« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

1点差でやっと勝った!

今日は、2-1でヤクルトに勝ちました。

ここまでせった試合には必ず負けてましたが、ようやく1点差で勝つことができました。

これで1点差の試合は1勝4敗です。

投手陣は江草~球児~久保田と、ほぼ完璧なリレーでしたが、打つ方は、今岡、濱中の犠牲フライだけでした。

徐々に中継ぎ以降が抑えきれるようになっており、阪神のパターンになりつつありますが、やはり今日も、ここ1本がなかなか出ませんでした。

ヒット10本で2点とは・・・。

せっかく打率の良いバッターが多いので、もう少しピッチャーを楽にさせてあげる試合展開が作れないものでしょうか。

さて、弱い者いじめはこのくらいにして、次は、春の珍事か首位を突っ走ってるジャイアンツを引きずり下ろしましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (4)

バネ指!?

今岡がバネ指で苦しんでいるというので、ちょっと検索してみたら、以下のような説明が書いてありました。

【バネ指は指の屈筋腱に起こる腱鞘炎で、靭帯性腱鞘が屈筋腱を圧迫したために生じます。

名称(バネ指)の由来は、引っかかった指を無理に伸ばそうとすると、まるでバネの現象のように、ビヨーンと伸びるのでバネ指と称され、別名「弾発指」、「snapping finger」とも呼ばれています。

中高年者に多く、慢性的な機械的刺激(使い過ぎ)が原因と思われますが、体質的な要因も大きく関与していると考えられています。症状は指の付け根の痛みと運動障害です。

患者さんは「指の曲げ伸ばしが困難だ」、「朝起きると指が曲がったままで伸びない」、「無理に指を伸ばそうとすると引っかかりを感じる」などと訴えられます。】

要は、指の曲げ伸ばしが思うようにならず、しかも痛いらしいです。

今岡の場合は、左右両手に持病として抱え、今は特に左が痛いようです。

持病ということは、暫く休めば良くなるというたぐいのものでは無いんですかねぇ。

だとしたら、試合に出ながらうまく付き合って行くしかないのかもしれませんが、けっこう辛そうですね。

本当の辛さやプレーへの支障の度合いは本人しかわからないのでしょうが・・・。

プロとしてゲームに出ている以上は、また、今岡自身はバネ指を言い訳にしていない以上は、同情するつもりはありませんが、ただただ心配です。

リンク: 阪神今岡12打席ぶり安打も持病バネ指再発 - 阪神ニュース : nikkansports.com.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚ぼたで決勝点!

今日は、6-3でヤクルトに勝ちました。

先発安藤が、初回から毎回ランナーを出しながらも粘りのピッチングで6回まで0に抑えると、それに応えるかのように3回裏にアンディのスリーラン!

しかし、7回表に金澤が青木のスリーランで同点に追いつかれてしまいました。

エラー絡みとはいえ、中継ぎが一番気をつけなければいけないホームランはちょっとまずかったです。

まあ、その後を抑えて、同点止まりでこらえたことと、昨日まで完璧にがんばってくれてたことに免じて、勘弁しましょう。

で、続く7回の裏に、フォアボール3つにピッチャーの悪送球で、なんとノーヒットで2点頂いて、勝っちゃいました。

昨日ちょっと心配した赤星は、盗塁は無かったものの、昨日のことなど忘れたかのように、果敢に次の塁を狙い、走りまくってました。

まず、3回裏にヒットで1塁に出ると、次の藤本のセカンドへの内野安打の間に、一気に3塁まで進みました。

普通内野安打で3塁まで行くか!?  やっぱスゲー!

次は7回の裏、満塁から金本のピッチャーゴロをヤクルト高井がホームへ悪送球すると、3塁ランナーの林に続いてなんと、2塁にいた赤星が、一気にホームを落としいれました。

いずれも得点に絡んでるあたり、さすが選手会長です。

最後に藤本君、7回裏の同点の緊迫した場面で、初球からいとも簡単にバントを決め、1,2塁のランナーをキッチリ2,3塁に送りましたね。

この調子で、バントの名手&不動の二番打者に成長してください。

いずれにしろ、昨日で連勝が止まっただけに、ずるずる行かないためにも連敗は避けたかったので、どんな形であれ今日勝ったのは大きいです。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

ひるむなレッド!

今日は、2-6でヤクルトに負けてしまいました。

6回まで、エース井川のナイスピッチングも、7回に宮本の2点タイムリーヒットで同点に追いつかれ、8回にラロッカのスリーランで撃沈でした。

しかし、宮本キャプテン、あんな難しい球打つか普通。

どうも終盤までせった試合をなかなかものにできないですねぇ。

今日も追加点を取れずじまいでした。

今日の敗因を、同点にされた直後の7回裏、ヤクルトのキャッチャーが体制を崩した隙をついて3塁を狙った赤星が、タッチアウトとなった場面を挙げる人がいるでしょう。

確かにそれはその通りです。

せっかく藤本君が手堅くバントで送った大事なランナーでしたから。

実際流れが変わったプレーとなってしまいました。

しかし、欲を言えば、この選手会長の走塁ミスを4番のバットで帳消しにして欲しかったし、次のイニングでエースにもう一度踏ん張ってもらって、相手に傾きかけた流れをこちら側に引き戻してもらいたかったです。

だって、あの赤星の走塁は、隙あらば常に次の塁を狙う前向きな気持ちが産んだ積極的なミスですから。

今まで、赤星の足にどれだけ助けられてきたことか。

こんなことくらいで迷ったりしないで、今まで通り果敢に次の塁を狙って行ってください

盗塁成功率が5割を切ってしまい、足では今のところ今1つらしさが発揮できていないようですが、なんとか乗り切って、最後には6年連続盗塁王になっていることでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

打順通り!?  今日のヒーローは矢野!

またまた猛打爆発です。  12-5で横浜に勝ちました。

先発の杉山が、初回にいきなり村田から満塁ホームランを浴びてしまいましたが、その後、目が覚めたように立ち直り、5回まで素晴らしいピッチングでした。

それにしても、今の阪神打線は打ち始めたら止まりません。

終盤7、8、9回で10点とは。

今日のヒーローは、ホームラン2本と勝ち越しの犠牲フライで4打点の矢野でした。

これで、ここのところの4連勝、打のヒーローは、打順通りの日替わりですね。

巨人戦の5番今岡の初回スリーランから始まって、6番濱ちゃんのホームラン2本、次が昨日の7番鳥谷のニアサイクルヒット、そして今日は8番矢野の大活躍です。

ということは、明日は1番に戻って、赤星の番ですかねぇ。

今日は、上位2チームは負けたようですね。

明日からのヤクルト戦、もますます楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

鳥谷、完璧なスリーラン!

今日も猛打爆発!  9-5で横浜に勝ちました。

鳥谷、サイクルヒット惜しかったですねぇ。

後、一番簡単なシングルヒットだけだったのにねぇ。

最終回、アニキと濱ちゃんが意地のヒットで打席を回してくれたのにねぇ。

残念!

