« 吉田義男著『阪神タイガース』 | トップページ | せめて先制するまではノーミスで頼むで~! »

世界の壁はやはり高かったかぁ。

サッカー・ワールドカップ、日本はブラジルに1-4で敗れ、F組最下位で今大会を終えました。

玉田の先制ゴールで、もしかしたらと夢が拡がったのですが、前半ロスタイムで同点にされたのは痛かったですね。

後半に決められた2点目のシュートは、ボールが全く回転せず、さすがの川口もナックルのような揺れるボールは防げなかったようです。

3点目を取られてさすがの私も力が抜けてしまいました。

しばらくして気を取り直して、意地でもう1点でも取ってくれるよう応援はしましたが・・・。

元々、FIFAランキングほどの実力は日本には無いので、予選通過は厳しいとは思ってましたが、それでも奇跡を信じて応援してました。

残念ながら奇跡は起きなかったですが、しっかり実力をつけて、4年後にまた期待したいと思います。

予選を勝ち上がっての本大会出場はまだたったの2回目です。

そう考えると日本は、ワールドカップへ、歴史を刻み始めたばかり!

日本の未来はこれからです。

ガンバレ日本!

ジェフ、オクスプリング、オーストラリアの予選突破おめでとう!

|

« 吉田義男著『阪神タイガース』 | トップページ | せめて先制するまではノーミスで頼むで~! »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉田義男著『阪神タイガース』 | トップページ | せめて先制するまではノーミスで頼むで~! »