« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

こいつらホンマにやりよった!奇跡の大逆転!

8-7で、中日に大逆転勝ちです。

たとえ

エース福原が序盤に5点を取られてノックアウトされようとも、

川上相手に4点のリードを許そうとも、

名手シーツが2つもエラーして悪い流れに傾こうとも、

荒木に2盗塁を決められようとも、

檜山が1点差に迫るタイムリーツーベースを打った直後に、再び1点取られて突き放されようとも、

7回までゲームを支配されて、苦しい展開が続こうとも、

それでも負けるわけには行かないんです!

試合を諦める訳には行かないんです!

その気持ちを、この男が8回裏に形にしてくれました。

Still0015_2 男・濱中おさむ! 

左中間へ夢の大逆転ツーランホームラ~ン!

さらに鳥谷が続きます。

右中間へアベックホームラ~ン!

8-6と2点差をつけて9回を球児に託します。

おっと、球児が連打で1点を返され、なおもツーアウトながらランナー1、2塁です。

そこで、岡田監督がマウンドに向かい、球児に檄を飛ばします。

バッターは、4番ウッズ。

ファールで粘られ、カウントはツースリー。

8球目に投げた153㌔渾身のストレートにウッズのバットが空を切りました。

昨日に続き、終盤までリードを許す苦しい展開でしたが、諦めない気持ちが奇跡の大逆転を引き起こしました。

さあ、次はペナントレースの奇跡を見せてくれ!

ひょっとすると、ひょっとしますよ!

| | コメント (12)

日向ぼっこに出かけたけれど・・・。

今日は天気が良かったので、近所の川原で寝転んでいようと出かけたんですが・・・。

200608311330 なんだか自衛隊の方々が川の両岸を、けっこう広い範囲に亘って占拠していて、土手に入れませんでした。

どうやら防火訓練だか防災訓練だかやってるようです。

残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝てなかったかぁ。。。

延長12回、3-3で中日に引き分けです。

下さんは7回を2失点と粘りのピッチングを見せてくれました。

2点リードで迎えた6回裏、

濱ちゃんは、好投朝倉を打ち砕く、レフト前タイムリーを打ちました。

7回裏には、

セッキーが、バットを砕きながらも執念の同点タイムリーを打ちました。

8回裏には、

矢野さんが、意地のタイムリーで、とうとうと3-2と逆転しました。

し、しかし、9回表、

きゅ、球児が、あと1人コールの中、井上に同点ホームランを浴びてしまいました。

それでも勝たなければならない阪神は、延長の3回を、安藤~ジェフ~ダーウィン~吉野と魂のリレーでドラを0封!

しかし、打つほうも、クネクネ鈴木とデニーに抑えられてしまいました。

9回裏に、前の回から守備についていた中村豊に打順が回ってきたので、去年のサヨナラホームランを思い出したんですが、スペンサーに代えられてしまいました。

そのまま豊だったら、12回裏にも打順が巡ってきてたんですが・・・。

解説の福本さんが、昔話はするなと言われてたので、このくらいにしときます。

あと、7回裏に、フジモンと下さんを、檜~さんと片岡に2枚代えしたところは、下さんと檜~さんの1枚代えで良かったんじゃないかなぁ。

単純に今のフジモンと片岡を比較すると、まずその後の守備力が違います。

片岡は、もっと早い時期に1度ファームで調整させてあげて、8月のチームが辛い時期になって満を持してベテラン登場といった舞台を用意してあげれば、違った形になってたと思うんですが・・・。

それから、久保田が腰痛で、登録抹消です。

吉野は最後に福留を抑える、いい働きをしてくれました。

今年はずっとファームで調子がいいと聞いてたので、残り試合少ないですが、がんばってもらいたいです。

さて、残念ながら勝てませんでしたが、やはり試合は明日もあさっても続きます(あさっては無いか)。

長いペナント、諦めの悪さと切換えの速さが必要です。

ゲームセットまで試合を諦めない!

その試合をもし、勝てなかったら次の試合に気持ちを切換える!

気持ちを切換えて、明日がんばりましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (21)

見たかドラ竜!“諦めの悪さ”それがトラ流や!

9-2で、中日に完勝です。

初回に濱ちゃんが、粘りに粘って中田の9球目をセンター前に弾き返して先取点をもぎ取りました。

これで、今日の中田は何とかなるんじゃないかという気にしてくれました。

しかし、直後の2回表に井川があっさり同点に追いつかれ、不安がよぎります。

3回裏には、関本からの3連打で満塁のチャンスを作ると、濱ちゃんの内野ゴロの間に1点をあげ、さらにワイルドピッチでもう1点追加して3-1としました。

こうなったら、あとは井川にがんばってもらって、球児につなごう!

そのためには、今度こそ点を取った次の回を抑えてくれ~!

よっしゃ、4回表0で抑えた!

そして迎えた4回裏、今までのドラ戦のウップンを晴らすかのように、赤星四球の後、

関本、シーツ、金本、濱中、鳥谷、矢野(HR)と6連打で一挙6点を取りました。

ベンチレポーターの土井麻由美さんもタイムリー談話で大忙しです。

こうなったら、今度は井川に完投してもらおう!

6回表に福留にホームランを浴びるも、その後をシッカリ抑え、8回表を投げきったところで豪雨となり、コールド勝ちです。

今日目立ってたのは、セッキーと濱ちゃん!

セッキーは、初回と3回にはチャンスメーカーとなってホームを踏み、4回には赤星を返すタイムリーツーベースを放ち、6連打への流れを作りました。

Still0010_10 濱ちゃんには、全打席において、なんとかしてやろうという粘りの姿勢が見られました。

いまいちだったのが藤本君。

3度もフジモンでチェンジになり、井川が先頭打者という悪い打線の巡りを作ってしまいました。

明日はがんばってな!

あと、アニキは、当然のように4回とも出塁し、見事に1,000四球達成です。

史上12人目だそうです。

四球が多いのは強打者の証なので、これも凄い記録だと思います。

球児の涙で、選手、ファン、首脳陣の気持ちが再び1つになりました!

こうなるとタイガースは強いで!

| | コメント (10) | トラックバック (32)

兄弟ゲンカ

「The Way We Were」シリーズ第6話は、兄弟ゲンカのお話です。

私は、幼少の頃、2つ年下の弟とよくケンカをしました。

男同士なので、口より手が先に出てしまいます。

素手でつかみ合い、殴り合うといった形になります。

武器を使うことは卑怯者のすることだと、親父から堅く禁じられていました。

それでも、両親が出かけて弟と2人で留守番しているときにケンカが始まると、ヒートアップして、ついつい何かを掴んでしまいます。

主には、1mの長い竹のものさしだったり、ハエたたきだったり、皮のベルトだったりしました。

2782163434_2 皮のベルトをお互いが手にしたときは、金具がついてない方でたたき合うんですが、エスカレートしてくると、金具がついてる方を相手に向けて、

「ホンマにこっちでたたくど!」

「オレもど!」

などと言い合ったまま、睨み合いが続きます。

けっきょく、金具の方でたたいたら大変なことになるのがわかってるし、自分がたたくと、相手が逆上して、何倍もたたき返されることも想像できるので、実際にたたき合うことなく終わるんですが、そういうときに、どうやってケンカが終わっていたのかは残念ながら忘れてしまいました。

また、お互いがフォークを掴んだまま睨み合うということもあったと思いますが、

ある日、親戚のおばちゃんが、

「この前、うちの息子たちが、包丁を掴んで睨み合ってたんでビックリしたけど、ぶん殴って止めてやったわ。 男兄弟のケンカには困ったもんよ。」

と話しているのを聞いて、なぜだかいとこ兄弟に負けた気がしました。

ケンカの真っ最中は弟が憎らしくて仕方ないのですが、何時間かすると、完全に忘れて仲良く遊んでしまうから不思議なものですね。

弟と取っ組み合いのケンカをしなくなったのは、いつからでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お帰り球児! 涙のお立ち台!

3-2でジャイアンツに勝ちました。

今日のタイガースの先発は杉山。

Still0009_3 初回の満塁のピンチを切り抜けると、2回からは、去年までのお杉が帰ってきたかのような強気のピッチングで、7回までを犠牲フライの1点だけに抑えました。

昨日までの最悪の流を、まずはお杉が断ち切ってくれました。

打つほうは、読売先発のジャンだかチャンだかに抑え込まれてましたが、点を取られたすぐ裏に、赤星がヒットで出て、関本が送り、シーツのタイムリーで同点に追いつきました。

1-1の同点で迎えた8回表には、

お帰りなさい、球児!

2、3、4番をピシャっと3人で切って捨てました。

するとその裏、

ワンナウトから関本が死球で出ると、シーツがツーベースで続き、金本は敬遠。

満塁から、まずは濱ちゃんがタイムリーセンターゴロで逆転!

鳥谷もタイムリーヒットで続きました。

9回表も球児が続投し、

ってお~い、急に中継が終わってしまいました。。。

慌ててskyAに代えると、ボクシングやってます。

しばらくして始まると、ニ岡にホームラン?

打たれてました。。。

Still0006_2 しかし、後続を討ち取って、ゲームセットです。

球児の涙のお立ち台に、この連敗中、ファンと同じように選手たちもいかに悔しかったかが伝わってきました。

泣くな球児!

昨日までの悔しさを、来週のドラ戦にぶつけてくれ!

俺たちファンがついとるで~!

球児も凄かったけど、昨日までの悪い流れを見事に断ち切ってくれた杉山も良くやってくれました。

Still0002_9 ところで、今日の解説は、よっさん&木戸さん+長島Jr.でした。

昨日のペナントが終わったかのような、他人事のような星野SD&田淵さんのぐだぐだ解説よりは良かったです。

まぁ、昨日のぐだぐだな試合じゃあ解説のしようがなかったのかもしれませんが・・・。

やっぱ解説は、よっさんのが好きです。

| | コメント (14) | トラックバック (36)

ボトックス注射

先日、大学病院に行ったときに次回ボトックス注射の予約をしてきました。

これで5回目の注射になりますが、この痛みは何回経験しても慣れないですね。

ボトックス注射は、シワ取りのために美容整形などにも使われてますが、私の痙性斜頚という病気にも有効な場合がある(あくまでも対症療法)ということで、首周りの筋肉に施してます。

現在、日本で認められてるのは、1回あたり1単位~3単位までで、1回打ったら次に打つまで、最低3ヶ月あけないといけないようです。

2351077148_2 確か1単位は300㎎だったと思います。

私の場合は、1度に2単位を打ってるのですが、この2単位を12等分して、すなわち12回に分けて、要するに12回注射針を首に刺されるんです。

注射を打つ前に、まず、首から肩にかけて、コードがついたシールをぺたぺた貼って筋電図を取り、効果的なポイントを見極めます。

さらに、注射針の先には筋電図を測れるセンサーのようなものが付いているようで、針を刺したあとに筋肉の中をグリグリと動かして、筋緊張が激しい場所を探すんですが、これがまた痛いんです。

これを12回連続して受けるのは耐えられないので、6回やって1度休憩させてもらってます。

医者によっては、有効ポイントを特定するにあたって、筋電図に頼らず、触診だけとか、患者に辛い箇所を聞いてとか、事前にブロック注射で効果の程を試してとか、いろいろな方法があるようです。

1回の量についても、効きすぎたら逆に首に力が入らなくなることもあるようで、加減が必要です。

有効ポイントの特定と量の加減によって効き目が違うようなので、その辺はただの注射と違い、医者の経験と工夫がものを言うのではないかと思います。

痛くない注射針(インシュリン用)を開発された岡野さんに、ボトックス用の注射針も開発してもらいたいものです。

あしたの発想学―いかにして痛くない注射針はできたのか!? Book あしたの発想学―いかにして痛くない注射針はできたのか!?

