« 日向ぼっこに出かけたけれど・・・。 | トップページ | 司馬遼太郎著『空海の風景(上・下)』 »

こいつらホンマにやりよった!奇跡の大逆転!

8-7で、中日に大逆転勝ちです。

たとえ

エース福原が序盤に5点を取られてノックアウトされようとも、

川上相手に4点のリードを許そうとも、

名手シーツが2つもエラーして悪い流れに傾こうとも、

荒木に2盗塁を決められようとも、

檜山が1点差に迫るタイムリーツーベースを打った直後に、再び1点取られて突き放されようとも、

7回までゲームを支配されて、苦しい展開が続こうとも、

それでも負けるわけには行かないんです!

試合を諦める訳には行かないんです!

その気持ちを、この男が8回裏に形にしてくれました。

Still0015_2 男・濱中おさむ! 

左中間へ夢の大逆転ツーランホームラ~ン!

さらに鳥谷が続きます。

右中間へアベックホームラ~ン!

8-6と2点差をつけて9回を球児に託します。

おっと、球児が連打で1点を返され、なおもツーアウトながらランナー1、2塁です。

そこで、岡田監督がマウンドに向かい、球児に檄を飛ばします。

バッターは、4番ウッズ。

ファールで粘られ、カウントはツースリー。

8球目に投げた153㌔渾身のストレートにウッズのバットが空を切りました。

昨日に続き、終盤までリードを許す苦しい展開でしたが、諦めない気持ちが奇跡の大逆転を引き起こしました。

さあ、次はペナントレースの奇跡を見せてくれ!

ひょっとすると、ひょっとしますよ!

|

« 日向ぼっこに出かけたけれど・・・。 | トップページ | 司馬遼太郎著『空海の風景(上・下)』 »

「阪神タイガース」カテゴリの記事

コメント

さざまるさん、こんばんわ
≫ひょっとすると、ひょっとしますよ!
ですよね♪“奇跡のゴール”あるかもしれませんねw

投稿: ささこ | 2006年8月31日 (木) 22時05分

こんばんわ!
まさかの奇跡を起こしてもらいましょう!
高校野球のミラクルよ再び…虎のもとへ。

投稿: HIDE-X | 2006年8月31日 (木) 22時31分

ささこさん、こんばんは。
今まで、先行逃げ切りパターンが多かったんですが、ここにきてようやく逆転の仕方もわかってきたようです。
奇跡を信じて、最後まで粘り強く戦って行きましょう!

投稿: さざまる | 2006年8月31日 (木) 22時31分

HIDE-Xさん、こんばんは。
甲子園を舞台として巻き起こされた高校野球のミラクルは、甲子園を本拠地とする阪神タイガースのミラクルで幕を降ろしましょう!

投稿: さざまる | 2006年8月31日 (木) 22時50分

最後は本当に手に汗握って・・・
あ~どきどきしましたわ。
ずっと甲子園なら勝ち続けられるかも・・・

投稿: なぽたん | 2006年8月31日 (木) 23時10分

なぽたんさん、こんにちは。
ほんとこの3連戦、見ごたえのある試合が続きましたね。
ずっと甲子園、いいですねぇ。
それだけ応援の力って凄いんでしょうね。
ってことは、残り試合、ナゴヤも他球場も全席虎ファンで占拠しますか!

投稿: さざまる | 2006年8月31日 (木) 23時20分

いつもトラバありがとうございます。今日の逆転勝ちはすごかったですね!特に、浜中、鳥谷のアベックアーチには驚きました。9月も、このまま、頑張ってほしいですね!

投稿: lemonade | 2006年8月31日 (木) 23時25分

lemonadeさん、こんばんは。
ほんとアベックアーチはしびれました。
おっ、そう言えば明日から9月ですね。
ミラクルセプテンバーの始まりや!

投稿: さざまる | 2006年9月 1日 (金) 00時22分

こんばんわ!!
さあ!さあ!奇跡への扉が少し開いたかも。。。
誰一人諦めてはいないのだ!
次は15日から、ナゴヤドーム!!!

投稿: RED☆ | 2006年9月 1日 (金) 01時37分

RED☆さん、こんばんは!
ナゴヤまでに、少し縮めたいですね。
そのためには、残り試合全部今日のような気持ちで挑みましょう!

投稿: さざまる | 2006年9月 1日 (金) 03時06分

さざまるさん、こんばんわ。
ハイ!ひょっとしましょ!!
風は阪神に吹いてます。神風が!

投稿: じゃん | 2006年9月 1日 (金) 18時36分

じゃんさん、こんちは。
濱ちゃん、鳥たんのホームランは、神風が運んでくれた感じでしたね。
この勢いで、ナゴヤドームでも神風を吹かせましょう!
室内球場とか関係ないです。
気合です!

投稿: さざまる | 2006年9月 1日 (金) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日向ぼっこに出かけたけれど・・・。 | トップページ | 司馬遼太郎著『空海の風景(上・下)』 »