« よくぞ残っていてくれた、誠の救世主! | トップページ | 全仏オープンテニス2006 男子シングルス決勝! »

全仏オープンテニス2006 女子ダブルス決勝!

今年の女子ダブルス決勝は、杉山・ハンチェコワ組vsストーサー・レイモンド組で行われました。

世界ランキング1位と2位ペアのストーサー・レイモンド組に、杉山・ハンチェコワ組がどこまで挑めるかが見所です。

杉山・ハンチェコワ組の試合は初めて観るのですが、手足の長いアメンボのようなハンチェコワと、水すましのようにちょろちょろと動き回る杉山のコンビネーションに興味がありました。

特に、杉山がサーブのときです。

4人の中ではサーブがいまいちの杉山と、ネットプレイが苦手なハンチェコワの組み合わせです。

案の上、その形の第4ゲームをブレイクされました。

ハンチェコワは最初から後ろにいて、杉山がサーブダッシュして逆雁行陣の形をとった方がいいのではとも思えるような内容でした。

実際、リターンのときは、ハンチェコワが基本的には後ろにいて、杉山が前にダッシュするといった雁行陣の形をとっていました。

試合結果は、3-6、2-6で杉山組は負けてしまいましたが、決勝まで行ったことだけでも凄いことです。

愛ちゃん、良くがんばったね。

ウィンブルドンも期待したいのですが、雁行陣では、芝はもっと厳しいでしょうね。

それにしても、ハンチェコワの腰骨出しルックはヤバイっす。

|

« よくぞ残っていてくれた、誠の救世主! | トップページ | 全仏オープンテニス2006 男子シングルス決勝! »

「テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/2179808

この記事へのトラックバック一覧です: 全仏オープンテニス2006 女子ダブルス決勝!:

« よくぞ残っていてくれた、誠の救世主! | トップページ | 全仏オープンテニス2006 男子シングルス決勝! »