« あまりにも違いすぎるぜ効率の良し悪し! | トップページ | イタリアがPK戦を制して優勝! »

芝の王者はやっぱり強かった!

ウィンブルドン男子シングルス決勝が行われ、スイスのフェデラーがスペインのナダルに勝ち、4連覇を成し遂げました。

フェデラーの6-0,7-6,6-7,6-3の3-1でした。

芝の王者フェデラーにクレーの王者ナダルが挑む形で注目されたこの試合、意外にも両者の過去の対戦成績は、6勝1敗でナダルがリードしてましたが、これは、過去7試合中4試合がクレーでのもでした。

芝での対戦は、これが初めてです。

第1セットは、フェデラーのファーストサーブの確率が93%と冴えに冴え、6-0で取りました。

第2セットは、第1ゲームで突然フェデラーがネットを取り始めると、ナダルのパッシングショットが決まり、ブレークされてしまいました。

なぜ第一セットで完璧だったストローク戦をやめて、ネットに出始めたのか謎ですが、余裕のあるところで、違ったプレースタイルもナダルに見せておきたかったのかもしれません

しばらくキープで進んで迎えた第10ゲーム、ナダルが2つのダブルフォルトを含む凡ミス連発で、ブレークバックされてしまいました。

けっきょくタイブレークを制したフェデラーが2セット目も奪いました。

第3セットはサービスキープ合戦が続き、再びタイブレークに入ると、今度はナダルが制し、このセットを奪いました。

第4セットでは、第4、第6ゲームをブレークされ、1-5と後が無くなるとナダルは、今まで以上に雄叫びを上げ始め、第7ゲームをブレークバックしました。

しかし、ナダルの抵抗はここまで!

第9ゲームをキープしたフェデラーが、この戦いに決着をつけました。

今大会は、芝でも充分戦えることを証明したナダルの台頭が目立ちましたが、まだまだフェデラーの敵では無かったようです。

しかし、ナダルはまだ20歳! 可能性を感じます。

来年の対戦が楽しみになりました。

|

« あまりにも違いすぎるぜ効率の良し悪し! | トップページ | イタリアがPK戦を制して優勝! »

「テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/2580546

この記事へのトラックバック一覧です: 芝の王者はやっぱり強かった!:

» ついに本気を見せるか?ロジャー・フェデラー(スイス) [Yahooニュースは日本人の常識!]
フェデラー、今秋も来日へ=テニス http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000104-jij-spo  ロジャー・フェデラー(スイス)が10月のAIGジャパンオープンに出場すると発表した。  フェデラーとは、スイス・バーゼル出身の男子プロテニス選手だ。  男子プロテニス界を牽引するオールラウンド・プレーヤーである。  そのフェデラー...... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 21時45分

« あまりにも違いすぎるぜ効率の良し悪し! | トップページ | イタリアがPK戦を制して優勝! »