« 中日しぶといなぁ。。 | トップページ | み、雅山が勝ってしまった! »

劇団ひとり著『陰日向に咲く』

劇団ひとり著『陰日向に咲く』を読み終わりました。

著者のお笑いネタを最初見たときは、面白い奴が出てきたなと、けっこう好んでみてましたが、他のお笑い芸人同様、ブームの終焉の少し前から飽きてしまいました。

そんな劇団先生!?の処女作に触れてみました。

読み始めてすぐに、不思議な可笑しさが込み上げてきて、ひとりワールドに惹き込まれてしまいました。

基本的に5つの短編から成っているのですが、あるストーリーでのエピソードが、別の短編に微妙に織り込まれ、全体がつながっているという作りになっていて、そのことが、読む楽しさを増してくれてます。

ネタ同様、いつか飽きるのかもしれませんが、次回作が出たら、とりあえず読んでみたいと思っています。

作品とは関係ありませんが、著者がNHKの朝ドラ「純情きらり」で、ヒロインと恋仲になったのには驚きました(もう、別れてしまいましたが)。

ヒロインは、フジテレビの西山アナウンサーに似てますね。

陰日向に咲く Book 陰日向に咲く

著者:劇団ひとり
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 中日しぶといなぁ。。 | トップページ | み、雅山が勝ってしまった! »

映画・ドラマ・芸能・アニメ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/1712850

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団ひとり著『陰日向に咲く』:

« 中日しぶといなぁ。。 | トップページ | み、雅山が勝ってしまった! »