著者:岡野 雅行
販売元:リヨン社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3)

がんばれ阪神タイガース!

0-10でジャイアンツに完敗です。

昨日、自ら手放した流れを引き戻すことは、オクスプリングといえども無理でした。

流れには1試合の中での流れ、シーズン通しての流れ、3連戦の流れとありますが、

昨日の試合で3連戦の流れを引き継いだ内海に、その流れに乗ってスイスイと完封されてしまいました。

この難局を乗り切るには、選手とベンチが一丸となって、立ち向かうしかありません。

選手会長主導のもと、首脳陣を交えた決起集会でも立ち上げて、今、何をすべきか、確認し合ってください。

1人1人が、自分の1打席1打席に、また1投1投に、責任を果たそうと必死になってるのはわかりますが、

どうにもまとまってない気がして仕方ありません。

自身を失っている選手(首脳陣)がいたら、仲間から勇気をもらって下さい。

遅きに失する?

いやいや、そんなことはありません。

明日も明後日も試合が続く限り、

そしてその試合を楽しみに球場に足を運んでくれるファンがいる限り、

ベストを尽くすのに遅すぎるなんてことはありません。

そして、私は何をするべきか?

応援あるのみです!

がんばれ阪神タイガース!

まずは、内野陣がマウンドに声をかけることからでも始めて見ようや!

| | コメント (9) | トラックバック (19)

バッテリー寿命

ホカ弁買いに行こうと車に乗ったんですが、エンジンがかかりません。

ライトや室内灯のつけっ放しを疑いましたが、そのような形跡はありません。

3年半前に中古で購入してから一度もバッテリーを交換してなかったので、とうとう寿命が来たかと思いながら、JAFに電話しました。

200608261807_2 20分くらいで来てくれるとのこと。

病気になってから点検や洗車など、車のケアが全然できてなかったので、別のもっと深刻な故障だと面倒だなあと思いながら待ってると20分でJAFが到着。

JAFの兄ちゃんが10分くらい点検してくれて、やはりバッテリーが相当傷んでると判明。

新しいバッテリーに10分で交換してもらい、修理完了です。

ライトの明かりや、メーターの明かりが急に明るくなった感じがします。

JAFの兄ちゃんお疲れ様でした。

今、車がダメになったら、生活がとても大変なことになるので、せめて電車に乗れるようになるまでは頑張って動いてや~。

あぁ腹減った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掴んだ流れを自ら手放し、上原に100勝目をプレゼント!

2-5でジャイアンツに逆転負けです。

野球というスポーツは、いかに流れを掴むか、いかに掴んだ流れを放さないかということが非常に大切です。

対戦相手との力の差が拮抗しているプロにおいては、特に言えることです。

6回裏にシーツのツーランホームランで均衡を破り、流れを完全に我が物にした阪神タイガース。

7回表に好投を続けていた福原をウィリアムスに代えることによって、自ら流れを手放してしまいました。

しかも、ツーアウトから上原に出会いがしらのヒットを打たれただけで・・・。

けっきょく代わったウィリアムス、久保田と、フォアボールを挟む6連打で、一挙5点を取られてしまいました。

Still0010_6 さすがのフクちゃんもこの交代には不満いっぱいの表情でした。

安定感抜群の去年のJFKが控えてるのならば、福原もファンも納得できたでしょう。

しかし、今年は違うんですから。

福原の疲れを考えてのことかもしれませんが、納得の行かない交代では、余計に疲れは残ります。

8/3のジャイアンツ戦で、同じく好投していて代えられた下柳が、マウンド上で不満な態度をあからさまに表していた時に、嫌な予感がしました。

もしかして、選手と首脳陣の間の信頼関係が崩れてるのではないかと・・・。

ファンが、首脳陣の采配にケチをつけるのは仕方のないことですが、選手が首脳陣に不信を持ち始めているとしたら深刻です。

そもそも岡田阪神は、采配の妙よりも選手との信頼関係で勝ってきたようなところがありますから・・・。

下さんともあろう人が、そんなことぐらいで自分のピッチングを見失うことは無いと信じたいのですが、8/3以降の下さんの粘りの無いピッチングを見てるとそのようなことを考えてしまいます。

今日の交代により、今後の福原が心配です。

次投げる時も、今日のような素晴らしいピッチングを見せてくれよフクちゃん!

ファンは応援してるぜ!

それにしても、

何がやりたいんや!

どこに向かっとるんじゃ!

我らが阪神タイガース!

| | コメント (2) | トラックバック (26)

風鈴

外を歩いてると少し風を感じた。

今年は風鈴を吊るしてないことを思い出す。

もう9月になろうかというのに、忘れてた。

うちに帰ってカーテンレールに吊るして見るが風を感じない。

あまりにも風通しの悪い我が家にがっかり。

200608240902_1 試しに一息吹きかけて見る。

ちり~ん♪ 

と鳴る。

おぉ、風流。

さらに、フ~ッ、フ~ッ、フ~ッ!

ちり~ん、ちゃり~ん、ちろりろり~ん♪

息が切れた。

余計に暑い。

残暑は続くよどこまでも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

久保田劇場にて逆転劇が再び開演!

2-3でまたまた広島に逆転負けです。

シーツがホームランを含む4安打と当たりまくったんですが、その前を打つ1、2番が9回打席に立って、1度も出塁できなかったのが痛かったです。

8回表のシーツの暴走も残念でした。

安藤は、ヒット打たれながらも粘って投げてたんですけどね。

久し振りのJFK揃い踏みのはずだったんですけどね。

8回裏に久保田劇場にて、前田から逆転ツーランを浴びてしまいました。

9回表はワンナウトから、矢野、藤本が粘って1、2塁のチャンスを作ったので、

ヨッシャ代打リンや!

っと思ったのですが、そうでした。

リン君、広島に連れて行ってもらえてませんでした。

そして、片岡、赤星が倒れてゲームセットでした。

あまり書くこともないので、最後に、最近読んで面白かった本の話などを少々書いてみます。

市田実さんの「琉球ボーイズ」と言う本です。

1962年米軍統治下の沖縄で、駐留米軍に混じって、慰問試合に来た大リーグのデトロイト・タイガースと戦った4人の沖縄の男たちの物語(ノンフィクション)です。

地上戦でボロボロの焼け野原になった状態から長い米軍統治下、という最悪な状況下でも野球を続けた男たちの姿から、改めて野球というスポーツの魅力と魔力に触れることができました。

この本の主役は、今日のJSPORTSで解説されてた安仁屋宗八さん(広島→阪神→広島)が子供の頃憧れていた職域野球の選手たちということもあり、安仁屋さんの談話なども良く出てきます。

琉球ボーイズ―米軍統治下の沖縄に大リーガーを本気にさせた男たちがいた Book 琉球ボーイズ―米軍統治下の沖縄に大リーガーを本気にさせた男たちがいた

著者:市田 実
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<虎戦士たちへ>

せっかく最高の環境で野球やってんだから、もっとひた向きに、ガムシャラに野球を楽しんでや~!

| | コメント (6)

コジマ電器

首にタオルスタイルが有効となり、弁当待ちに耐えられるようになりました。

そこで、多少のレジ待ちはできるだろうと考え、思い切ってコジマ電器に行って見ました。

地下駐車場に車を停め、エレベーターで3階まで上がり、DVD-R(10枚パック)と単3乾電池(8本パック)を手に取り、レジに持って行きました。

平日の日中なので混んでいるはずもなく、なんなく買い物を済ませることができました。

焦らず、少しずつできることを増やして行きたいと思います。

| | コメント (0)

下さん、ダーウィン良く打たれたみたいですね。

3-8で、広島に連敗してしまったようです。

今日も、テレビラジオともに中継無しでした。

昨日、JSPORTSでやってたので、当然3連戦全部やってくれるだろうと油断してました。

ワクワクしながら、18:00前からチャンネル合わせて待ってたんですけど、カーレースが始まってしまいました。

よって、見てないのでよくわかりません。

サジキは今日も良かったみたいですね♪

先発野手全員安打でしたね♪

鳥はホームランを2桁に乗せましたね♪

おしまい。

| | コメント (2)

びんた先生

「The Way We Were」シリーズ第5話は、小3の時の担任0先生の思い出です。

O先生は、20代の男の先生でした。

3年生の担任がO先生に決まったとき、母親はとても喜びました。

「ちょうどええわね。 一年間びんた先生に鍛えてもらいなさい。」

そうです。

O先生は、教え子にすぐびんたを食らわすため、みんなから「びんた先生」という愛称で親しまれてる熱血先生でした。

近所のおばちゃんからも、

「良かったねぇ、さざまるちゃん、あの先生に1年鍛えられて男にしてもらいなさい。」

と言われ、単純な私は、人として成長できる気がして、素直に喜びました。

1237433101 O先生は、新学期早々、クラスのみんなの前で、提言しました。

「今から、この1年間みんなに守ってもらいたい決まりごとを言う。」

そう言うと、7ヶ条とでもいうべきものを黒板に貼り出しました。

内容は、

「廊下は走らない! 宿題を忘れない! 忘れ物をしない! etc.」

私の苦手なことばかりでした。

先生「みんな、もう3年生じゃから、これぐらい守れるよな!」

生徒「は~い!」

先生「じゃあ、守れなかったらその度にびんたをするけどいいな!」

生徒「・・・・・。」

先生「守れるんならええじゃろう。 どうしても嫌な人は手を上げて!」

生徒「・・・・・。」

先生「よし、それじゃあ、みんなよろしく!」

私は、先生に言われる前から、3年生になったら今度こそちゃんとしようと思っていたので、これぐらい守ってやるわい。

と強気でした。

しかし、私の意気込みはいつも最初だけでした。

1年後には、びんた回数ベスト5にランクされてしまいました。

びんたを受けた回数を紙に書いて壁に貼り出し、正の字を書いてたので、良く覚えてます。

それを参観日にご父兄の方々にも見てもらってました。

一番多かったのは、なんと女子のさっちゃんで、130回ぐらいだったと思います。

O先生のびんたは、容赦なく、とても痛かったんですが、反面、明るく、暖かく、みんなの人気者でした。

先生と別れるのが寂しくて、春休みに何人かで、ご自宅まで遊びに行ったくらいですから。

悪い事をしたら厳しく叱ってくれ、いい事をしたら手放しで褒めてくれるというところが、生徒としても、心身ともに安心して先生に委ねられたんだと思います。

当然、父兄の協力もあってのことですが・・・。

今では考えられないですね。

このびんた先生は極端な例ですし、学校教育における体罰について、私自身、手放しで肯定している訳ではありませんが、体罰に対する世の中の評価が急激に変わっり、戸惑った記憶があります。

いつからでしょう?

