« 台風をも吹き飛ばす、左のエース井川の快投! | トップページ | 矢野、怒りの退場も実らず! »

南陽工業vs駒大苫小牧

夏の高校野球は、横目でチラチラ見てはいるんですが、じっくり観たのは今日の第3試合、南陽工業vs駒大苫小牧が初めてでした。

夏3連覇を目指している王者駒大苫小牧に、28年振りに出場を決めた南陽工業が挑む形で行われたこの試合、相手のエラー絡みで駒大苫小牧が3回までに4点を取り、圧勝かと思われました。

しかし、3回途中から代わった南陽工業の村岡投手が、粘りのピッチングで追加点を許さず、中盤は逆に南陽工業が駒大苫小牧のエース田中を攻め立て、7回表までに4-3と1点差にまで詰め寄りました。

しかし、7回裏に駒大苫小牧が1点追加し、5-3と突き放すと、そのままゲームセットとなりました。

南陽工業は、5回に、センターで4番と攻守に要の立野を右肩脱臼で欠くアクシデントにも負けず、王者と互角の試合をしましたが、大事なところでエラーやバントミスが出て、もったいなかったです。

ところで、南陽工業と言えば、28年前に出場したときの天理との2回戦を良く覚えてます。

お袋の実家で観てたんですが、後に広島カープの炎のストッパーとなられる津田恒美投手を中心とした守りのチームでした。

確か、5回の表か裏に津田投手が唯一投げたカーブをホームランされ、0-1で負けてしまいました。

他は全球ストレートだったという話を聞いて、もったいないと思った記憶があります。

津田投手は、残念ながら現役中に脳腫瘍に侵され、32歳のさでこの世を去ることになりますが、直球一本やりの気迫のピッチングに魅了された私にとって、阪神以外の選手の中では、好きな選手の1人でした。

最後のストライク―津田恒美と生きた2年3カ月 Book 最後のストライク―津田恒美と生きた2年3カ月

著者:津田 晃代
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 台風をも吹き飛ばす、左のエース井川の快投! | トップページ | 矢野、怒りの退場も実らず! »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
TBを返して頂いた上にコメントまでありがとうございました。
タイガースの熱い記事を拝見しに、
また時々お邪魔させていただきます。

投稿: ニノ | 2006年8月13日 (日) 23時29分

ニノさん、こんばんは。
こんなブログでよろしければ、いつでもいらして下さい。
私もそちらにお邪魔させて頂きますので、よろしくお願いします。

投稿: さざまる | 2006年8月13日 (日) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/3008699

この記事へのトラックバック一覧です: 南陽工業vs駒大苫小牧:

» 夏に思い出すひと [数千の天使とピクニック]
炎のストッパーという言葉を覚えているのは、私が野球好きだったからではない。 津田 [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 21時28分

« 台風をも吹き飛ばす、左のエース井川の快投! | トップページ | 矢野、怒りの退場も実らず! »