« 何なんだ! この男は! 世界の金本じゃ! | トップページ | えぇっ!? まさか球児まで? »

野口嘉則著『鏡の法則』

野口嘉則著『鏡の法則』を読み終わりました。

サブタイトルは、「人生のどんな問題も解決する魔法のルール」となってます。

こ手の話は、なかなか素直に受け入れられないで来ました。

少し種類が違うかもしれませんが、母親が相田みつをさんに凝ったときも、

「当たり前のことをもっともらしく筆と墨で書いてるだけやん!」

と思った程度でした。

最近では、そのこと自体が素晴らしいということもわかる年にはなってきましたが・・・。

今回は、この手の本、読まず嫌いということもあるかもしれないので、たまにはいいかと思い、読んでみました。

その他の動機として、

アマゾンの「なか身!検索」で、書き出しを読んで、

「自分の子供がイジメに会っていることを知ったときに、どうしますか?」

というようなことが書かれていたことに興味を持ったということもあります。

また、著者が管理されているブログに2~3面白い話を見つけたということもあります。

前置きが長くなりましたが、内容はというと、本文の中からそのまま引用させて頂くと、

「現実に起きる出来事は、一つの『結果』です。

『結果』には必ず『原因』があり、

その原因は、あなたの心の中にあるのです。

つまり、あなたの人生の現実は、

あなたの心を映し出した鏡だと

思ってもらうといいと思います。」

というようなお話です。

特に、『許す』ということの重要性が説かれてます。

自分を『許す』ということ、家族を『許す』ということ、他人を『許す』ということ。

それが、重要だとわかっていても、なかなかできることではありません。

ただ、この本には、実行するための具体的な手順まで書かれてます。

そこが、いわゆる説法とは違い、コーチングと称されるゆえんでしょうか。

たまにはこの手の本に触れるのもいいかな、

と思えたのは、私も年を取ったということでしょう。

でも、本の帯のように、

「読んだ人の9割が涙した!」

っていうのは、ちょっと言い過ぎ!

鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール Book 鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール

著者:野口 嘉則
販売元:総合法令出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 何なんだ! この男は! 世界の金本じゃ! | トップページ | えぇっ!? まさか球児まで? »

心と体・福祉」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/2824679

この記事へのトラックバック一覧です: 野口嘉則著『鏡の法則』:

« 何なんだ! この男は! 世界の金本じゃ! | トップページ | えぇっ!? まさか球児まで? »