今年の鳥谷は、内角のさばき方が凄く上手くなってます。

そのため、内角のストライクからボールへ落ちる変化球の見極めが、しっかりできていると思います。

去年までは、内角膝元から落とされたらクルンクルン回ってましたから凄い成長です。

今日のように右へ左へ打ち分けられたら3割も夢じゃないですね。

鳥谷の調子が上がれば、濱ちゃんがよりいっそう活きてきます。

また、今岡の出塁率が上がっていけば、濱ちゃん三冠王取れるんじゃあないでしょうか。

後、今日のポイントは、鳥谷のスリーランで6-3と逆転した直後の3回裏、先頭の金城の一ニ塁間のあたりを横っ飛びでつかんだシーツのファインプレーです。

もぉ~、こんな華麗なファースト見たこと無い!

下さんが、立ち上がりからアップアップしてたので、逆転直後の先頭打者をあっさり出すと、そのままズルズルと乱打戦に突入しかねないところでした。

これをきっかけに、下さんも立ち直り、6回までナイスピッチングでした。

ところで、ず~っと気になっていたんですが、鳥谷のグラブのショッキングピンク模様変な形だし、何の意味があるんだろう?

と思ってたんですが、今日わかりました!

ピンクの手袋してたんですね!

| | コメント (2) | トラックバック (3)

アテネ銀メダリスト初勝利!

初勝利おめでとう、オクスプリング!

ヒーローインタビューも、緊張した感じがなかなか良かったぜ!

今日は、2-10で横浜に大勝しました。

先発のオクスプリングは、ストレートのコントロールがいまいちで、カーブに頼らざるをえないピッチングでしたが、そのカーブが低めに決まり、5回を4安打2失点に抑えました。

後を継いだ金沢、能見、ダーウィンも、3人でヒット1本に抑え完璧です。

打つほうは、今まで好調の2番3番はいずれもノーヒットだったのですが、濱ちゃんは、相変わらずの絶好調で、ホームラン2本で4打点の大活躍でした。

アニキ、今岡、矢野も打点を上げ、鳥谷にも久し振りのヒットが出ました。

巨人と中日も勝ったみたいで、上位とのゲーム差は縮まらなかったようですが、今日のような試合を続けられれば、前途洋々ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (5)

水谷修著『夜回り先生』

水谷修著『夜回り先生』を読み終わりました。

この本は、自分の居場所を夜の世界にしか見出せずにもがいていた14人の子供たちと、夜回りに自分の居場所を見出した水谷先生本人の物語です。

水谷先生の講演をテレビを通じて2度聴いたことがありますが、著書に触れたのは初めてでした。

本で読んだり、頭で考えたことをもっともらしく文章にしたり、しゃべったりする教育論者はいくらでもいますが、水谷先生のように、体を張って現場でく闘い続けている方の話は重く、心に染みてきます。

夜回り先生 Book 夜回り先生

著者:水谷 修
販売元:サンクチュアリ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

濱ちゃん2冠!

一通り全球団との対戦を終えたところで、デイリー紙を買って、個人成績を眺めてみました。

いきなり目に飛び込んできたのが、打撃部門1位に濱ちゃんがいました

そっかぁ、規定打席に達したんやねぇ。

打率と本塁打の2冠に、長打率、出塁率もトップのおまけつきです。

あと、シーツの安打数と、アニキの四球がトップでした。

阪神ナインは、打率で20位以内に5人入ってますが、35位までに矢野と今岡の名前が無いのが寂しいですね。

規定打席に足りてないけど、藤本と関本も、二人合わせて打率をはじき出すと、.373で打率部門の3位に値します。

他に野手部門で目立つのは、打数はすくないですが、林の.444と、赤星が盗塁数1位では無いことです。

投手では、いずれの部門においても1位を取れてなくて、防御率15位以内に入っているのが、4位の井川と6位の江草だけです。

連敗中でも、先発はがんばって試合を作っていたように感じていたので、少し意外でした。

阪神と関係ないところでは、セ・リーグの打撃35位までで、三塁打は小坂の1本だけのようです。

3塁打は出にくいと聞いてましたが、ここまでとは驚きでした。

後、パ・リーグでは、昨年10勝投手を6人も出したロッテが、防御率10位以内までに清水しかいないのが気になりました。

チームの優勝が一番で、個人成績は二の次とはいえ、タイガースの選手が上位に居てくれると嬉しいですね。

| | コメント (1)

吉川英治著『新・水滸伝』(全4巻)

吉川英治著『新・水滸伝』(全4巻)読み終わりました。

吉川作品は、『宮本武蔵』を始め、いくつか読んだことがありますが、読んでいると、まるで時代活劇を見ているように、動きのある映像が鮮明に浮かんできます。

先生の作品は昭和初期に書かれているのですが、テレビの無い時代に、青少年たちが、想像力をかきたてながら、夢中で読んでいたのでしょう。

また、男女のことに関しては、男は純情・誠実に、女はしたたかに描かれているケースが多いように思います。

女がしたたかというのは、昔も今も変わらないようです。

女性がこの世を生きていく為には、恋愛にもしたたかさが必要だとは思いますが、最近は、男のくせに女性に対してしたたかな輩が見受けられます。

そういう私も、女性にもてたくて、みえみえの駆け引きなど試みてきました。

最近は、男がしたたかであるのは仕事のときだけで充分で、こと恋愛に関しては、いくつになってもうぶでいいんじゃないかと思ったりしてます。

新・水滸伝〈1〉 Book 新・水滸伝〈1〉

著者:吉川 英治
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新・水滸伝〈2〉 Book 新・水滸伝〈2〉

著者:吉川 英治
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新・水滸伝〈3〉 Book 新・水滸伝〈3〉

著者:吉川 英治
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新・水滸伝〈4〉 Book 新・水滸伝〈4〉

著者:吉川 英治
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニキ意地の一振り!

ようやく勝てました。  巨人相手に6-2で、約一週間ぶりの勝利です。

一つの勝利がこんなに嬉しいとは・・・。

4番5番で5打点!  

うちの壁掛けカレンダーの4月は今岡ですが、ここのところ、自信なさげに見えていたカレンダーの顔が、今日は頼もしく見えます。

次は、4月中に今岡がお立ち台に上がってくれることを期待しましょう!

先発江草も、持ち前のテンポの良さで、ボールが先行した4回以外は安心して見ていられました。

後を継いだ球児・久保田も完璧でした。

今日の一番は、8回表ツーアウトランナー2塁から、シーツを敬遠ぎみのフォアボールで歩かされた後のアニキの意地の2塁打です。

貴重なダメ押し2点打となりました。

しびれた~。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

とうとう先発まで・・・。

また負けてしまいました。  これで5連敗です。

今日は、今まで辛抱強く試合を作ってきた先発投手まで崩れてしまいました。

先発の安藤が、3回持たずに6点取られてノックアウト。

追い込んでから甘い球を投げてしまうという、安藤の悪い面が出てしまいました。

打線の方は、今日もつながりません。

良かったのは、中継ぎ陣!