私が高校の頃までは、当たり前のように叩かれてました。

ところが、就職して3年目のときに、小学校教師になった幼馴染が、

「子供を叩いてやることができん!」

と嘆いていたことから考えると、その辺りの7年間で一気に変わったようです。

恐らく、戸塚ヨットスクール事件からじゃないかと思います。

果たしてびんた先生は、この時代の変化に対して、どのように自分の教育方針と折り合いをつけながら教師生活を送られたのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

久保田ん、お帰りなさい。

4-5で、広島に逆転負けでした。

2回までは、鳥谷と関本のホームラン2本を含むヒット5本で4点!

今日は何点取るんやろ?

あんまり年寄り(佐々岡)を苛めたんなや。

と、余裕で観戦してたはずなのに・・・。

3回以降はヒット2本だけとは。 

とほほ。

1番と4番が完璧に抑え込まれたのは痛かった。

井川も3イニングをパーフェクトに抑える完璧な立ち上がりだったのに・・・。

4回にツーアウトから5連打って。 

とほほほ。

そして、このイニングさえ抑えればという7回に、逆転タイムリーを浴びるとは。

とほほほほ。

だから井川が投げるときは、大リーグのスカウトを呼んでおくように言ったのに・・・。(バックネット裏に、白髪、白鬢、白人のそれっぽいおじさんが見てたけど、関係なかったんでしょうか?)

Still0009_2 でも、嬉しいニュースもありました。

久保田が2ヶ月ぶりに8回のマウンドに上がり、1イニングをツーベース1本に抑えました。

顔色が悪く見えたのはちょっと心配ですが、まずまず良さそうです。

逆に残念なのは、林の登録抹消です。

ゲーム終盤に、何かを期待させてくれる左の貴重な代打なのに・・・。

なんで?

あぁ、ドラ竜がしぶとく9回裏においついてしまった。

ヤクルトさん、頼んまっせ!

| | コメント (4) | トラックバック (22)

早稲田実業、悲願の初優勝!

引き分け再試合となった決勝戦は、今日もまた投手戦が展開されました。

早稲田の斎藤と、駒沢苫小牧の田中です。

この2人の身体はどうなってるんでしょうか?

とても昨日、延長15回を投げきったとは思えない、元気いっぱいのピッチングを見せてくれました。

田中は、先発の菊池が1点を取られた初回途中からの登板になりました。

2回に1点を追加されましたが、3、4、5回と0点で切り抜けました。

一方の斎藤は、2回までに2点をもらい、ポンポンと打者を追い込む強気のピッチングで、5回まで0点で抑えてましたが、6回表にソロホームランを浴びてしまいました。

2-1と1点差にしてもらった田中は、その裏すぐに1点取られて3-1と再び2点差にされてしまいました。

ツーアウトから四球を与えたのが残念でした。

点を取ってもらった直後を抑えられなかったのは、流れを掴みかけていただけに痛かったです。

7回裏に早稲田が更に1点を追加し、3点差として迎えた9回表、粘る駒大苫小牧は、ノーアウトからヒットで一人出ると、3番中沢がツーランホームランを放ち、1点差に迫りました。

しかし、今大会再三再四球児たちを苦しめてきた甲子園の魔物も斎藤投手の気迫には敵いませんでした。

斎藤が、この後を3人で切って捨て、4-3で勝ち、早稲田に初めて真紅の優勝旗をもたらしました。

斎藤、田中の両エースをはじめ、両校の選手のみなさん、お疲れさまでした。

まずは、ごゆっくりお休みください。

斎藤投手、阪神に欲しいと一瞬思いましたが、クールでスマートなキャラは、タイガース向きではないかもしれませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (24)

安倍晋三著『美しい国へ』

安倍晋三著『美しい国へ』を読んで見ました。

内政問題を語る「少子国家の未来」と「教育の再生」の章には多少方法論も書かれてますが、

外交問題を語る「自立する国家」と「ナショナリズムとはなにか」と「日米同盟の構図」と「日本とアジアそして中国」の章は、今までのことがメインで、これからのことまでは、あまり言及されてません。

外交問題は、相手があることなので、相手の事情によっても変えて行かなければならないため、今後どう取組んで行くか、一方的に書いても無意味だからでしょうか。

ざっと読んだところでは、日本の将来を憂いてる気持ちは伝わって来ましたが、靖国参拝どうするのかとか、拉致問題どう解決して行くかなどについては書かれてなかったので、マスコミ中心に政策論争を盛り上げてもらって、明らかにして欲しいです。

あと、各論の中で気になった点ですが、教員免許の更新制度については、行き過ぎないように注意してもらいたいと思います。

わいせつ教師など、社会人として、また人間としておかしなことになってしまってる教師を見極めるだけのものにとどめて欲しいです。

そうでないと、それでなくても視野の狭い教師という人種を、さらに画一的なものにしてしまいかねない危険性があります。

大人の目から見てダメ教師に映る教師から、人生勉強をすることが多くあります。

私の体験から考えると、むしろ、その方が多いと言っても過言ではないくらいです。

教師の多様化を図る意味では、異分野の人材の中途採用には賛成です。

すでに次期首相は安倍さんに決まった感がありますが、ぜひ政策論争をやってもらって、それに対する国民の反応を政策に反映してもらいたいものです。

美しい国へ Book 美しい国へ

著者:安倍 晋三
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

今日も良く打ち、中継ぎは完璧!

8-3でヤクルトに連勝です。

今日も昨日に続いてスクランブル体制です。

さすがに3日連続は疲れます。

せめてラジオ中継くらいやってぇや。

巨人-中日戦ばっかりやん。

誰が聴くんじゃ!

まず、7時の段階で、巨人が珍しく2点リード。

でもドラ相手に2点差じゃあまだまだ。

女子バレーが始まって、ブラジル相手に粘るも、1セット取られました。

ここからバレー中心、たまに阪神の様子をテースコでチェック体制。

阪神は、3回に健太郎の2点タイムリーで先制した模様。

しかし、直後に先発杉山が連打から1点返されてしまってます。

その頃、女子バレーは、けっこうアッサリと2セット目を取られました。

そして、阪神は、5回表に今日もいろんな人が打って、5点を取ってます。

しか~し、またまた直後に2点返されてます。

この3連戦、このパターンばっかりやん!

巨人は、既に8回で、意外にも内海がドラ打線を0点に抑えてます。

女子バレーは、3セット目、少し粘るも、ストレート負けでした。

やはりブラジルの壁は高かったかぁ。

解説の河合さん、中田さんともに、

「これで課題がハッキリしました! サーブ&レシーブですね!」

と同じことを言われてましたが、バレーにおいては、そんなの基本中の基本なんですけど・・・。

でも、確かにその基本において差が歴然でした。

時を同じくして、ドラが負けました。

内海、ナイスピッチング!

さて、後は我らが阪神タイガースです。

おっ!? 7回にアニキのソロで1点追加してますねぇ。

そして、7回裏からはダーウィンが登場。

ダーウィン、見事に7回8回をピシャリ!

そして、5点リードで登場したのは、なんとハラハラさじき!

見事3人で切って捨てました!

それにしてもこの3連戦は良く打ちました。

テレビで観れたら、さぞ気持ち良かったでしょうに・・・。

次回、ドラと当たるまで、この好調をキープし続けて欲しいものです。

あとは、「林家三平物語」でも観て寝ます。

なんか、三平師匠がハンサム過ぎます。

| | コメント (6) | トラックバック (28)

両エース意地の熱投で引き分け再試合!

夏の全国高校野球選手権大会の決勝が、73年振りの夏3連覇を目指す駒大苫小牧と、悲願の初優勝を目指す早稲田実業との間で行われました。

大味な試合が目立った今大会ですが、けっきょく決勝まで残ったのは、ともに大会№1エースを擁する2校でした。

そういった意味では、高校№1チームを決めると同時に、大会№1エースを決める決勝戦でもありました。

早稲田実業の斎藤投手は初回から、駒大苫小牧の田中投手は3回からの登板となりましたが、期待通り、手に汗握る素晴らしい投手戦を展開してくれました。

私も、後攻めだからわずかに早稲田が有利かなというくらいしか予想の立てようがないほど甲乙付けがたい内容でした。

最初に試合が動いたのは、ようやく8回表、早稲田の斎藤が、駒大苫小牧の三木にソロホームランを浴びてしまいました。

しかし、早稲田も、ワンナウト3塁から4番後藤の犠牲フライですかさず追いつきます。

すると、1-1のまま延長15回まで相譲らず、規定により引き分け再試合となりました。

早稲田の斎藤は178球、駒大苫小牧の田中は165球の熱投でした。

これは、明日の再試合はどうなるんでしょう?

全くわかりません!

| | コメント (2) | トラックバック (16)

フクちゃん大活躍の巻

今日こそは10-4でヤクルトに勝ちました。

今日も昨日同様、スクランブル体制で挑みました。

4回に、巨人が2点を取られたところで、巨人の応援は諦めました。

今のジャイアンツじゃあね。

女子バレーは、今日は永遠のライバル韓国戦。

なんと今日もストレートで勝っちゃいました。

マジで今年は強いんじゃないでしょうか。

ただ、エースの大山加奈が、肩を傷めてるのが不安材料。

肩のテーピングが痛々しかったです。

明日のブラジル戦は簡単には行かないでしょうが、期待してます!

さて、我が阪神タイガースですが、バレー観ながらちまちまとテースコチェックしてました。

先発は福原と鎌田とかいう人で始まったようです。

まあ、フクちゃんが知らない人に負ける訳がないだろうと思っていたら、案の定、4回と5回に、いろんな虎戦士たちが打ちまくって8点も取った模様。

しかし、フクちゃんも2本のホームランで3点献上してます。

さうがに2日連ちゃんで恥ずかしい逆転負けはないだろうと思いながらも、信じきれないのが今の中継ぎ陣です。

6回には矢野のソロで、これで全員安打!

と思って良く見ると、フクちゃんが3安打2打点の大活躍らしい。

アッパレ!

6回裏に、連打を浴びてお米さんのタイムリーで1点返されるも、7回を無難に切り抜け、お役御免!

さて、問題の中継ぎ陣!

まずは、ダーウィン!

ヨッシャー、3人で切って捨てる!

9回表には、恐怖の4割打者、虎の秘密兵器中村豊のバットが追加点をたたき出す!

如何せん残念なのは、秘密にし過ぎてここまでほとんど打席に立たせてもらえてないことでしょうか。

そして、最後はジェフが真中のヒットだけに抑えました。

来週からは、JFKが揃うような話も出てます。

明日勝って、気持ち良く2人を迎え入れてあげましょう!

| | コメント (4) | トラックバック (24)

投手陣大崩壊! みんなしてどうしたん?

11-12xでヤクルトにサヨナラ負けです。

今日は、テレビもラジオでさえも中継をやってなかったので、

左目で柳本ジャパン、

右目で巨人vs中日を観て、

たまにテーブルスコア(以下テースコ)で阪神の様子を確認する

というスクランブル体制で挑みました。

最初にテースコをチェックしたのは2回の表。

ぬぁにぃ~。

既に8-2で勝ってます。

この時点でフジモンとオックス意外全員安打って、凄いやん。

なになに、アニキのスリーランで口火を切った模様。

でもオックスも連続弾浴びたんですね。

その頃、ドラ相手の上原は?

ああ、2点取られた~。

再びテースコは3回表、なんとフジモンが2号ソロ。

なんか楽勝やね。

一方、柳本ジャパンは、強豪キューバから1セットゲット!

やるやん!

すると上原が谷繁からソロを浴びて0-3。

応援してる中でダメなのは上原だけやん。

がんばれ~!

阪神はと。

5回表、2点返されてるけどまだまだ楽勝。

でも4回5回と三者凡退でちょっと心配。

あっ、上原また谷繁に打たれた。

福留にも打たれて5-0かよ!

憲伸相手じゃあもう終わりや!

おっ、女子バレー、キューバから2セット目も取れそうやん。

もう巨人は諦めて、暫く女子バレーに集中!

やったー、2セット目も奪取!

大山加奈ちゃんスゲー!

全部決まる!

阪神はと。

1点ずつ取り合って10-5ね。

よしよし順調。

まずは女子バレーを勝たそう!

ニッポン、チャチャチャ!

やったぜ、強豪キューバにストレート勝ち!

なんか日本、強いぜ!

一応巨人の様子を見てみる。

すると、いきなり、

「阪神、10対10の同点に追いつかれました。」

というアナウンサーの声と、画面には7回裏に5点取られてるスコアボード。

何しとんねん!

暫くして、

「阪神とうとう逆転されました。」

の声。

巨人戦解説してた星野さんもガックシ。

けっきょく、6-1でドラは勝つ。

後は、テースコで阪神の経過を祈りつつチェック。

10-11のまま既に9回表、ヤクルトのピッチャーは昔から泣きそうな顔の木田。

おっ、アニキが四球を選んだ。

木田、ビビッたな。

続け~濱ちゃん!

あ~あ、三振。。。

おおっ!? 鳥たんの欄に左安の文字が・・・。

そしてなぜだかスコアボードに1点追加で11-11の同点!??????

状況が見えん???

アニキの盗塁?

それともパスボール?

とにかく同点!

矢野様は投様!?  あっ、投犠か。

オールスターMVP男、フジモンの一打に賭けるのね。

あぁ、フジモンニゴでチェンジ。。。

でも、こちとらジェフが残っとんじゃい!

ああ、宮と宮に四球四球でさらに一犠で、恐らくワンナウト2,3塁!?

ピンチやん!

祈るような気持ちで、「最新情報に更新」をクリック。

よっしゃ、福川とかいう人、三し~ん!

再び祈るような気持ちで、「最新情報に更新」をクリック。

あぁ、志田とかいう人、四球。

うぅっ! もしかして満塁? 多分満塁!?  いや間違いなく満塁!

青木に回ってしまった。

頼むぜ~「最新情報に更新」をクリック。

あぁ、サヨナラ押し出し、ち・力尽きました。。。

中継ぎ重傷。

久保コーチが投げた方がましかも。。。

お休みなさい。

| | コメント (7) | トラックバック (24)

屋上のある風景

「The Way We Were」シリーズ第4話は、2歳から小3の終わりまで暮らしていた社宅アパートについての思い出です。

私が幼少の頃をを過ごしたのは、父親の会社の社宅アパートでした。

4号棟まである団地の2号棟の4階に住んでました。

1082800086 4階の上には屋上があり、誰もがいつでも自由に出入りできるようになってました。

団地の敷地内には公園や広場があり、また敷地外には、田んぼ、畑、小川、山と、遊ぶ場所には事欠かなかったのですが、屋上もまた恰好の遊び場でした。

キャッチボール、サッカーのパス練習、紙ヒコーキ、めんこ、独楽、凧揚げ、雪合戦etc.

女子はゴム跳びなんかもやってました。

私は、そんな屋上で、ただただ景色を眺めたり、雲を観察したり、星空を眺めたりすることもまた好きでした。

3方を山で囲まれてるのですが、南方だけが切り開かれていて、そこから遥か遠くの町が見えるんです。

デパートの屋上遊園地の観覧車が見え、日曜日にはアドバルーンが揺れ、飛行船が浮かびます。

町の向こうには父の働くコンビナートが見え、その向こうには海が光ってます。

双眼鏡で見ると、大型タンカーが行き交う様子がハッキリと見えます。

そんな、穏やかな風が吹いている屋上が、私のお気に入りの場所の1つでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍しく、らしくなかったね下さん。

1-7で横浜に負けてしまいました。

下さん、らしくなかったです。

4回の吉村の逆転タイムリーは、内角の厳しい球を腕をたたんでうまく打たれたので仕方ないとして、

6回には村田、吉村に連続ホームランを浴びるなんて、そんな姿は初めて見ました。

7回は、アップアップで、1点追加されて、なおもワンナウト満塁で相木に交代となりました。

次がんばってや~!

Still0008_7 相木は、一人抑えたあと、村田に2点タイムリーを浴びてしまいました。

この村田との勝負、8球全て外角一辺倒でした。

右打ちのうまい村田にそりゃあないやろ矢野さん。

しかも、相木のような横手投げは、左右に散らしてなんぼですやん。

案の定、矢野さんは、次の回から浅井に代えられてしまいました。

解説の人は、内角ついてのデッドボールを怖がったと言ってましたが、だとしたら、そんな理由ぐらいで内角を要求できない程度のピッチャーは、満塁で登板させるべきじゃあないでしょう。

思い切って、内角にも投げさせてあげて欲しかったです。

8回、9回は、先頭が出たので、意地の大逆転を期待したんですが、高校野球の観すぎでした。

けっきょく、初回のシーツのホームランだけの隅一に終わってしまいました。

諦めの悪い高校球児にあやかって、最終回だけでも高校野球のヒッティングマーチにすれば、執念の大逆転への雰囲気が盛り上がるんじゃあないでしょうか(笑)

せめてもの希望をと、中日の状況を検索したら、またまたお休みでした。

残り試合がダントツで多いくせに休みすぎやん!

そのうち、トリプルヘッターでも組んで、ヘトヘトにしてもらいたいです。

| | コメント (6)

ノンストップで病院往復

今日は、月1回の大学病院への通院日でした。

今は、3~4ヶ月に1回のボトックス注射に治療を絞ってるため、それ以外の日は、これといって何の治療をするわけでもないんですが、傷病手当金の請求書に主治医の意見をいてもらう必要があるため、月一で通院してます。

病院への往復は、車で行ってます。

先月までは、ノンストップで行けば片道1時間少々かかるところを、行き帰りともに1度ずつ30分の休憩を入れて運転してましたが、今日は、お盆休みの影響からか、都心は道がすいていたので、休憩なしで行ってみました。

いやあヘトヘトに疲れました。

今日は良く眠れそうです。

帰りは、カーラジオで智弁和歌山vs帝京戦の終盤を聴いてましたが、凄いことになってましたね。

9回表に帝京が8点取って一気に4点差をつけて逆転したのに、9回裏に智弁和歌山が5点取って13x-12でサヨナラ勝ちとは。。。

今年の大会は、大味な試合が多く、特に終盤大量点が入るケースが多いようです。

打つ技術が上がったのか、単にいいピッチャーが少ないだけなのかは良くわかりません。

春に、八重山商工が打撃練習中心で快進撃を見せたことに影響されて、各校とも打つほうに力を入れてるんですかねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

もっちゃんもっちゃんレッドもっちゃん、そして最後はサヨナラ濱ちゃん!

4x-3で、延長10回横浜にサヨナラ勝ちでした。

今日は、右目で阪神、左目でオシムジャパンの観戦となりました。

2回に、ツーベースの金もっちゃんを藤もっちゃんが同点タイムリーで迎え入れると、

3回には、ヒットで出たレッドを関もっちゃんが、きっちりバントで送り、金もっちゃんが、勝ち越しタイムリーで迎え入れます。

5回は、関もっちゃんがツーベースで出るも、ここは得点ならず。

6回表に2-2の同点に追いつかれますが、7回表に関もっちゃんのファインプレーで先発安藤から代わった江草を盛り立てると、

7回裏にはヒットで出た矢野を藤もっちゃんがきっちりバントで送り、レッドの勝ち越しタイムリーツーベースで迎え入れます。

8回表にダーウィンが、不用意な初球を村田に同点ホームランされ、更にピッチャー強襲打を右手に受けて降板。

9回表には、ジェフが打ち込まれてワンナウト1、3塁と最大のピンチを作るが、藤もっちゃんの超ファインダブルプレーでピンチを脱出。

延長に入り、10回表に今シーズン初登板の橋もっちゃんが、ミニ劇場を作るもなんとか切り抜けます。

Still0007_3 そして最後は、10回裏、ツーアウトからツーベースでシーツが出ると、金もっちゃんは歩かされ、

濱ちゃんがレフトオーバーサヨナラ打で決めてくれました。

相変わらず中継ぎ陣に不安が残りますが、橋もっちゃんが、幸運にも初登板で初勝利をもらいました。

強運の橋もっちゃんが、中継ぎ陣の救世主になってくれることを期待します!

ところで、一方のオシムジャパンのイエメン戦は、打っても打っても点が入らない、一時期の阪神打線を思わせる展開でしたが、後半25分頃に阿部が23本目のシュートをようやく決めると、ロスタイムには佐藤寿人が決め、2-0で勝ちました。

公式戦、初勝利おめでとう!

| | コメント (4) | トラックバック (29)

アニキ金本、連続フルイニング出場1,000試合達成おめでとう!

6-1で、横浜に快勝です。

そして今日は、この大記録が達成されました。

アニキの連続フルイニング出場1,000試合達成です!

おめでとうございます!

まだまだ、元気に夢を、感動を与え続けてください!

試合のほうは、井川の好投に打線が全員野球で応え、快勝でした。

井川は、今日も大リーグのスカウトが来てたのかと思わせるような、気迫のピッチングで見事な完投勝利でした。

Still0005_4 「全然、全く諦めてないんで、また応援よろしくお願いします!」

アニキが諦めてないのに、ファンが諦める訳には行きません!

(追記)

よし、ドラ負けた。

| | コメント (8) | トラックバック (36)

久坂部羊著『無痛』

久坂部羊著『無痛』を読み終わりました。

基本的に推理サスペンス小説です。

【刑法三十九条】

「心身喪失者の行為は、罰しない。 心身耗弱者の行為は、その刑を軽減する」

刑法三十九条の必要性と限界が、この小説の最大のテーマとして早瀬刑事の口を通じて問いかけられてます。

また、医者の為頼は、多くの患者を診てきた経験から、いつしか人の外見を見ただけで、その人のかかえている病気が判るようになったという特殊能力を備えてます。

そして、その病気が治療可能か不可能かということまでも・・・。

この辺のところは、前回読んだ「廃用身」でもテーマになっている、医療の限界がここでも取り上げられてます。

また、先天性無痛症の人物が、重要な意味を持って登場してくることも、特徴的なところです。

敢えて障害をもっている人物を登場させることで、重大なテーマについて問いかけているのは解りますが、あまりにもえぐい描写に関しては、そこまで表現する必要があるのかよと言いたくなりました。

あと、為頼は、病気だけでなく、どんな犯罪を起こしそうかということまで、外見だけでわかるという設定ですが、それはいくらなんでも設定に無理がありすぎと思いました。

ただ、何年か前にテレビの特集で、アメリカの凶悪犯罪者を収容している刑務所の特集を見たのを思い出しました。

そこに収容されてる囚人のかなりの確率の人が、幼少期に頭に大怪我をした経験があるということでした。

だとしたら、親がどんなに素晴らしい教育をしても意味ないじゃん、と思った記憶があります。

どうなんでしょう?

リンク: 〓さざまるの雑記〓: 久坂部羊著『廃用身』.

無痛 Book 無痛

著者:久坂部 羊
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

廃用身 Book 廃用身

著者:久坂部 羊
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (8) | トラックバック (2)

ほっかほっか亭

200608141749 先日のオリジン弁当.よりも近いところに「ほっかほっか亭」を見つけたので、今日はそこで食料調達してきました。

また1つ食事のバリエーションが増えました↑

もう少し良くなったら、そば屋かラーメン屋にもトライしてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

なんだ、けっきょく地方が選んでんじゃん!

昨日の「サンデープロジエクト」に森喜朗前首相が出て、要約するとこんなような事をおっしゃってました。

「最近の政治家、特に二世議員などは、皆地方のことを知らな過ぎる。

それは、生まれも育ちも現在の住居も東京だから。

私らの時代は、地方出身者がたくさん居たので、地方の抱えてる問題を良く解ってた。

安倍君も、もっともっと、お父さんの出身母体の油谷町の方々の話を聞いて、地方に根ざした政治を心がけてもらいたい。」

おっ、いい事言うなぁ。

と一瞬思ったんですが、ちょっと考えてみて思いました。

そうであれば、選挙制度を変えて、自分が生まれ育ったか、もしくは今住んでいる選挙区からしか立候補できないようにすれば、常に地方の事を良く知ってる国会議員が当選することになるので、いいんじゃないかと。

そうすれば、刺客だとか九ノ一だとか落下傘だとか、その選挙区のことを全く知らない候補者を擁立するという訳の解らない状況にもならないだろうし、二世議員などは、みんな東京から立候するしかなく、東京が大激戦区になって面白いぞと。

政治に関しては超ドシロウトの割にはいいこと思いついた、と暫く悦に入ってました。

しかし、更に良く良く考えてみると、そんな地方のことを良く解らない政治家を選挙で当選させるのは、誰あろう地方の選挙民だということに気がつきました。

な~んだ、地方の方々がそれでもその人がいいと思って選出してるんだから別にいいんじゃん!

けっきょくは、民主主義って、素人の私の浅知恵なんかよりは良くできてるなぁ。

と思いました。

でも、なんで、地元で育ってもいないし住んでもいない、地元の事を良く知ってるとは到底思えない人間をわざわざ選ぶんでしょう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

orz

5-13で中日に大敗です。

どうしてもナゴヤで勝てません。

福原を中4日で立てて、5点取っても勝てません。

しかし、なぜダーウィンを代えなかったのでしょう?

岡田監督は、イニング途中での投手交代を極端に嫌いますが、JFK以外のピッチャーは、残念ながらまだその域まで達してません!

7回、8回の大事な場面では、ノムさんばりの一人一殺の厳しい投手リレーが必要ではないでしょうか?

3つアウト取るのは難しくても、1人だけなら抑えられる確率は上がります。

頭数だけは、そこそこのピッチャーが揃ってますから。

そういう意味では、7回、8回ともに、デジャヴのようにノーアウト1、2塁で福留を迎えましたが、それぞれダーウィンとオックスを続投させました。

いずれも、左の江草を投入して欲しかったです。

って、江草は1人しかいないですが・・・。

結果的には昨日に続いて全員炎上してしまいましたが、ダーウィンにしてもオックスにしても、最初から、1人だけと限定されてたら、結果は違ったかもしれません。

JFKが揃うまでは、そういう細心の継投で凌ぐしかないと思います。

あと、今シーズン通じて言えることですが、投手が打ち込まれても、野手がマウンドに行って声をかける姿があまりにも少な過ぎます。

ほとんど久保コーチが行くときに集まるだけです。

なんで?

優勝は非常に厳しくなりましたが、これからも、阪神タイガースを応援して行こうと思います。

今までより、愛の批判が増えると思いますが・・・。

他球団が、浮かれたオレ竜の足元をすくってくれることを微かに期待しつつ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (22)

最初は「可愛そう」と思ってしまった。

「The Way We Were」シリーズ第3話は、小学1年生の頃のお話です。

小学校まで子供の足で20分くらいの所に住んでました。

往きはもちろん、正規の通学路を通って学校まで行っていたのですが、帰りは、道草を重ねた末に見出した、お気に入りの裏道を通って1時間くらいかけて帰ることがほとんどでした。

この裏道は、田んぼのあぜ道を通ったり、小川を飛び石を飛んで渡ったり、小高い丘を越えたりと、悪ガキどもにはたまらない魅力のあるルートでした。

976165563 ある日、裏道から帰っていると、悪ガキ1号が言いました。

「この先に、お化けを飼っとる家があるんど! 行ってみようで!」

悪ガキ1号に連れられて、あぜ道から少し山の方に向かっている砂利道を進んだところに大きな古ぼけた農家がありました。

庭に誰もいないことを確認し、恐る恐る家の裏に回ると、そこには古びた蔵がありました。

悪ガキ1号が声を潜めて蔵に向かって呼びかけました。

「お~い。」

そのときです!

蔵に開けられた小さな窓から突然、何者かが顔をのぞかせ、窓にはめられた鉄格子を両手で掴みながら、

「うぉ~!、うぉ~!」

と何か叫び始めたのです。

私は、心臓が止まりそうになりながら、他の悪ガキたちと全力疾走でその場から走り去りました。

思えばそれが、障害を持っている方の存在を意識した最初の出来事でした。

ぼさぼさの髪でよだれを垂らしながら、鉄格子を掴んで叫んでいる男の人の顔がしばらく頭から離れませんでした。

目だけが異様にギラついていたのが印象的でした。

家に帰って落ち着いた頃、なぜか自分のやったことに胸が痛みました。

次の日学校に行って悪ガキどもに出会っても、誰も昨日の話はしませんでした。

そして、その日からしばらくは、誰からともなく正規の通学路を帰るようになりました。

みんな口には出しませんでしたが、同じように罪悪感と同情が入り混じった、それまでに経験したことのないような気持ちになっていたと思います。

さて、今の世の中、昔の日本は良かったというような、過去を懐かしむ声が目立つようになった気がしますが、どうでしょう?

確かに悪くなった面も多々ありますが、反面良くなった面もあります。

障害の種類にもよりますし、まだまだ全然満足してる訳ではありませんが、障害を抱える者にとって、少なくとも40年前よりはましになってると思います。

先人の方々の努力の賜物でしょう。

少なくとも私は、40年前の社会で今の病気を抱えていたらと想像するとゾッとします。

福祉サービスや雇用に関することもさることながら、例えば、当時はネットもコンビニも無かったのですから。

この2つにも功と罪があるでしょうが、私は功の面を思い切り享受させて頂いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ完敗や!

1-11でドラに完敗です。

めちゃくちゃ悔しいです!

キーボードを叩く手が重いです。

停電で試合開始が遅れたのは、またまたオレ竜の策略?

事前にマサは知ってて、18:30に合わせて調整してたとか・・・。

と一瞬、陰気に下衆の勘繰りをしてしまいましたが、そんなレベルの負け方じゃあなかったです。

隅1vs6回まで毎回得点でした。

それにしてもポンポンポンポン次から次へと良くもまあ打たれたものです。

残念ながら球児の不在など全く影響のない展開になりました。

3人で抑えたのは、脅威の防御率0点台を誇る相木だけでした。

春先に、負けてるときでも必死に投げ続け、きっちりと数字を残してた相木をなぜここまで温存したのでしょう?

怪我したんでしたっけ?

20051214tiger さて、それはそうと、マジック40を点滅させてしまいました。(点灯じゃないよ)

それでも阪神タイガースを応援して行きます。

最後の瞬間まで、気持ちの切れたプレーは見たくないですから。

もし奇跡が起きるとしたら、選手全員が1つ1つのプレーに全力を尽くし続けたときだけです。

万が一、気持ちを切らせた選手が現れたら、即刻やる気のある若手と代えて下さい。

奇跡という言葉は、それが起きることがあるからこそ存在するんです!(ううっ! 字がちっちゃくなってしまった。 弱気。。。 でも本気!)

明日、福ちゃん(かな?)、頑張れよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (15)

福祉サービス

先日交付を受けた障害者手帳に基づいて受けられる福祉サービスについて、ようやく「障害者のしおり」に目を通すことができたので、挙げておこうと思います。

特に、私に関係のありそうなところだけ抽出しました。

ちなみに、私は、肢体不自由の中の体幹機能障害の第2種5級です。

①都立公園の入園料免除

②区立体育館・プール使用料の免除

③所得税の障害者控除

④住民税の障害者控除

⑤自動車に関する税の免除

⑥都営地下鉄、都バス、都電が無料

⑦JR運賃が半額(片道100km超のとき)

⑧営団地下鉄が半額(区間確認要)

⑨航空運賃の割引(割引率は要確認)

⑩タクシー料金が10%割引

⑪有料道路通行料金が半額

⑫都営住宅入居の優遇(一般の5倍の当選率)

まだ電車には乗れないので、今のところ③④⑤⑩くらいしか意味ないですが・・・。

ありがたく利用させて頂きます。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

とにかく明日勝ちましょう!

2-3で中日に負けました。

矢野が昨日の暴行で出場停止でした。

代わりは野口。 先発は下さん。 ドラの先発は憲伸。

手に汗握る投手戦で始まった今日の試合。

4回裏にアレックスの2点タイムリーツーベースで先制されてしまいました。

その直後の英智の2点タイムリーは余計でしたね。

Still0003_3 しかし、阪神も直後の5回表に男桧山のタイムリーツーベースが出て1点差に迫ります。

よし、行ける!

と思ったんですが、けっきょくこれだけでした。

桧山のタイムリーで流れを掴んだだけに、5回裏は、ダーウィンでビシッと締めて欲しかったです。

サジキが先頭の川上を歩かせて、流れをせき止めた感じでした。

サジキはハラハラもんでしたが、江草、ダーウィンは良くがんばりました。

アニキが3三振と封じ込められたのは痛かったですが、虎の投手陣もウッズに仕事をさせなかったので、そこはおアイコでしょう。

さて、これでいよいよ切羽詰った感がありますが、ドラとはまだ今のカードを含めて4カードあります。

ナゴヤ2カードと、甲子園2カードです。

甲子園で1度だけ3タテ喰らわせてやれば、残りの3カード2勝1敗で逆転できます。

中日だっていつも完璧なわけじゃあないですし、

それくらいなら、必死に喰らいつけば、なんとかできそうじゃあないですか?

そのためには、明日明後日は必勝です!

| | コメント (4)

オリジン弁当

今年に入ってから、食料調達は、もっぱら歩ける範囲内にあるコンビニでした。

車に乗れるようになってからは、スーパーや弁当屋まで足を延ばせるようにはなっていたのですが、レジ待ちや弁当のできあがり待ちが辛く、けっきょく、ほとんどレジで並ぶことのないコンビニに頼りきりでした。

200608101759_1  最近、首にタオルスタイルが有効になったため、オリジン弁当であぶりトンとろ弁当を調達して来ました。

さすがに、コンビニ弁当よりはおいしいですね。

あと、近くに小僧寿しがあるので、今度はそこにも行ってみようと思います。

食料調達のバリエーションに弁当屋が加わっただけで、食事が楽しくなりそうです。

ちなみに車の運転は、両手でハンドルを握り、頭から背中まで上半身を、両腕に力を入れてシートに押し付けるようにすれば、頭が正面を向いた形である程度固定されるので、なんとかできるようになってます。

| | コメント (0)

矢野、怒りの退場も実らず!

6-10で横浜に取りこぼしてしまいました。

おおもう!(虎っ記のゆちさん風)

ちゃんと見てくれや~!

審判さんよ~!

Still0002_8 5回裏のタクローヘの最後の球は、はっきりとバットに当たってますやん!(って、この画像じゃわかりませんが・・・。)

球審は見えないにしても、3塁累審は見てくれんとダメやで!

そりゃぁ、さすがの矢野さんも怒るっちゅうねん!

うちら優勝争いしてますねん!

大事な試合ですねん!

Still0001_4 それを消化試合のような裁き方しよってからに!

タクローもタクローや、ワンバンで打つな!

テニスやないんど、紛らわしいやんか!

でも、その直後の6回表、野口の意地のセンター前ヒットから3点を取って逆転しました。

しかし、またまた直後の6回裏に、鳥谷や関本や藤本がボロボロの守備で5点を献上してしまいました。

久し振りの金澤の登板を盛り立てなければいけないとこなのに。

まさか横浜のボロ守備が移ってしまったんじゃあないでしょうね。

その後は、クアトロKとやらに押さえ込まれてしまいました。

そんな中でも、意地の一発をお見舞いするアニキには頭が下がります。

最終回は、満塁まで行ったのに、関本に打たせてほしかったなぁ。

速い球に強いですからね。

よりによって片岡さんでした。

あと、2度の満塁の打席でいずれも三振に倒れた濱ちゃん、昨日のセッキーに続いて4三振やん、どしたん?

さて、なんとも歯がゆい試合でしたが、悔やんだところで、明日から中日3連戦が始まります。

今日はたまたま負けてしまいましたが、チーム状態は良くなってます。

スパッと気持ちを切換えて、集中し直しましょう!

| | コメント (4) | トラックバック (21)

南陽工業vs駒大苫小牧

夏の高校野球は、横目でチラチラ見てはいるんですが、じっくり観たのは今日の第3試合、南陽工業vs駒大苫小牧が初めてでした。

夏3連覇を目指している王者駒大苫小牧に、28年振りに出場を決めた南陽工業が挑む形で行われたこの試合、相手のエラー絡みで駒大苫小牧が3回までに4点を取り、圧勝かと思われました。

しかし、3回途中から代わった南陽工業の村岡投手が、粘りのピッチングで追加点を許さず、中盤は逆に南陽工業が駒大苫小牧のエース田中を攻め立て、7回表までに4-3と1点差にまで詰め寄りました。

しかし、7回裏に駒大苫小牧が1点追加し、5-3と突き放すと、そのままゲームセットとなりました。

南陽工業は、5回に、センターで4番と攻守に要の立野を右肩脱臼で欠くアクシデントにも負けず、王者と互角の試合をしましたが、大事なところでエラーやバントミスが出て、もったいなかったです。

ところで、南陽工業と言えば、28年前に出場したときの天理との2回戦を良く覚えてます。

お袋の実家で観てたんですが、後に広島カープの炎のストッパーとなられる津田恒美投手を中心とした守りのチームでした。

確か、5回の表か裏に津田投手が唯一投げたカーブをホームランされ、0-1で負けてしまいました。

他は全球ストレートだったという話を聞いて、もったいないと思った記憶があります。

津田投手は、残念ながら現役中に脳腫瘍に侵され、32歳のさでこの世を去ることになりますが、直球一本やりの気迫のピッチングに魅了された私にとって、阪神以外の選手の中では、好きな選手の1人でした。

最後のストライク―津田恒美と生きた2年3カ月 Book 最後のストライク―津田恒美と生きた2年3カ月

著者:津田 晃代
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (1)

台風をも吹き飛ばす、左のエース井川の快投!

昨日と同じく4-1で横浜に連勝です。

初回に、横浜の守備の乱れに乗じながら、赤星、シーツのヒットに濱ちゃんのスリーベースが出て、一挙に3点を挙げました。

Still0019_1 完全復活の猛虎打線にかかれば、横浜相手に楽勝。

と思って余裕で観戦してましたが、浜の先発は番長三浦。

さすがに追加点を許してくれませんでした。

8回表にようやく矢野が、押し出しのフォアボールを選び、貴重な1点を追加しました。

先発の井川は、8回を吉村のソロホームランの1点だけに抑える、さすがに左のエースといったナイスピッチングを見せてくれました。

最終回は、ジェフ~球児の豪華リレーでピシャリです。

球児が一人だけ抑えに出てきたのは、調整登板といった意味合いでしょうか。

さて、明日もすんなり勝って、中日戦にはずみをつけましょう!

それにしてもオレ竜、昨日も明日も休みとは、休み過ぎや!

Still0020_2

昨日はがんばったけど、今日は4三振でした。 まで寄ってくる始末。

審判さんに取り除いてもらいました。           ありがとう。

中日戦では、蝶が寄ってくるように花開くぞ~! byセッキー?

| | コメント (6) | トラックバック (31)

新約巨人の星「花形」連載開始

「巨人の星」のリメイク版、新約巨人の星「花形」の少年マガジンでの連載が始まりました。

久し振りに少年マガジンを買って、試しに読んでみました。

1940783882 リメイク版では、花形満が主人公になってます。

花形満と言えば、いいとこのおぼっちゃんで、シャープな天才というイメージがありました。

その天才が、飛馬と出会って、血のにじむような努力をして身体を壊してしまうという悲哀さも漂ってました。

そんな花形のイメージが、リメイク版では違いすぎます。

まだ、彼の家庭環境や生い立ちなどがわからないし、これからのストーリー展開を見ないと何ともいえないかもしれませんが・・・。

2作目からも読むかどうかは微妙です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

骨折り損のくたびれもうけ

「The Way We Were」シリーズ第2話は、小2の時のお話です。

私は、2歳から小3の終わりまで、父の社宅アパートに住んでました。

4階建てのものが4号棟まであり、各棟にはフロアごとに6世帯が暮らしており、私の家族は2号棟の4階に住んでいました。

そして、4階の上には屋上があり、階段を使って、誰でも自由に出入りできるようになってました。

488224979 ある日、私は2号棟の敷地内を一人で歩いていて、突然、ドキドキ、ワクワクすることを思いつきました。

「雨どいをつたって屋上まで登ったら格好ええど。」

直径15cmくらいだったでしょうか、屋上から地上まで、アパートの外壁に這わせてある雨どいに、両腕と太ももで締め付けるようにして飛びついて見ました。

「太めの登り棒と思えば大したことないわぃ。」

周りに誰もいないことを確認すると、一気に登り始めました。

幸い、私の両親も出かけてて留守にしてました。

3階あたりまで一気に登ったところで、休憩がてら、ついつい下を見てしまいました。

予想以上に高いところにいる自分に気づくと、急に手足がすくんで動けなくなりました。

「こりゃあ困った。 ここでやめたら明日友達に自慢できんど。」

と考えてたら突然、雨どいからすぐのところに住んでいる佐藤さん家の窓が開き、そこのおばちゃんがビックリして言いました。

「キャッ! あんたぁそんなとこで何しよるんかね。 危ないじゃろ~が。」

私「いや、ちょっと屋上まで登ろうと思って。」

おばちゃん「アホゥ、屋上なら階段があろうに。 まあええ、こっから入りぃ。」

佐藤家とは家族同士あまり付き合いが無く、挨拶を交わす程度の仲だったので、私は遠慮がちに、

「いやぁ、急にお邪魔したら悪いやろ~。」

おばちゃん「私だって窓から客を入れるんは初めてやけど、しょうがないじゃろう。」

私「じゃあ、うちのお母さんには言わんでくれる?」

おばちゃん「誰にも言わんから、早よう入りんさい。」

私は、これでこの話を友達にしたときの言い訳ができたと内心喜びました。

3階で運悪く、佐藤のおばちゃんに見つかって、無理矢理やめさせられたことにすれば格好はつくと。

さらに、母親にも知られずに済むと。

そこの窓には、転落防止のため、鉄柵がついていたので、まず左手から、次に左足、とゆっくりと鉄柵に移動しました。

そして、その鉄柵を乗り越えて、窓からお邪魔しました。

おばちゃんは、お菓子を食べさせてくれながら、優しく言いました。

「ほんま、男の子は無茶苦茶するねぇ。 

私は、心臓が飛び出るかと思ったよ。 

誰にも言わんからその代わり、あんたも友達に自慢しちゃあいけんよ。 

みんなが真似したら危ないけぇ。」

あぁ、それじゃあ意味無いやん!

と思いましたが、母親に言われるのが怖くて、友達には言えませんでした。

けっきょくこの出来事は、私とおばちゃんだけの秘密となってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好投の福原を中心に全員野球で勝利!

4-1で、横浜に勝ちました。

おとといの試合で負傷したアニキが元気に出場してくれて、まずは一安心です。

連続フルイニング出場の世界記録は続行です。

怪我した直後に守備に着いたレフトのポジションで、ずれた膝関節をはめようと、膝を叩いたり押したりしてる姿が見られましたが、ホントにあれで治ったんでしょうか?

病院にも行かなかったようですし、改めて化けもんです。

あとは、球児の肩が心配です。

試合の方は、福原がカーブを低めに集め7回を無失点に抑えると、ジェフ~ダーウィンのリレーで1失点で切り抜けました。

打つほうは、福原の好投に2桁安打で応え、まさに全員野球で快勝しました。

さて、長い間不振に苦しんでいた阪神打線ですが、気がつけば打率部門のベスト10に、阪神の選手が4人も入ってます。(今日の試合前時点)

この4人に赤星が入ってないのは寂しいですが、右方向に強い打球を飛ばせるようになってきてるし、久し振りの盗塁も決めました。

中日戦あたりから爆発してくれるんじゃぁないでしょうか。

また、ずっと気になってたんですが、春先の好調期に活躍していた相木投手はどうしたんでしょう?

10試合投げて防御率0点台と、球児に次ぐ驚異的な数字を残しながら、気がついたらいなくなってました。

ところで、福原は、中4日で、日曜の中日戦にも投げるようですね。( デイリースポーツonline.ご参照)

さあ、そろそろ、なりふり構わず勝ちに行きましょうか!

2012093513_4 ハァ~

いいもんだぁなあぁ~ 

よ~こは~ま~は♪

それにつけても忍はカーブ♪

    

| | コメント (7) | トラックバック (24)

もっともっと練習して、まだまだ打ちまくります。

アニキが、公式ホームページで、左膝のケガは大したことないとメッセージを送ってくれました。

「心配いりません。 足は大丈夫です。」

で始まるこのメッセージ。

途中、冗談も交えながら、最後は、

「これからもっともっと練習して、まだまだ打ちまくります。」

で締めくくられてます。

アニキらしいメッセージに、とりあえず連続フルイニング出場記録の継続は大丈夫そうだと安心しましたが、デイリースポーツonlineによると、

「左足はやや引きずっていた」

とのこと。

しかも、病院に行かずに自分で判断してるらしい。

元気なプレーを見るまで、安心できませんが、最悪の事態ではなさそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

えぇっ!? まさか球児まで?

おとといの試合で負傷したアニキの情報がないかと思い、 デイリースポーツonline.を開いて見て驚きました。

そこには、

「緊急事態!球児が右肩“定期検診”」

の文字がありました。

00085736 どうやら、東京ドームの前後から、右肩に強い張りを感じていたとのことです。

土曜の広島戦でアナウンサーがそんなようなことを言ってたし、日曜の広島戦でも球児が出る気配が無かったので、心配していたのですが・・・。

福岡の病院での検査結果は「問題なし」とのこと。

でも、問題があるから検査を受けたのでは???

現代医学で原因が見つからなかっただけで、肩に張りを感じているのは事実です。

今日の横浜地方の天気は一日中雨で、夜の降水確率は、70~80%だそうです。

調子が上向いてきた打線の勢いを切らないためには、今日からの横浜戦しっかり打ち勝って、さらなる弾みをつけたいところですが、球児とアニキの状態を考えれば、3連戦全部台風で流れて、その次の中日戦に備えたいところです。

とりあえず、今日は中止にならないかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

野口嘉則著『鏡の法則』

野口嘉則著『鏡の法則』を読み終わりました。

サブタイトルは、「人生のどんな問題も解決する魔法のルール」となってます。

こ手の話は、なかなか素直に受け入れられないで来ました。

少し種類が違うかもしれませんが、母親が相田みつをさんに凝ったときも、

「当たり前のことをもっともらしく筆と墨で書いてるだけやん!」

と思った程度でした。

最近では、そのこと自体が素晴らしいということもわかる年にはなってきましたが・・・。

今回は、この手の本、読まず嫌いということもあるかもしれないので、たまにはいいかと思い、読んでみました。

その他の動機として、

アマゾンの「なか身!検索」で、書き出しを読んで、

「自分の子供がイジメに会っていることを知ったときに、どうしますか?」

というようなことが書かれていたことに興味を持ったということもあります。

また、著者が管理されているブログに2~3面白い話を見つけたということもあります。

前置きが長くなりましたが、内容はというと、本文の中からそのまま引用させて頂くと、

「現実に起きる出来事は、一つの『結果』です。

『結果』には必ず『原因』があり、

その原因は、あなたの心の中にあるのです。

つまり、あなたの人生の現実は、

あなたの心を映し出した鏡だと

思ってもらうといいと思います。」

というようなお話です。

特に、『許す』ということの重要性が説かれてます。

自分を『許す』ということ、家族を『許す』ということ、他人を『許す』ということ。

それが、重要だとわかっていても、なかなかできることではありません。

ただ、この本には、実行するための具体的な手順まで書かれてます。

そこが、いわゆる説法とは違い、コーチングと称されるゆえんでしょうか。

たまにはこの手の本に触れるのもいいかな、

と思えたのは、私も年を取ったということでしょう。

でも、本の帯のように、

「読んだ人の9割が涙した!」

っていうのは、ちょっと言い過ぎ!

鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール Book 鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール

著者:野口 嘉則
販売元:総合法令出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何なんだ! この男は! 世界の金本じゃ!

9-4で広島に連勝です。

アニキがあそこまで痛がる姿を初めて見ました。

それは5-4と1点リードで迎えた7回裏、センター前ヒットで金本が出塁します。

Still0004_3 鳥谷の送りバントはキャッチャー前への小フライ、

キャッチャー取って、1塁へ送球、

慌てて金本は1塁へ帰塁。

キャッチャーの投げた球がそれて、金本の左膝に当たりました。

ボールが転々とする間に金本は2塁へ。

Still0010_5タイムをかけ、1塁側ファールグランドでうずくまる金本。

なかなか立ち上がれません。

苦痛に顔を歪める金本。

顔面には無数の汗が浮かび上がります。

数分後、なんとか立ち上がります。

続く矢野は敬遠で、代打町田が告げられます。

Still0011_2 フルカウントとなり、ツーアウトなので通常、投球と同時にランナーは走り始めます。

金本も当然のように走ります。

左足を引き摺りながら・・・。

町田の当たりは無常にもファール。

次も走ります。

またファール。

Still0015_1 またまた走ります。

ようやくファーストファールフライでチェンジ。

さぁ、金本は守れるのか?

当たり前のようにベンチから飛び出し、レフトフィールドの守りに着きます。

左足を引き摺りながら・・・。

レフトを守りながら、ずれた膝のお皿を両手で叩きながら自分で治してます。

この回、レフトへの打球は無く、無事に守備を終えます。

Still0018_2 そして迎えた8回裏、満塁で金本まで打席が回ってしまいました。

さあ、どうする金本?

こうするんじゃい!

っと放った打球は、なんとライトスタンドに突き刺さる満塁ホームラン!

なんじゃ、この男は!

どこまで凄いんじゃ!

ずれた膝を自分で治して、満塁ホームランとは!

ば、化けもんです!

こんな凄い男が4番を張ってるチームが優勝できないはずがありません!

中日もしぶといですが、どうにかしましょう!

| | コメント (8) | トラックバック (25)

椅子に座って読書

首にタオルスタイルで、椅子に座って読書を試みました。

昨年末から、寝転がった状態で、ブックスタンドを使っての読書ができるようになりました。

しかし、起き上がった途端に勝手に筋トレが始まってしまうため、椅子に座っての読書は無理でした。

今日、首にタオルスタイルでチャレンジしてみたところ、20分ばかり読んで居られました。

20分ぐらいすると、さすがに耐えられなくて寝転んでしまいますが、まずは1歩前進です。

徐々にこの時間が増えて、8時間耐えられるようになれば、何かの仕事に就けるでしょう。

先は長いけど、焦らずに行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掃除にチャレンジ!

首にタオルスタイルで、掃除機をかけました。

この2年間、掃除は、お袋が田舎から出てきたときにやってもらうか、友達にやってもらっていました。

洗濯は、今年から自力でやってましたが、手元や足元を見れないで掃除をやるのはどうにも辛かったので・・・。

とりあえず、4畳半の部屋だけですが、できました。

時間にして、約20分くらいでしょうか。

この調子で少しずつ掃除をして行けたら、わざわざお袋に上京してもらわなくても済みそうです。

自力で掃除するって気持ちいいですね。

少しずつでも、できることを増やして行ければと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊予伊予来てるぜ! 猛虎打線!

11-7で広島に打ち勝ちました。

Still0002_6 今日の試合は松山ぼっちゃんスタジアムで行われました。

先発は安藤が任されました。

江草先発、安藤中継ぎの方がいいのになぁ。

と不安をよぎらせながら観戦開始です。

初回、いきなり安藤3点取られたやん、

いかああぁぁぁ('д`)ぁぁぁああん!

江草か太陽に早めのリリーフや!

と思ったら、珍しく監督が私の言うことを聞いてくれました。

よし、江草頼むぜ! と思ったのもつかの間、

みかああぁぁぁ('д`)ぁぁぁああん!

続くは太陽、

ぽんかああぁぁぁ('д`)ぁぁぁああん!

みんなして、どないなっとんじゃ~!

ポンジュース PET (6入り) ポンジュース PET (6入り)

Amazon.co.jpで詳細を確認する

しか~し、今日の打線はひと味もふた味も違いました。

なかなか勝ち越せなかった中、アニキのタイムリーで勝ち越すと、一気に引き離しました。

14安打11得点!

1回から7回まで毎回得点!

打者9人が打点をあげるというまさに全員野球!

なんと片岡までもがタイムリーヒット!

もう誰を褒めていいかわかりませ~ん!

カープ打線の勢いをスパッと断ち切ったダーウィンの働きも大きかったですね。

おとといの試合同様、5番6番が打つと点が入ります。

なんか潮目が変わって来たんじゃないですかぁ?

| | コメント (2)

首にタオル

首にタオルを巻いて、前で一度キュッと軽く結びます。

結び目をやや右に寄せ、顎を右斜め前に引いて、結び目を顎で挟みます。

こうすることにより、縮みっ放しの左首後ろの筋肉が伸びて少し楽になります。

顎も引けるので、手元、足元を見やすくなって、少し長く起きていられます。

2ヶ月前にこの方法を試したときには筋収縮が強く、全く意味を成さなかったんですが、今日久し振りやってみると、なんかいい感じです。

うん、これはいい!

少しずつですが、良くなっているようです。

このスタイルでコンビニに行ってみたのですが、少し楽でした。

暑かった~。

結び目がデカイ蝶ネクタイのようで恥ずかしいですが、コンビニのお姉ちゃんもすぐに見慣れてくれるでしょう。

ちなみに、むち打ち用のカラーなどは、首が刺激されて縮んでしまうので、役に立ちません。。。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ベテラン先生の涙

「The Way We Were」シリーズの第1話は、小1の時の担任S先生との思い出です。

既に50を超えた大ベテランの女の先生でした。

それは、1年生が終わろうとする終業式の日でした。

終業式が無事終わり、このままクラス替えで別れるのが寂しかったのか、クラスの仲間10人くらいで、校門のすぐ傍にあるジャングルジムで遊ぶことにしました。

確か仮面ライダーごっこだったと思いますが、回っているジャングルジムの上から「トォー!」とか言いながらライダーキックの形を作って飛び降りたりしてました。

1986051869 段々エスカレーとして、ジャングルジムだけでは飽き足らず、調子に乗って、私が校門の両端の石柱の上に上がった瞬間、S先生が鬼のような顔で現れました。

先生は、校門の上に上がったのは誰か問いただし、私だけだとわかると、私をお別れしたばかりの教室に連れて行き、床の上に正座をするように命じました。

この1年間、正座&説教には慣れっこになっていたので、

「これも今日が最後かぁ。 でもせめて、ライダーキックを決めた後に見つかればよかったなぁ」

などと、ある種の感慨と残念な思いとが入り混じった気持ちで正座しました。

いつも冷静に説教を始めるS先生が、このときに限って、感情を高ぶらせて語り始めました。

「いろいろなことを教えて頂く学校の、それも校門の上に乗るなんて、とんでもないことよ!

お父さんの頭の上に乗ったと同じことなの!

もっとわかり易く言うと、寝ているお父さんの頭を上から踏んずけたぐらい畏れ多いことなの!

そんなことができる?」

私はその姿を想像して、校門ってそんなに大事なものなんだと思いました。

先生は続けました。

「あんたにはほんと最後まで手を焼いたわぁ。

私は、叩くのは好かんけぇ、言葉で分かってもらおうと、この年まで誰一人教え子には手を上げたこと無かったけど、あんただけは叩くしかないんかもしれんね。」

と言うと、先生も正座をしたままぐいと近寄って来ました。

私は、母親がするように、頬を張られるのかと思い、目を閉じ、歯を食いしばったんですが、痛みが走ったのは、意外にも半ズボンのためにむき出しになった左のももでした。

先生は、

「この痛みを絶対に忘れなさんなよ! 

この私に手を上げさせたんやから忘れたら承知せんよ!

2年生になっても思い出しなさい!」

と言って、涙声で叩きながら叫び続けました。

はじめの3発目までは、めちゃくちゃ痛く、ももが腫れ上がったのですが、4発目からは次第に弱くなり、最後はなでる程度になりました。

それが、母親以外の人に叩かれた最初の出来事でした。

家に帰りながらも切ない気持ちがずっと続いており、

「2年生になったらちゃんとしよう。」

と心に誓いました。

でも、春休みの間にすっかり忘れてしまいました。

その後、中3までの間に、9人の担任の先生からご指導頂くことになるのですが、9人中8人から愛のムチを受けるような悪ガキであり続けるのでした。

S先生、ごめんなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

寅さん10回忌

昨年は、寝ていても身体が辛く、テレビもまともに見ていられない状態だったので、字幕スーパーを読まなければいけない洋画は見れませんでした。

それで、画面をたまに見ればストーリーがわかる、ドラマやお笑いばかり流してました。

25saku020006 そういう状況なので、BSでやってた「男はつらいよシリーズ」は、私には持って来いの番組でした。

お馴染みのストーリー展開が繰り広げられながら、それでいてとても面白い。

本当は、渥美さんの表情や味のある演技をしっかりと観られればもっといいのでしょうが、数少ない楽しみの1つになってました。

この番組は、昨年前半24作が終わり、明日からいよいよ後半24作が始まります。

基本的に毎週土曜の21:00からBSでやります。

リンク: 男はつらいよ あゝ失恋48連発、BS2で。.

今日8月4日は、渥美清さんの10回忌です。

渥美さんご逝去のニュースを、私は旅先の金沢で耳にしました。

あれからもう10年になるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストップ・ザ・連敗に下さんが立ち上がる!

5-1でジャイアンツに勝ちました。

セブンイレブンでジャイアンツ仕様のモルツビールを見つけました。

ヤクルトを飲み干してとか、ロッテガムを噛み千切りながらとか、ハムサンドを食いちぎりながらなどと同じノリで、ジャイアンツビールを飲み干してやれ!

と気合を入れて望んだ今日の試合!

先頭バッターは濱ちゃん!

もう監督はんの趣味に付き合うのにも慣れました。

日替わり打線を楽しみましょう。

200608012009_1  ジャイアンツビールをプシュッと開けて、ゴクゴクゴク・・・。

残念! 濱ちゃん凡退。。。

そこでふと缶のパッケージに目をやると、そこには遠慮がちに小さく書かれた

「がんばれ!読売ジャイアンツ」

の文字が・・・・・・・・・・・・。

んんっ!? 何か違うんでないの?

ガムとか、ハムとか、乳酸菌なんかとは?

こっこれは、もしかしなくても、読売を応援する人が飲むんでないかい?

慌てて、残り(ほとんど全部)のビールを流しに捨てに行きました。

危ない、危ない、大チョンボを仕出かすところでした。

帰ってくると、鳥ちゃんエラーで出塁から始まって、アニキのタイムリー、矢野さん犠牲フライ!

3回にはシェーンのツーラン!

でもなんと言ってもヤッパリこの人、先発下さん!

見事イもほぼ抑えて、ジャイアンツを捻り潰してくれました。

6回途中で交代を告げられた場面でのイヤイヤ駄々っ子パフォーマンスには、勝利への強い気持ちを感じました。

やはり5番6番が仕事をすると、得点力があがりますね。

さて、明日休んで週末またがんばりましょう!

| | コメント (6)

一応、生活保護の説明を聞いておきました。

先日、ハローワークに聞いたら、いくら障害者枠といっても、在宅勤務はまず無理だろうとの話でした。

せめて、週に3~4日は通勤できないととのこと。

パソコンも、ワード、エクセル、パワーポイントが多少できる程度で、プログラミングができるわけではないので、まあ、最初から難しいとは思ってはいましたが。

それで、生活保護について、社会保険事務所に行って聞いてきました。

担当の方は優しく応じてくれて、いざとなっても何とか生きて行くことはできそうな安心感を得ることができました。

あと1年間は、前の会社の健康保険組合から傷病手当金が出るし、多少まだ貯金もあるので、しばらくは大丈夫ですが、念のためどんなもんか聞いてみました。

それによると、

まず、貯金など蓄えが無くなったということが大前提で、

今の生活から変わるところは、ざっと次のような感じですね。

①家賃5万3千円以下のところに引っ越す。

②車は捨てる。

③民間療法など保険の効かないような治療は諦める。(ただし、主治医が是非にと進める場合は可)

④生命保険の類いは全て解約する。

う~ん。

車は、最近ようやく頑張れば短距離を運転できるようになり、唯一の足なので、②はつらいなぁ。

あと、大事なことを聞き忘れてました。

プロバイダ契約とケーブルテレビの契約は?

きっと解約でしょうねぇ。

そうなると、ブログと阪神の中継は我慢するしかありませんが、他人様のお金で生活させてもらうので、贅沢は言ってられません!

まあ、そうなったらなったで、それなりに別の楽しみが見つかるでしょう。

そうなる前に、せめて通勤できるくらいに回復するといいのですが・・・。

あと、こんなのも見つけたので、当たってみるつもりです。

リンク: [東京コロニー].

できなくなったことを嘆いて生きるより

今できることを楽しんで行きたい

な~んてね。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

またイやん! もう嫌ん!

2-3で、ジャイアンツに連敗してしまいました。

今日は赤星が頚椎傷めてお休みでした。

心配です。

代わりは1番に鳥谷、2番にセンターで林。

そして6番には味方にとって恐怖の1割バッター片岡です。

鳥ちゃんは3安打でトップバッターの役割を果たすものの、

5回にディロンの真正面のショートライナーをまさかのタイムリーエラー。

この1点は痛かった。

鳥ちゃん、鳥目?

さらに、初回、林の三振で走り、三振ゲッツー。

林は三振もあるから、その作戦はどうなの?

えっ!? 6回にも?

もしかしてデ・ジャ・ヴー?

いずれも超余裕のアウト!

今オフは世界の福もっさんに弟子入りして、スチール鍛えてもらってね。

林君は、2度の三振はあるものの、先制点につながる2塁打は良かったです。

守備もそつなくこなしてました。

そして、片岡さ~ん。

今年はどうしたん?

ファームで調整させてあげたいです。

先発のフクちゃんは、良く投げてましたが、6回のイのツーランで撃沈!

昨日のイガーに続いてやられてしまいました。

ジェフは、見事に三振に切って落としましたね。

ジャイアンツ戦は、ファーストをジェフにして、イの打席は全てジェフがファーストからワンポイントリリーフに上がるってのはどうでしょう?

スイマセン。 

高校野球予選の見過ぎです。。。

あとは、7回に濱ちゃんの一発が出るも、そこまででした。

今日も横浜銀行さんに感謝です。

いいなぁ。 横浜良く打ってるなぁ。

まさか最下位チームを羨ましがることになろうとは。。。

がんばれ阪神タイガース!

| | コメント (8) | トラックバック (23)

「The Way We Were」シリーズについて

昨年1年間は、首を中心とした左半身全体の筋収縮により、寝転んでいても身体がよじれてテレビもまともに見ていられない状態が続きました。

目が覚めてる間中、頭を寝床に右腕で押さえつけながら、再び疲れて眠るまで、ただただ時が過ぎて行くのを待っていると、不思議と昔のことがいろいろ思い出されました。

自分でも驚くほど鮮明に、幼少の頃の出来事が脳裏に蘇えってくるんです。

1つ思い出すと、記憶の糸を手繰るように、次々と思い出されました。

きっとまたすぐに忘れるであろう、取るに足らないつまらないことばかりなんですが・・・。

普通に生活していたら決して思い出されることの無かった些細な出来事の幾つかを、せっかくなので、「 The Way We Were.」というカテゴの中に気が向いたときにポツポツと書き留めておこうと思います。

とりあえず今日は、そのことだけ書いて終わりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今の読売この男だけ注意してればいいってことは、イろはのイなのにね。

2-4xでジャイアンツにサヨナラ負けです。

今日の井川は、珍しく気迫が感じられたんですけどねぇ。

こうなったら、横浜がんばれ~。

おっ、吉村ナイス勝越しホームラン!

あとはクル~ンちゃん、頼むぜ!

あぁ、ウッズの一発。。。

もう他力本願でもいいです。

綺麗ごとだけでは追いつけませんから。

よし、タクロー出た!

やったぜ村田、サヨナラヒット!

ありがとう横浜銀行さん。

いつも君には助けられるね。

明日は自力本願じゃ~!

| | コメント (6)

「勝手に月間MVP」はやめることにします。

各月の一番勝利に貢献したと思われる選手を、私の独断と偏見で選んで月初近辺に発表してきましたが、今月から止めることにします。

野手部門は該当者が見当たらないし、投手部門は毎月球児になってしまいそうでつまらないと思ったのがきっかけです。

また、8月からは、全員野球で勝利を勝ち取って行くしかない状況に追い込まれており、きっとそうしてくれると信じてます。

ということは、MVPは必然的に全員ということになります。

ぜひ、そうなることを信じて、やめることにしました。

頼むぜ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »