« アニキ語録! | トップページ | 巨人って強いの? »

山岡荘八著『高杉晋作』(全3巻)

山岡荘八著『高杉晋作』(全3巻)を読み終わりました。

山岡先生の作品は、他に『徳川家康』(全26巻)と、『小説太平洋戦争』(全9巻)を読んだことがあります。

山岡作品には、登場する歴史上の人物達が、自分達の生きた時代において、どう考え、どう行動し、どう生き抜いたかということが、深く掘り下げて描かれています。

先生の、人間心理を想像する力は、感心させられます。

また、高杉晋作に関する小説は、他に古川薫先生と司馬遼太郎先生のものを読んだことがありますが、歴史上の人物の中でも、私が惹かれる人物の中の一人です。

今回読んだ作品の中で、特に気に入ったシーンは以下の3つです。

1.自分の進むべき道に迷って悶々としていた晋作が、『国のことを案じてばかりいて、惚れてなかった。 惚れなければ! 惚れてしまえば生命もいらなくなって、それで楽しいのだからなあ』と国に惚れる覚悟に目覚めるシーン。

2.佐久間象山が『聖人君子のなりそこない(日本)と悪魔になりそこない(欧米諸国)の戦いじゃ』と晋作に説くシーン。

3.四国(米英仏蘭)連合艦隊との講和条約締結のシーン。

最後に、晋作の辞世の句です。

『おもしろきこともなき世に面白く すみなすものは心なりけり』(下の句は野村望東尼の付足しによる)

高杉晋作〈1〉 Book

高杉晋作〈1〉

著者:山岡 荘八
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

高杉晋作〈2〉 Book 高杉晋作〈2〉

著者:山岡 荘八
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

高杉晋作〈3〉 Book 高杉晋作〈3〉

著者:山岡 荘八
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« アニキ語録! | トップページ | 巨人って強いの? »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。
自ブログに返信書かせていただきました。

投稿: TOM | 2006年4月11日 (火) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73134/1360425

この記事へのトラックバック一覧です: 山岡荘八著『高杉晋作』(全3巻):

» 昔あったCMで・・・「世の中バカが多くて困るわよねぇ~~(「疲れません」だったかな?)」って、ありましたね。 [RSD友の会]
昔、CMで、「世の中バカが多くて困るわよねぇ~~(疲れません・・・だったかなぁ! [続きを読む]

受信: 2006年4月11日 (火) 19時44分

« アニキ語録! | トップページ | 巨人って強いの? »