3回ワンナウトから、ダーウィン、能見、杉山が、好調ジャイアンツ打線をノーヒットに抑えました。

そうです。 彼らだって、せっていない場面で伸び伸び投げれば今日のような投球をできるんです。

それだけの逸材なんです。

どうも、ここのところチーム全体が、去年の優勝チームという意識が強すぎて、自分で自分にプレッシャーをかけ過ぎている気がします。

セ・リーグで連覇したチームは、ここ何年も出ていないそうですね。

そのくらい難しいことにチャレンジしようとしているのです。

そうです。  今年もチャレンジャーなんです

今日の中継ぎ陣のように、伸び伸び行きましょう

明日は、度胸満点の江草です。

江草の伸び伸びと小気味良いピッチングに期待しましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

やられたら、やり返せ!

昨日のサヨナラ負けのショックから一夜明けました。

いつまでもショックに沈んでる暇はありません。

今日も明日も試合は続きます。

やられたら、やり返せばいいんです

2試合連続のサヨナラ負けを喫してしまいましたが、勝つか負けるかは紙一重の試合でした。

いずれの試合も、両チームが持てる力を出し切った素晴らしい試合でした。

ただ、阪神が表の攻撃だっただけのことです

巨人には、上原以上のピッチャーはいません。

なんだか今日は、けっこう点を取れるんじゃあないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ちっ力が抜けたぁ~

おとといに続いて延長サヨナラ負けとは・・・。

1球も見逃さずに集中して観ていただけに、全身の力が抜けました。

球審が渡真利のままだったら、イのサヨナラホームランの一つ前の久保田が投じた球は、ストライクだとちゃんと見てくれただろうに・・・。

それでイは三振だったのに・・・。

試合途中で突然倒れてしまった渡真利さん、大丈夫でしょうか?

今日はもう何もする気がしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよジャイアンツ戦!

いよいよ明日から今シーズン初のジャイアンツ戦です。

また、都合のいいことに、宿敵巨人は、首位を突っ走ってくれてます。

もし巨人が最下位だったりしたら、気合も半減ですもんね。

やっつけがいがあるというもんです。

阪神は、ここのところちょっと3連敗してしまいましたが、まだ5割キープです。

昨年も、交流戦までは、5割そこそこだったように思います。

今の段階からディフェンディングチャンピオンであることを意識するのではなく、チャレンジャースピリットで、ミスを恐れず、がむしゃらに戦ってもらいたいです。

現在のところ、ジャイアンツが頭ひとつ抜け出てる感はありますが、ジャイアンツのピッチングスタッフで、このまま突っ走れるとも思えません。

下位の広島、横浜も、次第にいい感じになってきてます。

まずは、明日からの3連戦で、阪神が、巨人たたきのお手本を見せてあげましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

3連敗もまだ5割キープ!

とうとう3連敗を喫してしまいましたねえ。

中日相手に3-4で延長11回サヨナラ負けです。

これで今シーズン対中日戦は、4戦全敗!

藤川2イニング、久保田3イニングと、勝利への執念を感じる継投で落としてしまいました。

打線は、やはり5番に座る今岡の不調が響き、前後の4番6番が活かされてきません。

内角を引っ張りにかかると、どうしてもバットが下から出て、アッパースイングになってしまうようです。

右方向へは、上からたたけて、ヒット性の当たりも出ているように思うのですが・・・。

4番金本も安心して四球を選べずボール球に手を出すし、絶好調6番濱ちゃんのホームランもソロで終わってしまいます。

早く今岡選手の満面の笑顔が見たいですね。

明けない夜は無いと信じて、今は辛抱しましょう。

明日のお休みが活かせるといいですね。

何はともあれ、首位とのゲーム差が開かなくて良かったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大阪タイガース!?

阪急HDによる阪神電鉄株取得の話、考えたくないので無視してましたが、にわかに検討が進んでいるようですね。

ただ、そうなったら、阪神タイガースは、阪急タイガースになるのでは、という心配が浮上しますが、他にも大阪タイガースや甲子園タイガースといった名前もちまたでは言われてるらしいですね。

阪神タイガースは阪神タイガースでなければしっくりこないので、ヤッパリ正式に決まるまでは気にしないで、ペナントレースに専念することにします。

あと、SHINJYOが引退宣言をしましたね。

10年くらい前にも引退をほのめかして、すぐに撤回した前科があるので、こちらもシーズン終わるまでは話半分くらいの感じで聞いておきましょう。

それに、まだシーズン始まったばっかやん。

やめるにしても、宣言が早すぎるっちゅうねん。

まあその辺が新庄たるゆえんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

こんな日もあるさ!

今日は、中日に0-3で負け。

0点じゃあ勝てませんなぁ。

今日のところは悔しいけど、中日の中田君にあっぱれをあげましょう。

ナイスピッチングでした。

こんな日もあるさ。

でも、シングルヒット2本の今岡に復調の兆しが見られました。

打席でのねばりが出てきたような・・・。

明日に期待して、こんな日は寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤原正彦著『国家の品格』

藤原正彦著『国家の品格』を読み終わりました。

私がこの本を知ったのは、一月くらい前に藤原先生がテレビにゲスト出演されてたことからです。

その情報番組を見ていて、面白いことを言うおっさんやなぁと思い、そこで紹介されていたこの本に触れてみました。

先生の考え方は、「論理だけでは人間社会の問題は解決できない」むしろ「最も重要なことは論理で説明できない」という信念に基づいて論理的に展開されています。

確かに、私も幼少の頃、母親からよく「ダメなものはダメ!」「口ごたえするな!」と叱られ、有無を言わさずビンタが飛んできたことを思い出します。

先生によると、論理的展開の出発点が正しくなければ、結論も正しいものにならない。

出発点を決める上で大事なのは、情緒であり、形であり、伝統だということです。

論理的思考が必要とされる数学者である先生が、このような結論に至ったということは、興味深いことです。

この本を読みながら、いろいろなところに思考が展開され、けっこう楽しめました。

しかし、去年までホリエモンブームに沸きかえっていたのに、今は対極にあるようなこんな本がベストセラーになるとは、日本人も節操が無いというか・・・。

というよりも、戦後60年経って、これから進むべき道を模索中といったところでしょうか。

ちなみに藤原先生は、作家新田次郎と藤原ていの次男だそうです。

国家の品格 Book 国家の品格

著者:藤原 正彦
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投資力検定!

日経マネーの投資力検定をやってみました。  リンク: 第1回 日経マネー検定!.

結果は、81点で1級でした。

この結果は、いいのか悪いのか判断つきませんが、知識の確認には役立ったと思います。

ただ、知識があるからといって、向いてるかどうかはまた別問題ですよね。

適性チェックみたいなものがあれば、やってみたいと思いました。

嗚呼!今日も新興市場はどんどん下げてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三崎亜記著『バスジャック』

三崎亜記著『バスジャック』を読み終わりました。

三崎先生の作品を読んだのは、『となり町戦争』に続いて2冊目ですが、どちらも不思議な感覚にとらわれます。

村上春樹の『羊をめぐる冒険』やカフカの『変身』を読んだときのような、また、その昔、イカ天からメジャーになったバンド『たま』の曲を聴いたときのような不思議な感覚です。

「そんなわけないやん」とか、「状況を人に確認しろよ」とかいった言葉が頭の片隅に浮かびながらも、テンポの良いストーリー展開に流されて、突っ込む暇を与えられないまま三崎ワールドに惹きこまれて行きます。

変なプライドが邪魔してちょっとしたことを人に聞くことができず、わかったようなフリをしているうちに余計聞きづらくなって、気まずい思いをしたままでいるときの感覚を思い出したりしました。

『バスジャック』は、7つの短編から成っていますが、一番おもしろかったのは、『動物園』でした。

バスジャック Book バスジャック

著者:三崎 亜記
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

となり町戦争 Book となり町戦争

著者:三崎 亜記
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江草好投むなし!

今日は負けてしまいました。 阪神-広島戦は1-2で広島の勝ちです。

今年から先発転向したばかりの江草が、球界のエース黒田と投げあい、9回を2失点に抑えたのは立派です。

ただ、初完封を意識したのか、最終回に球が浮いて、逆転されてしまったところは、次回の課題としましょう。

打線の方は、黒田を攻めきれず、結果的には、濱ちゃんのソロホームラン1本に終わってしまいました。

特に、アニキを四球で歩かされて、今岡が併殺という屈辱的な作戦に見事にはまり、好調な濱ちゃん、鳥谷へとつながる流れを断ち切られるというシーンを2度も見せ付けられるとは、なんとも歯がゆい限りです。

来週は、中日戦2連戦に巨人戦3連戦と、上位チームとあたりますが、こういう大変な試合でこそ、今岡の勝負強さが目覚めてくれるのではと、期待してます。

中日と対戦成績を5分にするるためには、また、調子に乗っているジャイアンツを戒めるためには、来週5連勝するしかありませんが、今岡次第で、できないことではありません。

そういう大事な試合でこそ、今岡や中継ぎ陣が本来の力を発揮し、ディフェンディングチャンピオンの意地を見せてくれることでしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

もっとみんなで走ろうよ!

今日も勝ちました。阪神-広島戦は6-3で阪神の勝ち。

安藤の好投と、シーツのバッティングが光ってましたね。

また、藤本君は、初回から課題の送りバントをキッチリと決め、5回にはシーツの勝ち越しHRにつながるヒットを打って盗塁も決め、守備では連続珍プレーに加え、球児を助けるファインプレーと、大活躍でした。

しかし、この藤本の盗塁が、赤星以外で初めての盗塁とは・・・。

もっとみんな走れないものかなぁ。(今岡と矢野は除くとしても)

せっかくチーム内に盗塁王がいるので、赤星から技術を習って、果敢にチャレンジしてもらいたいです。

特に、若い鳥谷には、今シーズン目標の3割を達成したら、シーズンオフに世界の福本さんのところに泊り込みで弟子入りし、徹底的に盗塁術を伝授してもらいたいです。

足も使えないと、WBCに呼んでもらえませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井川、1000奪三振達成!

井川投手! 1000奪三振達成おめでとうございます。

今日は、井川がやってくれました。

昨日おとといのイライラを、完封シャットアウトで一掃してくれました。

しかも、1000奪三振達成のおまけつき。

7回あたりからは、既に7-0で圧勝していたので、試合の興味は井川の1000奪三振達成なるかということに移ってました。

回は進んで、最終回!

先頭の嶋を討ち取って、1000奪三振まで後2つ。

記録を達成するためには、残りのアウトをいずれも三振に取らなければならない。

今日は無理かぁ。 次回の巨人戦で達成というのも悪かあないかあ。

という思いがよぎる。

続く、栗原、福井が連続ヒット!

完封も危うくなる。

しかし、打者が当たっていない下位打線に廻り、逆に三振の可能性がでてきた、と思った瞬間!

まず、倉を空振り三振!

そして、最後のバッターそよぎをハーフスイングで、さんし~ん

見事1000奪三振達成!

格好良かったです。

今年のエースは一味違うぜ!

しかし、カープのそよぎという字は、変換できないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キム外務次官に『償い』を!

拉致問題に関するニュースを耳にする度に、本当に歯がゆい気持ちになりますが、今回来日していたキム外務大臣の発言も、そういったものでした。

「問題の解決のために、すべての誠意を尽くしてきた」だとさ。

相変わらずふざけている。

被害者側が誠意を感じれるまでは、加害者は誠意を尽くし続けるのは当たり前じゃん!

子供でもわかる理屈!

そんなキム次官には、さだまさしの『償い』をプレゼントしましょう。(アルバム「夢の轍」に収録)

この曲は確か、リリース時よりもむしろ、4~5年前に、とある裁判で裁判官が加害者にこの曲の詩を引用して説教したことで有名になった曲です。

ちなみに、宇多田ヒカルもこの曲聴いて泣いているそうです。(「HEY!HEY!HEY!」で言ってました)

リンク: さだまさしの「償い」.

横田めぐみさんの旦那さんも韓国人とわかったことだし、まずは、日本と韓国のマスコミがタッグを組んで韓国世論をあおって、重たい韓国政府の腰を上げさせよう!

償い~SONGS OF LIFE Music 償い~SONGS OF LIFE

アーティスト:さだまさし
販売元:フォア・レコード
発売日:2003/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

夢の轍 プライス・ダウン・リイシュー盤 Music 夢の轍 プライス・ダウン・リイシュー盤

アーティスト:さだまさし
販売元:フォア・レコード
発売日:2004/06/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新庄キャッチ!?

さっきテレ朝の「ナンだ!?」という番組を見てたら新庄が出てました。

最後のあたりしか見れなかったけど、守備の極意について2点説明していました。

1つ目は、レディポジションについてで、

外野手の場合、フライを取ることが多いので、膝に手をあてて腰を落として構えるのではなく、リラックスして突っ立っておいて、バッターが打った瞬間にテニスのスプリットステップのような動作を入れるといいらしい。

2つ目は、走りながらのフライやライナーの捕球についてで、

キャッチする寸前に、ジャンプすることによって目線がぶれず、また、着地に合わせて自然に腕を流すことによって、打球の勢いを吸収できるらしい。

1つ目は、誰でも気がつきそうなことだけど、2つ目は、けっこう凄い発見かも・・・。

新庄も、単なるお調子もんだけじゃなくて、いろいろ考えてるんですね。

そりゃあプロですもんねぇ。

ちなみに、新庄選手と呼ばれるのlは、野球選手みたいで嫌らしい。

じゃあ何者やねん。

つーくんと呼んでって言ってました。

今年もいろいろと楽しませてくれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井端には初級から絶好球をどーぞ!

今日も負けちゃいました。 阪神-中日は、5-9。

なんか、昨日から投手陣が、井端のねばりでリズムを崩し、その後点を取られてる気がします。

昨日の下さんも、今日の4回のオクスプリングも、6回の杉山も、9回の能見も全員そうです。

いずれも、ランナーなしから、井端に何本もファールでねばられ、四球で出すか、ヒットで出すか、例え打ち取ったとしても、その後打ち込まれています。

認めたくないけど、ヤツの術中に見事にはまってるような気が・・・。(うちの赤星君も得意ですけどね。亜細亜大の伝統かなぁ)

でも大丈夫!

そうとわかった以上、次回からは、ランナーなしで井端を迎えたときは、初球から絶好球を投げて、あっさり打たせてあげましょう

長打が滅多に無い彼には、打たれてもシングルヒットの確率が非常に高い。

また、きっちり守ればむしろアウトになる確率も高い。

特に、長いイニングを投げなければならない先発投手には、そういった大胆さ、したたかさといったものも必要なのではないでしょうか。

でも、ヤツは、ど真ん中の絶好球を何球投げ続けても、自分の気が済むまで、ファールし続けるかもしれませんけどね。

ただし、この作戦は、優勝をかけた試合は別で、そのときは、いくらねばられても全力で打ち取って、次の打者にもそれ以上の集中力で立ち向かう必要があります。

いずれにしろ、新勝利の方程式がななか確立できずにもどかしいですが、昨年もJFKが確立できたのは、4月末頃だったと思います。

焦らず行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

せっかく天敵打ち崩したのに・・・。

阪神-中日戦、5-7で負けちまいました。

天敵山本昌を崩し、4回までは毎回得点で、何点取るんだろう?

と、余裕で観てたんですが、6回からは逆に毎回得点されてしまうとは・・・。

出てくるピッチャー全員点取られてましたね。

なかでも心配なのが、球児です。

1シーズン70試合以上登板したピッチャーは、翌シーズンは疲れて、使い物にならないと言われてましたが、球児ならそんなジンクスぶち破ってくれると信じてたのに・・・。

いや、信じよう。

球児の復活はこれからだ!

あと、前回の横浜戦から気になっていたのですが、今岡は、素人目にもバットが下から出てますね。

まあ、課題があるということは、チーム全体がまだまだ今より良くなる可能性があるということですよ。

とりあえず、明日勝って、竜との対戦成績を五分にしとかなきゃぁね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨人って強いの?

今日は、阪神-中日戦が雨で中止だったため、巨人-広島戦などを横目でちらちら見てました。

なんだか、ジャイアンツは、阪神となかなか当たらないのをいいことに、調子にのってますねぇ。

私は阪神ファンであり、特にアンチ巨人というわけではありません

よって、巨人が勝とうが負けようが、最終的に阪神が優勝すればいいのです。

巨人が阪神より上にいることと、順位予想で巨人より広島を上にしているという理由から、今日の巨人-広島戦は、広島を応援していました。

パウエルと黒田の素晴らしい投手戦が一転、7回裏に巨人が集中打で5点を獲り、5-0で勝ちました。

なんか、巨人は、一発のある打者までちまちまつないで、つまんないチームに見えました。

つなぐ奴と長打を打つ奴とがハッキリしてもいいのでは・・・。

まあ、相手が好投手黒田なので今日は仕方ないのかなぁ。

なんか、阪神の方がチームホームラン数で上回ったりして。

広島は、今日の6回まで、26イニング連続で点を捕られてなかったように、投手陣はがんばっているので、野手が(特に前田、新井)本来の力を出せるようになれば、けっこうやれるんじゃないかと思いました。

打順や守備位置などブラウン野球を、頭ではわかっていても、まだ身体がついて行けてないようですが、こういった野球をするチームがあっても面白いと思います。

ブラウン野球に批難が集中する前に、前田と新井には結果を出してもらいたいです。

パウエルのカーブにてこずってましたが、今岡にとっては絶好のホームランボールです。

阪神-巨人戦が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山岡荘八著『高杉晋作』(全3巻)

山岡荘八著『高杉晋作』(全3巻)を読み終わりました。

山岡先生の作品は、他に『徳川家康』(全26巻)と、『小説太平洋戦争』(全9巻)を読んだことがあります。

山岡作品には、登場する歴史上の人物達が、自分達の生きた時代において、どう考え、どう行動し、どう生き抜いたかということが、深く掘り下げて描かれています。

先生の、人間心理を想像する力は、感心させられます。

また、高杉晋作に関する小説は、他に古川薫先生と司馬遼太郎先生のものを読んだことがありますが、歴史上の人物の中でも、私が惹かれる人物の中の一人です。

今回読んだ作品の中で、特に気に入ったシーンは以下の3つです。

1.自分の進むべき道に迷って悶々としていた晋作が、『国のことを案じてばかりいて、惚れてなかった。 惚れなければ! 惚れてしまえば生命もいらなくなって、それで楽しいのだからなあ』と国に惚れる覚悟に目覚めるシーン。

2.佐久間象山が『聖人君子のなりそこない(日本)と悪魔になりそこない(欧米諸国)の戦いじゃ』と晋作に説くシーン。

3.四国(米英仏蘭)連合艦隊との講和条約締結のシーン。

最後に、晋作の辞世の句です。

『おもしろきこともなき世に面白く すみなすものは心なりけり』(下の句は野村望東尼の付足しによる)

高杉晋作〈1〉 Book

高杉晋作〈1〉

著者:山岡 荘八
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

高杉晋作〈2〉 Book 高杉晋作〈2〉

著者:山岡 荘八
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

高杉晋作〈3〉 Book 高杉晋作〈3〉

著者:山岡 荘八
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (1)

アニキ語録!

昨日の、祝世界新記録達成セレモニーと記者会見でのアニキのことばのうち、一晩経ってもなお、私の心に残っているものを思いつくままに、幾つか挙げてみました。

私の記憶に基づくものであり、そのままの引用ではありません。

『丈夫な身体に産んでくれた両親と神に感謝』

『全身全霊、骨身を削ってこれからもがんばっていきたい』

『手首の骨が折れたとき、岡田監督は、一言も無く、当たり前のようにスタメンに送り出してくれた』

『広島が生みの親で、阪神が育ての親』

『生活をかけて応援してくれる阪神ファンには、最高のパフォーマンスで応えたい』

『今日のセレモニーで、引退するんかと思った』

『一般の方は、有給休暇を有効に使ってください』

『記録が途切れた後に、もう一度フルイニング出場するのが究極の目標』

『1500試合目指してみようかなぁ』

『ここまで続けられたのは、仕事への責任感』

WBCの王監督のときにも感じたのですが、世界記録を作るような人は、インタビューの受け答え一つ取ってみても一味もふた味も違うものです。

人格者だから記録が作れるのか、記録が人を育てるのか?

両方が相乗効果となっているという側面があると思いますが、アニキが偉大な人格者であることは間違いないようです。

普段忘れがちな、謙虚さと感謝の気持ちの大切さを思い出させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

IT関連本

半年前から株式投資を始めて、自分なりの投資スタイルを模索中ですが、今は、成長株投資にトライしてます。

自分なりの基準で銘柄選択して、数銘柄保有中ですが、気がついたらそのうち半分以上がIT企業でした。

で、銘柄選択根拠を深いものとするため、以下の2冊を読んでみました。

これから情報・通信市場で何が起こるのか―IT市場ナビゲーター〈2006年版〉 Book これから情報・通信市場で何が起こるのか―IT市場ナビゲーター〈2006年版〉

著者:野村総合研究所情報通信コンサルティング一二部
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

※この本は、IT市場を大きく7つの分野に分けて、それぞれの分野ごとに、市場規模や2010年までの将来性について、分析されています。

現在の保有銘柄を、暫くは保有し続けるための安心材料を与えてくれました。

2010年のITロードマップ Book 2010年のITロードマップ

著者:野村総合研究所技術調査室
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

※この本は、IT技術の2010年までのロードマップの指南書ですが、私には難しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

濱ちゃん!今年こそ真の強打者へ!

904試合連続フルイニング出場世界新記録達成!

この記録の素晴らしさは、世界中のプロ野球ファンなら誰でもわかって頂けることと思います。

でも、この記録達成までの本当の大変さや辛さは、アニキ本人にしかわからないでしょう。

感動のセレモニー&記者会見から4時間が過ぎて、ようやく少し冷静になってきたので、今日の試合を振り返っておきましょう。

投手陣は、先発江草は、全般的に球が浮き気味でした。

続く金沢は、変化球のきれが良く、見事今期初勝利をあげました。

その後は、ジェフが戻ってくるまでの新勝利の方程式として期待されるNFKですが、それぞれにランナーを出してしまい、3人とも0で抑えるも、完成とまでは言い切るに至りませんでした。 もう一息です。

打つほうでは、なんといっても濱ちゃん!

今日もホームラン2本で、出場3試合で5本のホームランと当たりまくってます。

怪我で予定より3年ばかり遅れましたが、今年こそ、ミスタータイガースの称号を手にする実績作りの年になりそうですね。

濱ちゃんの今後のシナリオとしては、

・今シーズン・・・右左関係なく6番ライトに定着してホームラン王のタイトル獲得!(シーツ、今岡の調子によってはクリ-ンアップもあり)

来シーズンから・・・4番に定着!

・3年後・・・だれもが認めるジャパンの4番として、WBCに出場!

といったところでしょうか。

期待できるだけの逸材だけに楽しみです。

横浜との3連戦は、3試合とも、一番追加点の欲しい8回裏に点が入り、いい形の試合ができたと思います。

まさに、ラッキーセブンならぬラッキーエイト

この調子で、来週の中日戦も期待できそうですね。

P.S リプケンJr.、お祝いにセレモニーに来て欲しかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

世界新記録達成!アニキおめでとう!

連続フルイニング出場の世界新記録達成!

金本アニキ、本当におめでとう!

そして、感動をありがとう!

これからもずっと俺たちの心を震わせ続けてくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニキ、世界タイ記録達成おめでとう!

昨日まで心配していた今岡が、いきなりの先制ツーラン!

そして、一番追加点の欲しかった8回にソロHRと、大活躍で、5-2と横浜に勝利!

アニキの連続フルイニング出場の世界記録に花を添えました。

とにかく、凄い記録です。

安藤もナイスピッチングで今期初勝利!

チームもいい感じになってきましたね。

濱ちゃんも、出場2試合目でホームラン3本目!

このペースで行くと、桧山との併用で、規定打席に足りないホームラン王になったりして・・・。

明日の、アニキの新記録がかかっている試合も、とても楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

やったぜ!うぇいつぅ、お立ち台!

8回の裏、やっと打線がつながりましたね。

なかなか当たりの出なかった、桧山のヒットを足がかりとして、うぇいつぅの同点打に藤本の逆転ツーベース!

7回まで好投の井川にも初勝利をプレゼントすることができました。

ちょっと残念なのは、アニキが敬遠された後の今岡。

昨日に続いて、自分の前でアニキを敬遠されたのですが、結果も同じく昨日に続いて凡打。

らしくないですね。

早く持ち前の勝負強さが戻って欲しいです。

本調子は、来週の中日戦からでしょうか。

あと、目に付いたのは、なんだか明るい井川

試合終了後、満面の笑みでチームの祝福に応えてましたね。

人間変われるものですね。

最後に、藤本君。

今日はがんばりましたね。

課題の送りバントをキッチリ決めた上に、決勝打まで打ってお立ち台!

今日の活躍に甘んじることなく、バント練習に励んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤本がんばれ!

今日の広島戦は、消化不良を起こしそうな試合でしたね。

ヒット14本で、得点2点とは・・・。

結果は、2-2の引き分け(延長12回)でした。

今日の敗因は、

日本にもボブがいたか! デビッドソンが!とか、 球児の不調とか、

という声が聞こえてきそうですが、オクスプリングの好投と、久保田、相木のそつのなさを土産に、今日の試合結果については忘れましょう。

あえて、今日は、先を見据えた話をしましょう。

藤本君、3回の表に赤星君を送れませんでしたね。

直後のシーツさんのヒットとアニキの犠牲フライで得点でき、ことなきをえましたが、私は見逃しません!

初回の見事な進塁打は帳消しですよ。(その後の気持ちを切換えてのヒット2本は、去年より成長が見られますが・・・。)

そんなことで、9月の天王山の優勝をかけた緊迫した試合で、バントを決めることができますか?

連覇には、ここぞというときに君が送りバントをキッチリと決める。

そういった野球が必須です。

今日から、毎日バント練習ばかりしてください

特打ちならぬ特バント。

そうして、8月までには、バントの名手になってください。

藤本よ、君のバントが連覇を決める!

(あ~ぁ、オクスプリング勝たせてあげたかったなぁ。)

リンク: 雑記: 2番 藤本の成長がカギ!.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下さん、500試合登板おめでとう!

ようやく阪神戦をTVで観ることができ、個人的にはやっと開幕した気分です。

結果は、10-1で阪神の大勝!

今日のカープ戦は、よく打ちましたねぇ。

なんか、昨年同様の打線のつながりに加え、ホームランまで飛び出す破壊力が加わったようです。

特に、開幕スタメンから外れた、濱ちゃん、関本、林君ががんばってましたね。

藤本、桧山との併用、もったいない限りです。(嬉しい悲鳴)

また、派手に打ったので、打線が目立ちがちですが、1点で抑えきった投手陣のがんばりが素晴らしかったです。

なんだか、昨日21-0の大差で優勝した横浜高校の監督の試合後のコメントをパクッたみたいになっちまいました。

ただ、ダーウィンは、球が高めに浮いてて、ツーアウトから余計な点を与えてしまったかな。

何はともあれ、下さん500試合達成おめでとう!

珍しいヒーローインタビューも、そつなくこなしてましたね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

他球団に想いを馳せてみる!

今日は、阪神戦が、雨でお休みだったので、他球団の試合をチャンネル換えながら、ちらほら眺めてました。

対阪神戦のときは別だが、各球団に、お気に入りまたは、ついつい応援したくなる選手がいるものです。

中日は、谷繁。 横浜は、クルーン、鈴木尚。 ヤクルトは、古田。 巨人は、仁志、小坂。 広島は前田。 

といったところでしょうか。

あと、今シーズンは、特に巨人に移籍してきた豊田には、ジャイアンツというプレッシャーに潰されず、がんばって欲しいです。

私のシーズン予想は、巨人5位にしてますが、抑えが確立できれば、充分、優勝争いに絡んで、Aクラス入りもありうると思います。

そうすれば、ペナントレースが大いに盛り上がると思います。

当然、最終的には阪神が優勝する、という前提のもとでの話しですけどね・・・。

あっ、中日-横浜戦、今、多村のツーランで、横浜が最終回に追いついた。

延長だ!

この試合、緊迫した投手戦と思ってたのに、8回、9回で、両チーム合わせて何点入っとんねん。

面ろいやんけ!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

ユニフォームそっくりやん!

ロッテ-オリックス戦と、ヤクルト-巨人戦を、チャンネルをチョコチョコ切換えながらボーッと観てたら、一瞬、どっちを観てるのかわからなくなりました。

画面が、イ・スンヨプのアップから、パウエルのアップに移ったとき、

『ああそっか、パウエルは、ロッテに移ったんだっけ?』

と一瞬思ってしまいました。

『でも、ちょっと待てよ。 さっき清水が5回までパーフェクトだったじゃん。』

で、気づきました。

ああ、今、巨人戦観てたんだ。

それにしても、巨人のビジター用ユニフォームは、ロッテとそっくりになってしまいましたね。

見間違えたじゃん!

優勝チームから、主砲(イ・スンヨプ)と名手(小坂)を盗むだけでは飽き足らず、とうとう着る物まで盗んでしまいましたか。

まあ、そこまでして強くなりたいという姿勢だけは、褒めてあげましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アニキの世界記録達成も順延!

ようやく、阪神戦をテレビで観れると楽しみにしてたのに、雨天中止とは・・・。

残念!

ということは、アニキの世界記録達成も一日延びますね。

8日(土)に世界記録到達!

9日(日)に世界新記録樹立!

今週末の横浜戦は、見逃せません!

今日は、他チームの戦力分析でもしてよっかなぁ~。

リンク: 金本の記録シリーズチケットは完売 - 阪神ニュース : nikkansports.com.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『ターナーの短期売買入門』

株式投資本

ターナーの短期売買入門 Book ターナーの短期売買入門

著者:古河 みつる,トニ・ターナー
販売元:パンローリング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

読み終わりました。

内容は、テクニカル分析を使った、スイングトレードの入門書ですが、個人的には、以前読んだ以下2冊の方がわかりやすかったです。

ただし、私自身、株式投資を始めて、まだ半年の超初心者なので、あまり参考にしないでください。

たった7日で株とチャートの達人になる!

Book たった7日で株とチャートの達人になる!

著者:ザイ編集部
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

月100万円儲ける! 「株」チャートパターン投資術 1年で1500万稼ぐサラリーマントレーダーが教える! Book 月100万円儲ける! 「株」チャートパターン投資術 1年で1500万稼ぐサラリーマントレーダーが教える!

著者:渋谷 高雄
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

裏ローテも役者揃い!

開幕3連戦は、残念ながら1勝2敗と負け越してしまいましたが、優勝を狙うようなチームにとっては、実は、明日からの3連戦こそ大切なんです。

なぜならば、昨今のプロ野球では、基本的に、先発投手6人でローテーションを組み、順番に登板していくのが主流です。


どこのチームにも1人や2人は、エースと呼ばれる一線級の先発がいます。


エース級の投手は、だいたい、きちんと試合を作れるので、チームによって大差ありません。


こういったエースは、表のローテーションである開幕3連戦で使い切ってしまってます。


ということは、明日からの裏のローテーションで投げるメンバーが、いかに試合を作れるかということが、長いペナントレースを戦い抜くためには、とても重要なことなのです。


さて、各6球団の裏ローテの3人を比較してみましょう。


まず、中日ドラゴンズ!!

あれっ!?  誰がいたっけ?


次に、横浜ベイスターズ!!

えっ!? 誰??


広島、ヤクルト!!

申し訳ないっス!  全然おもいつかないッス!


読売ジャイアンツ!!

え~っと~。  木佐貫? 河原? 桑田? 工藤? 入来? 

アレレっ?  皆まだいるんだっけ?


さてさて、我が阪神タイガース!!

下やんを筆頭に、杉山、オクスプリングと3人きっちり揃ってますねぇ。


いやはや、明日からの3連戦がとても楽しみになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横山秀夫著『陰の季節』

横山秀夫著『陰の季節』を読み終わりました。

この文庫本は、以下の4つの短編集から成っています。

1.陰の季節

2.地の声

3.黒い線

4.鞄


全ての短編が、D県警を舞台に展開されており、ある短編で主人公だった人間が、次の短編では脇役に回るといった形で構成されているため、全体として、とても読みやすいものとなっております。


また、推理小説としては珍しく、捜査部門でなく、管理部門の人間が主人公となっており、新鮮な面白さがあります。


1.陰の季節・・・・・警務課(人事担当)

2.地の声・・・・・監察課

3.黒い線・・・・・鑑識課の婦警

4.鞄・・・・・秘書課(議会対策担当)

といった具合です。


横山作品との出会いは、映画『半落ち』が面白く、その原作者が横山先生だと知ったことがきっかけです。


その後、NHKドラマで『クライマーズ・ハイ』を観て、やはり面白く、これが、またまた横山作品でした。


今までに読んだ横山作品は、『動機』、『顔 FACE』と、今回読んだ『陰の季節』だけですが、どれも、人間の内面に迫る推理が展開され、心理サスペンスといった感じです。


主人公の思い込みでストーリーが展開されていく、というきらいがなくもないですが、心理の読みあいといった駆け引きが、けっこう好きです。


そんな横山作品を、これからも楽しんで行きたいと思っています。


ちなみに、読んだ3作品のなかで、私が一番好きなのは、『動機』です。

動機 Book 動機

著者:横山 秀夫
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

顔 FACE Book 顔 FACE

著者:横山 秀夫
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

陰の季節 Book 陰の季節

著者:横山 秀夫
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江草、大投手への予感!

とうとう始まりましたね。

今日から、タイガース祭りが始まりました。

昨日、おとといは、ディフェンディング・チャンピオンということで、気持ちに守りの意識が芽生え、堅くなってたのかな?

今日は、本来の全員野球復活で、もう大丈夫そうですね。

今日も、例によって、Yahoo!スポーツ プロ野球で試合状況をチェックしていくという応援の仕方になってしまいましたが、江草の躍動感あふれる小気味良いピッチンッグが目に見えるようでした。

昨年から、早く江草を先発で見たい。

と思っていたので、こんなに早く実現するとは、感無量です。
(実際はまだ見れていませんが・・・。)

彼のテンポの良さは、リズムに乗ってくると、見ていて気持ちがよく、『江草が投げたゲームは、試合が2時間以内に終わる』と言われるような大投手になれる素質が充分にあると思います。

次は、その域を目指して欲しいものです。

ちょっと心配なのは、最終回にホームランを打たれた久保田ですが、押し出しなんかよりは、打たれた方がまだまし、という理論からすれば、昨日より一歩前進ということではないでしょうか?

がんばれ久保田君!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

藤本選手 「左目角膜上皮炎」

昨日のヤクルト戦で、自打球を顔に当てて負傷退場下藤本選手、診断の結果、「左目角膜上皮炎」とのことです。

今日の試合は出場無理そうですが、月単位レベルで戦線離脱するような大怪我ではなさそうです。

ちょっと安心しました。

その間、関本選手に期待しましょう。

彼は、チームがチームなら、クリーンアップを任されてもおかしくないほどの長打力が魅力の逸材です。

また、右打ちも上手く、2番打者として、進塁打を期待するにはもってこい、といった側面も兼ね備えているので、しっかり活躍してくれることでしょう。

リンク: 阪神藤本左目に自打球、2日第3戦欠場へ - 阪神ニュース : nikkansports.com.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大丈夫なのか? 藤本!

今朝知ったのですが、昨日の試合で、藤本選手が、自打球を顔?に当てて初回で退いたらしいですね。

昨日は、Yahoo!スポーツプロ野球でチェックしていたのですが、スタメンにあったはずの藤本選手の名前が、1打席目の結果が表示された瞬間、関本選手に代わってたので、不思議に思ってました。

1.偵察要員か?

2.いきなりの負傷退場か?

3.Yahoo!スポーツプロ野球か?

1番目の仮説は、岡田監督に限って、いきなり開幕2戦目でそんなせこいことはしないだろう。

2番目の仮説は、考えたくない。

そうだ! 3番目に違いない。

そうだ、そういうことにしよう。

と、勝手な解釈をしていたのですが、よりによって、負傷退場だったとは・・・。

今シーズンのカギを握る男として、2番藤本を挙げている私としては、この段階でのリタイアは、勘弁して! と叫びたい。雑記: 2番 藤本の成長がカギ!.

怪我がたいしたことなく、今日から元気に復活!

というNEWSが聞けることを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久保田君、とほほ・・・。

今日も、私のTVでは、阪神-ヤクルト戦をやっておらず、Yahoo!スポーツ プロ野球とやらで、ちまちまとチェックを続けました。

試合の流れなんてぜんぜんわからないのですが、なんだか、昨日に続いて、大事なところで四球が多かったように見受けられました。

最後も押し出しで、ジ・エンドとは・・・。

とほほ・・・。

まあ、久保田は去年も、出だしは、何度か救援失敗してたけど、終わってみれば優勝チームの抑えのエースに成長してました。

きっと、徐々に調子をあげてくれることと信じてます。

それにしても、神宮での試合、どこか中継してくれないかぁ~。

ヤクルトをスポンサーにして、Gyaoなんかどうだろう。

頼みますよ、宇野社長。

明日こそ勝つぞ~!!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

嗚呼!楽天! リン・インチェの好投むなし!

楽天が、ソフトバンク相手に0-0で善戦中という情報を得て、7回あたりから観始めました。

で、8回の裏に、鉄平のタイムリースリーベースで1点が入ってしまいました。

リン・インチェの好投を応援して観てた私としては、本来喜ぶべきなのでしょうが、嫌な予感が・・・。

得点が入ったことによるリンの気持ちの変化は?

代えるにしても、抑えの切り札なんかいたっけ?

結果、ノムさんが交代を告げた、小山は打たれ、続く吉田も打たれ、9回表にして3-1と逆転を許す。

その裏、ソフトバンクの抑えの切り札、馬原に対して、2点差を覆すだけの力は無く、ジ・エンド。

ノムさんとしては、小山で逃げ切り、勝っているときの逃げ切りパターンを作りたかったのでしょうが、今回に限っては、裏目に出た形となってしまいました。

これからの長丁場を考えた場合、この時期としては、ナイストライであったと思います。

それより、木谷さんのポケットマネーで、世界中どこからでもいいので、抑えのエースを獲って来れないものでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ、たったの1試合だけだよ~ん。

開幕戦 阪神-ヤクルト 3-4で負けちまいました。

今日は、開幕戦、TV観戦に備えて、ビール買って準備万端だったのですが、スカパーに加入してない私のTVには、阪神戦を観れるチャンネルが無いではないか!

加入しているCATVもデジタル化されてスポーツチャンネルも増えたので、さすがに開幕戦なので、どこかでやるだろうとたかをくくっていたのでした。

あれだけ楽しみに待ちに待ってたというのに・・・。

そういえば、去年も、神宮球場でやるヤクルト阪神戦だけは、観れなかったことを今頃思い出しました。

で、けっきょく、諦めて巨人-横浜戦を観始めました。

ダイちゃん玉が高け~よぉ。

2段モーション改造の影響かなぁ。

とか、

小阪はやっぱりええ選手じゃのぉ。

とか思いながら、そんなことどうでもいいから、早く途中経過やってくれ~。

と叫んでました。

で、ふと気づいた。

今は、Yahoo!スポーツ プロ野球があるではないかと・・・。

すぐにPCオン、でYahoo!スポーツ プロ野球にアクセス、回は2回の裏、ラミレスの打席、最初の自動更新が実行された瞬間、いきなりバッターボックスから観客席まで真っ赤なラインが一直線に引かれており、HOMERUNの文字!

ショック!

続けて2者連続フォアボール。

自動更新は、1分に1回なので、もどかしい。

1分間待ちに待って更新された瞬間に、状況は一変していたりします。

続く古田はレフトフライなのになぜかランナー1塁3塁に!

えっ、ラロッカがレフトフライでタッチアップ? または3盗??????

と、とまどっているうちに宮本2塁打で1点追加。

で、一瞬目を離してふと見ると、スコアボードに1点追加。

その間、だれもヒットを打ってないことから想像すると、パスボールかワイルドピッチか???

そんなこんなで、あまりにも状況がわからなすぎて、イライラしながらもなんとか最後までゲームを追いかけてました。

疲れた~。

負けたから余計に。

明日は勝つぞ~。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »