが、しんちゃんは、構わず出口を出るところまで行ってたので、慌てて後を追いました。

ブランコを漕ぎ始めてすぐに、しんちゃんが、

「あっ!」

と言って3階の教室の方を見たので、私も目をやると、教室の窓から、担任のS先生とクラスのみんながこっちを見ているではないですか。

先生が叫びました。

「すぐに戻ってらっしゃい!」

2時間目の残り時間を床に正座して受けさせられ、さらに放課後には1時間ばかりの正座&国語の教科書の音読の刑が待ってました。

「あさ、あさ、あかるいあさ。

山がひかる。 川がひかる。

おはよう、おはよう、さあいこう。

みんななかよし、さあいこう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

けっきょく、次の日から、私としんちゃんの行動はクラスの全員から見張られることになり、授業抜出し大作戦は、2回だけで終わってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

男・今岡、完全復活! ま、間に合ったぁ。

4-0で中日から初戦獲りました。

そしてその瞬間は、突然やって来ました。

待ちに待った、今岡誠、完全復活の瞬間です。

しかも、この大事な大事な最終決選の初戦で!

まずは、矢野が、アウトコース低めの球に喰らい付いて執念のライト前タイムリーで先制します。

下さんが、左胸に受けたウッズの打球の痛みに耐えながら、6回まで無失点で切り抜けます。

アニキがフェンス際でジャンプ一番、スーパープレーでチームを救います。

7回表はジェフが3人でピシャりと抑え、虎の子の1点を守りきります。

そうして迎えたラッキセブン、ツーアウト満塁のチャンスを向かえ、岡田監督が代打に告げたのは、林ではなく、この男でした。

奇跡を呼ぶ男、今岡誠、背番号7!

川上の投じた外角の初球を迷う事無く振り抜いた打球は、

センターの右を痛烈に抜けて行きました。

なんと、なんと、走者一掃のタイムリーツーベースです。

ウォ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!

今岡ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!

Still0011_5 待ってたぜ!

男☆今岡の完全復活や!

後は、久保田、球児とつないでピシャり!

今岡まで揃いました。

百人力や!

もう、負ける気がしません!

あと100連勝ぐらいできそうです!

でも、まずは明日の1勝に集中しましょう!

Still0010_14   

下さん、胸大丈夫かなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (45)

両手でパソコン

昨日、思い切ってパソコンを机の上に乗せました。

2年振りに両手で打鍵してみました。

最初はとまどいながらでしたが、すぐに慣れました。

横になって左手だけでの打鍵も随分早くできるようになったと思ってましたが、両手だと断然早いですね。

特に左手だと利き手と逆なので、マウス操作のプルダウンメニューがプルプル震えてイラついてました。

両手だと早いと言っても、ブラインドタッチができるほどではないので、人並み以下だと思いますが・・・。

嬉しくて、痛みに耐えながら、1時間も座ってパソコンをやってしまいました。

虎記事もいつもより長文にしたりして・・・。

最初は右肩から背中にかけて、ひどい肩こりのような痛みだったんですが、キリで突き刺されているような痛みに変わり、最後は焼け付くような痛みに変わって力尽きました。

ただ、筋収縮による辛さは、あまり感じられず、頑張れば顎を引いて正面を向いていられました。

やっぱりもう一度畳みの上に降ろそうかと思いましたが、重たいし、暫くやってっれば慣れるかもしれないし、もう少し机の上で試すことにしました。

無理ならまたいつでも畳みに戻せばいいし・・・。

やっぱノートPCにしとけば良かったです。

昨日やってみて、痛みが激しくなってきたのは20分くらいしてからだったので、1度に20分やって必ず30分以上休憩することに決めました。

だらだらやるよりは、20分間集中できてかえっていいかもしれません。

20分で点滅始めるカラータイマーが付いてるような身体ですが、この時間が少しずつ延ばせればいいなと思ってます。

そろそろカラータイマーが点滅始めたので、この辺にしときます。

しかし、20分って、あっという間やなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

明日からは今度こそホントの最終決戦! ナゴヤの借りは甲子園で返す! 何が何でも3タテや!

今日は、広島に6-0で勝ちました。

初回に金本の十六文キック打法によるツーランで先制するも、その後5回までをカープ先発佐々岡にノーヒットに抑えられます。

一方の先発杉山は、3回までをパーフェクトと完璧な立ち上がりを見せますが、4回から徐々にヒットを打たれ始めるといった嫌な展開で進みます。

そして迎えた6回表、ワンナウト満塁のピンチを迎えたところで、ブラウン監督が早くも代打前田を送り込んで来ます。

ああ、やめてくれ~ブラウン、ここで前田は厳しすぎる。

初回から飛ばして来たお杉は、アップアップなんやから。

との私の心配をよそに、お杉は、やってくれました。

「わては産まれも育ちも京都のどっかや、天橋立で産湯をつかい、姓は杉山、名は直久、人呼んで能天気なお杉と発します。」

とばかりに、名前の通り直久、いや直球を外角にズドンと決めると、あとはシュート、シュートでショートフライに討ち取りました。

続く井生はレフトフライに討ち取って見事ピンチを切り抜けました。

すると迎えたラッキーセブン、先頭の鳥谷がツーベースで出ると、矢野がバントで送り、代打に桧山が送られます。

ネクストバッターには、同じく代打の林が控えます。

ここでブラウンの作戦はまず桧山を敬遠。

そして、林が登場!

林も歩かせて、塁を埋めて赤星勝負かぃ?

さあ、どうするブラウン? 

ブラウン、ブラウン、チャーリーブラウウン。

スヌーピーに相談するかい?

などとアホなこと考えてたら、けっきょく林と勝負でした。

Still0008_9 桧山よりも、赤星よりも自分を選択されて林が黙っていない訳がありません。

見事痛烈なライト前の2点タイムリーヒットで、待望の追加点を叩き出しました。

さらに赤星も痛烈なライト前ヒットで続き、5-0と突き放します。

おお、左3人が揃って右への痛烈な打球や、

と思う間もなく関本が続きます。

けっきょくこの回、一挙4点を追加し、6-0と試合を決めると、お杉の後を受けたジェフ、久保田、桟原が0点で抑え込み、ゲームセット!

今日も勝って怒涛の8連勝や!

赤星が右に強いあたりを打てるようになってきてるし、3試合連続で盗塁も決めました!

ドラとの最終決戦に向けて、最高の形で挑めます。

さあ、かかって来いや! ビビリ竜!

ここで入ってきたのは、横浜が5点差をひっくり返してドラに大逆転中の報せ!

やるじゃん、BayBay!

アニキ、林君のヒーローインタビューもそこそこに、ドラvsベイにチャンネルを回しました。

がんばれBayBay!

7回裏のピンチを加藤が切り抜けました。

あり加藤!  今日は加藤ぜ!

(追記1)

ああ、せっかく褒めたのに。。。

佐伯ぃぃぃぃぃ。

8回裏に3点取られて再逆転されました。

あとまだ最終回があるさ!

(追記2)

Oh My BayBay!

君はどうしていつもそうなんだい?

期待させるだけさせといて、最後は僕を裏切るんだね。

男心をもてあそぶのもいい加減にしてくれよ!

まあ、今回のことは名古屋だから許してあげよう。

僕も名古屋では痛い目に会ってるから、君ばかりを責められないしな。

その代わり、残りの横浜での2回は絶対に頼むぜ!

悔しいけど裏切られても裏切られても、また期待するしかないのだから。。。

| | コメント (10) | トラックバック (27)

日本ハム、1位通過おめでとう!

日本ハムが、パリーグのレギュラーシーズン1位通過を決めました。

プレーオフ導入により当時と制度は違いますが、25年前のリーグ優勝のとき以来だそうです。

2006092700000012yomspothum001 8月、9月の追い上げは凄かったですね。

ちょっと調べてみたら、9月は14勝5敗なんですね。

また、勝ち始めたら止まらないといった勢いのようなものを感じてました。

交流戦明けからの11連勝などを含んで、5連勝以上を5回もやってます。

北海道に本拠地を移し、地域密着、ファン重視と言った姿勢を貫いて、球団あげて頑張ってたので、努力が実って良かったですね。

本当におめでとうございます。

開幕前の予想を私は、なんと、5位にしていました。

大変失礼致しました。

試合後、SHINJOの引退セレモニーが行われたようですが、SHINNJOへのお別れの言葉は、まだ言わないでおきます。

日本シリーズで戦うときに、甲子園に招待してあげないといけませんから。

それでは、日本シリーズでお会いしましょう!

| | コメント (0)

男・井川慶、涙の完投勝利!

5-1で広島に連勝です。

昨日まで6連勝と、相変わらず快進撃を続けるタイガース!

本来なら褒めてあげたいとこですが、負けられない戦いが続くことには変わりありません。

ここらで、さらに気持ちを引き締めるような記事を書こうと思っていたはずが、ふと目を覚ますと既に7時でした。

久し振りにやってしまいました。

気持ちを引き締めるべきは私でした。

こんなことで、流が変わっていきなり大量リードでもされてたらどうしよう?

そうなっていないでくれ、頼む~。

と祈るような気持ちでテレビのスイッチを点けると、なんと、4-0で勝ってるじゃあありませんか!

ちょうど4回表のアンディと濱ちゃんの2本のツーランホームランが出た後の鳥谷の打席でした。

そして、井川は立ち上がりに点を取られることなく、0封を続けてるようです。

アンディ、濱ちゃん、井川よ、不甲斐ない私を救ってくれてありがとう!

ここからは寝てた分まで応援するぜ!

5回表、点を取ってもらった直後を、井川がシッカリと0点に抑えました。

ナイスピッチング!

Still0006_3 おっと、ここで、珍しく井川が走ってベンチに帰って行きます。

もしかして今日は初回からずっとこうだったんでしょうか?

いいぞ、井川!

なんだか今日は、グラブの青色までが、いつもより鮮やかに輝いて見えるぜ!

5回裏には、金本、ナイスタイムリーツーベース!

6回裏には、赤星ナイススチール!

8回表は、ワンナウト満塁のピンチを1失点に切り抜けたぜ井川! ヨッシャ!

そのまま、井川が投げきり、6安打1失点無四球で見事完投勝利を飾りました。

Still0004_5 赤星がウィニングボールをキャッチした直後、井川がまたまた珍しく、帽子を取って、天に向かってグラブを突き上げました。

そして、えーっ!

あの井川が、マウンド上で顔をくしゃくしゃにして泣いています!

そっかぁ、井川も辛かったんやなぁ。

そりゃそうやな。

いろいろ、いろいろ言われてなぁ。(私も言った口ですが・・・。)

打たれようと思ってマウンドに上がるわけないもんな。

必死で戦っとるのに結果がついて来んし、キャラ的に必死に見えんだけなのになぁ。

しか~し、自分のことを棚に上げてでも敢えて言う!

Still0005_6 泣くな井川!

その悔しさを次回以降の登板にもぶつけてくれ!

必死で投げ続ける姿を今度こそ最初から必死で応援してやるから!

トラッキー! ラッキー! イバラッキー! だっぺ。

(追記)

Oh My BayBay! 

今日も負けちゃったのねぇ。。。

| | コメント (8) | トラックバック (32)

いつの日か山形と鹿児島へ

先日の 岐阜県出身の人.に続いてのちょっとした暇つぶしです。

今度は、行ったこの無い都道府県を考えてみました。

通過しただけとか、日帰りだとかを入れると、ほとんど全都道府県行ったことになりそうだったので、少なくとも一泊以上したことがあるところを行ったことがあることにしました。

そんな勝手な基準で考えて見たところ、一泊もしたことが無い都道府県は、

秋田、岩手、山形、茨城、富山、香川、佐賀、鹿児島でした。

また、この中で、日帰りで、どこかの観光地を訪れたことのある所を除くと、

山形、香川、佐賀、鹿児島が残りました。

さらに、通過したことがある所を除くと、

山形と鹿児島が残りました。

どうやら、山形県と鹿児島県だけは、県内に足を踏み入れたことが無いようです。

元気になったら、いつか山形県と鹿児島県に行ってみようと思いました。

| | コメント (0)

赤ヘルサブ軍団から辛うじて逃げ切る!

3-2で広島に勝ちました。

今日の赤ヘルは、スタメンから前田、嶋、緒方、栗原、梵を欠き、先発はタイガースにとって初ものとなる小島とかいう人でした。

ほとんど、二軍相手にどう挑むか?

と思ったら、

いきなり赤星が内野安打で出塁!

Still0003_5 ファーストベースを駆け抜けたところで小さくガッツポーズ!

と元気な姿を見せてくれました。

関本がきっちり送り、

シーツのタイムリーで赤星が先制のホームを踏みました。

昨年、何度も見たこのパターンが帰って来ました。

やっぱり、先制のホームインは赤星が似合いますね。

さらに、濱ちゃんが続き、この回2点を先制しました。

しかし、その後は初もの小島を打ちあぐねて、2-0のまま、あっと言う間に6回を迎えます。

一方、先発安藤は、知らない人だらけの赤ヘル打線を淡々と抑え込んでましたが、6回表にただ1人有名な新井の犠牲フライで1点差に迫られました。

続く森笠のあたりには、「やばい!」と思いましたが、濱ちゃんの大ファインプレーで流れを引き戻しました。

すると、直後の6回裏に、鳥谷のソロホームランで再び突き放しました。

7回からは、ダーウィンがマウンドに上がるも、1点を失い、さらに吉野が連続四球で火に油を注ぎ、ツーアウト満塁の大ピンチを作ります。

ここでマウンドには、久保田が送り込まれました。

久保田は井生を2球で退け、久し振りに大仕事をしてのけました。

8回、9回は、ジェフ、球児がそれぞれ抑え、なんとか逃げ切りました。

さて、鳥谷のヒーローインタビューを聞いた後は、チャンネルを切換えてベイ様の応援です。

現在10回表を終わって4-4の同点で、クル~ンがマウンドに上がると言った場面を迎えてます。

せっかくここまで中日を追い詰めてるんだから勝ってくれ~。

(追記)

あぁ、ベイ負けた。

でも、あのナゴドでドラをここまで追い詰めたんだから凄いぜ!

これに懲りずに明日は勝ってくれ!

期待するなと言われても、こちとら期待するしかないんじゃ~!

| | コメント (14) | トラックバック (25)

奥田英朗著『イン・ザ・プール』

奥田英朗著『イン・ザ・プール』を読み終わりました。

精神科医の伊良部先生のもとを訪れた5人の患者たちの物語です。

1人目は、プール依存症の出版社で働く男性

2人目は、勃起し続ける営業マン

3人目は、ストーカーにつけられてると思い込んでいるコンパニオン

4人目は、携帯メール依存症の男子高校生

5人目は、出かけた後で、タバコの火を消したか気になって仕方ないルポライター

2人目以外は、ともすれば軽めのものなら誰もが経験しそうなことばかりです。

患者たちが、ある意味普通でない伊良部先生に接することによって、最後には病気が治ってしまいます。

まあ、病気と言うよりは、少し大げさな悩みと言った感じかもしれませんが・・・。

伊良部先生の態度は意図してなのか、偶然なのかは明らかにされてませんが、意図してたとしたら、余りにもできすぎなので、偶然うまくいった5人の例だと受け取りました。

なかなか可笑しいお話でした。

イン・ザ・プール Book イン・ザ・プール

著者:奥田 英朗
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

野原将志内野手(長崎日大)の交渉権獲得!

今日、注目の高校生ドラフトが行われました。

阪神は、1位指名で愛工大名電の堂上を指名したんですが、残念ながらクジ引きで中日に獲られてしまいました。

Still0002_10 けっきょく、ハズレ1位で長崎日大、内野手、野原将志君の交渉権を獲得しました。

どんな選手か良くわかりませんが、足の速い大型内野手だそうです。

苗字はともかく、下の名前は強そうです。

2巡目は、どういう仕組みか良くわからないんですが、大学・社会人ドラフトとの関係から無しということでした。

3巡目は、智弁和歌山、捕手、橋本君の交渉権を獲得しました。

テレビ中継はそこで終わったので4巡目以降はわかりませんが、大いに期待したいと思います。

まあ、誰が来たところで応援するんですが・・・。

ちなみに、注目の駒大苫小牧の田中投手は、楽天が交渉権を獲得しました。

| | コメント (0) | トラックバック (21)

図書館

今日は、図書館に行ってきました。

今住んでるところに越して来てから、図書館を利用したのは初めてだったので、まず貸出カードを作成して、とりあえず2冊借りて帰りました。

最寄の図書館は体育館の2階にあったのですが、さすがに公共施設だけあって「BOOK OFF」とは違いエレベーターがあったので、股関節痛と右膝痛を患ってる私でもたどり着くことができました。

今日は、筋収縮よりもむしろ首、肩、胸、背中に生じるナイフで切り刻まれるような痛みが激しくて辛かったんですが、行って帰るまでの所要時間が40分で済み、なんとか耐えることができました。

最寄の図書館は蔵書数7万冊程度の小さな図書館ですが、ざっと見ただけでも読みたい本が目に付き、けっこう楽しめそうです。

さらに、区内16ヶ所の図書館に所蔵されてる本をインターネット予約で取り寄せたり、区内に無い本までリクエストできたりするようなので、これから大いに利用しようと思います。

また、1つ出来ることが増えました。

次は、2年振りにレンタルビデオ屋に挑戦してみようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ウキキーッ!」3連発が忍を救う!

4-1で、ジャイアンツに連勝です。

今日は、モンキー藤本が、3度にわたる超ファインプレーで先発福原を助けました。

Still0001_10 2度の横っ飛びと、1度の垂直飛びでジャンプ一番の超美技でした。

お見事モンキー!

打つ方では、1-0と1点リードで迎えた5回表、

先頭の赤星が内野安打で出ると、関本がきっちりと送り、

クリーンナップの3連打で3点を追加しました。

7回8回はジェフがパーフェクトで切り抜け、

9回は球児が0点で抑えました。

さあ、次に君があたるジャイアンを懲らしめといてあげたよ。

そっちはどうだい、のび太君

Img12074_2 おっ、やるじゃん、ドラえもんにまた勝ったね。

ありがとうのび太君

しずかちゃんも惚れ直すぜ!

| | コメント (6) | トラックバック (30)

あっ、今日は日曜日か。

会社を休職して暫くは、

平日には「休んで寝ているのが悪いなぁ。」と言う気持ちになり、

土日になると「今日はみんなも休んでるからいいんだ。」

と罪悪感から開放される、といった日々が続きました。

誰に悪いかというと、職場の人たちというよりも、もっと漠然とした世の中に対してという感覚でした。

病気だから仕方ないという割り切りはできているはずなんですが、心が勝手にそう思ってしまうんです。

一年くらいはそんな感覚が続いたでしょうか。

今では、スッカリそういう感じは無くなってます。

ええこっちゃ。

なぜだか、今日は、ふとそんな事に気づきました。

職を離れて早や2年半かぁ。

天気もいいし、のんびり行こう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

下さんの粘投に猛虎打線大爆発!

11-2でジャイアンツに大勝しました。

Still0018_4 先発下さん、初回に1点取られたのはお約束。

その後はいつもの粘りのピッチングで、7回を1失点に抑えました。

打つほうは、2回に濱ちゃんの逆転ツーランが飛び出ると、後はもう乱れ打ちでした。

4回に、G矢野の2点タイムリーエラーを誘う、T矢野のライトへの痛打で3点差にすると、そこからは、焦って打ってくるジャイアンツ打線が面白いように下さんの術中にはまり、安心して見ていられました。

5回に濱ちゃんのタイムリーヒットで1点追加すると、

6回にはモンキーにまでウキキーッとソロホームランが飛び出しさらに1点追加。

8回には赤星も待望の2点タイムリーツーベースを放ちました。

その後も加点し、終わってみれば取りも取ったりの11得点で大勝でした。

8回裏には江草が小久保の1発を浴びて1点返されましたが、

9回裏は久保田が0点に切り抜けました。

そして、今、中日がヤクルトに8回表途中で7-4で負けています。

頼むよのびた君、たまには男らしくドラエモンに反抗してもいいんじゃない。

こっちはジャイアン懲らしめといたから。

中日は、先日の横浜との戦いでも8回まで3点リードと確実に追い詰められてました。

あの試合もクル~ンがいれば負けてたでしょう。

ここのところオレ竜投手陣、打たれまくってます。

何かが狂って来てます。

まだまだ期待していいんじゃないでしょうか。

でも、監督のバッグは返してあげてね。

(追記)

けっきょく、ドラちゃん負けました。

のびた監督、ナイスゲーム!

明日もよろしくね!

| | コメント (10)

張り手の応酬の後、髷に手!? 

【大相撲秋場所十四日目】

今場所も横綱朝青龍が、明日の千秋楽を残して早々と18回目の優勝を決めました。

3敗で追っていた安馬がトッチーに敗れた時点で、すでに優勝が決まった状況での結びの一番で、横綱は千代大海に素首落としで敗れてしまいました。

今日の千代大海の気迫は凄かったです。

持ち前の鋭い張り手がビシビシ決まると、横綱もカッとなって張り手で応戦します。

途中、明らかに張り手と言うよりも手首あたりで横から千代大海の顔を思い切りぶん殴った横綱の一発があり、張り手の応酬はさらにヒートアップします。

最後は、千代大海がはたき、行事軍配は千代大海に上がります。

しかし、ここで物言いがつき、審判団が土俵中央に集まって協議に入ります。

千代大海の手が、横綱の髷にかかったかどうかという協議でしたが、けっきょく行事軍配通り千代大海の勝ちが認められました。

Still0016_3 その直後のスローで見る限り、私の目には明らかに髷を掴んでるように見えたんですが、物言いがついた時にはビデオも参考にして判定を下すことになってるはずなので、素人の私の見方とは違う専門的な判断があるのでしょうか?

せっかく、珍しく千代大海が横綱に気迫を見せた素晴らしい試合だっただけに、私の中に何か釈然としないものが残った結果にはとても残念です。

私の見方がおかしいだけなのかもしれませんが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

姉弟ゲンカ

「The Way We Were」シリーズ第10話は、姉弟ゲンカの思い出です。

姉とのケンカは、いつも私が負けてしまいます。

ルールは、父親が勝手に決めてました。

「先に泣いた方が負け」だと。

弟とのケンカと違って、決まって口ゲンカです。

姉の口からは、よくもまあ次から次へと私が気にしていることが飛び出したものです。

私は、最初のうちは必死で言い返すんですが、すぐに言葉に詰まって、悔しくて泣いてしまいます。

姉にとっては、ケンカというよりも、からかってただけなのかもしれませんが・・・。

あるとき、そんな私に腹を立てた父親が姉のことを後ろから羽交い絞めにして、泣きじゃくっている私に向かって言いました。

「いつもいつも、女に負けてビィビィ泣きやがって、わしが抑えといてやるけぇ、殴れ! 早う殴れ!」

私は、どうしていいかわからず、ただただ泣くばかりでした。

ケンカで1度も姉に勝てない自分が情けなく、腹立たしい気持ちを抱え続けてきた私でしたが、意外にも、そのことをきっかけに、気づいたんです。

「女を殴れるわけ無いやん!」

無意識のうちに姉には手を出せないでいた、実は恰好いい自分に気づきました。

恐らく、仮面ライダーやウルトラマンを通じて、弱い者イジメは卑怯者のすることとか、男は女を守ってやるものと言った事が、当たり前のこととして刷り込まれていたんだと思います。

翌日から、姉のからかいがアホらしく思えるようになり、あまり腹も立たなくなりました。

バカ姉弟 (1)     ヤンマガKCデラックス

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BOOK OFF

昨日、大学病院に行った帰りに「BOOK OFF」に立ち寄りました。

読み終えた本や、コンビニで買ったコミック本が溜まってきたので売ろうかと思いまして。

と言っても、重たいものを持てないので、今回は12冊だけにしておきました。

全部で120円でした。

捨てるよりはマシです。

思ったより早く手続きが終わったため、身体にも少し余裕があり、すぐに適当な本が見つかれば購入しようかと思ったんですが、1階にはCD・DVDしか置いてなく、本の売り場は地下でした。

地下までは階段しか無いので、諦めてCD売り場を眺めることにしました。

と言うのは、実は私は痙性斜頚以外にも、右膝痛と両足の股関節痛を患っていて、階段の昇り降りを全くできない状態にあります。

股関節痛は、痙性斜頚になってから新たに生じた痛みだし、右膝痛は前から慢性化してた痛みが痙性斜頚になってから激しくなったので、痙性斜頚が治ればいずれも良くなるんじゃないかと期待してます。

それで、けっきょく10分くらいCDコーナーを眺めたところで身体がきつくなり、CD2枚を衝動買いした後、車に乗ってシートを倒して20分くらい休んでから帰りました。

疲れましたが、こういうことができたということは、図書館に行って本を借りることもできるのではないかと思いました。

寝込んでからというもの、本の調達はもっぱらアマゾンばかりだったので、お金がかかってしょうがない状況でしたから。

今住んでるところに来てから、図書館に行ったことが無かったので、まずはどこにあるのかということから調べることにします。

実は、病気になるまで、ろくに本など読んだことが無かったもんですから・・・。

図書館内は階段を使わないで済めばいいなぁ。

まずは、行ってみよう!

いや、電話で聞いてからにしよう。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ボトックス注射の延期

今日は、大学病院で5回目のボトックス注射を打ってもらう日でしたが、主治医の先生と相談して、1ヶ月延期して様子を見ることにしました。

前回打ってから、4ヶ月経ったので、その威力が切れてもいい頃にも拘わらず、未だに少しずつの改善が継続して見られているためです。

今回、予定通り打っておけば、今の改善スピードがアップするのかもしれませんが、逆に、せっかくの改善に悪い影響が出ないとも限らないので・・・。

まあ、今更焦ることも無いし、また1ヶ月後に判断することにします。

はてさて、どうなることやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トッチー残念でした。

【大相撲秋場所十二日目】

今日の結びの横綱戦に勝ち越しを賭けた栃東でしたが、残念ながら下手投げで敗れてしまいました。

Still0014 左膝、痛そうですね。

明日はここまで9勝3敗と好調な安美錦との対戦です。

なんとか勝って、勝ち越しを決めて欲しいです。

また、ここまで一敗で来ていた安馬は、白鵬に吊りだされてしまいました。

途中まで必死に応戦していたんですが、白鵬の指が安馬の右目に入ったような感じで、残念でした。

もう一つ興味深い取り組みとして、千代大海vs露鵬がありました。

先場所、露鵬の暴行事件に発展した因縁の対決として注目してましたが、仕切りから取り組みまで、何の問題も無く終わりました。

結果は、露鵬が寄切りで勝ち、3敗を守りました。

もう大丈夫そうです。

あと、豊真将は明日、勝越しを賭けて土佐ノ海と当たります。

土佐ノ海は実力者で、簡単には行かないでしょうが、なんとか持ち前の粘り越しで勝越しを決めてもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐るべし、ハマのリリーフ陣!

横浜、応援してあげたのに。。。

散々期待させといて、9回に5点も取られて逆転負けとは・・・。

言ってくれれば今日だけ球児貸したげたのに・・・。

いや、球児じゃもったいない。

3点差もあれば、タイガースのリリーフ陣なら誰だって逃げ切れたのに・・・。

あとドラ戦6試合、打つことは打ってるんで、クル~ンさえ戻ってくれば何とかしてくれるよな。

頼むぜ、ホント!

| | コメント (4) | トラックバック (7)

白鵬の綱の望みをトッチーが断ち切る!

【大相撲秋場所十一日目】

2006092000000511yomspothum001 栃東が白鵬を押し出しで下し、明日の朝青龍との大一番に勝ち越しを賭けます。

左膝を傷めた状態で臨んだ今場所、トッチーは、初日にいきなり右膝を土俵の角に打ちつけて敗れ、両膝負傷といったハンディを背負います。

「右膝は打撲なのでそのうち治るから」

と出続けますが、如何せん両膝に力が入らず、あっけなく3連敗してしまいます。

四日目にようやく初日が出ると、本人の言葉通り本当に治ったのか、トッチー本来の厳しいおっつけからの力強い押しが戻り、今日まで7勝4敗と勝ち星先行です。

先場所に続き、優勝戦線からは脱落してしまってますが、対戦成績で互角の横綱を倒し、意地を見せてもらいたいところです。

一方の敗れた白鵬は4敗となり、今場所での綱取りは絶望的になりました。

残り全部勝って、来場所に夢をつなげて下さい。

また、明日は、横綱と並んでここまで一敗で来てる平幕の安馬が、白鵬に挑むといった取り組みも期待できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋晴れ

200609201458_1 今日は、久し振りにいい天気なので、散歩に出かけました。

いつものように、近所の公園内の野球場を1周したところでベンチに座って休んだんですが、余りの天気の良さに気分が良く、2周目にチャレンジしました。

なんとか歩けたんですが、さすがに疲れました。

とてものんびり歩いたので、所要時間にすると、休憩の10分も入れて40分でした。

毎回2周とはまだ行けそうもありませんが、たまに調子の良さそうなときには2周歩こうと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お杉が良過ぎ☆☆☆

9-1でヤクルトに快勝でした。

久し振りに投打が噛み合って、安心して観ていられました。

Still0013 お杉、ナイスピッチング!

5安打無四球1失点での完投勝利を決めてくれました。

ピンチらしいピンチは2回だけでした。

最終回のリグスのホームランは、もったいなかったですね。

お杉の好投に応えるべく、突破口を開いたのは下位打線でした。

3回裏、フォアボールの矢野を1塁に置いて、

モンキーがウキキーッと三塁打を放ち、まず1点先制!

お杉が2塁打で続き、さらに1点追加しました。

追加点が欲しくなってきた6回裏は、

2番の関本のソロホームランから始まります。

シーツ、金本、濱中、鳥谷、矢野と連続出塁で、この回一挙4点を追加しました。

ホームランが打てる2番打者はリグスだけじゃありません。

7回にも矢野の4打点目となるヒットなどで3点を追加し、ワンサイドゲームにしました。

どんな形でもいいから勝ってくれ~と臨んだこの試合、こんなにスカッと勝ってくれるとは!

名古屋の後遺症は完全に吹き飛びました!

まずは、明日からの3連休、ゆっくり休んで下さい。

それと、アニキ、先発4番連続出場の日本新記録達成おめでとう!

さてと、頼みのベイ様はと。

なんと、8回表を終わって、8対5で勝ってます。

あと1イニング、よろしくお願いします。

(追記)

ベイ様、勝った!

やるじゃん!

明日も頼むぜ!

| | コメント (4) | トラックバック (31)

佐藤雅彦、竹中平蔵共著『経済ってそういうことだったのか会議』

佐藤雅彦、竹中平蔵共著『経済ってそういうことだったのか会議』を読み終わりました。

何年かに1度、経済の入門書的な本を読んでおきたくなるときがあります。

ともすればアメリカ的資本主義社会の荒波に飲み込まれてしまいそうな昨今、そのような漠然とした不安から、自然とそういった本を欲するのかもしれません。

今回、久し振りにそういった気持ちが湧いてきて、手にした本は6年前に書かれた当書籍でした。

期待通り、経済活動の意義を振り返りながら、それでいてさらりと読めるわかりやすい内容になってました。

経済ってそういうことだったのか会議 Book 経済ってそういうことだったのか会議

著者:佐藤 雅彦,竹中 平蔵
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

JFK揃い踏み後に、まさかのサヨナラ勝ち!

延長11回を戦い、6x-5でヤクルトに勝ちました。

いやあ、見どころ盛りだくさんで、疲れる試合でした。

ナゴヤ3連戦で、ヒットわずか10本と散々な結果に終わった打線が、甲子園に帰って来て息を吹き返すことを信じての観戦となりました。

初回は三者凡退に終わったものの、2回に鳥谷のツーベースを見て、なんだか行けそうな気がしました。

Still0010_12 3回には健太郎のソロホームランが飛び出し、2-2の同点としました。

先発井川は、いきなり初回に2点取られましたが、そのあと抑えたら許そうと思って見てたんですが、5回表にリグスに勝ち越しのソロホームランを浴びてしまいました。

ホームランバッターに初球から絶好球投げちゃああかんやろう。

6回表にも1点を取られて4-2で迎えた6回裏、出ました

矢野さんの通算99本目となる同点ツーランホームラ~ン!

続くモンキーがライト線へツーベースヒットで出ると、代打林の代打として今岡が告げられました。

昨日、一度もバットを振らずに三球三振に終わった今岡は、初球から積極的に打って、進塁打でモンキーを三塁に進めました。

すると、赤星の打席のときに、石川のワイルドピッチの隙をついて、モンキーがウキキーッとホームに滑り込んで、5-4と勝ち越しました。

しかし7回表、2番手のダーウィンが、ツーアウトからまたまたリグスに同点ホームランを浴びてしまいました。

8回表はダーウィン、9回表は球児で抑えると、9回裏、ヒットで出たシーツを1塁に置いて、ツーアウトから鳥谷のセンター前ヒットが出ました。

この当たりで、なんと吉竹コーチは一気にホームに突っ込ませますが、超余裕で本塁かなり前でのタッチアウトとなってしまいました。

Still0011_3 シーツの八艘飛びも及ばず!

最近、ホーム突入タッチアウウトが多いですね。

どうした春樹、焦るな春樹!

延長10回表、11回表はジェフ、久保田がキッチリ抑えました。

そして迎えた11回裏、健太郎、シーツがヒットで出ると、アニキが敬遠で歩いて、ノーアウト満塁のチャンスに濱中が立ちます。

濱中の打球は、高~く上がったセンターかなり前のフライでした。

タッチアッップは無理なので、ワンナウトを覚悟した瞬間、センター青木がまさかの落球を仕出かし、健太郎がサヨナラのホームを駆け抜けました。

どんな形でも、とにかく勝ちました!

やっぱ、勝つと嬉しいですね。

ところで、今日の昼間は中日-横浜戦を、横浜を応援しながらチラ見してました。

中日の残り試合、、横浜戦が今日を入れて9試合もあるというので、どんなもんかと・・・。

いやあ、予想通り非常に厳しいですね。

首位vs最下位ですからね。

打つほうはいいんですが、投げる方が。。。

それでもなんとか、がんばってや、横浜大銀行様~。

応援しますから~。 頼む~。 何とかして~。

今まで散々、高利率で貯金させてもらったお返しに、ピッチャーお貸ししましょうか?

オックスと能見と金澤と太陽に相木まで付けて・・・。

これだけいれば、ベイスターズ打線との合わせ技でけっこうやれるんじゃないでしょうか?

それはともかく、我らが阪神タイガースは勝利あるのみです!

明日も勝つぞ~!

| | コメント (2) | トラックバック (26)

フォトスタンド

今年の夏も田舎に帰れなかったので、田舎の海の写真を撮って送って欲しいと田舎の友人に頼みました。

壁紙にしようと・・・。

ブログにもアップしようと思って・・・。

すると、送られて来ました。

郵送で!

う~ん、電子メールで欲しかったんですけどね。。。

でも、10枚程度の写真と一緒に、小箱が同梱してありました。

何だろう?

と思って開けてみると、「小さな木製のベンチ」と「ガラスの板2枚」が入ってました。

?????

一瞬考えて、すぐに解りました。

「写真立て」でした。

200609162308 ガラス板2枚に写真を挟んで、ベンチに立てかけるようです。

シンプルなのに、大きい写真にも対応できる優れものです。

あと、「小さな貝殻」が何個か入ってました。

この写真だと解りづらいですが、なかなかいい感じです。

でも、けっきょく、電子メールでも送ってもらうようにお願いしました。

待ってま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よっしゃ、ナゴドで勝ち逃げや!

2-0で、中日にナゴヤでなんとか一矢報いました。

がんばってた先発の安藤には悪いんですが、昨日のやけ酒のお陰か、淡々と進んで行く試合にうつらうつらしながらの観戦となりました。

そんな私に喝を入れてくれたのは、やはりこの男でした。

我らがアニキ、金本の先制ツーランホームラン!

Still0009_6 ようやくアニキのバットが、ナゴヤで火を噴きました。

とき既に7回の表。

あとは、安藤が完投するだけです。

けっきょく、8回ツーアウト3塁で福留を迎えた場面で、マウンドをジェフに譲りましたが、

安藤は、3安打無失点とナイスピッチングでした。

Still0008_8 あとを受けたジェフは、福留を歩かせ、ワンポイント失敗!

4番ウッズには、球児をぶつけます。

球児は期待通りウッズを三振に切って捨てました。

そして、9回表、ワンナウト満塁の場面で代打に登場したのは、な、なんと、この男、

今岡誠、背番号7

いつの間にかいたのね。

お帰り誠。

結果は三球とも見逃しの三振でした。

欲を言えば1度くらいバット振って欲しかったけど、まずは打席に立てるとこまで回復したことを喜びましょう。

次はバット振って、その次はバットに当てて、そしてそのまた次は復帰後初ヒットと行きましょう!

9回裏は、球児が締めて、ゲームセットです!

やっと、やっと、最後にナゴヤで勝ちました。

尾張での終わり良ければ全て良し!

お粗末ななクイズ番組のように、最終問題は10点獲得といった感じで、最後を勝ったら10勝プレゼントって訳には行かないんでしょうか?

何はともあれ、今日で鬼門とおさらばです。

これからは甲子園だらけです。

残り試合、全部勝ちましょう!

それから、今シーズン、名古屋ドームに足を運ばれたファンの方々、本当にお疲れ様でした。

悔しい思いを人一倍してきただけに、今日の1勝に対する感慨もひとしおだったのではないでしょうか。

| | コメント (12) | トラックバック (27)

症状について

症状についてまとめてみました。

一言に痙性斜頚と言っても、人それぞれ、症状が違うようです。

私の場合は、なぜ長く座っていられないかというと、以下の2つの理由からです。

1つ目は、左半身全般(身体の上部ほど激しい)の不随意運動により、しんどいためです。

不随意運動とは、筋肉が勝手に縮むことを言います。

要するに、起き上がった途端、左半身が勝手に筋トレを始めて、寝転ぶまで止めてくれません。

そのため、左首後ろ、左胸、左背筋も縮むので、首が、左斜め上を向いてしまいます。

恐らく、巨人の星の、大リーグボール養成ギプスを左半身だけつけてるようなしんどさです。

2つ目は、上半身(左右とも)の痛みです。

動くたびに、ナイフで切り刻まれるような痛みと、引っ付いた筋繊維を無理やり引き剥がすような痛みと、激しい筋肉痛のような痛みがごちゃ混ぜに走ります。

それと、右上半身については、首、肩、背中と、強い肩こりのような痛みもずっと続いており、左半身については、筋を伸ばした捻挫のような痛みが、場所を変えて1ヶ月に1度くらい発生して3日ぐらい続きます。

ただ、最近は、ナイフで切り刻まれるような痛みはほとんど感じなくなってきました。

また、身体全ての筋繊維が、背骨を中心に、雑巾を絞るようにキューッと縮むような感覚もあります。

この病気になってから丸3年になりますが、最初の1年間でこれらの症状がどんんどん悪化し、その後の2年間でほんの少しずつ楽になり、現在はがんばれば連続して1時間は起きていられるようになってます。

この病気になった理由も、こうした症状の変化の理由もハッキリとはわかりませんが、少しずつ良くなっている状態が続くことを祈ってます。

身体の不思議を体験中です。

(追記)

他に、両足の股関節痛と、右膝痛を患ってます。

これにより、階段の昇り降りが全く出来ず、自転車にも乗れない状態です。

股関節痛は、痙性斜頚になってから新たに生じた痛みだし、右膝痛は前から慢性化してた痛みが痙性斜頚になってから激しくなったので、痙性斜頚が治ればいずれも良くなるんじゃないかと勝手に期待してます。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

なんじゃそりゃ!

0-3で中日に連敗です。

この大事な試合で、まさかマサからノーヒットノーラン喰らうとは。。。

どうした! 虎戦士たちよ!

フクちゃんは、無念の完投負けでした。

誠はベンチに入れんかったんかなぁ。

居るだけでも雰囲気が違ったやろうに・・・。

せ、せめて、1つだけでも勝って下さい。

明日も応援するぜ~!(泣)

| | コメント (2) | トラックバック (28)

男子デビュー

「The Way We Were」シリーズ第9話は、小1の頃のお話です。

私が住んでいた団地では、幼稚園の頃は男女一緒に遊んでいるのですが、小学校に上がると、男子は男子、女子は女子で別れて遊ぶようになります。

男子には、5年か6年にリーダー的存在のガキ大将がいて、野球やサッカー、ろくむしや秘密基地などの遊びを教えてもらいます。

私は幼稚園までは、2歳上の姉について、姉の友人たちと遊んでもらってたんですが、小学校入学とともに男子デビューをすることになりました。

2786569250_1 初日は、5年生のガキ大将が迎えに来てくれたと思います。

その日は、広場で野球をやるからということで、父に買ってもらったグローブと木のバットを持って、ガキ大将について行きました。

軽くキャッチボールをしたまでは良かったんですが、いよいよバッティングをやらせてもらうときが来ました。

最初に、同級生のけいちゃんが打席に入りました。

いきなり初球からバットにあたり、5球ばかり投げてもらった球をことごとく前に飛ばしました。

上級生たちは、初めてなのにバットに当てた事に驚き、賞賛の声を上げました。

次は私です。

「よし、けいちゃんよりもっと遠くへ飛ばすぞ!」

と意気込んで打席に入ったんですが、バットを振るどころか、

怖いんです。

上級生が上手投げで投げてくるボールが・・・。

怖くて、目をつぶって身体が勝手に逃げてしまうんです。

ピッチャーが少し前から軽めに投げてくれました。

今度は逃げることもなく、バットも振れたんですが、どうしても目をつぶってしまうんです。

ピッチャーは投げるたびに前に来て、とうとうトスバッティングのように下から投げてくれてようやく目を開けてバットを振ることができました。

2786174335_1 でも、バットには当たりません。

何度振っても当たらないんです。

「こんなビビリ初めて見たでよ。」

心無い上級生のヤジが飛びます。

でも、腹も立ちません。

自分でも、自分がビビリだという事を初めて知ったショックが大き過ぎて・・・。

ついこの前までは、野山を駆け回ったり、メンコや独楽回しなどは、私が率先してけいちゃんを引っ張ってやっていた立場でしたから・・・。

それから2~3日は、野球に誘われて行ってたんですが、私が打席に入るときだけ、下手投げで投げられ、しかもろくにバットに当たらない屈辱に耐えかねて、4日目くらいからは遊びに行かなくなりました。

その後、4年生で阪神タイガースに惹かれるまでは、大の野球嫌いになってしまいます。

男子の輪の中で遊べないということは、ずっと楽しみにしていた秘密基地にも連れて行ってもらえないということで、そのことが一番残念でした。

そうして、学校へは行っても、日曜日などは外に出るのが嫌で、2年間に渡るサンデー引きこもり生活が続くことになります。

間もなく、2つ下の弟が幼稚園生の癖に、持ち前の社交性と運動神経を活かして異例の早さで男子デビューを果たし、野球でヒットを打った話や、秘密基地に行った話を聞かされると、私はいじけて、ますますサンデー引きこもりをエスカレートさせて行きます。

その分、学校でのやんちゃぶりは留まるところを知りませんでした。

3年生になり、校区内を自転車で乗り回せるようになると、クラスの同級生のところに出かけて行って、遊ぶようになりました。

そういう訳で、私は、団地の男子の顔と名前をほとんど思い出せません。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悔しいけど、しゃあない! さあ、明日こそ!

0-7で中日に負けました。

くぅ~。

悔しいです。

けっきょく、3番林が初回にヒットで出塁したときが、一番盛り上がりました。

昨日、おとといと、のべ12人の投手をつぎ込んで、2日がかりで必死に縮めた1ゲームを、一瞬で失いました。

と、悔しがるのはここまでです!

川上が良すぎました。

きわどいとこ全部ストライクに取られたし。

明日、あさっては、今日の川上以上のボールは来ないでしょう。

やられたら、やり返すのみです!

気持ちを切換えて、明日の1勝に全力を尽くしましょう!

明日は打つぞ~!

| | コメント (4)

ここまでは予定通り、いよいよナゴヤ決戦じゃ!

4-2で広島に3連勝です。

2回には派手にアニキの先制ソロホームラン!

4回にはノーアウト満塁から地味に1点追加しました。

後は終盤もう1点追加して、お杉が2点で抑えて球児につなげば、3-2で勝ちや!

と勝手に考えたんですが、そんなことを思った直後の4回裏、新井に同点ツーランを浴びてしまいました。

予定の2点を取られるのが早すぎ、お杉!

同点のままだと代打を出してお杉を代えざるを得なくなるんで、早めに1点でいいからリードしてくれ~と思ったら、

5回表に先頭の赤星がヒットで出塁してくれました。

よっしゃ、セッキーが送って、クリーンナップに期待や!

と思ったんですが、セッキー強行で最悪のゲッチュー。。。

1点でもリードしなきゃ勝てないんだから、送ってくれよ~。

強行は、勝ちこしたら好きなだけやらしたるから。 もぉ~。

しかも、アンディに代打片岡???

アンディどうしたのか良く解りませんでした。

秋雨前線にやられちゃったかな。

明日から今岡が上がってくるらしいけど、そうなると片岡と交代?

同じサードやし。

片岡ぁ、最後に一華咲かしたらんかい! 

orz...

この場面、アンディが元気なら関本には送らせてたかもしれませんね。

けっきょく、お杉は6回途中で吉野に交代。

その後は昨日同様の綱渡り継投でしのぎます。

すると8回表に、セッキーのヒットからツーアウト満塁のチャンスを作ると、鳥谷が渋くショートのグラブをかする2点タイムリーヒットで勝ちこしました。

9回裏は、ジェフがミニシアターで収めてくれました。

Still0005_5 今日の継投は、杉山→吉野→桟原→江草→ダーウィン→ジェフ。

昨日に続き、5人のリリーフ陣で1点も許しません!

イニング途中の交代でもキッチリ仕事をしてくれることが確認できたので、明日からの中日戦に向けては大きな収穫です。

ここ一番での福留の打席に、吉野や江草をワンポイントでつぎ込めますから。

さあ、いよいよ待ちに待ったドラゴンズ戦、初戦を取ればさすがに、にやけ竜の顔もヒクつきますよ。

まずは明日の試合に集中しましょう!

| | コメント (8) | トラックバック (40)

J・D・サリンジャー著『ライ麦畑でつかまえて』

J・D・サリンジャー著『ライ麦畑でつかまえて』を読み終わりました。

野崎孝さんが訳したものと、村上春樹さんが訳したものが有名らしいんですが、野崎さんが訳したものを読みました。

ニューヨーク出身の高校生、ホールデンの、とある数日の物語です。

少年から大人になる過程で誰もが直面する心の葛藤が、一人称で書き進められてます。

器用に大人化して行く友人、異性との関わり、親との関係などに加えて、弟の死が混乱に拍車をかけます。

大人になるためには自分も変わらなければいけないことは解っていながら、変わってしまう自分が怖くもあり、自分の中でうまく折り合いが付けられないようです。

ただ、残念ながらホールデンは、その葛藤を、暴力的行為に出たり、他者へ相談するというように外向きに発散する方法を取ることができず、自分だけで消化して行こうとして心の中で混乱を深めてしまった感があります。

ライ麦畑でつかまえて Book ライ麦畑でつかまえて

著者:J.D.サリンジャー,野崎 孝
販売元:白水社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雨上がりの夜空に☆見事な攻めの継投勝利!

5-4で広島に連勝です。

相撲観てるうちに、うとうとしてしまい、気が付いたら初回に2点入ってました。

アンディ、ホームラン見れなくてゴメン!

目が覚めた途端、矢野さんのタイムリーヒットが炸裂してました。

いきなり初回に3点ゲットです。

あとは、エース(?)イガーじゃ! 頼むぜ!

と思ったら、2回裏にまず1点返されてしまいました。

3回表に濱ちゃんの犠牲フライですぐまた3点差にしてもらったので、

今度こそイガー頼むぜ! 

しか~し、またもや期待は裏切られ、

その裏に一気に3点取られて4-4の同点になってしまいました。

4回からはイガーを諦めて早くもハラハラサジキに交代です。

5回表にワンナウト満塁から、鳥谷の内野ゴロの間に1点をもぎ取ると、

もうそこからは、サジキ→吉野→ダーウィン→ウィリアムス→球児と、綱渡りの継投で、文字通り虎の子の1点差を守り抜きました。

これだけつなげば、一人くらいはホームランを浴びたり、ボコボコにされたりする投手がいるもんですが、早め早めの攻めの継投でしのぎ切りました。

心臓に悪いですね。

Still0003_4 その中でも、2イニングを1人のランナーも許さずに投げきった桟原が緊張のお立ち台でした。

あと、8回裏にワンナウト1、2塁から、完全にライト前に落ちたと思われた廣瀬のあたりを、平凡なライトフライにした中村豊のポジショニングも大ファインプレーでした。

明日も勝って、休んでばかりのビビリ竜をびびらせましょう!

Still0004_4 どうしたんだ Hey Hey Baby

バッテリーは散々だぜ!

いつものようにキメて~ ぶっ飛ばそうぜ♪    by清志郎

次は頼むぜ!

| | コメント (4) | トラックバック (31)

散髪

3ヶ月ぶりに散髪してきました。

痙性斜頚という病気になって、散髪がまたけっこう大変な作業です。

じっと座ってるのが苦痛な私もさることながら、勝手に頭が動いてしまうので、刈るほうも大変です。

そこで、病気になってからは大学病院内の床屋に行ってました。

いろんな病気の人が来るだろうから、床屋の人も慣れてるだろうと思いまして・・・。

200609131412 ただ、前回は、病院の床屋が混んでいたため、思い切って近所の床屋に行ってみました。

事前に病気のことを断ってお願いしたところ、すんなりやってもらえました。

今日も同じ床屋に行きましたが、前回よりも、また少し楽に座ってられるようになっていました。

床屋のおじさんと少し世間話をする余裕があったくらいです。

ヘアスタイルは、十分刈りです。

カットする時間が最も早いことはもちろんのこと、日常の洗髪が楽だし、乾かす必要もないからです。

このヘアスタイルに慣れたので、病気が治っても、これで行こうかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

秋雨降りしきる中、まだまだ熱いぜ猛虎打線!

6-2で広島に、5回降雨コールド勝ちです。

解説の達ちゃんが、「広島先発の大竹は最近凄くいい!」と絶賛してたので、

そんなヤツは中日にぶつけてくれよ~。

と思いながら観戦始めましたが、初回にいきなり

グワラガキーン! 

アニキの先制ツーランホームラ~ン!

なんや、いつもの大竹やん。

今日も行けるで! と思った3回表、

カキーン! 

鳥谷のスリーランホームラ~ン!

この時点で、すでに雨はけっこう降ってます。

早く5回まで行って、試合成立させてくれ~。

と思っていると、5回表にまたまた出ました。

グワラガキーン! 

アニキ今日2本目のホームラ~ン!

先発安藤は、降りしきる雨の中、5回を2失点に抑えてまずまずでした。

本、谷のホームラン攻勢で、カープに快勝でした。

秋雨の降る季節になろうとも、

金鳥の夏はまだまだ熱いぜ!

Kincho_4 日刊スポーツの受け売りでスンマセン。

 しかも今頃。

あとは、ウサギさん、がんばってね。

と書いた瞬間にワキヤがタイムリートンネル仕出かしました。

やっぱりウサギには無理かぁ。。。

| | コメント (4) | トラックバック (39)

岐阜県出身の人

先日、阪神vs横浜の試合を見てると、横浜の中継ぎで山北という投手が出てきました。

実況の方が、「山北投手は岐阜県出身です。」

と言うのを聞いて、

「そう言えば、知り合いに岐阜県出身の人っていないなぁ。」

な~んて、どうでもいいようなことに気がつきました。

いろんな地方出身の人が生活している東京に出てきて約20年にもなるのに、岐阜県出身の人を知らないとは・・・。

そこで、北から順に都道府県ごとに顔と名前が浮かぶ知人がいるか、思い浮かべてみました。

北海道はあの人、青森はアイツ、秋田は・・・。

とずっと順調に行ってましたが、まず福井県で止まりました。

次に、やはり岐阜県。

それから、京都、滋賀、いない。

で、沖縄まで思いを巡らせた結果、遠い昔に知り合った人を含めても、どうやら以下の都道府県出身の知り合いがいないようです。

福井、岐阜、京都、滋賀、和歌山、鳥取、徳島

まあ、知り合いの出身地を全部知ってる訳ではないので、中にはいるのかもしれませんが・・・。

関西周辺が多いのは、東京よりも大阪に就職される方が多いからでしょうか?

果たして、今後、知り合うことはあるのでしょうか?

ほんとに、どうでもいいことですが、ちょっとした暇つぶしでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

定食屋の弁当

家から歩いて10分くらいのところに定食屋があり、弁当も売ってます。

ただ、いつも行ってる4つのコンビニと違って、車の往来の激しい大通りを通って行かなければならず、首の自由が効かない私は、怖くて今まで行ってませんでした。

歩道には自転車も激しく行き交っていて、信号待ちも片道3回あります。

最近は首にタオルスタイルで、ある程度頭を維持できるようになって来たので、今日は、そこに弁当を買いに行ってみました。

定食屋の隣にセブンイレブンがあるので、弁当待ち時間はそこで朝食用のパンや牛乳を買いました。

所要時間にして約30分です。

ただ、昨日の散歩よりなぜか楽で、家に帰ってすぐ横になるのではなく、座って弁当を食べる余裕がありました。

1時間近く続けて起きていられたことになります。

よしよし。

味もよしよし。

何はともあれ、また1つ食のバリエーションが増えました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

愉快な仲間たち

「The Way We Were」シリーズ第8話です。

私たちの日常に彩りを添えてくれた昆虫(一部動物)たちを、思いつくままに挙げてみました。

アメンボ、タガメ、ミズスマシ、ゲンゴロウ、ヤゴ、オタマジャクシ、メダカ、タニシ、カワニナ

カ、ブヨ、アブ、ガガンボ、クマンバチ、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ

オニヤンマ、シオカラトンボ、イトトンボ、アカトンボ、ギンヤンマ、ウスバカゲロウ

Summer_3 ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクホウシ、クマゼミ

ゲンジボタル、ヘイケボタル

モンシロチョウ、モンキチョウ、キアゲハ、カラスアゲハ、ムラサキシジミ、ベニシジミ

カマキリ、コガネムシ、カナブン

ダンゴムシ、アオムシ、ミミズ、クモ、ナメクジ

カブトムシ、オオクワガタ、ミヤマクワガタ、コクワガタ

ゴマダラカミキリ、シロスジカミキリ

エンマコオロギ、スズムシ、クツワムシ、キリギリス、マツムシ

ショウリョウバッタ、トノサマバッタ、オンブバッタ

ナナホシテントウ、ハサミムシ、ゲジゲジ、ムカデ、カタツムリ

アマガエル、ヒキガエル、トノサマガエル、ショクヨウガエル、ウシガエル

イモリ、ヤモリ、シマヘビ、アオダイショウ、クサガメ

触るのが気持ち悪くなったのはいつからでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ん!? デジャヴュ!? 鉄腕福原&矢野お立ち台常連コンビ!

6-1で横浜に快勝です。

それにしてもフクちゃん、無四球完封まであと一歩、惜しかったですねぇ。

Still0001_5 でも、中4日で5安打1失点の完投勝利と、

見事自身初の11勝目を飾りました!

この試合で規定投球回数に達して、恐らく黒田に続いて防御率2位に躍り出ました。

福原の好投に応えたのがいきなり

初回に濱ちゃん、鳥たんのタイムリー!

続く2回には矢野がソロホームラン!

5回にはツーアウトから赤星がヒットで出て

シーツのタイムリーで中押し!

7回には再び矢野がソロホームランでダメ押し!

と、非の打ちどころがない点の取り方でした。

おっと、もう一人、関本が4安打で、チャンスメイクにつなぎにと、大活躍でした。

あとはフジモンがつながってくれたら、ビッグイニングがたくさん作れそうです。

横浜銀行さん、今年は本当にお世話になりました。

来年もまたよろしくお願い致します。

さて、ボーナス週間も今日で終わりです。

来週は、打線絶好調の広島戦と中日戦がどちらも敵地で続きます。

いよいよ正念場です!

まずは、赤ヘル打線をしっかり抑えて、ナゴヤでの大一番に臨みましょう!

| | コメント (6) | トラックバック (30)

散歩

ここ2年間、コンビニに行かない日は、ほとんど歩くこともなかったんですが、少し身体が楽になって来たので、先週から、天気のいい日は少し散歩するようにしてます。

200609101637_3 コースは、近所の公園内にある野球場の周りを一周です。

時間にしてだいたい20分くらいです。

今日も草野球やってました。

さすがに、まだ、これだけの時間起きてるだけでも、不随意な筋収縮と激痛のため、汗ダラダラのヘトヘトになるので、うちにたどり着いたら、すぐにバッタリ横になります。

ちなみに、座って本を読んだりテレビを見たりするのは、30分くらいできるようになりました。

1ヶ月前記事にしたとき(椅子に座って読書.)は20分だったので、少し進歩してます。

座ってパソコンをするのは、キーボードを叩く手の動きにつられて首が上を向いてしまい、首にタオルスタイルでも無理だったんですが、10分くらいならできそうな感じになってきてます。

もう少ししたら、畳の上から机の上にパソコンを上げて、座ってのパソコンにチャレンジしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ベイスターズをかき回す、我らがレッドスター☆

5-3で、横浜に勝ちました。

今日は、関本の同点タイムリーツーベース!

アニキの逆転スリーラン!

林の代打ホームラン!

と、派手な活躍が目立った試合でしたが、全打席出塁で全得点に絡んだ赤星の活躍に注目してみたいと思います。(林のときはアドバイスという形で絡みました)

打順1まわり目は、浜の三日月フェイス1号門倉に完璧に抑えられてましたが、3回裏にツーアウトから赤星が粘って7球目をレフト前に運んで出塁します。

すると、続く関本のライト戦を破るツーベースで1塁から一気に同点のホームを駆け抜けました。

そうです!

赤星がいれば、ツーアウトからでも一気にチャンスを拡げられるんです!

続いては5回裏、下柳のヒットに続いて赤星がまたまた粘って8球目をレフト前に運びました。

Still0026 7回裏には、代打の林が打席に入る前に、赤星が何やら入念に囁いてました。

すると、林がその打席で見事ホームランを放ちました。

何を言ったかは謎ですが・・・。

その直後、赤星はきっちりと四球を選んでまたしても出塁です。

さあ、赤星が復調して来たことで、得点パターンが一気に拡がりますよ!

今日はノーヒットに終わったアンディ、濱ちゃん、鳥たんも、ついでにフジモンも明日は活躍してくれるでしょうから、こうなるとますます強いでっせ!

待ってろよビビリ竜!

もちろん、今日は下さんが、前回同様7回を2失点で切り抜けて10勝目をあげたことや、球児が8回をピシャリと抑えたことも大きかったです。

9回はシアタージェフにて1点を返されましたが、最後はアニキがレフトライナーを良く取ってくれました。

さて、横浜銀行というボーナスポイントも明日が最後です。

きっちりゲットして来週の大一番に弾みをつけましょう!

Still0024_3

なぜだか今日は、下さんの斜め横顔が、トラッキーに見えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (28)

王者ブラジルから1セット取った!

けっきょく、今日も女子バレーのワールドグランプリ決勝ラウンドを観てしまいました。

王者ブラジル相手に、1セット目を取りましたが、その後3つ取られて1-3で負けてしまいました。

今大会、大事なところでサーブとサーブレシーブがボロボロでしたが、今日はまずまずでした。

サーブとサーブレシーブがキッチリできなければ、試合が始まらないので、シッカリ練習して欲しいです。

また、2セット目まではSHUKAが当たりまくってました。

さすがに2セット目の終盤から止められましたが・・・。

これで、5位6位決定戦に回りました。

明日の夜中はさすがに見ないかな。

ところで、高橋みゆきの背番号の上の文字はSHINとなってて、これは心を強く持つといった意味があるらしいです。

気持ちは解りますが、世界中のプレーヤーが全員これを真似したら、誰が誰だかわけ判らなくなりそうです。

あと、ブラジルの12番は、全然笑わないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ようやってくれたのう、倉にクラクラじゃ!

広島カープが、延長10回、8x-7のサヨナラで、見事大逆転で、ドラをやっつけてくれました。

ネットで経過を追ってただけなので、詳しいことはわかりませんが、倉がサヨナラヒットを放った模様です。

5点差を8回9回で同点に追いつき、10回にサヨナラです。

9回は、岩瀬を打ち込んで延長に持ち込んだようです。

ちょっと前までの9ゲーム差が、あっと言う間に5ゲーム差です!

さすがのオレ竜も焦り始めてますよ。

明日、明後日、キッチリ横浜を倒し、オレ竜改めビビリ竜じゃ!

| | コメント (4) | トラックバック (11)

みんなのおこし。

先日来てくれたホットさんはお土産に、唐揚げ弁当、アサリめし弁当、桃のスイーツの他に、わざわざ大阪から、「みんなのおこし。」というお菓子を持ってきてくれました。

200609040050 さっき、食べてみました。

缶詰に入った岩おこしでした。

岩おこしを食べたのは多分20年以上ぶりです。

ホットさん、懐かしい味をありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決勝ラウンド、ロシアにストレート負け!

なかなか寝付けず、ふとテレビを点けたらバレーボールやってたので、つい観てしまいました。

女子のワールドグランプリ決勝ラウンド(inイタリア)です。

結果は、15-25、22-25、27-29のストレート負けでした。

スタメンから19歳の石川が出続けてましたが、まだまだ活躍するには至りませんでした。

これからに期待しましょう!

しかし、2セット目は4点くらいリードから、3セット目は7点くらいリードからの逆転負けです。

せっかくリードしたのに、もう少しなんとかならなかったかなぁ。

さすがに、地元イタリアの試合ではないだけに、会場はガラガラで、声援もまばらで、盛り上がりに欠ける雰囲気でした。

せっかく決勝ラウンドに残ったんだから、予選で応援隊をきどってたジャニーズのあんちゃんたち、イタリアまで行って応援したれや!

って、たまたま観た立場で、偉そうなこと言えませんが・・・。

明日は、ブラジル戦らしいです。

また夜中なので観るかどうか解りませんが、がんばれ日本!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

イイイイイイイイイイイイイイ!

いつもいつもいつもいつもイだけやん!

0-3でジャイアンツに負けてしまいました。

やっぱ昨日やりたかったですねぇ。

勢いのあるうちに甲子園で戦いたかったです。

打線は水物とは良く言ったもので、あれほど当たってた打線が、好投グローバーの前に完璧に抑えられました。

先発井川はイの2本だけだったんですけどねぇ。

って、前もそんな試合なかったでしたっけ?

仮にもエースと呼ばれる人が、同じ人に1シーズン5本もホームランを浴びたらいかんでしょう。

残念ながら6連勝で止まってしまいましたが、明後日からまた連勝すればいいんです!

横浜銀行さん、またまたよろしくお願いします!

| | コメント (4) | トラックバック (28)

木村元彦著『オシムの言葉』

木村元彦著『オシムの言葉』を読み終わりました。

著者の木村氏は、元々サッカー関係者でなく、アジア、東欧の民族問題を中心に取材・執筆活動をされているノンフィクションンライターなので、オシム監督を語る上で欠かせないユーゴスラビアの紛争の歴史なども正確に記述されていて、興味深く読むことができました。

民族紛争といった恵まれない環境で実績をあげたオシム氏が、恵まれすぎた環境で成長してきた日本サッカー界に足りないものを注入してくれるのか、

はたまた、そんなオシム氏のやり方は、平和ボケした日本サッカー界には合わないのか。

プロスポーツにおいては、結果が全てなので、2~3年後を楽しみに待ちたいと思います。

ちなみに本書は、良い結果を充分期待できそうな内容になってます。

この本に出てくるオシム語録の中から、興味を惹かれたものを幾つか挙げておきます。

「君たちはプロだ。 休むのは引退してからで十分だ。」

「ライオンに追われたウサギが逃げ出す時に、肉離れをしますか?

準備が足らないのです。」

「無数にあるシステムそれ自体を語ることに、いったいどんな意味があるというのか。

大切なことは、まずどういう選手がいるか把握すること。

個性を活かすシステムでなければ意味がない。

システムが人間の上に君臨することは許されないのだ。」

「今の世の中、真実そのものを言うことは往々にして危険だ。

サッカーも政治も日常生活も、世の真実には辛いことが多すぎる。

だから真実に近いこと、大体真実であろうと思われることを言うようにしているのだ。」

インタビュアーからの

“監督は目も覆いたくなるような悲惨な隣人殺しの戦争を、艱難辛苦を乗り越えて来られました。

試合中に何が起こっても動じない精神、あるいは外国での指導に必要な他文化に対する許容力の高さをそこで改めて得られたのではないか?”

との問いに、

「確かにそういう所から影響を受けたかもしれないが・・・。

ただ、言葉にする時は影響は受けてないと言ったほうがいいだろう。

そういうものから学べたとするのなら、それが必要なものになってしまう。

そういう戦争が・・・。」

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える Book オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

著者:木村 元彦
販売元:集英社インターナショナル
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ロスタイム、我那覇がイエメンを撃破!

アジアカップ予選A組、アウェイでのイエメン戦を1-0で勝ち、本戦出場をほぼ決定的なものとしました。

ジーコジャパンであまりにも走れない、走ろうとしない選手たちに腹立たしい感じを抱いてたので、「走りながら考える」と言うことをテーマに掲げているオシムジャパンには期待したいところです。

しばらくは、90分間走り続けられるかということに注目して、オシムジャパンを見守っていこうと思います。

先日のアウェイでのサウジアラビア戦は、後半20分頃を境に急に足が止まり、その5分後に1点を入れられて負けたので、今日のイエメン戦はどこまで走り続けられるかに注目してました。

高地ということもあるので、サウジアラビア戦の序盤よりも抑えた形ではありましたが、前半30分まではけっこう走ってました。

その辺で、ついうとうとしてしまい、気がついたら既に後半7分でした。

足の方は、前半が嘘のようにパッタリ止まってました。

それでも選手たちはヘロヘロになりながらも動かない足を必死に動かして、がんばってましたが、決定力に欠けました。

最後は、途中から入った我那覇がロスタイムに代表初ゴールを決め、なんとか勝ち点3をもぎ取りました。

アウェイ、2300m高地、デコボコピッチと3つの悪条件の中で、とにかく勝ったのは大きいです。

アジアカップ本戦出場はほぼ決定的となりましたが、ホームでのサウジ戦は、是非90分走りぬいて勝ってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほろ苦いマーブルチョコ

「The Way We Were」シリーズ第7話は、小2の時のお話です。

同じ団地の1学年上に、寺西君という危険な香りのする少年がいました。

スポーツ万能で、野球やサッカーはもちろん、メンコやビー玉などの遊びに関しても、3年生の癖に、5、6年生と対等に渡り合える実力でした。

しかし、みんなから慕われるタイプではなく、どちらかというと浮いた存在でした。

それは、寺西君が、生き物に対して、周りが引くくらい残虐なところがあるからです。

子供というのは、生き物に愛着を持つ反面、ときに残酷な面もありますが、寺西君の場合は、エスカレートしてくると手が付けられなくなります。

今でも強烈に覚えているのは、寺西君が1mくらいのヘビとアマガエルを捕まえてきて、アマガエルを生きたまま無理やりヘビの口から棒切れで押し入れたことです。

それから暫く待って、どれくらい溶けたかを調べようと、膨らんでるヘビのお腹の前後を、鎌でぶった切ったのです。

ある日、そんな寺西君が団地の倉庫の前に一人で座ってる場面に出くわしました。

寺西君は言いました。

「さざまるぅ、ええ物やるけぇこっち来いや。」

私が近づくと、

「これやるわ」

と言って、マーブルチョコを手の平の上に数粒ばら撒きながら、

「そこのスーパーで取ってきたんど! ちょろいのぉ。 ただじゃけぇうまいど!」

私は、万引きなどという悪いことをする人が身近にいたことに驚くとともに、まさに今私の手のひらにあるものが万引きされたものであると知り、一瞬躊躇しました。

Autumn_kashi しかし、今更返すわけにも行かず、しかも相手はあの寺西君です。

もし私が食べなければ、寺西君からすると、人に言われる危険性があることになるので、どんな脅しをしてくるかわかりません。

けっきょく私は、一瞬躊躇したあと、一気に全部食べて、お礼まで言ってしまいました。

その頃の私は、悪い事をしたら必ず母親に言い、説教&びんたを喰らってました。

恐らく、懺悔して罰を受けてスッキリするという効果を子供なりに期待して、わざわざ言っていたのではないかと思います。

家に帰ると今回の件も母親に言いました。

しかし、事が事だっただけに、母親は父親に言ってしまいました。

話を聞いた父は私に問いただしました。

「お前はその菓子を、食べた後で万引きしたもんとわかったんか?

それとも、万引きしたものと知ってて食べたんか、どっちや?」

父は、母と違って温厚で、子供に手を上げることはもまず無いんですが、ここぞと言うときには威厳のある人でした。

そんな父の、いつになく迫力のある聞き方に、私は思わず、

「食べた後で寺西君が万引きしたって言うた。」

と嘘をついてしまいました。

恐らくそれが、初めて両親に嘘をついた出来事です。

それから数日は、胸の苦しい、スッキリしない気持ちを抱えながら過ごしました。

けっきょく両親は、寺西君本人や寺西君の両親には何も言わず、仲が良かったスーパーの店長に、気をつけるように言ったのではなかったかと記憶しています。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

先発全員安打で福原の10勝目を祝う!

5-2で、ジャイアンツに勝ちました。

初回、2回とノーアウトのランナーを活かせず、ジャイアンツ先発のパウエルを崩しきれないでいるうちに、

4回表に、イの犠牲フライで先制されてしまいます。

しかし、この先制点は、逆に絶好調の猛虎打線に火を点けるきっかけに過ぎませんでした。

直後の4回裏、アニキが3塁打で出ると、濱ちゃんの2塁打であっさり同点!

矢野のタイムリーで、一気に逆転しました!

5回裏にはシーツのタイムリーで1点を追加するも、6回表に1点返されてしまいますが、

6回裏には再び矢野が2点タイムリーを放ち、

5-2とジャイアンツを突き放しました!

Still0021 終わってみれば、先発全員安打で、福原の完投による10勝目を援護する完勝でした!

先週のいい流れは、甲子園に帰ってからも衰えることを知りません!

やっと、やっと、投打がかみ合ってます!

このまま最後まで行ってくれ~!

| | コメント (4) | トラックバック (32)

アガシよ、長い間感動をありがとう!

2006090400000061reuspoview000 全米オープンを最後に現役引退を表明していたアンドレ・アガシが、3回戦でドイツのベンジャミン・ベッカーに敗れ、21年間にわたる現役生活にピリオドを打ちました。

私は、どちらかと言えばサンプラス派だったんですが、アガシのスーパーリターナーぶりには、何度も感動させてもらいました。

全盛期には、ストローク戦になると、1本もミスらないんじゃないかと思えるほど、安定したストローク力の持ち主でした。

乗ってくると、試合中のラリーだけじゃなく、ベンチからコートへ飛び出したり、ベンチへ戻る動きまでスピードアップされ、こうなるともう手がつけられませんでした。

若い頃の無法者(奇抜なファッションからそんな印象を受けただけかもしれませんが)ぶりからすると、まさか36歳まで続けるとは思ってもいませんでした。

本当にお疲れ様でした。

グラフとの間に生まれたお子さんは、きっとテニスをやるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

牡蠣アレルギー改善!?

私は、子供の頃から牡蠣が大好きでした。

ところが、入社して営業に配属された頃、主任に誘われて行った飲み屋で食べた牡蠣にあたってしまいました。

そのとき食べたのは生牡蠣だったので、フライなら大丈夫だろうと思い、半年後に牡蠣フライを食べたらまたあたりました。

さらに半年後、鍋物はどうかと土手鍋に挑戦するも、やっぱりあたってしまい、調理法には関係なく、牡蠣そのもののアレルギーになってしまったことを残念ながら認めざるを得ませんでした。

牡蠣にあたると、激しい吐き気と下痢に見舞われた状態が3日くらい続きます。

特に初日は、一睡もできずに上から下から出っ放しで、便器にしがみついてるようなひどい状態です。

熱は、高熱が出たり、微熱程度で済んだりだったように記憶してます。

1年間で3回もそんな状態を経験したので、さすがに牡蠣好きの私も、当分牡蠣は口にしないことを自分に誓いました。

それから3年して、そろそろ体質が改善されて大丈夫だろうと、土手鍋にチャレンジするも、ダメで、3年前の苦しい状態を再び体験することになります。

さらに2年後、会社のビル内にあるレストランでランチにシーフードチャーハン弁当を買って食べたんですが、家に帰ってから激しい下痢と吐き気に襲われました。

翌日、ランチを買ったレストランに、シーフードチャーハンの材料を聞いたところ、隠し味的に、細かくすり潰したような牡蠣を入れてるとのことでした。

どうやら、精神的なものでもなく、知らずに食べてもあたることが判りました。

それ以来、15年近く、見事に牡蠣を避けて来ました。

そして迎えた昨日、ホットさんは、鳥の唐揚げ弁当とデザートの他に、アサリめし弁当を夜用に買って来てくれてました。

その中に、牡蠣フライが2つ入ってるじゃあありませんか!

最初はいつも通り、それを避けてアサリめしを食べてたんですが、次第によからぬ思いが頭をよぎり始めました。

ホットさんがせっかく買ってきてくれたしなぁ。

明日も明後日も特に予定はないから、もしあたっても3日間寝込んでるだけの暇はあるしなぁ。

それに、ホロ酔い気分で気持ちが大きくなってたこともあり、思い切って、15年ぶりに牡蠣フライ2つを口にしました。

やっぱおいしいですね。

それから20時間以上経ちましたが、なんともありません。

どうやらあたらなかったようです。

15年の間に体質が変わったのでしょうか?

だとしたら、20年ぶりに、牡蠣を味わう楽しみが復活です。

また暫くして、牡蠣フライにチャレンジして見たいと思います。

それで問題なければ、次は生牡蠣にレベルアップです。

何回か実績を積み上げるまでは、おっかなびっくりしながら食べることになりそうですが・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ごめん! デザート忘れてた!

今日、ホットさんは、唐揚げ弁当の他に、デザートを2人分持ってきてくれてました。

しかし、冷蔵庫に入れたまま、話がはずんでるうちにスッカリ忘れてました。

さっき気づいて、2つとも頂きました。

昼食後に2人で食べようと思って買ってきてくれたのにね・・・。

ごめんなさい! ホットさん!

お菓子のことは良く解りませんが、おいしかったです。

200609040042 一番下に、ピンク色のゼリーが敷いてあって、

その上に、うっすらとスポンジケーキが敷いてあって、

そのまた上に、ババロアがどっかり乗っかってて、

いやムースか? プリンでは無いなぁ?

ん!? ムースってどんなんだったっけ!?

やっぱり、多分ババロア。

で、その更に上に、透明なゼリーが乗ってて、

最後に、桃の缶詰みたいな桃が半分乗せてあります。

あっ、も1つ、多分ハーブ系の何かの葉っぱ?が乗せてありました。

う~ん。 お菓子のことを解らないで説明するのは難しい。。。

と、とにかくおいしかったです。

2人分食べると意外にボリュームあったし・・・。

プラスチックの容器は面白い形なので、一応洗っときました。

でも使い道無いかな。

これで酒でも飲んでみます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ホットさん来訪

今日は、昼前から昼過ぎまで、前の会社の関係で知り合いになった、ホットさんが訪ねて来てくれました。

彼は、5年前から白血病と闘っており、最初は東京の病院に入院したんですが、弟の骨髄を移植してもらうために、4年半前から実家の大阪に帰って治療を続けてます。

昨日、がん患者の方々が結集して筑波大学で行われた一大イベント、「リレー・フォー・ライフ.」に参加したついでに寄ってくれました。

3年くらい前、まだ私が元気だった頃、大阪までお見舞いに行って以来の再会でしたが、その頃に比べると、随分元気になってました。

免疫力がかなりついて、抗がん剤とステロイド剤の副作用と戦いながら、週3~4日の職場復帰を果たしてるそうです。

今は、骨密度が正常の人の60数%しかなく、ちょっとしたことで骨がつぶれてしまい、一度つぶれると治らないので、それが心配だと言ってました。

ところでホットさん、骨髄移植を受けて、血液型がA型からAB型に変わったんですが、数時間会話した感じだと、性格は変わってない様子でした。

ホットさん、勇気唐揚げ弁当ありがとう!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

安藤優也、見事なプロ初完封!

8-0で、横浜に快勝です!

今日は、先発ピッチャーが9回を投げきり、打つほうでは、先制、中押し、ダメ押しと、絵に書いたような理想的な展開でした。

Still0019_2 何と言っても先発の安藤が、5安打1四球で完封!

と、見事なピッチングを見せてくれました。

昨日の吉野に続き、03年優勝の立役者安藤の活躍は、今後の展開を考えたときに、勇気百倍です!

また攻撃では、まず3回に赤星の四球から、

関本、シーツ、金本、濱中の4連打で3点を先制!

5回には、ツーアウトから関本が四球で出ると、

シーツのツーランホームランで中押し!

8回には、シーツ、金本の連打のあと、

濱中のスリーランホームランでダメ押し!

完璧な展開でした。

特に、つなぎ役、ホームラン、チャンスメーカーと、全ての得点シーンに絡んだシーツの活躍には、目を見張るものがありました。

取りこぼしの許されない横浜戦、しっかり連勝できました。

本当にいつもいつもありがとう、横浜銀行さん。

来週のジャイアンツ戦、がんばって3つ取れば、面白くなってきますよ!

その前に、今夜のうさぎさん、せめて1つくらい勝ってちょうだいな。

| | コメント (2) | トラックバック (32)

恐怖の下位打線&吉野がピシャリ!

5-3で横浜に勝ちました。

1番、3番、4番は1度も出塁できず、今日はお休みでした。

それでも勝ちました。

ありがとう横浜銀行さん。

2回表、おとといの勢いそのままに、濱ちゃんがツーベースで出塁すると、

まずは鳥谷が初球をたたき、先制ツーランホームラ~ン!

続いて矢野さん、見事アベックホームラ~ン!

早くも3点先制すると、4回表には

先発お杉の2点タイムリーヒ~ット!

で5点をリードしました。

さすが横浜さん、楽勝やんと思ったのがいけませんでした。

5回以降は、シングルヒット1本だけに抑え込まれました。

逆に横浜に3点を取られ、2点差に迫られてしまいました。

8回はジェフが満塁のピンチを作るもなんとか抑え、

Still0018_3 9回は、日替わり守護神、今日は吉野!

見事3人でピシャリと締めて、プロ初セーブをあげました。

おめでとう吉野誠!

球児を休ませることができました。

後は、今岡誠が帰ってきたら、ダブル誠の救世主や!

それから、先発お杉も良く投げて、良く打ちました。

先日の藤川の涙のお立ち台の横で、能天気にヘラヘラ笑ってる姿を見て以来、こいつは只者じゃないと思ってました。

さて、夜はジャイアンツと女子バレーを応援しよう。

| | コメント (2) | トラックバック (25)

ヒンギス2回戦敗退!

今週から、テニスの全米オープンが始まってますが、WOWWOWに加入してないので、見ることができません。

日々の結果は、一応Yahoo!スポーツ - テニス トピックス.やテニス|WOWOW ONLINE.で確認してます。

2006090104679066jijpspoview001_1 今日残念なニュースが飛び込んできました。

マルチナ・ヒンギスが2回戦で、フランスのラザノとかいう人にストレート負けしたようです。

もう1度、4大大会の決勝で戦う姿を見たいのですが・・・。

がんばれ、マルチナ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドミニカに競り勝つ!

バレーボール女子ワールドグランプリ予選、岡山ラウンドの初戦、日本は、ドミニカ共和国にフルセットの末、競り勝ちました。

ドミニカ共和国は、ここまで、王者ブラジルとフルセットまで食い下がり、中国を苦しめ、アメリカを破るといった快進撃を続けており、日本にとって、決して簡単な相手ではありませんでした。

日本が1セット目を大差で取るも、2セット目を大差で奪われ、再び3セット目を大差で取るも、4セット目を大差で奪われるといった展開でした。

日本の調子はセット毎にそんなに変わらず、10代が3人と若いドミニカの調子によって、セット毎の勝敗が変わるといった感じでした。

さあ、ファイナルセットのドミニカの調子は?

立ち上がりドミニカが力んで、日本がリードを奪うとそのリードを守り続けて終盤まで行きました。

しかし、10点を超えたあたりでとうとうドミニカに逆転されてしまいます。

14-12でマッチポイントを握られ、けっきょく競り負けかと思ったんですが、そこから4連続ポイントで起死回生の逆転勝ちでした。

競っても勝てるようになりました。

なんか、今年の強さは本物のようです。

明日は、5勝2敗同士のイタリアと激突です。

がんばれ日本!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤木春恵さん語録

NHKの「スタジオパークからこんにちは」にゲスト出演されてた女優の赤木春恵さんが以下のようなことをおっしゃられてました。

「家に帰ると女優になるの。

おばあちゃん役、母親役、娘役と楽しんで演じ分けるのよ。

そういったことも大家族で円満にやっていくコツかな。」

「何事も人のせいにしないで、自分のせいにするの。

あのときもっと私がこうしておけばとか、こう言ってればとか、こういう態度を取っていればとか・・・。

そうやって、寝るまでに反省しておけば、グッスリ眠れる。

人のせいにしてしまうと、あんちくしょうとか、この野郎という思いが溜まって、ストレスになるの。」

なるほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司馬遼太郎著『空海の風景(上・下)』

司馬遼太郎著『空海の風景(上・下)』を読み終わりました。

「弘法も筆の誤り」で有名な弘法大師こと空海ですが、この本を読む前の私の知識は、真言宗という密教を体系立てたということと、日本史の中に登場する人物の中で、群を抜いて天才と言われていることぐらいしか知識がありませんでした。

そんな状態でこの本に取り組んでみて、正直難しかったです。

先に、空海伝説のようなものに接してでもいれば、もう少し興味を持って読み進められたと思うのですが・・・。

ただ、以下のようなことは、読み取ることができました。

空海は、唐に留学したときに、恵果(えか)という人に正密(体系化された密教)を伝授された。

密教は、金剛頂経系と大日経系の2つがインドから唐に伝わってきたが、恵果は、両方を修得した唯一の人。

空海は、この恵果に見込まれて、この人から正密を伝授されたおかげで、日本に帰ってから最澄より常に一歩先んじることができた。

あと、後半で語られる、空海と最澄と弟子の泰範を絡めた人間模様は、面白かったです。

空海の風景〈上〉 Book 空海の風景〈上〉

著者:司馬 遼太郎
販売元:中央公論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

空海の風景〈下〉 Book 空海の風景〈下〉

著者:司馬 遼太郎
販売元:中央公論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »