« 女子シングルス決勝は、男前片手バック対決! | トップページ | 打てない日々にはもう秋田! »

男子決勝は、クレー王者が芝王者に挑戦と決定!

ウィンブルドンは、男子シングルス準決勝が行われました。

まず、フェデラーvsビヨークマンは、6-2、6-0、6-2のストレートで、フェデラーが圧勝しました。

大会最小ゲーム記録22ゲームとか、たったの1時間17分で終わったとか、この試合は、二人の力の差を表す言葉で表現されるでしょうが、そんなことはどうでもいいです。

ただただ34歳のヴィヨークマンにお疲れさまと言いたいです。

よくぞがんばってここまで残ってくれました。

こんな大会終盤にあなたの姿を楽しめるとは感激です!

ありがとうございました。

次に、ナダルvsバグダティスは、6-1、7-5、6-3のストレートで、ナダルが勝ちました

第1セットを全く元気なくアッサリ落としたバグダディスでしたが、第2セットに入ると、持ち前の陽気なパフォーマンスで観衆を味方につけ、5-5までサービスキープを続けます。

一方のナダルは圧倒的にバグダディスへの声援が多い中、しっかりとサービスキープを続け、最後にブレークを果たしました。

第3セットも、凄まじい攻防戦が繰り広げられましたが、第4ゲームをブレークしたナダルが、そのままワンブレークアップを守り、見事決勝進出を果たしました。

2人ともコートカバーリングには定評があり、ぜったいに諦めない粘り強さが随所に見られ、とても面白い試合でした。

さて、明日の決勝は、芝の王者フェデラーが有利でしょうが、万が一ナダルが勝った場合、フェデラーの独壇場だった男子テニス会が2強になり、2人のライバル関係がクローズアップされることにより、今後のテニス観戦が一気に面白くなるので、決勝はナダルを応援します。

|

« 女子シングルス決勝は、男前片手バック対決! | トップページ | 打てない日々にはもう秋田! »

「テニス」カテゴリの記事

コメント

さざまるさん、こんちは。
関係無いところで出てきっちゃってすいません。
デザイン変わったんですね☆
夏っぽくて涼しげでいい感じです。

投稿: じゃん | 2006年7月 8日 (土) 12時16分

じゃんさん、ありがとうございます。
打撃不振の流れを変えようと、テンプレでも変えてみました^^
深い海の底の上に希望の光が見えてるのもちょうどいいかと。。。
もちろん、涼しげな感じも選んだ理由です。

投稿: さざまる | 2006年7月 8日 (土) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女子シングルス決勝は、男前片手バック対決! | トップページ | 打てない日々にはもう秋田! »